『実践英語』が身につく英会話

全世界のWebサイトは今現在、約10億ページあります。
そのうち、約56%は英語で書かれています。
英語を習得すれば、目の前の世界は確実に広がります。
絶対通じる『実践英語』を身につけて
英語を「趣味で」終わらせないためのコツ
教えます!!

突然ですが、クイズです。

下のフレーズ、あなたは分かりますか?


(1)これ言えますか? 『食べ・飲み放題』

⇒ 正解はこちら


(2)これ聴いて分かりますか? こちら をクリック下さい

⇒ 正解はこちら


分からなかったあなた、心配しなくても大丈夫。

初心者専門の私が、魔法のフレーズであなたをネイティブにして差し上げます。


レッスンの詳細は、こちらをクリック


テーマ:

英語がペラペラになる

PELAプログラムを主宰しています

清水健雄です

 

PELAプログラムでは

"TED Talk" のスピーチから

英語が学べるカリキュラムとなっています

 

なぜ "TED Talk" なのか

 

それは

英語以外に学べる要素がたくさんあるから

 

"TED Talk" の最初にこうあります

"2200+ talks to stir your curiosity

Find just the right one"

『あなたの好奇心を目覚めさせる2200以上のスピーチ

ただあなたにピッタリなものを見つけてください』

 

性別・年齢・国籍も実に豊かで

スピーチのトピックも多岐にわたります

 

そして、中には日本人には理解が難しい内容も含まれています

でも、そこがこの "TED Talk" の魅力でもあるのです

 

英語を使う人口は約18億人

第一言語として使っている国は実に62ヶ国に上ります

 

当然、それぞれの国にはその国独特の文化があり

その国では当たり前の考え方・思考パターンがあります

 

英語を学ぶことはもちろん

いろいろな考え方・思想・文化を学ぶことは

グローバル化が進んでいる今、とても重要なのです

 

考え方・思想・文化の違いを理解し、尊重し

しかしながら、『私はこう思います』と主張すること

それが、世界に出ていくために必要なスキルとなるのです

 

英語だけではなく

一歩先行く考え方を学んでみませんか?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語がペラペラになる

PELAプログラム@清水健雄です

 

普段、こちらでレッスンをしています

昨日、そのカフェで恒例の

バイキングランチがありました

 

不定期ですが

毎回国別に内容が変わり

今回は『アフリカ料理』でした

 

さて、1回目はこちら

アフリカ料理いろいろ~

1回目から盛り過ぎ(笑)

 

全部紹介したいのですが

珍しいと思ったのがこちら

肉料理ばかりだと思ったら魚が登場

これ、サバなんですね~!

サバシチュー、ナイジェリアの定番料理なんだそうです。

 

他の料理はこんな感じです

アフリカ風牛肉串(ムシカキ)と鶏の蒸し焼き

 

ジョロフライス(黄色の方、西アフリカ)、プーレーヤッサ(セネガル)

おかずは、右からサバシチュー、マトンボール、ドロワット(エチオピア)

 

 

さて、こちらが2回目

カレーだらけの2回目です~(笑)

右からダーバンカレー、マトンボール、ドロワット

 

その中でお気に入りがこちら

ピリ辛のダーバンカレー、南アフリカのカレーです。

鶏肉が入っているピリ辛のカレーで、一番カレーらしく好きですね

 

こちら、南アフリカのボボティ

すごく美味しいミートパイでしたよ!

 

 

デザートはこちらにしました

ココナッツフルーツカクテルとアフリカ風ドーナッツ

これは揚げドーナッツかな、ちょっと固めでしたけど甘くて美味しかったです!

 

 

ここは、このような中庭あるんですよね。

景色もなかなかです~。

 

 

来月もランチバイキングあるようですよ。

写真忘れましたが、次はカレーバイキングのようです。

来月も、レポートしますね~。

 

お楽しみに~!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語がペラペラになる

PELAプログラムを主宰します

清水健雄です。

 

英語には同じ意味でも

使う状況や含まれる意味によって

単語を使い分ける必要がある場合があります。

 

例えば

"Learning" と "Acquisition"

日本語訳をすると

同じ『習得』となります。

 

しかし、この二つの単語

そこに含まれる意味が違うため

間違って使ってしまうと

意図したことが伝わらなくなります。

 

Learning:

学問として何かを学び習得すること

 

Acquisition:

自然の流れで身に付けて習得すること

 

