2011-06-01 09:55:57

国旗への尊崇の念を高めよう 

テーマ:政治とかの素人談義

 このブログをよく見てくださる人たちに、多少とも面白がられているのではないかと、わたしが勝手に思っているテーマは、「日の丸・君が代」関連。

 大阪府の橋本知事が条例を作ると言いだしたり、最高裁で学校の職務命令は合憲と判断が出たりしました。震災や原発がなければブログでもツィッターでももっと話題として盛り上がったでしょう。

 久しぶりに、日の丸・君が代の話をしようと思います。


 まとめエントリー を出すぐらい日の丸・君が代のことを話題にしています。


 いちばん最初は、これかな。

 世界の国民はみんな国旗・国歌を尊崇しているか


 (引用)


教員の「日の丸」「君が代」強制については大別して、

1、国旗・国歌を敬うのは当然。

2、業務命令に従うのは当然。

という二つの主張があります。 (中略)


さて、2を秩序主義、業務主義としますと、1は愛国主義、国旗国歌主義とでもいいましょうか。

 (中略)


国際儀礼において国旗を尊重することと、国民統合の手段として国旗をどう扱うのかは同じではないでしょう。国際慣行の普遍性は、国民統合のための社会政策で普遍的なやりかたが存在することを導き出さない。

 (後略)


 (引用ここまで)


 実にシンプルな話で、「強制は違うんではないの?」と思うのですが、上司ばかりみる平目教員をよしとする世間の風潮があるのかもしれません。「業務命令だから当然だろ、嫌なことだってするのが仕事」というコメントをよく見かけました。



 その他によくある意見は、「自国の国旗を敬うことが他国の国旗を尊重することにつながる」というもの。国際儀礼として、国旗は互いに尊重されている、という意見です。そうした、国旗への尊崇の念を、学校教育の機会を通して子どもたちの心に涵養しよう。こう表現してもいいのかな。


 こういう意見を持つ人は、別に無理やりに文科省や都道府県の教育委員会のやり方を擁護しようとしているのではなく、子どものうちから国際感覚を育てるのは大事だね、と平生から普通に考えているのでしょう。ことさらに「政治性」のある発言だとみなすことは適当ではない。素直に受け取って、教育現場で子どもたちの国際性を涵養する方法を一緒に考えていくのが、建設的な態度だと思います。 

 わたしって大人だなあ。


 外国からお客さんがきたら、その国旗を掲揚し、国歌を演奏する。相手は、必ずしも演奏できるとは限らないから、君が代演奏は日本側が一緒に行ってもいい。双方の国旗を会場に掲げる。相手は掲げられた日の丸に敬意を表す。

 こういう機会があれば、児童・生徒が国際儀礼において国旗・国歌が大切だね、と理解する体験になる。日の丸・君が代を尊重すべきというみなさんにも、異論のないところだろうと思います。


 まず、現在はそうした機会があるのか、調査が必要かしら。学校教育現場で、よその国の国旗・国歌に接し、それに敬意を払うような体験ができているのか。調べてみたらどうでしょう。東京新聞でも読売新聞でもどこでもいいから調べてみないかな。

 どういうツテか、ある学校にドイツから見学団がきました。子どもたちはリコーダーでドイツ国歌を演奏して出迎えました。なんて微笑ましいでしょ。


 きちんと掲揚したり演奏しないとみっともないし失礼だから、ろいろな国の国旗や国歌を調査し、用意して学校をサポートする組織を作ってもいいな。外務省・文科省の天下り先になるかもしれないけど、実質的にお仕事を忙しくすればいいですからね。


 そうやって、外国の国旗や・国歌への尊敬の念を高める体験を積極的に児童・生徒にさせよう、という議論をあまり見かけないような気がします。人が言わないことを言いたい、というのはありがちな人情ですから、わたしがここで提起しておきます。

 やー、右派の皆さんからも左派の皆さんからも、共感されると思う。とくに右でも左でもない一般市民で、「自国の国旗を敬うことが他国の国旗を尊重することにつながる」という意見の人は、一歩進んで学校教育現場で他国の国旗を尊重する機会を積極的に増やすという提案に、共鳴してくれるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kandanoumareさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。