東京都葛飾区の行政書士 村杉(むらすぎ)です。

東京都葛飾区の行政書士 村杉(むらすぎ)です。またしてもブログのタイトルを変えてしまいました。ブログらしく、つれづれなるままに書くかもしれません。


テーマ:

最近は、書店がどんどんなくなっています。

 

それによって、本の中身を見てから買うということが難しくなってきました。

 

先週も1冊、Amazonで本を買ったのですが、中身の薄さにびっくり。ほとんど、一企業の宣伝かパンフレットかといった具合で、大いに期待外れでした。

 

もし、書店で見ていたら絶対に買わなかったでしょう。

 

出版社の方も、Amazonの「中身検索」にもっと協力していただきたいところです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実際のところ私の仕事の90%は、外国人のビザに関する仕事です。

 

ビザの種類の変更とか、更新ですね。

 

幸い、ずっと英語を勉強していたので、日本語が苦手な外国人のうち、英語ならなんとかなる方のサポートができています。

 

正直、外国人専門の行政書士になっています。

 

そこで、外国人を総合的にサポートするウェブサイトを作ることにしました。これから作るので、URLなどはまだ決めていないのですが、少しずつ作っていければいいと思います。

 

ある程度形になったら、ご案内させていただきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本語学校設立についての話題です。

前回、日本語学校が専修学校または各種学校であれば、日本語学校の土地や建物については賃貸でも構わないというように法務省の規制が緩和されたと書きました。

しかし、専修学校や各種学校の許可は、各都道府県知事ということになっており、都道府県によってこの土地建物の名義についての許可基準(他の基準も)が異なります。

たとえば東京都については「校地、校舎その他の施設、設備については、原則として自己所有でなければならない。ただし、教育上支障がないことが確実と認められる場合には、自己所有であることを要しない。」ということなので、例外的に賃貸でも認められることになっております。

しかし、千葉県については例外は認められているものの、少なくとも土地だけでも自己所有ではないと難しいのかなという感じがします。

いずれにせよ、専修学校や各種学校として日本語学校をやるのであれば、都道府県と入国管理局の両方の許可が必要なので、両方の基準の厳しい方を満たしていないといけないということになりますね。


あと大事なことですが、日本語学校を設立して外国人を受け入れるためには、必ず学校教育法上の許可が必要なのかという点ですが、個人や株式会社が日本語学校を行う場合は、入管(法務省)の許可だけで行うことができます。

この場合は、土地建物ともに自己物件である必要があるのですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人留学生が来日して、最初に日本語を勉強する日本語学校の設立要件が緩和されました。

もちろんこれは、日本で学ぶ留学生を増やそうという政府の強い要請を受けたものですが、これまでよりはるかに容易に参入することが可能となったのです。

いちばん大きな要因は、学校の敷地や建物に関する緩和です。

これまでは、基本的には土地建物ともに自己物件でなくてはならなかったのですが、2016年7月の規制緩和により、専修学校、各種学校の要件(これは学校教育法で定められている。)を満たしている場合は、賃貸でも可能になったのです。

これは非常に大きいですね。設立に要する費用が全然違います。

今後、どんどん日本語学校が設立されることが予想されます。

当事務所でも既に日本語学校設立のサポートサービスを開始しています。

これについて、このブログでも継続して情報提供をさせていただきます。


日本語学校の設立をお考えの方はお問合せください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年の9月からブログを更新していませんでした。

最近は、もっぱらFacebookばかり更新していたもので。

ちなみにFacebookは外国人向けの内容となっております。
https://www.facebook.com/kanamachioffice/

最初は日本語で書いていたのですが、「英語で書いて」との書き込みがあり、しぶしぶ(?)英語で書くようになりました。

日本に住む多くの外国人は、ある程度日本語を話すことはできるのですが、読み書きとなると、苦手としている方が少なくありません。

そういうわけで、最近はFacebookを使って、日本に住む外国人が興味がありそうな情報を英語で(コメント程度ですが)発信することにしているのです。

そんなことをしていると、1日、2、3人の外国人の方からビザのことや帰化に関するお問合せをいただきます。年間にすると、700人ぐらいになるかもしれません。

もちろん、問い合わせの人数ですので、お仕事をいただくとなると、ここからガクンと減るのですが。。。

ともかく、今後はもう少しブログを更新したいと思うのですが、何のためのブログなのか、少し考えないといけないようです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。