アメリカ・ポートランドへの語学留学をしたい・させたいを実現させるPELA(ペラ)Program英会話

アメリカへ語学留学をしたいけれど、どこがいいのかと悩んでいるのなら、オレゴン州ポートランドはどうですか?
全米が認める『最も住みやすい都市』への最短切符を手に入れて
夢を実現させましょう~!

"TED Talk"のスピーチを使って

英語力だけでなくグローバル思考も手に入れられるのは

PELAプログラムだけです!


プログラム詳細はこちら 

⇒ 英会話ファーストステップホームページ

無料体験レッスンの詳細および申込みはこちら

⇒ PELAプログラム無料体験レッスン詳細  

⇒ PELAプログラム無料体験レッスン申込フォーム

PELAプログラム受講申込みはこちら 

⇒ PELAプログラム受講申込フォーム


テーマ:

英語も心もネイティブにする

ポートランド専門留学語学アドバイザー

清水健雄です

 

オレゴンは本当に自然が豊かで

あちこちに自然を満喫できる場所があります

 

その中でも一押しは

"Crater Lake National Park(クレーターレイク国立公園)"
オレゴンで最も有名な場所ではないでしょうか。

あっ、いきなり一押しを出してしまった~(笑)

 


ポートランドからは、フリーウェイで約8時間
図を見てもらうと分かりますが、オレゴンを縦断するような感じになります

ポートランドからはめちゃくちゃ遠い

カリフォルニアから行った方が近い(苦笑)

 

 

 

1902年に5番目の国立公園として出来ました。
"Crater"と名のつくとおり、この Crater Lake は

マザマ山(Mt. Mazama)の火山活動によって出来たカルデラ湖です。
 

深さは597メートルで、全米では1番、世界でも7番目に深い湖です。
透明度も高く、青い色をしたとても綺麗な湖です。

写真で見た通り、とっても綺麗な湖で

吸い込まれそうな青が印象的です

 

そうそう、行ける時期が夏季に限られているので気をつけて

なぜなら、標高が2700メートルの所にあるからなんです

7月に行ったのですが、雪がまだ残ってました・・・

めちゃくちゃ寒かったですよ~(笑)

近くには、オレゴン・ヴォルテックスという観光地があります

またの機会に紹介しますね!

この Crater Lake は必見です。
いい思い出になること間違いなしですよ~!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語も心もネイティブにする

PELA Program Founder & Instructor

清水健雄です

 

アメリカへ留学することのメリットは

もちろん現地で英語を学べること

常に英語に囲まれた環境に身を置けることです

 

これはどんな英会話スクールでも提供できない

最大の強みですね

 

留学を経験した私としては

時間とお金と気持ちがあるのなら

最低1年は是非挑戦してほしいことなのです

 

しかし、留学する意義というのは

英語を学ぶ以上のものがあると言いたいです

 

それは何かというと

 

『様々な考え方を学び受け入れるチャンスがある』

ということです

 

アメリカの大学は日本と違って

様々なバックグランドを持った人たちが集まります

 

様々な国から来た留学生

様々なバックグランドのある人種

様々な世代

働きながら、あるいはやめて大学へ入り直した人

 

大学の授業というのは

そういった人たちが集まっています

日本のように

クラスメートが同世代ということがなく

 

ディスカッションが多い授業では

そうしたバックグラインドの違いが

面白い授業を成立させることがあるのです

 

日本人にとってはちょっと苦手な感じがしますが

アメリカでは『自分の意見を言うこと』が当たり前

他の人が『自分と違うのは当たり前』

でも、それぞれの意見をぶつけて

それぞれの意見を尊重しながら話を進めていくのが当たり前

 

発言された内容は授業の中でのことなので

終わればそれで終了

どちらが正しい、間違いはないのです

 

学校でも英会話スクールでも

こういうことを教えてくれるところはなかなかありません

 

是非知りたいと思っている方

よければコメント欄へ書き込みをどうぞ~

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語も心もネイティブになる

ポートランド専門留学語学アドバイザー

清水健雄です

 

アメリカの大学では

受ける生徒側はもちろん大変

でも、教える先生も実は大変

宿題とテストで生徒をいじめてばかりではありません

 

日本の大学にはない

アメリカらしいシステムがあります

 

それは何かというと・・・

『生徒たちによる先生評価システム』

毎学期の終わりに

生徒一人ひとりが担当の先生の評価をするのです!