私が主宰するPELAプログラムでは

『自然に英語を身に付けてもらう』ことを念頭に置き

"Practical English Language Acquisition"

としました。

 

皆さんは、中学・高校で "Learning" をたくさんしてきています。

その間に習得したものは決して無駄にはなりません。

 

それを今度は

"Acquisition" で徹底的に体に叩き込むだけです。

 

もっと "Acquisition" できるような環境を作りたい

このプログラムに込められた思いです。

皆さんと一緒に

英語をAcquisitionできることを楽しみにしています~!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『PELAプログラム』"PELA" は

"Practical English Language Acquisition"の頭文字を取ったもので

日本語に訳すと『実用的英語習得』となります。

 

インターネットを通じたある調査で

日本人の英語習得率が

141ヶ国中138位である事実を知ったとき

 

『中学・高校、あるいは大学までの長い間英語をやっているのに

なぜこのような結果が出るのだろう・・・』

と思いました。

 

そして、この疑問を解決するためのヒントは

私がかつて通った

アメリカの大学付属語学学校にあるのではと考えたのです。

 

語学学校では、いわゆる「TOEFL対策」という授業はなく

その先を見据えた授業

 

つまり、大学へ入学した時に少しでも授業についていけるようにするための授業だったのです。

 

語学学校での授業は

自分で課題の読み(Reading)書き(Writing)をこなし

クラスメートとディスカッションを行なう(ListeningおよびSpeaking)

 

つまり、4つのスキル全てを網羅しているのです。

 

語学学校では

『しっかりとした英語力』を身につけることに焦点が置かれ

 

そのためには

 

"Reading  Listening  Writing  Speaking" 
この『4つのスキル』をバランスよく学習すること
 

 

が重要視されているのです。 

 

『PELAプログラム』とは

 

日本に居ながらにして

英語上達のために必要な『4つのスキル』を

語学学校の授業を受けているように凝縮させたものなのです。

 

PELAプログラムは:

  1. 5ヶ月間のプログラムで(2月~6月、9月~翌年1月)   
  2. 毎週1時間30分のレッスン 
  3. 在米歴が長く、経験豊富な日本人バイリンガル講師とマンツーマン、受講生一人ひとりのレベルに合わせたレッスンなので、やる気が持続できる 
  4. TEDTechnology Entertainment Design)のスピーチの中から、レベルや趣味・興味に合わせて受講生が選んだトピックでレッスンを行なう 
  5. 米国大学付属語学学校と同じようなカリキュラムによる、『4つのスキル』を使った総合的、かつ実践的な英語学習ができる 
  6. 米国大学付属語学学校のカリキュラムは、TOEFLの点数を取らせることも視野に入れたものなので、総合的  実践的な英語学習をしたい受講生だけでなく、TOEIC・TOEFL対策をしたい受講生にも最適 
  7. このカリキュラムをもとに英語を学ぶと、総合的かつ実践的な英語力を身につけることができるだけではなく、『考える力』= 『論理的思考や批判的思考』を身につけることができる

※批判的思考(Critical Thinking)とは、アメリカをはじめとする英語圏で必須の考え方。日本では学校教育法51条にも掲げられており、2014年6月の教育改革推進の目標にも上がっている。

 

PELAプログラムでは

TED Talk のトピックを1ヶ月かけて1トピック

また、1トピックを

  Readingセクション

  Listening & Reading Aloudセクション

  Writing & Discussionセクション

 

に分けて学習していきます。

 

学習内容及びスケジュールなどの詳細は、『英会話ファーストステップ』のホームページでご確認ください  こちらをクリック

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは

PELAプログラムを主宰します

英会話ファーストステップの清水です

 

Listeningでは

スピーカーの『真似』をしましょう

とよく聞きます

 

子供が私たちの真似をして

言葉を覚えていくようなイメージですね

 

でも

『真似る』といっても

闇雲にやっていていたら

せっかくの時間を浪費してしまうかもしれませんね

 

『真似る』前に

どこに注意していけばいいのか

知っておくと

そこに意識を集中させることができるので

 

Listeningの時間を

より有意義なものにできます

 

では、どこに注目するのか?

 

まずは

『文節』に区切るところから始めてみるといいでしょう

 

『文節』に区切ると

実はListeningだけではなく

SpeakingやReadingにも役立つんです

 

じゃあ

『文節』って何?

となりますね~

 

では次回より

一つずつ書いていきますね!

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)