♪♪いろいろ好きなんなのでてきとーに書くんだもん♪♪

柳家喜多八師匠、歌舞伎、漫画、お笑い、旅行、映画、ライオンズ、スノボ、エリック…。

いろいろ好きです。

そんなことを

テキトウに書きます。


テーマ:
喜多八師匠亡くなったとか信じられん;_;
ショック過ぎる…

師匠を知って丸9年

http://s.ameblo.jp/kanak/entry-10221432060.html?frm=theme

先日出産し、落ち着いたら聴きに行こうと思ってたのに…
娘を抱っこしてもらいたかったのに…

最後は昨年の11月になってしまったな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日は神楽坂毘沙門天にて落語会、七転八倒の会でした。

ネタ

柳家いっぽん
寿限無

平成生まれだそうで!
ドラゴンボール仕様の着物を作ったんだとか(笑)
元気いっぱいで良かった。

柳家喜多八
短命

最近気に入ってる噺みたいです。

やっぱサイレントおもしろい!


蜃気楼龍玉
駒長
上方さんとお駒さんのやり取りがあっさりだったような?
カラスのあほうがすごくしっくりしてた。

仲入り


喜多八
だくだく

この噺好きです。

タマがかわいいよね。


龍玉
夢金

この噺も好き!

最後のほうちょっとだれたけどシメってかサゲ?は良かったです。


朝降ってた雨も止んだし、とってもいい会でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先の日曜日、東西寄席行ってきました。


隔月でやってるこの会ですが、7月は節電なんかの理由で中止だったので、4ヶ月ぶり


それもあってか、いつも以上にお客さんが入ってました。


私は5月も行けてなかったので、半年ぶり!


ネタ

るぱん
へっつい幽霊

久しぶりのるぱんさん!
毎回菊之助さんと替わりばんこでやってますが、ここのとこ都合がつかなくて菊之助さんが続けてやってたみたいです。


その菊之助さんですが、先日行われた毎年1回開催されているアマチュア落語選手権(正式名称はわかんない)でなんと優勝したんだそう!


すごいですね~びっくり。

るぱんさんのへっつい幽霊は、この間きいた師匠のやつとはまた違っていて、(ちなみに、るぱんさんは上方)面白かったです。


るぱんさんのへっつい買った人の方がかなりやくざっぽかった(笑)


喜多八
長命

短命?
前、聞いたときとちょっと違ってた!
なんかサイレント部分増量って感じで、想像が広がって面白かったー。

イロモネアのサイレントなら通ってるなこれ。なんてちょっと考えてしまった。


喜多八
鈴ヶ森
師匠の鈴ヶ森にいつも当たれなくて、今回初!

可笑しかった。

この人は、なんでこんな子分を取っちゃったの!
と突っ込まずにはいられない(笑)

子分のろれつの回らなさがすごい!


仲入り


喜多八
盃の殿様
師匠のこれ結構聞いてますが、やっぱおもしろい。


土地のところはやはり聞かせ所なんでしょう。
いっつもすごいなと。


はなおうぎ(だっけ?)の微笑みが助六の八ツ橋を思い出します。


次回は11月27日だそうです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
♪♪いろいろ好きなんなのでてきとーに書くんだもん♪♪-DVC00134.jpg

博品館にて喜多八師匠の独演会。


この会を逃すと今月喜多八師匠の生落語を聞きそびれてしまいそうだったので、慌ててチケットを入手した次第だ。


古今亭朝太
熊の皮

途中から聞いた。
初めて聞いた噺でしたが、まあそうかって感じかな。
笑い処で笑える。
落語らしい感じがしました。


喜多八師匠
へっつい幽霊

実は初めて聞いた噺。
幽霊が似合ってた。

あれが女の幽霊バージョンも聞いてみたいと思った!

というのも、喜多八師匠の幽霊はかなりはまってたけど、女の幽霊だったらもっとはまりそうだからだ。

つーか、勿論女の幽霊がでてくると思ったら男だったからちょっとがっかりしちゃったのだ。


喜多八師匠
寝床

いつもと噺の入りがちょっと違った?