 

大学に入って初年度は

生徒が先生を評価するというこのシステムに

驚きましたし、ちょっと戸惑いました

先生を評価するなんてあり得ない、と思ったんですね

 

しかし、これは実は生徒にとっても大学にとっても

とてもよいシステムだと分かりました

 

先生の好き・嫌いはあるにせよ

どんなに厳しい授業であるにせよ

『楽しい・面白い』授業であれば正当な評価があり

 

逆につまらない授業は

容赦なく悪い評価に繋がります

評価が悪い=クビですからね

 

実際、たったの1学期だけでいなくなった先生

たくさん見ました

確かに授業つまらなかったし・・・

 

授業の質が上がれば

生徒も学校もハッピーなわけであり

先生の質の向上にもつながります

ですので、自然と授業も良いものが多くなります

 

大学は『学ぶ場』であるという認識が強いアメリカ

高い授業料を払っているのだから

質の高い授業を受けるのは当たり前だと考えるわけだし

大学の卒業証書をもらうことが

給料の高い仕事へとつながるので

生徒もやっぱりいい先生から授業を受けたいわけです

 

そして、そんな質の高い授業を提供することが

大学の評価にもつながるので

大学側も先生選びに必死になるわけです

 

英語だけでなく

アメリカの大学には『学ぶ』ということを

考えさせられることが多いです

 

日本にいただけでは分からない

こんな体験をたくさんしてほしいです!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語も心もネイティブにする

PELA Program Founder & Instructor

清水健雄です

 

今の時期のアメリカの大学では

みんなが最後の追い込みにかかっている頃

テストや小論文の準備で大忙しのはず

ひょっとしたら、テスト週間かもしれませんね

 

アメリカの大学は

2学期制(semester)と3学期制(quarter)があり

大体の学校が semester となっています。

 

semester:9月~12月と1月~5月

quarter:9月~12月、1月~3月、3月~5月

 

ちなみに、私が通っていた大学は

私の卒業年に quarter ⇒ semester となり

卒業に必要な単位取得数を計算し直すという

ちょっとバタバタでした

もちろん、問題はありませんでしたけどね

 

どちらがいいのかというのは

いろいろありますが

どちらもとにかく『キツい』ということだけは

頭に入れておきましょうね

 

とにかく、学期の間は

各担当教授が授業初日に配る予定表(syllubusと言います)

に従って全てが動きます

 

つまり、教授の思いのままに動かなくてはいけない

勉強マシーンとなるのです!

 

留学生にとって、まだ小論文(essayあるいはpaperと言います)

はマシかもしれませんね

時間がかかるとしても、ネイティブとのハンディは

一番小さいのかなと思います

ネイティブでも、Writingは不得意の人が多いからです

 

しかし、普段の授業になると

特に最初の一年はネイティブとの差を実感することになります

 

教授のレクチャーを理解する

大事なことを書き留める

ディスカッションに参加する

ペアになった時にアメリカ人と話す

 

いくらTOEFLの点数をクリアしても

こればかりは『場数』と『慣れ』です

 

語学学校からアメリカにいるとすると

ちょうどアメリカでの生活も慣れてくるころですが

この時期が大学生活の中で最大のストレスを受ける時期です

 

アメリカ人でも相当のストレスを感じるんです

ましてや、日本人であるあなたが感じないわけないのです

 

そこで、経験者からのアドバイス

ストレスを少しでも軽減するためには

①一緒になって乗り切るための留学生仲間を作る

②tutorのシステムを上手く使う

 

留学している間、全く日本人との交流を絶ってしまう人がいます

それはそれでOK、その方の信念なので尊重してあげましょう

でも、どうしても一人では無理と思ったら

必ず『仲間』を作ってください

ずっと日本語が嫌であれば

日本人以外の留学生とも『仲間』になることをおススメします

 

そして、アメリカの大学でいいのが

tutorシステムです

担当教授や留学生担当アドバイザーにお願いすれば

小論文や授業などのサポートを同じ大学の生徒がやってくれます

私は使わなかったのですが

小論文を読んでもらって

アドバイスを受けると完成度が上がります

それに、会話の相手にもなるので

ディスカッションが苦手と感じたら付けてもらうといいですね

 

アメリカの大学では

やる・やらないがそのまま成績に直結するため

どの生徒も真剣で

しかもあまり余裕がありません

 

自分でどれだけ動けるか

良い成績を取るためにこだわれるか

考え行動する必要があります

 

とっても苦しいですが

乗り切ったら、それは自信となります

苦しいのを避けず

助けを借りながら乗り切ることを考えましょうね!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語も心もネイティブにする

ポートランド専門留学語学アドバイザー

清水健雄です

 

オレゴン州ポートランド

知る人ぞ知る全米ナンバーワンがあります

 

それは『地ビールの醸造所の数』

 

ポートランド地区だけでも70以上の醸造所があります

これは世界一の数字で

アメリカで『地ビールの聖地』と呼ばれているのです

 

そして、地ビールの祭典が来月から始まりますよ!

6月:Portland Beer Week

7月:Oregon Craft Beer Month  Portland Craft Beer Festival

 

 

日本でもそうですが

ポートランドでも夏にビールは変わらないのですね~!

全米でも有名な地ビール祭り

たくさんの人が押し寄せます

 

せっかくポートランドに行ったのです

勉強ばかりではなく

週末はこういったお楽しみも持ちたいですね~!

 

※21歳以下の方がこれを読んでいけない理由は

アメリカの法律では21歳以下の飲酒が禁止されているから

 

それと、法律に規定されている以下の

血中アルコール濃度だったら

運転は大丈夫ですが

飲み過ぎには注意ですよ~!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。