カモシダせぶんの、日々の文

松竹芸能のピン芸人、カモシダせぶんです。本屋と図書館が好き。そんな僕の、ブログです。僕を、知ってる人がいたら嬉しい。好きな小説家は詠坂雄二。好きな歌手は後藤まりこ。好きなダンは、モロボシダン。おいでよ、お笑いライブ。


テーマ:
現役書店スタッフ芸人、カモシダせぶんの

日曜に、一冊、読んでほしい本

今回はー、森見登美彦の現状、最新作。

夜行

{534480A9-2ABD-4135-9A73-B99488D0B257}

森見登美彦は、全作読んでる大好きな作家さんの1人なんです。

今作は、鞍馬にあつまった男女。彼らは10年前に鞍馬で「長谷川さん」という女性を見失って…という始まり。そして男女が訥々と喋る話の中には必ず岸田という男が描いた「夜行」という連作の絵が出てきます。

森見登美彦の過去作でいうと四畳半神話大系、恋文の技術、ペンギン・ハイウェイのような、不思議でほっこり笑える話ではなく


「きつねのはなし」のような

ほんのり恐ろしく、その恐ろしさを大きく包み込む不思議

そんな小説でした。ほぼ全編「きつねのはなし」に近いスタイルでやったのは久しぶりじゃないでしょうか?

かなり良かったです。森見さんといえばの京都以外の地域の話も結構出るし。旅小説としてもいい。

この長谷川さんに始まり、よくよくお話の中の人がまるで神隠しのように「いなくなる」んですが

読み進めていくうちに、人は死ぬより、いなくなった方が不気味なんではないかと思わせる凄みがありました。

いなくなる、生きてるかわからないって、何か少し希望がある分タチが悪いというか…そしてそこに人外の神秘なものも匂わせてるというのがこの夜行でのミソで。

そこの「神秘」がホラーを上回ってるのが今作の特徴だなと思いました。その「神秘」って「夜は短し歩けよ乙女」、「新訳走れメロス」や「有頂天家族」など森見さんのコメディ要素が強い作品の中でも1つの大きな味で。言ったらペンギン・ハイウェイもそうか。

細かな背景描写で森見さんの武器の「神秘」をこれでもかと味わえます。流石帯に「10年の集大成」と書かれるだけある。


ただこの小説


表紙の女の子が可愛すぎる(多分長谷川さんイメージ)よくない。

森見登美彦で、この表紙なら、しっとり大学生ラブコメだと勘違いして買った人を

恐怖っ。摩訶不思議失踪小説に落とし込めてしまうのでは…

その罠も、ある種ホラーだなと僕は思いました。


告知

ネット番組、本日出ます。
アベマフレッシュダウンロードして見てくださいね!
11/19(日)
いいことあるぞ【ミスターなったん】
22時〜

ライブ

11/20(月)
【漫才キングダム】
会場 中野シェイプレス
開演 19時
チケット
1000円



12/5(火)
【竹】
会場 新宿角座
開演 19時
チケット
前売 1000円
当日 1500円
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、後輩女性ピン芸人、ヒコロヒーの単独ライブでした。

{7D5B04FC-44E3-48B4-82A3-2CF52DF8C21F}

バッチバチにいかしてる、いかしてるとしか言いようがない、面白単独ライブでした。

ネタ、映像、ロヒーのパーソナルな部分を知る企画の三本柱は前回と変わらずでしたが

更に業界注目度も上がってる彼女なので

ネタのクォリティ兎に角高いし。(特に好きだったのは、女子だけの授業)

今回は、幕間映像や、映像ネタのクォリティもハンパじゃなかったです。歌声だけアレでしたが。

他の芸人さんの単独ライブで見ない、独自のセンスでかつハイクォリティ。ビビりました。

負けないでのパロディ「ボケないで」のPVは

ZARDのそれでした。本当に、本当にロヒーに坂井泉水が重なりました。それがとっても感動したしめちゃくちゃ笑いました。


芸人としてカッコよくて尊敬する後輩です。

いい事起きそうだなーヒコロヒー。


11月17日は、その次の女記念日

11/20(月)
【漫才キングダム】
会場 中野シェイプレス
開演 19時
チケット
1000円

11/21(火)
【大久保わいわいバトル】
会場 大久保地域センター3階和室
開演 18時40分
チケット
おひねり制

12/5(火)
【竹】
会場 新宿角座
開演 19時
チケット
前売 1000円
当日 1500円
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書店スタッフ芸人カモシダせぶんの

木曜に、一冊、本の話を

今回はー、今野敏の警察ミステリ「同期」の続編

欠落

{2E8B816E-3232-4AC7-9207-1BCB80B7E2FF}

主人公は警察官。立てこもり事件に、自分の同期の女性が犯人に人質として拉致される。そんな一報を聞いていてもたってもいられなくなるが、自分は自分で謎の殺人事件を捜査しなくてはいけない…

そんなジレンマに悩む主人公、そこに前作「同期」で出てきた警察を辞めて公安に関わってた同期、蘇我が絡んできて…立てこもり事件、殺人事件が思わぬ方向に…といったお話。


この蘇我が、凄い謎を含んでるけど魅力的で好きなんですよねー

なんか、飄々としてるんです。公安で働いてる凄い切れ者なのに、常に会う時都内のイタ飯屋さん。気抜けるわ。

あとは秘密が無いよーとわざと見せるあえてのおおっぴろげさも好感が持てます。勿論裏がある時もありますが。

同期って、学校の同級生とも違う独特な存在。

そう言った意味で、この蘇我は僕の周りだと

あひるちゃんスポンジクラブの岩本さん


彼も飄々としてるし、あえてのおおっぴろげさで

合コンに行ってる時、遠慮なくそれをリアルタイムでツイッターに投稿してますからね。そんな芸人いないよ。


警察ミステリの中でも、暗部というか、公安まで話が及んでくるのでかなりドキドキします。

探偵ミステリ読んでる人は、こういう警察ミステリも良いかとー。

11/20(月)
【漫才キングダム】
会場 中野シェイプレス
開演 19時
チケット
1000円

11/21(火)
【大久保わいわいバトル】
会場 大久保地域センター3階和室
開演 18時40分
チケット
おひねり制

12/5(火)
【竹】
会場 新宿角座
開演 19時
チケット
前売 1000円
当日 1500円
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。