2006-10-07 22:20:23

日の丸・君が代を否定する超国家主義

テーマ:暇ネタ 小ネタ

今日の関東地方は、嵐が過ぎ去って気持ちよい秋空が広がりました。

さわやかな気象に、たまにはウヨさんになってみようと思いたったわたし。


アメリカも中国も日本もヨーロッパ諸国も韓国もみんな近代国家ですが、わが日本は世界に冠たる、ではないな。世界の根源的な国だという立場で話を進めます。


日本の日本らしさの核は天皇制。天皇は世界のどこにもない独自の存在です。同じく血統で継承していくとはいえ、歴史上、世界のどこでも皇帝や王は姓を持っています。その「家」に標識がつけられているのです。しかし天皇家には姓がありません。蘇我でも物部でも大伴でも葛城でもなく、歴史が記される昔から天皇(すめらみこと)の継承される血脈は、姓という標識を持たずに連綿と受け継がれてきました。

私はここに神秘を感じ、あるいは叡智を感じます。天皇は諸家に王たる家、臣下に君臨する家ではないのです。他家とは全く位相を異にする存在、他家の上に立つのではなく、他家の内なる根源ともいうべき存在なのです。喩えていうならば、それは数学の零(ゼロ)のようなもの。無であって無ではなく全てであるものです。


この天皇を戴く日本、ただし戴くといっても西洋や中国のように治乱興亡の中で天下を掌握、君臨、統治するのではありません。自ずから然ると書いて自然と謂うように、自然に民を統べ賜いし至高の存在なのです。

権力者が次々と交代した日本の歴史を通じて、天皇家が連綿と続いていたことを説明する様々な説がありましょう。しかし、国柄や臣民の敬愛を挙げても、この疑問に十全に答えることにはなりません。天皇の存在は、人々の上にあるものだから続いてきたのではなく、人々の中にあるものだから続いてきたのです。


この霊妙至高の天皇を戴く日本は、それゆえに世界で至高の存在です。これは日本が世界を支配するといった類のことではありません。ローマや大唐帝国、モンゴル、イスラム・アッバース朝、大英帝国、アメリカ合衆国、全ての帝国は、冨を簒奪し、領土を支配し、武力で屈服させました。しかしそうした形而下の支配と、天皇を戴くがゆえに世界に類をみない日本の優越とは、全く次元をことにするものです。


さて、その日本を象徴するものはなんであるべきでしょうか。他の国は国旗や国歌を必要とするでしょう。しかし姓を持たない天皇を中心とした至高の精神国家の日本は、かかる物質的な表象を持たないことこそがふさわしい。


つまり、日本は国旗・国歌を持たない世界で稀な国であるのがもっともふさわしい。


日本は霊妙至高な天皇を戴く国である以上、並みの近代国家の基準に拘泥する必要はないのです。

凡百の国家は国旗を象徴とし、それに拝礼すればよい。国歌を歌い(多くは血なまぐさい戦闘の歌です)、人心を鼓舞して国家への忠誠心を奮い立たせればよい。しかし、日本の国柄は西洋近代の拵え物国家ではありません。自ずから然る人為を超越した国柄です。

その日本にふさわしい国歌は沈黙、あるいはそのときどきの風のそよぎ、小鳥の囀りです。

わが日本にふさわしい国旗はそこに形而下の象徴にない非在です。


よくオリンピックの日の丸に感激したという民草がおります。しかし凡百の国の国旗が掲揚される場で、日本だけが表彰式で国旗を持たない国だということが示されたならば、外国国民は日本が稀有な国だということを知るでしょう。もとより日本の霊妙さを理解する力を持つ市民はよほど理解力の進んだ者に限られると思います。しかし、与える印象は強力です。他国と全く違うのですから。

こうして、国旗・国歌を持たないことで日本の独自性を世界に示すことができるのです。

国旗・国歌の尊重というのは、畢竟、西欧近代国家の論理の踏襲に過ぎません。日本精神の精華は、国旗も国歌も必要としません。この、西欧近代の知ではとらえられない日出づる大八嶋の精神国家の本質を、西欧物質文明に毒された国民に啓蒙することこそが真の愛国、真の国家主義なのです。


ご精読感謝いたします。                                

                           

kandanoumareさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。