過払いはどれだけあるんだ? - 彼方の債務整理日記

サラ金・クレジットと自転車を延々漕ぎ続けた彼方が、約400万円の債務整理を決断しました。


テーマ:

来週以降、ライフとの交渉が始まります。

できれば提訴しない方が早く解決する可能性が高いわけですが、どの辺りを妥協点にするかということが問題ですね。

全く認められないで提訴に至る可能性の方がかなり高いですが…。


基本となるのは、大阪高裁平成20年9月25日判決です。

最初、平成12年6月30日現在の過払い金額の54.298%からスタートして引き直しをすれば良いと考えていたのですが、よくよく判決文を読んでみると、そうではありませんでした。


(1)基準時の過払い金返還債権の54.298%および取引終了時からの利息5%。

(2)基準時を残高無視計算した過払い金およびその利息5%。

の合算になるようです。


これを私の場合に当てはめると、次のようになります。(ライフカードのみの引き直し)


(1)531,468円の54.298%である288,576円と平成19年10月29日からの利息20,035円。

(2)202,204円および利息21,506円。

以上から、合計で532,321円となります。

プレイカードの残債が180,877円ありますから、差し引き351,444円ですね。


一連で引きなおすと次のようになります。

(1)531,468円の54.298%である288,576円と平成21年2月27日からの利息830円。

(2)109,944円および利息1,286円。

以上から、合計で400,636円になります。


3割程度を弁護士費用に取られたとして、246,010円と280,445円ですか…。

妥協点は25万円から30万円というところでしょうね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。