いつもありがとうございます!

kanauMEGAMI1689藤森(^ ^)でございます!今日は昨日のこちらの記事からの続きとなります↓画像も少し情熱的&ロマンティックなものを今日はセレクトして見ました(^ ^)


 

もう、題名を書いているだけでも、恋焦がれるどころか、丸焦げ状態の藤森です。

 

 

調べて行くうちに、なんだかそれだけで宇宙のいたずらを感じずには入られませポーン藤森も調べて行くうちに、なんだか少しセンチメンタルな気分になりました。

 

 

 

ひとつの魂、ひとつの愛、

ひとつの生命、ひとつの存在に還る

魂のカタワレ「ツインレイ」

 

ツインレイとは根源の存在・究極の相手・魂の伴侶:異性(ごく希に同性)/唯一無二の存在。魂の段階で別れた半身、常に別の性別に生まれ、この先、何度生まれ変わろうとも、代わりはいないそうです。

 

 

ツインレイ「身体の特徴」

きらきら手足が似ている

きらきら抱き合ったときの一体感

きらきらほぼ同時期に体調の変化があらわれる

きらきらしぐさ、話し方、笑い方が似ている

 

 

ツインレイ「出会い」

きらきら出会いは公共の場

きらきら出会った瞬間に時間が止まったような感覚

きらきらシンクロは起きない

きらきら居心地も良く絶対的な安心感

きらきら嫌悪感がない

きらきらアプローチは必ず男性

きらきらお互い、真逆の性格、真逆の立場

きらきら好意を抱いているのに、近づいてはいけないという感覚

 

 

ツインレイ「出会ってから」

最初のうちは、狂信的といえるほど、離れられない、ずっと一緒にいたいという感覚が強いのですが、問題点がある程度わかってくると、相手への配慮が生まれ、それぞれの生活を営むことができるようになってきます。

 

 

ツインレイ「恋愛の特徴」

お互いの愛に向き合えるようになるには、時間がかかります。特に女性よりも男性の方が激しすぎる愛に、自分では役不足だと感じて身を引こうとしてしまう傾向が強いです。
 

 

ツインレイ「愛情的特徴」

もしツインレイと結ばれたなら、相手への愛だけでなく自分の嫌いな部分でさえも愛おしいでしょう。そしてこの世の全てにおいて、感謝の気持ちに満たされているはずなのです。

 

 

出典:特別な存在、ツインレイ7つの特徴

出典:魂の伴侶ツインレイの特徴を理解した6の見分け方

 

 

最後に・・

他のWEBサイトでもこのような記述がございました。

 

ツインレイは自分の全てを失ってでも、命と引き換えにしてでも、愛を貫く覚悟を持つ事が出来ます。そして実際、死を迎えるに等しい現象がどちらにも巻き起こります。

 

ツインレイは一度相手が魂の真実のパートナーであると気付いたら、二度と揺ぎの無い確信レベルに至ります。

 

そして何があっても決して別れが訪れる事が無いのがツインレイです。(※分離期間であっても、お互いにどこか確信レベルで愛を信頼しあい、別れた感覚はありません。) 

 

また、2人の視点が2人の世界に留まらず、世界に向かっている点もツインフレームとの違いと言えるでしょう。

 

社会貢献、社会奉仕、社会活動、これらのキーワードはツインフレームには存在せず、ツインレイの大きな特徴と言えると思います。

 

出典:【Twinray】 ツインレイ♔ソウルメイト 7つの段階 ツインフレームとツインレイの違い

 

 

 

マネージャーに聞きましたところ有名どころでは、ジョンレノンとオノヨーコの関係はまさしくツインレイだったとか!?

 

 

確かにビックリマーク全ての特徴が一致していますね、これには頷くしかないです滝汗 

 

 

 

そんな出会いがいいのか・悪いのか、藤森は判断できませんが、恋も愛も究極なるものは厳しいのですか…アセアセ

 

 

万が一ツインレイと出会ってしまったら、もう、覚悟を決めてその身を任せるしか方法はございませんねニヤリハートファイトですよーきらきら

 

 

 

現実が目眩く恋焦がれる女神から

お引き寄せが多いのはこちらです(^ ^)

No.449|Psycheプシュケー|障害のある恋|愛を貫く|

試練を乗り越える愛|愛の成就|圧倒的な美しさ|

嫉妬のエネルギーへの盾|純真な愛|無垢な輝き|30ml

 

 

 

AD

リブログ(2)

  • ツインレイ

    こんばんは真実の愛の探究者爽夏ですいつも拝見させていただいているkanauMEGAMI1689藤森さんのブログでツインレイの記事を見つけました私がツインレイという言葉を知ったのは、3年前くらいでしたその時から、ツインレイと出逢えたらなーって思っておりましたそしてそして、今現在ツインレイと思われる方と…

    soyoka-inori

    2017-03-31 19:41:25

リブログ一覧を見る