*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ようやくスリランカへ向けて出発!!

色んな意味で興味深かった

「 スリランカ航空 」


『 出国・スリランカ入国編 』

をお届けします!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



3ヵ月も前に航空券を取ったのに



結局、出発直前で準備にドタバタし始め



そんな中、仕事もかなりテンコ盛り。






終いにゃ3日前に発熱する始末!



本当に先が思いやられる。。。






前日はAM4:30に寝て


AM8:30には自宅を出た。



私の辞書には 「 ゆとり 」


という文字はないらしかった・・・。






AM11:00、姉さんと


成田空港第2ビルで待ち合わせ。





スリランカ航空のカウンターに


向かって行くと、姉さんの姿が見えた。






第一声、


「 姉さん荷物少なくない?! 」






ちょっと大きなバックパックには


まだまだ荷物が入りそうなほど


ペシャンコ。








「だってホテルにずっといるし

エステ受けるんだから


化粧品いらないでしょ~?


服も捨ててもいいやつ持ってきた。」






確かにそうだ。


その潔さ、見習いたいっす!






チェックイン・出国審査も無事に終わって


免税店をブラブラ。






そこにはなんと!



秋葉顔負けの電気屋が。






以前、スリランカの空港に


電気屋があるって話を聞いて





( 変な国~ )





と思っていたら


我が母国も 「 変な国 」 だった。






時間通りに機内に乗り込み


座席に座る。






姉さんと私はHISで別々に


チケットを手配していたが



チェックインカウンターの方が


気を利かせて下さって



隣合わせの席にしてくれた。






いよいよ飛行機も離陸体制に。






機体の揺れに合わせて


頭上にあるキャビネットが



ぐわんぐわん上下に激しく揺れだして



今にも頭の上に落っこちてきそうだ。






そして空調の吹き出し口から



今まで乗った飛行機では見たことのない



真っ白な冷気がビュウビュウ


吹き出ている。






(飛行機って、ネジとか


錆びないように



湿度がほとんどない


状態にしてるんだよね?



でもコレって湿度があるから



冷気が白いってことだよねーー?! )






もうすでにどこかの部品が錆びてて



機体が損傷してたらどないしよ・・・(涙)






機内をよーく見回してみると


あちこちにガタがきている。






座席の前に付いている


モニターを操作してみる。






私 「あれ?私の映らない~」





姉 「ウソ~? ・・・ えー!


私のも映らないよ!」







リモコンや他の部分も破損してたり


かなり残念な感じ・・・







どうやら格安航空券のナゾは


この辺りにあるのか?






私たちは、左隣にいる方たちのモニターを


しばしば盗み見て、今どの辺を


飛んでいるのか確認していた。


(虚しい・・・)






しばらくしておしぼりが配られる。



先に開けて手を拭いた姉さんが



(しまった・・・!)


って顔をしていた。






「どーしたんですか?」 と聞くと


「めっちゃ香水みたいな匂いがするー。。」


とのこと。






匂いを嗅いでみると


胸焼けしそうなほど臭い。





姉さんにたくさん持ってきた


ウェットティッシュをプレゼントした。






手を拭いた上に手を拭かされるとは。。



それでも匂いは落ちなかったよ。


トホホ。。






さて、モニターで映画を楽しむ権利を


奪われていた私たちの楽しみと言ったら


2回の機内食の時間。





ビーフとチキンが選べるらしい。



私たちの順番が回ってきた。






「チキンとビーフをひとつずつ下さい」






するとCAさん



「すみません。チキン1つと


ベジタリアン用なら2つあります」






なぬー!もうなんでもいいよ。






「チキンとベジを下さい」


カモメの空中散歩 - 世界編 -


( ライスにパンを付け合せてしまうセンス

    ぜひとも見習いたい )




2度目の食事の時は、最高に気持ちが悪くて



サラダしか食べれなかったな。。



寝不足がたたったのだった。


オーマイガー!






そうこうしているうちに飛行機は


インド上空を通過。






( 2年前と同じ空の上を


飛んでいるんだなぁ。 )






その後、無事に飛行機はスリランカの



「バンダラナイケ国際空港」に無事着陸。






そろそろシートベルトのサインが


消えるか、という時



CAさんが総出で通路を闊歩。



片方の手を高く掲げ、一斉に勢いよく




「シューーーッ!」




っ、とスプレーをまき始めた。






(何あれーー?!)



姉さんと私、思わず顔を見合わせる。






あとあと姉さんが仕入れた情報によると



どうやら他の国の害虫なんかを



スリランカに持ち込まないための


予防策らしい。





あんなスプレーで効き目あるんかい?





