霜月だ…

テーマ:

あ~気づいたら11月になってる!!!

 

リアル生活がかなりバッタバタになってきている中(昼夜逆転生活も含め)

まぁ、アレですね。

理不尽だなぁ、と思う事にも

「堪え難きを絶え・・・」って感じです。

(台風もあったしね!!想定外の『陸の孤島』も再びでしたし)

ここから、まだまだ怒涛であるので落ち着くまでかなりの時間がかかりそうです

 

10月、毎度ながら大王様にいきなり予定を入れられる事が多く、都合していたお芝居をすっ飛ばしたりしましたが、

それなりだったんだろうとは思います

なんとなく、で入れたものはダメになりましたが

「コードギアス」舞台挨拶にはなんとか出かけられました

(姫にむくれられた(笑)二人で別々で抽選かけて私だけ当たったので)

 

初日、ギアス大好きファミリーな私たち、別々の処で別々で鑑賞してLINEで状況をやりとりしていました

坊ちゃんは学校終了後映画館へ足を運び

姫は仕事休んでギアスデーと称して同じギアスファンの方と夜通し検証

ワタクシだけ舞台挨拶・・です

 

ギアスだけは別物なので、舞台挨拶上映でも最初からムネアツでウルウルしましたが

心のループは相変わらずで、ほんの数時間隙間で時間が出来れば無理矢理映画館へ足を運びリピートしております。

 

結末は何度も観て刻まれているのでちょっとした言葉や行動で涙がでては止まらない

で、何故かハンカチ必須な状態(笑)

 

検証しながら観られるようになってきたのは5回見たころからですかね・・・・・・

 

なんて痛いワタシ ←

 

相変わらずの鬼畜なサンライズ商法にまんまとひっかかり、6週連続の来場者プレゼント狙いで頑張って出向いていて

(段々行けるか不安になってきた・・・)

何度観ても私には苦しくなる作品です。

飽きる、ってなんだろうな・・??

 

今はギアスでお腹いっぱい。

 

といいつつポチポチしたのはこちら

 

 

普通だったら、アルバートがまえぬだから、とか言っちゃいますが

それももちろんあるけれど・・・これ、本当に面白かった。

アルバート@まえぬの演技もよいんだけどね、しっかりした内容だったので歴史好きな方にもおススメだと思います

やっとこさ日本版が発売になったので来月のお楽しみ。

 

本国で新シリーズも決定したという事だし、いろいろと楽しみ♡

 

今年もゲームではないところで楽しんでいる・・のもどうかと思いますけど

更新もこんな感じでポチポチ、の予定です

 

 

忙しいというよりボッチの時間の使い方が違う・・そんな感じでございます・・・

 

 

 

 

 

いつのまにか、長月。

夜の静けさに、この虫の声(田舎だなぁ(笑))

もう、すっかり秋なんですねえ・・・

 

てか、8月更新すっかり忘れていました。

 

とりあえず世間巷では猛暑な夏で、夏休みを満喫した方も多いとは思いますが、ワタクシの回顧録的8月の振り返りをば。

 

まず最初に。

コードギアス

映画上映公開日決定

おめでとおおおおおお!!!!

 

←遅い

 

配布チラシ、6枚GETし、ムビチケ3枚購入してきました!

もう、配布チラシの絵だけで泣きそうです

予告ムービー観て、泣きました。

もう・・・何も言えない~~~

ルルーシュ至上主義な私なので、映画三部作以降の復活ですら

「やっぱりR2ラストで死んでいなかったんだ!!」

と、強く強く信じていますもん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

前売りムビチケ3枚購入して坊ちゃんに見せたら

「何?使用、観賞用、保存用?」

と言われてしまいましたが、いや、あの。

最低3度足を運んで、かつ、舞台挨拶上映、行く気満々ですけど?

玉城役が檜山サンになっていらっしゃったのも楽しみです

リメイク書下ろし・・・ってことで、また心が辛くなるんだろうけれど

それでもいいんだもん!

