*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


10/7(月) スリランカ滞在3日目



アリ事件勃発で、若干疲れが残る


『バドゥッラ』 2日目の朝


街を観光しに、レッツラゴー!!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



朝7:
00に目が覚ましが鳴る。


起きて、まずしたことと言えば


昨日のアリンコチェック。





幸いなことに、アリが顔に


降ってくることはなかったけど


例の場所の床には、大量の


アリンコが落ちていた・・・。


(お食事中の方がいたらごめんなさい)



(こちらが現場です。)



ひとまず出発の準備をしてから


8時に朝食を食べに行った。





昨日のボーイさん達が元気に


働いていて、座席まで


案内してくれた。





いやしかし、このホテル


明るい所で改めて見ると


お世辞にもキレイとは言えない。





「リゾートホテル!」と思って


意気込んで行くと、がっかりして


しまう人もいるだろう。





宿泊代は日本円にして3500円位だし


大して期待してなかったというのもあって


「まぁ、こんなもんか」


と、私は思えたけれど。





そんなことを思いながら


窓の方をふと見るとその景色に驚いた。





昨日は真っ暗で見えなかったけど


ホテルの周りは山々に囲まれていて


緑がワッシャワッシャ生えている。


「The 大自然」っていう感じ。





遠くに見える1本道には


トゥクトゥクがゆっくりと


走っているのが見える。






そういうのを見ると


あぁ、異国にいるんだなぁー


と、改めて思う。





(のどかでいい街だなぁ。)






しばらくすると、ボーイさんが


フルーツを運んで来てくれた。






普段はほとんど朝ごはんなんて


食べないから、なんとも優雅~





次に山ほどのトーストと


バターを持って来てくれた。





そのバターの盛り付けを見て


思わず笑ってしまった。


(写真右下参照)


(見よ! このザックリ感。笑)



アジアって感じだなぁ~





ボーイさん達は、あまり接客に


慣れていない感じで


教わったことを一生懸命


再現しているという感じだ。


そこが擦れていなくて


見ていてなんだか微笑ましい。





その後紅茶を運んできてくれて


次に目玉焼きなんかが出てくるのかなぁ


と、ずっと待っていたけど


一向に出てくる様子がない。





(これで終わりだったらわびしいなぁ。。)





とりあえずボーイさんを呼んで


ジェスチャーを交えて


「Finish ?」


と、聞くと、笑顔でうなずいて


テーブルの物を片付けだした。





(これで終わりですか?)


と、聞いたつもりだったけど、、(笑)


まぁいっか!





ただ今の時刻、AM8:30。


これからバドゥッラの街を観光しよう。





フロントに行くと、綺麗なピンク色の


サリーを見にまとった


若い女の子が座っていた。





「Good Morning!」


と声をかけると、少しはにかんで


元気にあいさつをかえしてくれた。




女の子にこれから街を観光して


11時前に戻ってチェックアウト



することを伝えてホテルを出た。





昨日は真っ暗で何も見えなかった


ホテルの前の1本道は


こんなにものどかな風景が広がっていた。



1本道の両脇にはポツポツと


民家があって、小さな商店や




幼稚園なんかがあったり。


(スリランカの子は目が
   クリックリして、ほんとに可愛い♪)



郵便局に立ち寄るご老人たち。







のどかな街で、こんな


危険な場面にも遭遇!


なんと、車の真横でたき火!!




スリランカ、ゆる~~(笑)





こんなダイナミックな木。


(インドにもこんな大きな木があったなぁ)




日本の田舎と同じように



ここに暮らす人々も



のんびりとしている。





少し歩いただけで、ここはとても


安全な街だ。ってことを感じられた。





10分くらい歩くと、昨日降り立った


バドゥッラの駅に着いた。




駅のうしろにある山々が本当にきれい。





そこから少し繁華街方面に


歩いていくと橋が見えた。



この橋を渡り切ると、地球の歩き方で



よく見ていた風景が、バッ!!



と目に飛び込んできた。


(川では洗濯する人がいたり

     牛がのんびり水浴びしてる)





(うわー!


本当にこの場所に来たんだ!!)





長い道のりを経て、ここに


辿り着けたことに達成感を味わえて


ジーンとしてしまったのだった。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


次回

『スリランカの車窓から』

バドゥッラの街(その2)


につづきます!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

























































AD