*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

10/6(日) スリランカ滞在2日目


コロンボフォート駅から

『 Expo Rail 』 に乗り込み

山深い終着駅 『 バドゥッラ 』へ

向けて出発!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


「Come on おじさん」が去って


再びホッと一息つく。





座席の周りをよーく見渡すと


いや、、、  よーく見渡さなくても


至るところ、年季が入ってて


かなりボロい。





Expo Railのホームページには


日本の新幹線並みに


洗練された車内の写真や


ちょっとスペイシーで近未来的な


写真がUPされていたし。


【Expo Rail】 HP
http://www.exporail.lk/index.php




ガイドブックには


『 ラグジュアリー列車 』


と、書いてあった。





昨日泊まった素敵なホテルの


オーナーさんが経営する列車だし


さぞかし豪華なんだろうなぁ。



なんて、かなり期待していたんだけど・・・






これは新手の詐欺か?





一気に現実に引き戻されたところで


もう一度車内をよーく見渡してみると


座席はガラガラ。





コロンボフォート駅から乗り込む人は


すごく少ないみたいだ。





しばらくして、おじさんが2人


列車に乗り込んできた。





かなり恰幅がよく


おなかもかなり前面に


ポッコリと出ていて


まるで駆け出しの相撲取りのよう。。


(失敬 m(_ _)m )





( ま、まさか、私のとなり?! )





一瞬不安がよぎった


私の席の通路を挟んで右側に2列


予約を取っていたみたい。





失礼な話なのだけど、2人が


隣り合わせに座るのは


残念ながら非現実的だ(汗)





座席が満席だったら



どうするつもりだったんやー!





仕方なくそのおじさん達は


誰かが来るまで、前後のシートに


ゆったりと座ることにしたらしい。





( うん。私もそれがいいと思う。。。)





そのおじさんのうち、1人は



スリランカ人のようで、もう1人は


ヨーロッパ系のお顔をしていた。





2人とも目が合うと


ニッコリ笑いかけてくれる。


優しそうな人たちでよかった。






予定時刻のAM8:15を少し過ぎて


列車は終着駅のバドゥッラへ向けて



ゆっくりと走り出した。






夢にまで見た(大げさ。汗)


スリランカの車窓からの景色。




最初のうちは


「 ここは日本です 」



って言われたら





「 あぁ、そうですか 」



と言ってしまいそうなほど



日本の田舎風景とちょっと似ていた。





が、やっぱりここは南国。





しばらくすると、大きなヤシの木が


ワシャワシャ生えていたり


何かの果物の実を付けた


植物をたくさん見ることができた。





そして、「ここは異国なんだなー」


と思わせるのが、現地の方を見かけたり


その国の乗り物を見かけた時。


カモメの空中散歩 - 世界編 -


( のんびり歩く女性。

日差しがきついのでみんな雨傘を

日傘がわりにして歩く )



カモメの空中散歩 - 世界編 -

( 踏切待ちをしているトゥクトゥク)





景色を眺めているだけで


どんどん時間が過ぎていく。


とても穏やかな時間。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



と言いたいところだが


車両の一番前にある液晶テレビから


大音量で、Hip Hop 調の


スリランカミュージックが


流れ続けている(苦笑)





景色と車内のギャップは激しかった。。。





車内で色々とサービスを


提供してくれるのは



2人の男性クルー。





しばらくすると、そのクルーたちが


乗客たちにおしぼりを配りだした。




カモメの空中散歩 - 世界編 -



( ゲッ!スリランカのおしぼり、怖い。。。 )





そう、行きのスリランカ航空での出来事が


トラウマとなってしまっていた。




( 詳しくは ↓ コチラ ↓ をご覧ください! )

『 スリランカの車窓から 』
出国&スリランカ入国編

http://ameblo.jp/kamome-osannpo/entry-11717342577.html




おしぼりを受け取って


とりあえずそのまま


ほったらかしにしておいた。






すると、また2人のクルーたちが


使用済みのおしぼりを回収しに


やって来くるではないか。





( こういうとこの気遣いだけは


ラグジュアリーなんだから~ )





未開封なのも感じが悪いので


はしっこをちょっと開けて


試しに匂いを嗅いでみた。





あら!


