プールサイドの人魚姫

うつ病回復のきっかけとなった詩集出版、うつ病、不登校、いじめ、引きこもり、虐待などを経験した著者が
迷える人達に心のメッセージを贈る、言葉のかけらを拾い集めてください。


テーマ:
友人である江戸川レノンさんのライブに先日行って来た。その夜は4人のシンガーソングライターが出演し女性が一人混じっていた。ジョーン・バエズばりの美しいヴォーカルを披露してくれ、小さなライブハウスが和やかな雰囲気に包まれた。各シンガーの楽曲が流れいく中、丸い小さなテーブルを抱きかかえるように一人のまだ20代と思える青年が背中を丸め、何やらノートに書き記していた。この時点で彼が客なのかミュージシャンなのかは判断出来なかったが、存在感はあった。何故ならあの有名バンド「ガロ」のマークに雰囲気が似ていたからである。時間も10時近くになり、江戸川レノンさんのステージが終わったので今夜はもう終わりかなと思うと、先ほどの青年がステージに立ち、なんとギブソンのアコースティックギターを抱え、チューニングし始めたではないか。殆どのミュージシャンは弾き語りの場合座って演奏する事が多いと思う。ところが彼は立ったまま何気なく歌い始めた。学生街の喫茶店でもやるのかなあと期待していると、まったくそれとは裏腹でこれぞ現代に蘇えったフォークシンガー。70年代の熱きフォークブームを彷彿とさせる見事な歌だった。ゴミの日、これはあのねのねの「赤とんぼ」に似ているが、私のお気に入りで毎日口ずさんでいる。
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

神戸俊樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。