2008-03-18 13:53:22

男女の非対称性 障害者の性をめぐって

テーマ:社会とか家族とかの議論

反米嫌日戦線 のコメント欄に投稿しようとて、何度もエラーになったから、エントリーをあげます。

 

 もとのコメントは引っ張ってこないので、元のエントリーへ読みにいってください。

  http://anarchist.seesaa.net/article/87881236.html



 本間康二さま

>性労働者への正しい認識、権利向上もあるのだと。

 性労働者への正しい認識をしたいけど、男は現実に性労働者になりませんよ。

 アホエロスパム愛好者九条の会課員としていえば、よくある「淫乱女性会員様に奉仕して報酬」というスパムを軽蔑しないで、「うーむ、これが正しい性のあり方だ」って感心するところから誰も始めません。

 性労働者というとき、このブログを読んでいる殆どの人は、風俗産業の女性を思い浮かべてはいるけど、ホスト以外の多様な男性の性産業従事者は思い浮かべられないはずです。

 性産業労働者への正しい認識を説く局面でも、男性の性労働者への言及は今までされてこなかったのではない?

 ここでの議論だって、射精援助産業は大事だね、ってところで話が始まって、「障害者の性を認める」という抽象論ではジェンダーは区別されないけど、具体的な話になると女性障害者は顧慮されていない。

 実際にどうすればいいのかわからないけど、男女の障害者は扱われ方が違う。

 障害者の性を認めるところから始めるにあたっては、男女の非対象性に向き合うのも同時にしないといけないと思う。

 よそ様の達成にけちをつける気はないけど、そのフランス映画だって、最初から女性障害者の性はえがけずに、とってつけた場面があるだけ、とだって言える。 

 日本以外ではそこまで進んでいる、って日本以外の国は、お金をもらって女性の相手をする多様な性産業男性労働者がいるの? そして障害者の性は、そうした男女のセックスワーカーの仕事を評価することからはじまる程度に、ジェンダーフリーになっているのかしらん。ちょっと想像しにくい話です。


 

 母親が性産業労働者だったら、その子育ては美談になるのか、というエントリから発展して、障害者の性を援助するセックスワーカーの役割、という議論になりました。

 常連の本間康二さんというかたのコメントへの、別に反論というのではないけど、セックスワーカーの役割は障害者の性を認めることから、という議論に、ジェンダーの視点で留保をつけました。


 こういうときに論争的になって、相手がダメポンの議論をしている、なんていい方はアタシはしない。てーか、障害者の性って自分自身が当事者ではないのに、他人様をあれこれ論難したらかなりみっともないものね。

 エロアホスパム愛好者九条の会会員として、もっとおちゃらけ風に転がしたい欲求はあるのですが、これも当事者でないのにいい気なもんだ、と自分自身で予めツッコミがはいる。


性欲求の充足は権利として認められるべきだし、性関係は自己決定権として強制されるべきではない。

現実にある性産業はいくらも強制があって人権侵害もある。

障害者はセックスパートナーを得にくいという現実がある。


基本的な前提と条件を書き並べると、これの解が存在するのかな、と思う。

自分が、立ちすくんでいるのだから、冗談をいう気も論争する気もないけど、障害者の性の充足のためにも性労働者は認められるべきだ、とだけいっていればいいとは思えない。


 最初につけたコメントの末尾は以下。嘆息とともに語るしかないことがらもあるというか・・・。


厄介な問題で、アメリカ帝国主義のせいにもできないし、フェミニズムの欠陥のせいにもできない。男優先社会がけしからんといったって何の改善もないだろうし。


kandanoumareさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。