ブルーベリーガムみたいないい香り♪






しかし、そんな匂いで


手を包み込みたい


という気持ちもないので


おしぼりは使用せず


クルーたちに回収して頂いた。






その次は メントスや


ミネラルウォーターが配られた。





窓の外をぼんやり見ていると


さっきの恰幅のいい


スリランカ人のおじさんが


私の席にやってきた。





他にもたくさん席が空いていたのに


「 隣に座ってもいい? 」


と、聞いてきた。





ん???





どこの馬の骨ともわからん


このおじさんと、
あと9時間くらい


隣合わせで過ごすのは



かなりキッツイのですが。。。





と思いながらも、いやとは言えず


「 OK ! 」



と愛想よく答えてしまった。。。




これも何かの出会いだ。


スリランカの話とか


たくさん聞けるかもしれないし。





しかしこのおじさん


誰かにすごい似てるな~





と思っていたら


その時は気付かなかったんだけど


‘モンスターズインク’の 『 サリー 』 に


めっちゃ似てる。



カモメの空中散歩 - 世界編 -

(サリー、ざっくり描いてみました。
   似てない。。汗 )




唇がキュッとなっている辺りが


本当にそっくり!


ついでに体格も(笑)





すごく優しそうな雰囲気で


憎めないキャラだ。





サリーおじさんがシートに腰を降ろすと


案の定、私のシートまで体が


はみ出てしまった。





( うーん、なかなかの密着度 )





色んな意味でラグジュアリー感が


全く味わえていないが


それもまた旅のおもしろみ。


しばらくはサリーおじさんとの


時間を楽しもう。





そうだ、この本を使って


サリーおじさんと会話してみよう。




『旅の指さし会話帳
   スリランカ -シンハラ語-』

(情報センター出版局)



それを
サリーおじさんに見せると


興味津々でその本を熟読し始めた。





おじさんはやっぱりスリランカ人で


シンハラ語を読めるらしい。





「これはすごくいい本だね。」


と言って、クルーたちに


「彼女がすごくいい本を持っているよ~」


と、声を掛け、みんなで


その本を読みながら



盛り上がっていた。





(ゆるいな~。笑)





さて、おしぼりの次は、朝食の時間。





ホテルで朝食を食べてまだ



2時間も経っていないうちに


パンセットが配られた。





ひとつはカレー味、もうひとつは


チョコレートマフィン。





おなかがいっぱいで


残そうかとも思ったけど



ふと、インドに行った時に列車で出会った


プラディープのことが頭に浮かんだ。





彼に真剣な顔で


こう言われたことがある。






「 君は食べることができる、


 ということに、感謝をして


 食べ物を食べるべきだ。 」





おなかはいっぱいだったけど


その言葉を懐かしく思い出しながら


そのパンを頂いた。




( その時のエピソードはコチラから ↓ ↓ )


『 インドであたしゃ考えた 』
バラナシ行き夜行列車編・その2

http://ameblo.jp/kamome-osannpo/entry-11712789941.html




朝食のあとには紅茶のサービス。





車窓を眺めながら、紅茶を飲めるなんて


やっと「スリランカに来たーー!!」


って思えて、気分が高まってきたぞ~





と、思ったのも束の間


列車がタテに激しく揺れて


熱くて全然飲めない。。。汗





スリランカの列車は世界の中でも



トップクラスに入るほど揺れる



とクチコミに書いてあった。





いつか本当に


脱線しちゃうんじゃないか?!


ってほど揺れる(苦笑)





なんとか揺れに合わせて


紅茶を飲もうとするけれど、すぐに


「熱っっっ!!!」


ってなる。。





通りかかったクルーがそれを見て


「Shaking! Shaking!」


と、ジョークを飛ばしてきて


みんなで笑い合った。






列車はどんどん進んで行く。


車窓からはこんな景色が見えました。





(緑やお花でいっぱいの可愛らしい駅)




(突如、滝現る!!)





おなかもいっぱいになり


車内の雰囲気にも慣れてきて


安心したのか、気付けば


夢の中へ。。。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

次回 『スリランカの車窓から』

おかしなクルーたち(その1)

につづきます!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

AD

コメント(1)