シートベルトランプが消え


乗客たちがどんどん


出口へ向かって行く。






その乗客の中には、スリランカになんか



全く興味なさそうなギャルたちが


たくさんいたり、アジアというより



ヨーロッパへ行きそうな



小綺麗なかっこの


カップルがわんさかいたり。





(なんでだろ?)と思いながら


その人たちを観察していると



とある入口の前に列を作って


並び始めた。



そこに立っている添乗員さんらしき人が


「○△#※◇ーー!!」

叫んでいる。





思わず私と姉さんもその列に並びかけた。



どうやらその添乗員さんは



「モルディブ行きに乗り継ぐ方は

こちらへーー!!」






と叫んでいたらしかった。



なるほど。


モルディブに行くから


そういう客層が多かったのね。


カモメの空中散歩 - 世界編 -


( 楽園ってこういう場所のこと
        言うんでしょうな~ )




入国審査も無事パス。



噂通り免税店のフロアには


「電気屋」 が軒を連ねていた。






空港の景色としては


やっぱり違和感満載だ(笑)






到着ロビーに着いてから、まずは両替。



私はちょっと多めに¥15,000。



通常のレートは


『 1ルピー ≒ 約 0.7円 』







空港のレートはどこの銀行も


『 1ルピー ≒ 1.3円 』






スリランカの銀行はインドと違って親切で


何も言わなくても、大きいお札と


細かいお札を混ぜて渡してくれた。


カモメの空中散歩 - 世界編 -

(スリランカルピー)



そのあと、姉さんはホテルの


送迎担当さんと合流。






私は、姉さんのお友達に紹介してもらった


旅行会社の方と合流。






「それじゃまた11日に!


また連絡しますねー!」






と言って、姉さんとしばしのお別れ。






ただ今の時刻、PM19:50



早速車に乗り込みホテルへ向けて出発。






街並みは薄暗いけど、インドより少し


綺麗な感じで、大きなお店が


たくさん道路沿いに立ち並んでいる。






ドライバーさんはクールな感じで


特に日本人に興味もないらしく



英語でちょっと会話したっきり


ホテルまで何も話さなかった。






私がすらすら英語を話せていたら



もっと雰囲気も違っていたんだと思うけど、、






自分の中でアジア人のイメージを勝手に



『 好奇心旺盛な人たち 』



と、決めつけていたみたい。






スリランカ人はクールな人が


多いのかな・・・?



この旅が楽しめるのか不安・・・・






ネガティブなことばかりが


頭の中をぐるぐる廻って


1時間くらいたった頃



ガイドブックで見たコロンボの


街らしき建物が見えてきた。






( そろそろホテルに着くのかな? )






車が速度をゆるめて


薄暗い細い路地に入って行く。






( まさか拉致される?!?! )






と思った瞬間


通りに 『 5th lane street 』 って



看板が立っているのが目に入った。






( あ、ホテルと同じ名前の通りだ!


もうすぐ着くはず! )






車はネットで見ていた景色と同じ


ホテルの玄関に停まった。






( 無事について良かった~ホッ )






ドライバーさんに 「2500ルピー」を


支払っていると、優しそうな雰囲気の


ホテルのスタッフさんが、出迎えにきてくれた。






チェックインの手続きをしている間



まだ高校生くらい?


と思われる少年が、ウェルカムドリンクと


冷たいおしぼりを持ってきてくれた。






(うあー、嬉しい!)






笑顔がとってもかわいい少年。






スタッフさんに


『 明日コロンボフォート駅から


Expo Rail に乗るから


送迎を頼みたい 』


と伝えると



「My Boss!」と言っている。






偶然にも『Expo Rail』のオーナーが


この『5th Lane House』ホテルを


経営してるのだった。





ちょっと運命感じちゃうわ~!






このホテル、日本円で


¥8,500くらい。






物価の安いスリランカでは



結構、高級なホテルに


入るんじゃないかと思う。






( Expo Rail もかなり


期待できそうだぞ!! )






とりあえず明日、AM6:45に


朝食を食べて、AM7:00に


迎えのタクシーで駅に


向かうことになった。






そのあと部屋へ移動。






今夜はマンゴー部屋に泊まります。


カモメの空中散歩 - 世界編 -


内装も素敵♪



カモメの空中散歩 - 世界編 -

カモメの空中散歩 - 世界編 -



23:00頃、姉さんから部屋に着いた


ってメールが届いた。






空港からホテルのある


『 ベルワラ 』って街は


かなり遠かったみたい。






姉さん、私、


長かった1日お疲れさま!!





明日から、それぞれの旅が


はじまります。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

次回 
『スリランカの車窓から』 

「Come on ! おじさん」多発 編


をお送りします! 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

AD