日常茶番事

池田 巧 の日常やら戯言やらをつらつらと。


テーマ:
もっと 焼き付けられたなら
そんな想いだけが
茜色の空に舞う 夏の夢

「今日で最後にしなくちゃな」
ふいに驚いた
君の反応が見たくて けしかけて

「 ほら あれがデネブだよ 」 と
はぐらかす君の
横顔が 眩し過ぎて

星を辿って僕ら
出逢えたなんて
綺麗なシナリオの先には
悲哀が待っている

騒がしい 慌ただしい
世界の中で 弱く光った僕らは
夜の空に揺れて 煌めいて
互いに 引き合う様に 瞬いてる
星座にそっと 淡い夢を重ねて 

もう そろそろ行かなくちゃ
するり解けた 指先を追い掛けて
星が流れる前に 夜が明ける前に
もう一度だけ 触れさせて

騒がしい 慌ただしい
世界の中で 弱く光った僕らは
夜の終わりに 飲み込まれていく
でも もし また悲しみが導くなら
続きはそっと 夢のままでさよなら

一人泣いてた 
あの日の君が消えてく
出逢えた事 
ねぇ 忘れないで
頬をなぞった指先が 甘く熱を帯びたまま
涙は花火の様に
美しく儚い 夢に溶ける 

夏が遠く 霞んでく
夏が遠く 滲んでく
夏が遠く 離れてく
夏の夢を もう一度




だいぶ遅くなりましたが、一応新曲なので改めて歌詞の方を。

この曲は仕上がってレコーディングするまで1週間も無かったという〆切の強行軍に追われてなんとか出来た苦い味の記憶が。

マジキッシュとのコンピ盤企画の話は半年位前に決まってたんだけど、なんか色々考え過ぎて曲が全然決まらなくて。

ただ、途中で彼らの方が夏の爽快感とストレートなA面感全開の曲でいくと聞いて、それならその裏側のイメージでいこうと決めてこの形に。





夏の帳が降りる時って寂しいよね。

たぶん過ぎ去って悲しい季節ランキング、ぶっちぎりで1位じゃね?

ひと夏の恋 って言葉、使い古されてて正直どーかと思うところもあるけど、きっとみんな、そんな水割り行きずり古い傷のラブゲームに憧れてんだよ、どっかで(笑)


でもこの曲は今年出来上がった中で、形になった時一番しっくりこなかったんだよね、実は。

メンバーに送って感想聞いたら思いのほか手応えあってさ、まぁ作った側としてはメロディも のぺっ としてて、展開も摩訶不思議な捻りがあるし、で企画感がちと強過ぎかと懸念もあったけど、なんだか皆様気に入っていただけてるみたいでなによりです。


次、いつになるか分かりませんが、またライブでやるときゃ是非とも皆さんの


騒がしいィ~♪
慌ただしいィィ~♪


の合唱を所望します。もう一度。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
戯言 並べて
現実主義 に則って
事なかれ なんて事はねぇ
動けない 戦闘民族 で
黙って 見過ごして
顔の無い場所に茣蓙を敷く

お花見 日和見
駆け付けながら Tell me Why?
アホヅラ 並ぶ様
どこかで皆 ホッとして
悪くねぇ いやそうかねぇ?
立ち回る嘘の隙間で
空っ風が哭く

この胸で押し殺した オマエ の
得も知れぬ感情の 名 前 を
拳握って塞ぎ込んだ Volcano
吐き出せ そうさ ブチ撒けろ

すました 顔して
時の流れに乗ったって
つまらねぇ とかいって
本当は どこ吹く風
重 量 に 逆らって
ボクらは 此処 で躍るのさ

この胸で押し殺した オマエ の
得も知れぬ感情の 名 前 を
拳握って塞ぎ込んだ Volcano
吐き出せ そうさ ブチ撒けろ

12345678
泣いてるだけで居れる分際なら
纏える無頼が最低条件
経験則だけ物言うみたいな
下らぬ世間の常識の中で
愛より大事な己を叫ぶ 
No!! No!!
What is my name?

この胸で押し殺した オマエ の
得も知れぬ感情の 名 前 を
拳握って溢れ出しそうな Volcano
全てを 此処で ブチ撒けろ




踊れる曲って世の中に色々あるけど、なんというかテーマが Light な感じが多いので、それじゃひねくれ者の自分としてはちょっとな、と。

でもコード進行はいつになくどシンプル。
皮肉な感じの内容とEmの退廃的な響きのマッチングがお気に入りで。
単音のロックなギターリフがスッと降って湧いて、そっから曲の骨格が出来上がるまで3時間と掛からなかったなぁ。
歌詞もその日のうちに出来たし。
天才ですみません 笑

こういう歌詞って、文字だけ追うと馬鹿げてますけど、ライブで唄うと妙なスイッチ入るんですよ。
んー、これでナッパも浮かばれることでしょう。

みんなで一緒に ボルケーノ って事で(笑)

7月23日、この曲は100%やるとキメてるんで、ガンガン踊っちゃいましょ。












さぁ。




気付けばもう夏はすぐそこだぜ。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「どこにいるの?」
紡いだ 指先
何でもない 素振りを装うけど
何処にいても 震える心は
そう いつでも 
あなたを 感じられるの

「どうかしたの?」
きっと 意味はないけど
「なんでもない」
少しは気を引けたかな
分かってるの 大した事じゃなくても
どこかに 私 を 置いてくれたら
そんな事 分かってるけど

自由な あなたが一番
皮肉な コトバは空回るの
それでも 追い掛けてしまうから
言えない 本音は そのまま

「へこんでるの?」
昨日の 結末
「そう見えるの?」
卑屈な切り返しで

持て余した寂しさ
振りかざした後は
熱のない 文字だけが 落ちてくるの
知ってるでしょう?

ごめんね なんて言われると
悪くない あなたにトゲを出して
今さら 気持ちは戻らなくても
優しい 痛みは そのまま

願えば 気付いてくれるの
強気な コトバの奥を見てよ
あなたが いつも背中押すから 
隠した 涙は このまま

心は そのまま


2017年、2発目の新曲初披露、無事に演りきりました。

サニーサイドアップとはまた全然違うカラーの曲ですが、僕はどちらも本当に気に入ってます。なんか、今が音楽人生の集大成って思いながら今年は曲書いてます(笑)



テーマというか、内容は報われない片想いとか、不倫っぽい感じの、でもいやらしさではなく、そうだなぁ、云うなれば 竹内まりや さんの 純愛ラプソディ みたいな関係性かな。
もちろん実体験ではありませんが、知人に似たようなケースでズルズルいってしまっている様に見える方がいらっしゃいまして(笑)

その人の言葉回しが結構文章表現に影響してる気がします。コトバ とか 、~るの、とか、女性ならではの痒~い卑屈さ、凄く良いですよね(笑)

まぁ、、あとは直接聴きに来てください。


※ちなみにタイトルは
ドミナントモーション と読みます。
所謂音楽用語ですが、意味を調べて歌詞の内容と照らし合わせてみるのも面白いかもしれませんね。


さて、今年は立て続けにいきます。

早速次の新曲は7月2日の野外フェスで初披露予定、ですよ皆さん。

絶対予定空けてねー。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。