*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


10/8(火)

スリランカ滞在4目



ハプタレーから無事にキャンディ行き

列車に乗れるのか?!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



トゥクトゥクは可愛すぎる子犬たちを


なんとかすり抜け、ハプタレーの駅に


到着!!





ドライバーにお礼を言って


100ルピー(約70円)払って


急いで改札に向かう。





「すいません!キャンディ行きまでの


ファーストクラスのチケット下さい!!」


駅員さんに向かって、そう叫んだ。





別にセカンドやサードクラスでも


良かったけど、馴染みのある言葉が


とっさに出てきてしまったのだ(苦笑)





チケットは1250ルピー(約875円)。


支払いをしている間も、現地の人が


わんさか切符売り場に押し寄せてきた。





(これから列車が来るんだ!


間に合った~!)





改札の中に入ると、列車を待っている


人たちがたくさんいた。






しばらくして列車が到着。


列車の中に乗り込むと



ファーストクラスには乗客が


ほとんどいなかった。






車内はExpo Rail よりもかなり綺麗。


日本の列車に近いような近代的な造り。


そして、ボリューム大のHip Hop調


スリランカミュージックもかかってない(笑)


ゆったりリラックスできそうだ(喜)



ハプタレーの街がどんどん


遠ざかって行く。


もっとずっとあの街にいたかった。


本当に素敵な場所だったよ。


またいつか来れたらいいな。。



(さよなら、天国の街)


もう何度も車窓からの景色を


眺めているけれど、どれだけ


見ても飽き足らない。





時々見える先頭車両が


トーマスみたいな青い色をしていて


茶畑の緑に溶けこんで、すごく絵になる。






なんとか必至にカメラを構えて


シャッターチャンスを狙うのだけど


先頭車両がすぐ視界から


いなくなってしまって


なかなかいい写真が撮れない。





テレビや街で見かける車窓からの


景色を撮っている人は、大変な苦労の末


素敵な映像を私たちに見せてくれて


いるんだなー。と思った。





ちょいと疲れたので、ランチタイム。


朝の散歩から、あんなに急いで


ホテルに帰ったのに、その合間に


揚げパンをちゃっかり買っていたのだ。


(揚げパン越しに列車)



(このドーナツみたいなもの
すごく美味しかった!)



気を抜いていると、またふいに


絶景ポイントが現れる。


揚げパンでベトベトの手を


急いで拭いて、カメラを構える。





この旅で一番うまく撮れた


『世界の車窓から』的ショット!!



(私にはこれが限界です。。)



のどかな風景が広がっています。


(スリランカ版かかし)



(踏み切り待ちをする人たち)






(諦めもせず撮り続ける。。)



ハプタレー ⇔ キャンディ 間の景色は


左右どちらにも絶景ポイントがあったよ。





幸いなことに、私の席の周りには


誰もお客さんがいなかったから


絶景ポイントが移り変わるたびに


座席を移動して、車窓からの景色を


堪能することができた。





景色を満喫したい人はファーストクラス


オススメです!!





そして、茶畑で有名な『ヌワラエリヤ』の


最寄駅『ナーヌ・オヤ』周辺の茶畑は


手入れがきっちりされていて


改めて見ても本当にきれいだった。


キャンディ ⇔ バドゥッラ 間の中でも


1番美しい茶畑だったと思う。





列車に乗った方は、このポイントも


見逃さないようにチェック


してみて下さい!!





大満足の列車の旅を終え、16:10


古都『キャンディ』に到着。






(列車くん、長旅おつかれさま!!)




(キャンディ駅の時刻表。
 レトロでかわいい!)




列車を降りて、改札に向かうと


その向こう側には車や人が


わんさかいるのが見えた。





(客引きも多そうだなぁ。。。)





今日は宿を取っていないから


いくつか泊まりたいホテルの


目星をつけていた。





そのホテルの位置を駅に


出る前に地図でチェック。





さあ!


いざ、キャンディの街に


出陣じゃーー!!!


(キャンディ駅)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


次回


『スリランカの車窓から』


キャンディで宿探し


につづきます!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


AD