かもめ大学 公式ブログ

かもめ大学 公式ブログです。


テーマ:
めずらしく、
家で缶チューハイを開けて飲んだら、
いつの間にか寝てしまっていた。

で、起きたら2時。

やってしまった。

飲んだせいか、よく寝てしまい、
すっきりしている。

今更、寝れない。

でも、真夜中のこの時間は
キライじゃない。

むしろ、好きだったりする。

時間の流れがゆっくりで、
落ち着いてしまう。


寝れないので、買っておいた本を読んだ。

星野源さんの「そして生活はつづく」。


image


あるTV番組を観たことがきっかけで、
一気にファンになった。

俳優・音楽家・文筆家。

学年は違えど、
同じ年に生まれたということもあり
その才能にすごい!と感動しつつも
悔しい...!という、若干の嫉妬。

星野源さんの
言葉の綴り方が好きだ。


なんで、好きなんだろう?


それは、たぶん、自然体だからだ。
ここでの自然体とは、飾らないってこと。

芸能人なのに、

普通というか、
身近に感じるというか、
生活感を感じてしまうのだ。


しかもだ。

言葉を選ばなければ、
この人、基本、暗い人だ。

光り輝いているよりも、
暗くてどうしようもないところ。

しっかりしているところよりも、
しっかりしていないところ。


芸能人という、
自分とは違う世界にいる人が、

自分と同じような

「あ、この人もそんなことがあるんだ」

という部分に、
安心感や親近感を得てしまう。


だって、

「支払い滞納通知書」とか
「でも私は、生活というものがすごく苦手だ」とか
「昔から、この劣等感の塊のような自分から逃げたいと思っていた」とか

ひいては

「ブラジャー」とか
「自慰行為」とか

そんな言葉まで出てくる、この著書。笑


普通。
普通すぎる。笑


こんな言葉もあった。


「一見華やかな世界にいるように見える芸能人や、一見ものすごい世界にいるように思える犯罪者だって、当たり前に生活をしている。その人のパブリックイメージは、必ずしも一致しているとは限らない。」(←本文より引用)


自分のことをふりかえってみた。


いつだったかな
ある時、誰かに云われたんだけど

「たかさんの家って
 おしゃれな布とか掛けてありそう」

って。

いやいや、そんなことない。


おしゃれな部屋って、
どうやって作ったらいいのかわからないから

無難に、白いカーテンです。

無難に、無印良品で買いました。

おしゃれってどうしたらいいのか
選ぶセンスがないような自分にとっては
無印良品ってなんかおしゃれに見えちゃう。

無印良品って、本当にありがたい。


だけど、この間
ミートソース飛ばして
カーテンについちゃった、っていうね。

あーあ。
 

教育分野で仕事をしてきたし
フィンランドに関することを仕事にしたり

基本的に、
クリーンというか
ブライトというか
いいイメージになりやすいんだと思う。


でも実際は、
ダーティーな部分もあるし
ダークな部分もあるし
パブリックなイメージとは
一致していない部分も当然ある。

掃除は苦手だし、
料理も苦手だし、
スポーツも基本苦手だし、

トイレにも行くし、
エロいことだって当然考えます。


ん?

いや、待てよ。


でも、そのパブリックイメージは

・教育
・フィンランド

というキーワードが作り出した
イメージなのではなくて


教育分野で仕事をしてきたし
フィンランドに関することを
仕事にしてるから

基本的に、

「クリーンでいなければならない」
「ブライトでいなければならない」
「いいイメージでいなければならない」

と、自分がそういうイメージで
発信したり、
人と対話をしてきたからなんだと。


結果として、
そういうパブリックイメージを
結局は自分が作ってきたんじゃないか、と


そして、等身大に発信できている
星野源さんを、どこか
うらやましく思っているから

この人の言葉の綴り方が好きなんだ、と


星野源さんの
そして生活はつづく」を読んで
そんなことを思ったんですよ。




ていうかね、
「読んだ」って云ってるけど
このくだり、まだほんの数ページ分。

目にとまった
キーワードやフレーズで
こんなに考えちゃうんですよ。

だからね、
本を全部読むのって、
すっごく時間がかかるんです。

で、昔は
そんな自分がまたイヤだったんですよ。

「おれって、ホント本を読むの時間かかるよな」
「おれって、なんでいつも全部読めないんだろう」

って。


でも、
今はあんまりそう思わなくなった。

たった、ワンフレーズで
こんなにも自分をふりかえることができて
あしたの気持ちや行動が変わるなら

こんな読書の仕方でいいんだと
思えているのです。


そして、こうやって
Blogで言葉を綴ることも
アウトプットすることで
さらに思考はまとまっていく。

そして、それが
これを読んでくれているあなたのように
誰かの目にとまって

「その本、読んでみようかな」

と思ってもらえたとしたら、
それはなんだかうれしいし、

星野源さんにとっても
本は売れちゃうわけだから、

なんだか
しあわせの循環は
とまらないわけですよ。


そして、ぼく個人としては

「読書や学びは、人生を豊かにする」
「読書って、簡単で、たのしいんだ」

ってことを、
もっと伝えられたないいなと
改めて思ったわけです。


自分が過去に感じた劣等感とかを
きっと、今、
このタイミングで感じている人が
どこかにいるかもしれないから。

「そんなことないよ?」
「意外とたのしいよ?」

と、知らせてあげたいのです。


そして、ここまで書いて
現在、5:35。

どうしよう、おれ、これから寝るのかな...


 
かもめ大学 フィンランド ・スタディツアー 2016 公式ホームページ
http://kamomedaigaku.com/finland/

お問合せ:リンク先よりお願いします
https://www.mshonin.com/form/?id=308526874

Facebook:友達申請はメッセージとともに下さいね!
https://www.facebook.com/yohsuketakasaka

Twitter:フォローは遠慮なくどうぞ!
http://twitter.com/yohsuketakasaka

Instagram:日々の読書記録を更新中。
http://instagram.com/yskmaxout
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。