この噺は前半、旦那さんが可哀相なので実はあんま好きじゃないんだけど、

番頭にちやほやされてうれしそうにしてる顔を見るのは好きだ。


仲入り


林家花
紙切り

前回見たときよりグッと腕が上がってるような気がしました。

凝った構図が増えてる?


喜多八師匠
三味線栗毛

初めて聞いた噺。
最後あっさりしててびっくりした。

もう何回か聞いてみたい噺。


喜多八師匠と夏って似合うな、と
漠然と思った会でした。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
だいぶ経ってしまったけど、記録として…。


11日は、上野方面を妹(いも)と徘徊。


まずは、東京国立博物館の平成館で催されていた「写楽展」へ。


妹が招待券を貰ったというので、ご相伴に預かりました。


写楽といえば、言わずと知れたというようなイメージがありますが、実際のところあんま知らない…。


三つ目の彼…ではない。


というので、ざっくり知ったのは、


東州斎写楽
1794年(寛政6年)に大判黒雲母擦り28枚の役者の大首絵を刊行。役者の特徴を大胆に表現、かつダイナミックなポーズなどが話題となりセンセーショナルなデビューを飾るも僅か10ヶ月程の活動で姿を消してしまった。


つーことで、かなり謎の絵師だった模様。


敏感プロデューサーの蔦重Pこと蔦屋重三郎の秘蔵っ子だったという噂も。


どの時代でも敏感プロデューサーが絡むと、うまくヒットするのかしらなんて想像しちゃいますね。


初期(といっても1年足らずですが)は、その大胆な大首絵がうまいこといっていたようですが、後期(といってもその数ヶ月後)は段々と作風が変わり、人気がなくなっていった模様。


たしかに、全身の絵より、大首絵の方が魅力的ではあるなと。



やたら男女蔵さんと澤村宗十郎さんの絵が多くて、当時の人気が窺えました。


しかし、たった10ヶ月の活動で200年以上後の人間にも絶賛され、またその存在の謎で話題になりつづけるなんて、とんだカリスマ性だわ。



3時頃、写楽展を後にすると、玄関のところに長蛇の列!


流石、最終日の1日前だ。

やはり、早めに来て良かった。


遅目の昼ごはんを食べて、次に目指すは三平堂。


歩いて行けそうだったので、2人でてくてく歩いて行きました。


三平堂に着くと、続々と人が入りだしたところのよう。


激闘!?正蔵VS喜多八 落語浅草番外地 三平堂の変


ということで、いつものところは、クーラーが効かないかもしれない問題が勃発し、正蔵師のお膝元(?)のこの会場になったとか。


確かに、あの会場でクーラー効かないと、蒸し焼きもいいところだな。


ネタ

たこ平
蛇眼草

正蔵師曰く、珍味。

確かに、雰囲気が独特。
まくらの時は不穏な空気を醸し出していたのに、話に入ると真逆な雰囲気。

いや、動きは不穏だったか。

餅の食べ方はうまいとは言えないが、蛇眼草をぺろぺろっっという「ぺろぺろっ」の言い方が妙に気に入ったりして。

このホラーメルヘン(?)な話が似合ってたな。


正蔵
夢の酒

毎度ながら、若い娘さんがかわいい。

この場合、お花ちゃんね。

私は、27、8、30凸凹って言い回しが好きなんだけど、正蔵師は25、6とかって言ってたな。残念。


喜多八
欠伸指南

つーがいけないですね。

お師さんと生徒(八つぁんだっけ?)が同じ人とは思えない!

でも、どっちも喜多八属性である!

渋い感じも、ちゃかちゃかな感じもしっくりなんだな。

なんか気に入ってきちゃった!

