浜っ子司法書士ブログ 【かながわ総合法務事務所】

司法書士・行政書士かながわ総合法務事務所(横浜駅より徒歩8分)の日々の出来事をつづったブログです。


テーマ:

司法書士の山口です。

 

今日は過払い金の無料調査について。

 

「過払い金を無料で調査(計算)できます」って書かれていても「どうやって?」とみなさんは思われるでしょう。

 

過払い金の調査(計算)を行うには、まず〝取引明細(取引履歴)〟を入手する必要があります。みなさん、いついくら借りて、いつくら返したかなんて覚えているわけないので、その入手金の記録を手に入れるわけです。

 

キャッシングの《通帳》を手に入れるといえば分かりやすいでしょうか。

 

そしてこの取引明細を手に入れる方法は

①自分で取り寄せる

司法書士事務所や弁護士事務所に依頼して取り寄せる

 

のいずれかの方法です。

 

①の場合は基本郵送での取り寄せとなりますが、消費者金融などの場合、有人店舗に予約

して取りに行くという方法もあります(要予約)

連絡先は分かるところに電話すれば、つなげてくれるでしょう。

取り寄せたら、自分で計算できるなら自分で行っても良し、

不安だったらそれをうちに預けてもらえれれば計算を行っていきます。

持ち込みは来所でもメール添付でも郵送でもFAXでも大丈夫です。


②の場合は、委任状を頂き、そちらに基づいて私たちが取引明細を取り寄せます。

取引明細自体も依頼者の自宅ではなくうちの事務所に到着しますので、到着次第こちらで計算を行っていきます。家族に秘密の方などは、自宅に到着すると嫌なので、こちらを選択することのほうが多いですね。

 

 

完済している方は、①でも②でもどちらでもいいでしょうが、②のほうが楽は楽です。

 

中には、〝記憶違いだったら申し訳ない〟〝発生していないで(私たちに)手間だけかけたら申し訳ない〟という律儀な相談者さんもいますので、そういう方は①をとらえていますね。

 

なお、返済中の方は①のみを選択されたほうがいいでしょう。②の方法は返済中の方の場合には、〝ブラックリスト〟になってしまいます。

 

それはなぜか?

 

過払い金を調べるには、支払残高を確定させなきゃいけません。


完済の方は支払残高がないからいいのですが、支払中の方はいったんその支払をとめなきゃいけません。

止めた結果、過払い金が発生していて支払うものがなければブラックリストにはなりませんが、過払い金は発生しているものの支払いは残るという場合にはブラックリストになってしまうからです。

 

概ね、消費者金融であれば平成14年~の利用であれば残が残るのはほぼいない、

平成15年~もいないですね。

平成16年~で10人の内2人ぐらいが、平成17年で10人のうち35人ぐらいが、平成18年で10人の内56人が支払いのこりのイメージでしょうか…

 

平成19年~は10人いたら9人は残ると思っていいでしょう。

 

クレジット会社の場合は、平成14年~の利用であれば残が残るのはほぼいない、

平成15年~で10人の内2人ぐらい、平成16年~で10人の内35人ぐらいが、平成17年で10人のうち78人ぐらいが、平成18年で10人の内ほぼ全員が支払い残りのイメージです。

 

クレジット会社のほうが利息が安くなるのが早いので、ほぼ平成19年には適正な金利になっているためです。

 

過払い金が気になる方はお気軽にご相談下さいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。