ライフオーガナイズ=空間や暮らし、人生を俯瞰し仕組み化する技術 

(日本ライフオーガナイザー協会HP ⇒ 



ライフオーガナイズでは、自身を知る手がかりとして【利き脳】を調べます。

利き手、利き足のように、脳にも右と左で使いやすい脳があるのです。


【利き脳】は

インプット(情報を取り込む時、理解するとき)、

アウトプット(情報を出す時、話すなど表現するとき)

それぞれに使いやすい脳があり、その組み合わせにより、

「右右」「右左」「左左」「左右」の4つのタイプに分かれます。



じぶん仕様で暮らす☆

利き脳は指組(インプット)、腕組(アウトプット)やチェックテストなどで判断します。



私はインプットもアウトプットも右の【右右タイプ】 

理解も表現も感覚的で直感的タイプということになりますぴかっ!


ハイ、そこで、今日のタイトル【右右コラボ】逃げるおまたせ!



素敵な右右オーガナイザーのお二方、

浜松の東條真紀さん 高松の中島ユカさん によるコラボ講座

「右右コラボワークショップ」に参加して参りました!


まずは「自分を知る by東條さん」ということで、利き脳やその特徴のお話。


その中で、そうだったんだ~と思ったのは

右脳、左脳それぞれがさらに2つのタイプに分けられるということ。


右脳は「ヒラメキ」と「フレンドリー」

左脳は「ロジカル」と「キッチリ」


同じ脳タイプでも、大事にしているコトが違うっていう感じかな?

それぞれの特徴を「定食屋さんで何たのむ?」という例で

説明して下さったりして、わかりやすかったです。


そして私的に面白かったのが【利き脳ウルトラクイズ】


私は10個の答えの内訳が

左脳的 4つ 右脳的 4つ 混在   2つ

という、なんとも左右のバランスがとれたものでした。


私は指組み、腕組みでは右右となります。

確かに右右な部分も多々ありますが、左脳っぽい部分もあり、

やりたいこととやってることが合わないというか、

いつももどかしい感じなのです。


だから、自己分析で

「左脳のキッチリした部分に憧れている右脳」では?と思っていたのです。

ウルトラクイズの結果を見て、やっぱりそうかも・・・と思いました。


インプットのクセは変えづらいのだけれど、

アウトプットのクセは環境や仕事などで後天的に変わるのだそう。


左脳のキッチリしたところに憧れているのであろう私は、

自分なりにアウトプットのクセを変えてきたのかも…と思いました顔・伏せ目

(それでもどかしいってことは、変え切れてない?ってことかな~)



そして、後半は「方法を知る byユカさん」


ワーク中心の講座で、ただお話を聞くよりも実感できて良かったです。


「どうなりたいですか?」とリズムよく質問されることで

意外とポンポンと答えられるものだなぁと思いました。

私の答え自体は「穏やかに過ごしたい」とか「朝型人間になりたい」とか

日常の延長にあるようなことが多かったけれど、

私、こんなこと考えてるのね~みたいな感じで面白かったです満足


現状とのギャップがありすぎて目的(最終ゴール)をイメージしにくい時には

現状から2割増し位の目標をおくといいですよ~と言われて納得。


私はやってもいないのに「うわ!大変そう」と思って

ヤル気喪失するタイプなので、

実現可能な近くの目標を見るようにしようと思いました。



おとといの講座をやっとアップするという、自分の遅筆さを反省ですが

こうして時間を経て振り返るとジワジワと身にしみてくるものがある・・・

そんな講座でした満足


そして講座時間と同じくらいのランチタイム(笑)

これまた楽しかったですドキドキ


東條さん、ユカさん、そしてご一緒させて頂いたみなさん、

ありがとうございました~スキ




AD

コメント(6)