なんて辺りが可愛らしかったりします。


仲入り


喜多八
棒鱈

こっちの八(熊か?)も可愛い属性ですね。


莫迦とか言って怒ってるのに、唄覚えちゃったとか言うし。

赤ベロベロはいつ聞いても可笑しい。


正蔵
景清

初めての話でした。

最後の方がシャーってなってちょっと戸惑いましたが…


個人的には正蔵さんはもっと可愛い話の方が似合うなあと感じたりします。


帰りは駅前のファミレスで長話しでした。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
東日本大震災により被災された皆様ならびに、ご関係者で被災された皆様に、心よりお見舞い申しあげます。


なんとなく、地震後は日記が書きづらく滞っておりましたが、長い連休色々あったので、せっかくだから書こうかなと。



実はわたくし、29日からの10連休。


初日の29日は、七転八倒の会行ってきました。


柳家いっぽん
桃太郎


なんか、まくら長い!
師匠方に長いと言われたくさい(笑)
でも、私は苦痛ではなかったです。なかなかおもろかった。


そして、前座らしく元気良しでした。


ネタ中に出てくるスーパーファミコンとかが古くて笑った。


まだハタチらしいのに。



蜃気楼龍玉
夏泥

なんか、凄みと独特の間があって、前聞いた時とちょっと変わった!と思いました。


雲助師匠ともあんま似てなかった。


かなり二日酔いだったらしく、そのせいもあるの?とちょっと可笑しかったけど。


柳家喜多八
あくび指南

お師さんのまじめっぷりと内容のくだらなさのギャップ、


熊さん(ハっつあんだっけ?)がだんだん楽しくなってくとこが可笑しい!


お師さんの声がいいところがいいよね。


仲入り


龍玉
ぞろぞろ

前、正蔵師で聞いた時は、娘さんだったけど、おばあさんの時もあるんだ。

床屋さんがかわいそすぎ。

喜多八
寝床

噺家の龍玉は呼ぶなよ

なんてくだりがあって、前聞いたときより、遊んでる印象でした。


番頭さんにほだされて、気分が良くなっていく旦那はかわいかった(笑)



5月7日は道楽亭に行ってきました。


喜多八
替わり目


あんな旦那だったらイラツクけど(笑)はたから見るにはかわいい。


ちゃんと感謝してるしね。

喜多八
盃の殿様
こちらもチアガールとか出してて、前より遊んでる印象。


しかけというのは打掛みたいなもので高価なやつだと教えてもらいました。

(辻が花っていう絞り&刺繍がすごい華美(過ぎ?!)なものもあるという、自分メモ)


仲入り


柳家花
紙切り

堂々とたくさん切ってました。

歌丸師匠の首切れたことないのかしら?


喜多八
寝床

今回は落語家の某って言ってたな。


しげぞうがヒーンって泣いちゃうとこもかわいいな。

連休中の落語会はこんなとこでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新宿道楽亭にて、一周年記念落語会。


喜多八師匠の会だったのだが、師匠休演のため、弟弟子の三三さんが代演。


キャンセルしてもということだったけど、こんな近くで三三さんを見れる機会ってないんじゃない?


と思ったし、せっかくの道楽亭一周年なので、行ってきました。


ネタ

柳家三三
明烏

仲入り

太田その
三味線

三三
夢金



三三さんの明烏、


明烏で初めてお母さんの顔出てきた!


すごい顔してましたよ…


息子が吉原行くのが相当ヤだったんでしょね。


おばさんがおいらんの部屋に引きずってく時も、坊ちゃんサイドからの語りで、三三さん独自な(のかな?)感じ満載でした。



そのさんの三味線はいろんな人の出囃子など。


これも面白かった。


最後の夢金、すごい楽しかった!


熊かわいそすぎ~!


完全に話に入りこみました。


楽しい会でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は大崎ゲートシティの喬太郎落語会に当たったので、同僚と行ってきました。


帰り際、仕事でうじうじやってたから、結構遅れてしまい、途中入場できないから、モニターで鑑賞。


喬太郎
うどん屋

まくらの途中から、モニターで。

まくらのそば屋のコロッケや魚肉ソーセージのくだりが可笑しかった!

