*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


10/12(土)


スリランカ滞在8日目


空港行きの危ない匂いのするバスで

乗客は私ただひとり・・・。

無事に空港に辿り着けるのか?!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


乗客全員がバスから降りてしまったあと


体に緊張が走る。。





乗車料金を払っていない私は


ナイフを突きつけられ、身ぐるみ


はがされ、空港のすぐそばでポイッ!





っと、捨てられたらどうしよう?!?!





程なくして、バスは薄暗いゲートの


手前で停車した。





切符売りの兄ちゃんが


「空港に着いたよ」と声を掛けてくる。





「バス代いくら??」と聞くと


その兄ちゃんは何やらもじもじして


料金を教えてくれない。





それを見かねて、ドライバーが


「外に出てやれ」みたいな事を


言っている。





あっさり外に出してくれたことで


ちょっと安心。





再び「いくら?」と聞くと


「500ルピーだ」と言っている。





それを聞いて私は怒り


「ホントに?!?!


私のガイドブックには


100ルピーって載ってるよ!!


ホントはいくらなの?!(怒)」





と、詰め寄ると、兄ちゃんは


困ったような顔でニヤけて


「300ルピー。。。」


と気弱に言ってきた。





(そんなに一気に値下げするんかい!)





ちゃんと100ルピーまで下げるように


言えばよかったんだけど、ゴネて


さらにトラブルになるのは


避けたかったから


300ルピー支払うことにした。





しかしこんな時に限って、手持ちが


500ルピー札しかない!


兄ちゃんがおつりの200ルピーを


渡してくるまで、こっちからは


渡さなかったよ。





お金を渡すと兄ちゃんたちと


ドライバーはバスを走らせ


どこかへ行ってしまった。





何事もなくて本当に良かったけど


空港までは料金が高くても


やっぱり送迎の車を頼むべきだったなぁ。


と、反省した。





いやしかし、最後の最後でこんな


セコいマネをされてボラれたことに


もの凄く腹が立っていた私は


こんなことを思っていた。





次に法外な金額を吹っかけてきた


輩にはこう言ってやるぞ。





「お前はブッダに誓って


ホントにそう言えるのかーー?!」






バスを降ろされた場所からすぐの


ゲートを通ると、空港らしき建物が


見えてきた。





ガイドブックには


『バス停から無料のシャトルバスに乗る』


って書いてあったから


こんな歩いて行ける


距離に空港があるなんて。


拍子抜けじゃ。





ひとまずそこにあった


大仏様に安全に空港まで


辿り着けたことのお礼を。。





合掌。





20:00頃には空港の中に入れて


本当にホッとした。





まずは汗だくの服をトイレで着替える。





そのあとは、お腹も減っていたので


バドゥッラで買ってずっと


食べる機会を失っていた


チョコチップクッキーを食べる。





アジアのお菓子の味に期待は


してなかったけど、想像以上に


普通においしい!


一気に全部完食。


(今日の晩ごはん)



ちなみに帰国してから、姉さんにもらった


同じ会社から出ている


「ジンジャークッキー」


これもショウガのパンチのある味が


病み付きになって、一気に食べちゃった。





一部の人には「罰ゲーム?!」って


言われた味だった、と姉さん談。(笑)



(ジンジャークッキー。姉さんの
ホテルでもよく出ていたそうな)



お次はお土産の購入。


バックパックで旅行してると


旅の途中で素敵なものを見つけても


荷物になるから、買えないのが辛い。。





故に帰国ギリギリに買うか


空港で買うことになるから


「いくつ買えばいいんだっけ?」と


悩みまくる。。。





今度はゆったり買い物できる旅にも


行ってみたいなぁ~





売店をウロウロしていると


「Expo Rail」で飲んだ


紅茶のブランド「tーsips」を発見!





