プールサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が
迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。


テーマ:

プールサイドの人魚姫-山口組

 結論から言ってしまえば暴力団は必要悪である。彼らを肯定するつもりは更々ないにしても、長きに亘り国や民間の間で暴力団を世の中から排除しようと懸命の努力が続けられて来たが、その活動虚しく社会から彼らの姿が消えた事実はない。

 その排除運動によって、解体された組織暴力団が多少なりともあるが、彼らは解体後も分裂を繰り返し新たな組織として再生する。

 何故、彼らは社会から消え去らないのか。それは彼ら暴力団を必要としている人間が少なからず存在するからである。

 例えば、政治家や警察が彼らを都合よく利用している実態がある。自分の手を汚さず何らかのトラブルを解決する時に重宝するのが暴力団。警察が事件解決に向け利用する情報屋も同類で、暗黙の了解の下で黒いビジネスとして取引が交わされるのである。

 23日深夜、突然の芸能界引退表明をした島田紳助氏のニュースが流れ、その理由が暴力団関係者との親密な関係と聞いた時、果たして引退するほどの事なのかと疑問を抱いた。

 芸能人の中には麻薬や覚せい剤に手に染め、前科を背負った者もいるがその後一定の期間を置いて芸能界に復帰し現在も活躍している人もいる。

 それを基点として今回の引退を捉えて見るならば、引退ではなく一年或いは二年の芸能活動休止でもよかったのではないかと思う。

 紳助氏の性格から言って、自分の中に疾しい事や隠し事、人に知られてはならない部分を抱えたまま、芸能活動を続ける事は自分が置かれている立場、特に人気実力を兼ね備え社会に対し影響力を持つ人間が何食わぬ顔で正義感を振り回す事に耐えられないと言った自分との葛藤があったのかも知れない。

 芸能界と暴力団の結び付きを紐解くとその歴史は古く、芸能が一般社会に娯楽として定着した江戸時代にまで遡る事が出来る。

 大よその見当はつくと思うが、ある旅芸人の興行が行われる時、先ず初めに座長が挨拶に向かう先はその町や村を取り仕切っている博徒(やくざの親分)の所である。興行をさせてもらう代わりに興行収益の一部を支払うという仕組みだ。もちろん客同士のトラブルなどで興行が邪魔されるような事があればその解決もやくざが請け負っている。

 時が流れ現代社会になってもその根底は変わっていない。わたしたち一般人の最も近くに存在するのが消費者金融(闇金融)などの借金取り立て時に大抵現れる強面のお兄さん達や『ダフ屋』である。

ある人気歌手などのコンサート会場の近くで「チケットあるよ」と野太い声を上げてチケットを売っている怪しげな人物を一度位は見かけた事があるのではないだろうか。

 エリッククラプトンのコンサートを観に行った時、友人のチケットが事前に手に入らず『ダフ屋』から購入した経験がある。そのチケット代金は当然ながら暴力団の資金源になっている。

 インターネットが普及した現代では、そのチケット等の転売が一般人でも手軽に行えるようになったネットオークションだが、売り手と買い手との間でトラブルが続出するなど、社会問題にまで発展しており、内容によっては暴力団よりたちの悪い素人が増えているのも困りものだ。

 芸能界と暴力団について古い話で恐縮だが、わたしの父が府中刑務所に服役中(19661968年頃)に知り合った暴力団幹部たちの間では芸能界についての話題が多かったと言う。

 娯楽の殆ど無い塀の中なので、一つの楽しみとして自分たちの経験や自慢話に花が咲いたようである。力道山を刺殺した村田勝志もその中の一人であるが、ある山口組の幹部は当時人気の高かった歌手の『園まり』と親しい関係にあり彼女のボディガードを務めた事があったと言う。そしてまた『こまどり姉妹』や『ザ・ピーナツ』との関係もよく話題に上ったらしい。

 父の弟であるわたしの叔父は司会業を生業としていた時期があり、各地のキャバレーやクラブで行われるショーで暴力団関係者をよく見かけたと言う。

 ある大物演歌歌手のディナーショーが開かれた時、歌が終わると同時にある男がその歌手に花束をプレゼントした。その時に握手を交わしつつ歌手がその男に小さな紙包みを渡したのだが、なんとその中身は500gの金塊だったと言う。

 後で分った事なのだが、その演歌歌手がレコードデビューした際にお世話になったのが、稲川会系の暴力団幹部だったらしい。

 暴力団について話をすると限がないのでこの辺で止めておくが、暴力団と関係のある芸能人は島田紳助氏だけではないのは確かであり、本人は気付いていなくとも、マネージャーや所属事務所などが関係を持っていたりする事もある。中には父親が暴力団、親戚に暴力団の人がいるといった芸能人もいるだろう。

 芸能界はある意味において自己申告の部分もあるので、紳助氏の引退会見に冷や汗をかいている芸能人がどれだけいることかとそちらの方が気になってしまう。

そう言えば子どもの頃によくお小遣いをくれた人斬り慎二の親分はまだ生きているのだろうか。もし達者であるならば是非お会いしたい。父の遺骨を拾ってくれたのもその親分だったから。

AD
いいね!した人  |  コメント(57)  |  リブログ(0)

神戸俊樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「芸能」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。