よく考えるよね。


うどん屋はうどん屋がかなり気取った奴のイメージ。

酔っ払いもたちわるい感がすごいでてる奴でした。


一緒に行った同僚は、そんなに落語に馴染みのない人だったのですが、


扇子さばきが見事だったと言ってました(笑)


仲入り


喬之助
真田小僧(たぶん)

喬之助さん、初めてでした。

学校寄席のまくら、やや説明っぽさを感じましたが、たぶん、ハキハキした話し方がそんな感じに聞こえるのかな。


なーんか体育会系ぽい人ってイメージでした。



喬太郎
文七元結

新作をやると思っていたら、文七元結。


いきなり噺に入ってました。


歌舞伎では見たことあったのですが、落語のは初めて。


ところどころ歌舞伎のイメージと重なりました。


たまに、文七が勘ちゃんに見えたりして。


歌舞伎では見えない(よね…)、文七とご主人のやり取りとか面白かった。


こいつ持ってきたよ…


って言ってたし。


歌舞伎では、あの場で文七とお久ちゃんが夫婦にってなるけど、落語の、後に…ってほうが自然だよね。


ただ、歌舞伎でおかみさんがついたてから顔だけ出してる姿が結構好きなので、そのくだりはなくて残念。


しかし、たっぷり聞いた感で満足な会でした!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金曜日は、亭砥寄席@新宿文化センターへ行ってきました。


お目当ては、ゲストの喜多八師匠。


イケメンと名高い、鯉斗くんにも興味津々。


もちろん鯉昇師匠も楽しみ。


開演19時20分。



会社を速攻で出てきたのですが、10分くらい遅刻。


前座さんは開演前だったようで、鯉斗くんの途中から…。


後ろで見てたから顔がよく見えん。



鯉斗
転失気


着いた時には、お医者さんから転失気は何か聞き出した後でした。


印象としては、ちんねんさんが無邪気。


元気いいなーて感じでした。


顔が見えなかったのが心残り。



傳枝
浮世床


傳枝さん、初めてでした。


はんちゃんの話に入ってからがよかったな。


色っぽいのが似合うなあって印象。



ここで、一門お楽しみトーク

というクイズ大会。


司会がぐだぐだで酷かった。


ある意味面白かったけど。


ここで、鯉斗くんをじっくり見るチャンスが!


ラッキー。


噂に違わずイケメン&背高でした!


追っかけやしないけど、気になるな。



仲入り


喜多八
明烏


いつもの廓のまくらから明烏。


私がいつも行ってる会とお客が違うからか、笑いの感じが少し違う感じがしました。


しかし、師匠の坊ちゃんはウブすぎる!


熱い血潮は最初の段階では流れてないなありゃ。


鯉昇
二番煎じ

見回りの辺りはサラっと。

鍋がうまそうなんだわ。


めちゃめちゃ鍋食べたくなりました。



この会、仕切りが微妙なのがたまにきずなんだけど、

仲入りのときは鯉昇一門が、終演後は喜多八師匠が(も?)


物販してサインしてくれたりして、なかなかファンにはうれしい会のようでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、初めて小ゑん喜多八試作品に行ってみました。


落語協会2階。


思ったより、広くて明るかった(笑)


高座の後ろに立派な書があったけど、よく見ると

「今川焼」

なんでだ?


場所は、ほんと住宅街のど真ん中って感じでわかりづらいと思うけど、奇跡的に迷わず着いたので、自分を褒めてあげたい!


ネタ

小ゑん
二人旅

最近の前座はやらないらしいが、前座話の王道とのこと。

私、初めてでした。

やなぎやのおかみさんのキャラヤバすぎ(笑)



喜多八
睨み返し

年末らしい話だ。

初めての話。

言い訳やさんは、睨んで恐いっつーか、なんかやばそうな雰囲気で怖いってかんじなような…


あれで、その場は凌げるけど、また催促に来られたらやばいよーと心配になってしまった。


小ゑん
幸せの石

すごい笑った!


ガス検はそんなにいい仕事なのだろうかとちょっと興味がでたし。


カゲヤマ係長のキャラがやばすぎる!


12月13日の夜は流星群が見れるらしい。


小ゑん師匠の30代女性キャラ、かなりヤバめなおっさんキャラすごいツボりますね。


喜多八
居残り佐平次

佐平次さんほんと小憎たらしい!


あんだけ腕があるなら太鼓持ちでも若いもんでもまともな職に就けば稼げるのに

と思うけど、きっとまともに働きたくない野郎なんだろな。



この会、敷居が高いイメージでしたが、全然ウェルカムな雰囲気で楽しかったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。