『千住博展で販売しています商品のご案内』

ただいま金谷美術館では企画展「世界を疾る! 千住博展」を開催しています。

ミュージアムショップでは展覧会に伴い商品の販売をしています。

普段は軽井沢にある千住博美術館でしか買えない貴重な商品ばかりですヾ(@^▽^@)ノ



こちらは一筆箋です、大変ご好評を頂いているひとつです。

3種類の千住作品が一筆箋に♪

雰囲気が違うので複数お買い求めになる方も多いです(*^▽^*)

一番人気は、本展の見どころでもある「滝」の絵柄です。

ちょっとひと筆、涼やかな「滝」にメッセージを添えて・・・

頂いた方もお喜びになると思います。



トートバックもございます。

黒のトートバックは、刺繍された銀糸の鹿がおしゃれで大人気o(^▽^)o

白い方は最近入荷したばかりのもので、銀色のシャープなラインが

素敵なバックです。

A4が入るサイズでお値段1,200円!これはお買い得ですヽ(゚◇゚ )ノ


ご来館の際には、ちょっとミュージアムショップものぞいて見てください。

今回ご紹介しきれなかった、クリアファイル、バックハンガー、レターセット、マグネットなどなど・・・

お気に召すものがあると思います。

ご来館をお待ち申し上げております。


AD

いつも好評を頂いている金谷美術館の文化講座クローバー

今回は箱根彫刻の森美術館と岡田美術館を見学します。


岡田美術館・彫刻の森美術館 見学講座
「秋の箱根でピカソと若冲を楽しむ旅」

〈開催日〉9/14
〈時間〉8時 金谷美術館集合、20時 帰着予定
〈申込締切〉 9/1(木)まで
※締切前に定員(45名)に達することがございます。
〈料金〉14,000円(チケット、昼食代、バス代、講義代含む)


江戸時代の画家たち」展と、彫刻の森美術館の展示を、ピカソ館を中心に見学します。


元 彫刻の森美術館館長・鈴木隆敏氏(現 金谷美術館シニアアドバイザー)による館内解説と、本年1月14日の日本経済新聞において83年ぶりの再発見され話題となった若冲作品の魅力に迫る、岡田美術館館長・小林忠氏のレクチャーは必見です!

すでに多数のお申し込みを頂いてますチューリップ赤

この貴重なご機会にぜひ、ご参加ください。

お問合わせ先:金谷美術館 (電話)0439-69-8111

AD

新規収蔵作品のご紹介

テーマ:

先日、天野浩子先生より

作品を寄贈いただきましたので

ご紹介いたします音譜



「遠くを見つめる」

制作年:2011

素材:トラバーチン

【天野浩子・略歴】

1984年 神奈川県生まれ

2009年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

「遠くを見つめる」の正面には

天野浩子先生より2013年に寄贈いただいた作品

「たいせつなもの」が

設置されていますラブラブ!


ご来館の際にはぜひご覧くださいませキラキラ



AD