浜っ子司法書士ブログ 【かながわ総合法務事務所】

司法書士・行政書士かながわ総合法務事務所(横浜駅より徒歩8分)の日々の出来事をつづったブログです。


テーマ:

《②の場合》

「毎月の返済額は毎月6万円ぐらいになると言われた」

(うちでの任意整理の試算は毎月4万円になる場合)

 

うちで試算すると、任意整理後の毎月の返済額は4万円ぐらいになるのに、他のところで相談すると6万円ぐらいになると言われた。

 

「どっちが本当?本当に4万円にできるの?」

 

といったパターンです。

 

これは単純明快です。

6万円と伝えているところは、任意整理をやり慣れていないか(どこのカード会社がどのくらいの分割払いができるか完全に把握できていない)、電話相談の人のレベルが低いので確実に安全圏の返済金額を伝えているのです。

 

では安全圏とはどこか?

 

確実な安全圏は36回(3年払い)です。

これをはねのけるカード会社は、過払い金は返さずに一括と騒ぐ一部の悪徳業者以外ほとんどありません。
しかし、例えば、200万円ある借金を36回払いにすると、月56000円ほどになります。
高額なので実際36回では任意整理はほとんど通用しません。

 

次の安全圏は60回(5年払い)です。

これも任意整理で許容される基本的な範囲内です。

先のような事務所であれば、一般的にこのベースで試算を出します。

例えば、200万円ある借金では60回では、月34000円ほどまで落とせますので立派に成立するでしょう。ここまでは問題ありません。

 

問題は借金が500万円以上など高額にあるのに、何らかの事情があって任意整理をする場合です。

例えば、600万円で60回では月10万円の支払いという超高額ペースになってしまいます。

頑張っても7万円までしか出せず、かといって再生も破産もできない場合(相続で取得した持ち家がある場合や親の資産で共有持ち分がある場合など)にはこの3万円を削っていくしかありません。

 

上記のような安全圏を超える分割払いは、ケースバイケースによってくるので経験と返済状況によっても変わっていきます。

あとは、任意整理がめんどくさいから…ということでやらない司法書士や弁護士がいるのも事実です。

 

しかし、80回~120回払いにすることができれば、月々の返済金額は大きく抑えられます。

 

中には「任意整理で長期分割を行うことは望ましくない」という意見もあるかもしれませんが、半分はその通り、半分は状況によると思っています。

法律家の考え方ではないかもしれませんが、お金を払うのは依頼者であり、食費や交際費、自分のお小遣いを削っても払っていきたいなら、苦しい思いをしてでもお金をどこに使うかは依頼者の自由です。

もちろんどう考えても無理そうな過剰なものは止めますが…

 

また、100回払いと決めても100か月払わなければいけないものではなく、多く払って支払い回数を短縮することは可能なわけです。

つまり、一部だけ100回払いで組んでも、他のカードの返済が60回で終わった後に返済をペースアップすればそんなに変わらないのです。

(他のカードの返済が終わった後の残った40回について1か月あたり4回分返済していけば10か月で終了。結果的に100回払いのものを含めても70回(6年内)で全て終了)

 

「長期分割は望ましくない」といっても、最後に残った長期のものが一番楽に返済できる環境にあるので、この点もあまりそぐわないんじゃないかなと思います。

むしろ、その他の60回を乗り切る策を考慮しないと、完済までのゴールが見えなくなってしまうと考えます。

 

次回は、③「この会社は任意整理できないと言われた」です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。