かんちくログ

1発屋どころか、まだ1発も打ち上がってませんが。勝負は、これから。


テーマ:
前の日記で大騒ぎしましたけれど、ラジオドラマの収録、無事終わりました(照)。
難しかった。でも楽しかったです。
自分でやってみると、プロの人たちってほんとすごいなあーってしみじみ思いました。一定のクオリティで声を録音できるナレーターさんも、進行を気にしつつひとりで楽しくしゃべり続けられるラジオDJさんも。あと、その場でパパッと録音音源を編集してくれるミキサーさんも。
そして何気なく聴いていたラジオドラマの脚本家さんも。
すごいー。
楽しいー。
人の仕事を知るのが好きです。世界の解像度が深まっていく。

記念に録音スタジオの写真撮らせてもらいました。散らかってて…って言われたけど、これが!これがいいんです!と萌えながら撮りました。なんだ。なにに萌えてるんだ。わたしは。



本当は、マイクに向かってしゃべってるていで自撮りしたかったけど、どうぞどうぞとみんなに言われたけど、撮ろうか?とも言われたけど、恥ずかしくて撮れませんでした。なにを今更恥ずかしがってるんだ、わたしは。すでにさんざんさらしてるくせに。どこに恥ずかしポイントがあるのか自分でもわかりません。カタギ(=ポートレート撮り撮られしない人)の前では恥ずかしいらしい。

というわけで、イラストでお届けします。



録音して、ぱぱっと編集して聞き直して、部分的に数か所、ミキサーさんの指示で、ちょっとした一文を録音しなおす…の繰り返し。言い間違えたわけでもないし、なんで??と思ったのだけど、みんな淡々とやってるし、分かってないのわたしだけっぽいし、余計なこと言って邪魔したら悪いし…と思って最後のほうまで黙ってたのですが、小説家根性が発揮されてしまい、録りなおすときってどんなときなんですか?ってついに聞いたら、ちょっと言いにくそうにノイズがかぶったときですって言われました。

…紙の音とか。

…紙? 手元の脚本を見つめながら、あ、それ、わたしが犯人……と思いました。素人のミスを黙って淡々とフォローしていく職人たち…。見習いたい。わたしならフォローはするけど文句も言うわ…。優しい皆様のおかげで、のびのび楽しく録音できました。

前の日記で、小説家って名乗るのも後ろめたいって書いたけど、それもある意味、逃げかもしれない。仕事を頼んでくれる人や読んでくれる人のためにも、プロですからって胸張っていこうと思いました。

今回収録したラジオドラマは、大阪守口市のコミュニティラジオFM hanakoの番組「アフタヌーンレーダー」の中で放送されます。5月31日(火)の14:00-14:30です。守口市周辺の人はラジオで、それ以外の地域ではネットから聞くことができます。一週間後くらいをめどに、アフタヌーンレーダーのホームページにポッドキャスト(録音音源)がアップされて、いつでもどこからでも聞くことができるようになります。
5月17日(火)にはアフタヌーンレーダーの生放送にゲストで出演するよ。

ラジオドラマ、ずっとやりたかったんです。アフタヌーンレーダー提供のネクストグループさま、スポンサーの小山製麺さま、番組パーソナリティのほっぺふき子さん雨衣子さん、FM hanakoスタッフさま、一緒にやってくれたナレーターのみなさま(「斜陽」公演のメンバーです)、連載中の「ちょうどよいふたり」のラジオドラマ化を快諾してくださった日本リフレクソロジスト認定機構JRECさまに、感謝です。

ちょうどよいふたりの最新話はそろそろ発行されるので、また発行されたらネットにもアップしますね。今回は新キャラ登場です(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小説家・かんちくいずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。