この紅茶、苦みがなくて


飲みやすかったから、お土産に


買って帰りたい!と思っていた。





が、なぜか売っているのは


「緑茶」だけ。。。


でも試しに買ってみた。


中国の緑茶に似たお味でしたよ♪




出国審査までは無事に


問題なくいったんだけど


飛行機がすごい遅れて、23:30予定が


2時間近く、ずれこんだ。





飛行機が遅れたからこんな


夜食をいただいたよ。


(甘い甘いセット。。)



かなり遅れたけど、無事に


飛行機に搭乗開始。





機内に入ってビックリ。


行きはあんなにボロボロだったのに


帰りはこんな素敵な液晶テレビ付きの


綺麗な機体に乗ることができたぞい!




いやしかし、深夜2時過ぎ。


睡魔が襲ってくる。。。





そんな時にごはんタイム。





お昼のカレーを食べたきり


ろくなものを食べてないから


目を擦りながら実食。


行きよりも数段うまいぞ!!


(意外にマカロニサラダとかが
体に染みるのよね。。笑)



その後は爆睡。





こちらは朝ごはん。


行きみたく、ライスにパンが添えられたり


変な違和感もなく、美味しい


オムレツなど頂きました♪




このスリランカのヨーグルトが


めっちゃおいしかったよ!




あ、余談ですが、スリランカの


6Pチーズは常温で販売されてた。


大丈夫なものなのかしら?





飛行機は2時間近く遅れたけど


無事に成田空港に到着!!



(今回頑張ってくれた荷物たち。
おつかれさま!!)


リムジンバスで帰ろうと思ったら


あと5分で出発してしまうとの事。





少しでも早く帰宅して、家族に


元気な姿を見せたいと思ったけど


(なんか締まらないよな~)


と思って、1時間あとの便に乗ることに。






まだ1度も見たことがない


展望デッキへ行ってみた。



(これから旅立つ人がうらやましくて
仕方がない~!)



そして、カルタラに向かう列車の中で


嗅いだ潮の香りから一気に火が付いた


寿司への熱い想い。。





今果たす時が来た!!




(旅行者の心のオアシス「元祖寿司」)



スリランカ滞在後半くらいから


「みそ・しょうゆ・緑茶」


これらを食べたくて食べたくて


仕方がなかった。





食べた瞬間、ほんとに涙が


出そうになるくらい美味しかったよ。。





異国に行くと自分の国の素晴らしさに


色々と気付くと思うのだけど


今回改めて日本の食、色んな技術


サービスなどなど、本当に日本って


素晴らしい国だなぁ。と思った。





今は色んな問題を抱えている


我が国だけど。。。


日本のいいところは


胸を張るべきだ、って思ったな。





それに合わせて、スリランカの


人々がみんなが持ち合わせていた


「当たり前の優しさ」を持てたら


もっといい国になるんだろうなぁ。





スリランカでバスや列車に


乗った時に見た、みんなが


当たり前にお互いを助け合う


っていう場面をたくさん見てから


不思議とムダにイライラ


することがなくなった。




結局イライラの原因を


作っているのは周りの人が


悪いんじゃなくて自分なんだよね。





それでもイライラしそうになると


あの日の彼らたちを


想い出すとフッとその気持ちが


どこかに消えてなくなっている。





みんな優しい人たちばかり。


景色も本当に素晴らしかった。


『 スリランカ 』


また忘れられない国が


ひとつ増えたよ。


嬉しい!!





私の旅の師匠「たかのてるこ」さんの


言葉が今回も頭をぐるぐる駆け巡る。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「日本人として生まれた」


ということは


「世界を自由に旅するパスポートを


手に入れたも同然だ」ということ。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


それだけ日本人は世界から


信頼を得られている国の人間なのだ。





チャンスがある限り、またどこか


旅していきたいと思う。


次はどこの素敵な国の人々に


出会えるかな??



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


『スリランカの車窓から』

  - END -


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


長い間読んで下さったみなさん


本当にありがとうございました!!




少しでも一緒に旅した気分を


味わえてもらえていたら


そして笑ってもらえていたら


本当に嬉しいです。


(密かな私の生きがいです。。本気)





また素敵な旅ができた暁には


ここでまたみなさんに


想い出のおすそ分けを


したいと思います(^^)/





みなさんも楽しい旅を


してくださいね!!

AD