いいんだもん!! ←

 

 

次に。

 

某地方局アナウンサーのボキャブラリの無さ、というか言葉のプロであるはずの女子アナの発した一言に呆然としてみたり、坊ちゃんですら疑問に思う最近の「天才」という言葉と溢れすぎている「天才」に「・・・」となるテレビ視聴でございました。

某テレビ局のアナウンサー、地方番組で和菓子屋サンのお菓子を紹介した際に「小豆を煮る」と言っておりまして・・・・

 

え?

小豆、って「煮る」のではなくて、「炊く」もんじゃないの?

めっちゃくちゃ違和感だったのですが、放送中に誤る場面もなく・・・

「う~~~~ん」

 

何かと番組の中で使われる「天才」という言葉に坊ちゃんも「『天才天才』、ってすっごく言うけど、この番組に出てる人って、その学校の生徒だから『天才』って事なの?変なの」

←某有名私立高生が出ていた番組で言っていた。

秀才と天才は違う、と彼は言いたかったに違いない。

某私立高生なら天才ってその学校の在校生なのか?とも言いたかったらしい。

 

かと思えば、某情報番組のゲストの方・・・

某国に出かけたことが無くて、その国に出かけた事を妄想している・・とお話になったり・・・

え?

妄想???

妄想って意味をお判りになっているのかしら??

そこは想像じゃないの????

「・・・・・・・・・・」

 

世の中、言葉がオカシイ。

神様もかなり近い存在らしいけれど、ネト用語がテレビに降りた事でネトでは違和感なくても実際にリアルで氾濫するとこうも変に聞こえるのか・・・と思った夏の間のテレビ視聴です(-_-;)

 

 

まぁ、夏は夏で、坊ちゃんというひな鳥が家にいらっしゃったので、相変わらずの夏でゴハンという名の餌を与えるべく毎日必死に自宅に戻ってはダラけた坊ちゃんにイライラしつつ、こんな会話をしょっちゅうしておりました。

 

唯一の出来事は・・・・

 

「9th letter 私の中の消しゴム」

を観てきました!!

お帰り~~!!!

浩介@じゅん!!!

いろんな方が演じているけれどやっぱり、じゅんの浩介が一番好き!

そして、私のようなリピーターの方は気づいていらっしゃると思うのですが、じゅんじゅん、この公演にあわせてひげを生やしてくれるんです。

朗読劇ではあるものの、ビジュアルもちゃんと演じる浩介に近づけてくれる。

・・・もう、なんで、こうも毎回、シナリオだって変わっているわけではないのに泣けるんだろう・・・ 

 

じゅんの演じる浩介のラストの「愛してる」が、本当に心に響いて、

たくさんたくさんいい場面があるし、これだけ毎回観ているのでシナリオも熟知していて「ここがこの先の伏線・・」とか判るのにハンカチ必須で泣いてしまいます。

 

今回は2.5次元の成功&普及のせいもあったのかと思いますが、お初な方々も多かったせいかいつもより感動したり笑ったり・・が多かったような気がします。(役者サンの苦労を知っている姫は形はどうであれいろんな人が「舞台」に関心を持ってくれることが嬉しいと言っていました)

 

お相手の方のかおる、あまりにも斬新な感じ・・といいますか、今までにないかおるでちっともお嬢様っぽくはなかったのでリピーターな私&姫は面食らったところはありますが、それはそれで面白い解釈だなぁ、と思います。

(だって、観客の笑いは誘っていましたし)

 

一年に一度、心の浄化のつもりでチケットを取って、今回ちょっと遅めの開演だったので、初めて完全終電で帰路につきました。

あちこち出かけているけれどこれは私としても初めての出来事。

帰宅時間2:30am

・・・阿呆だろう(笑)翌日フツーに仕事でっせ??

(夏休みという期間じゃないとあり得ん。正直お泊りしてもいいくらいだった・・)

 

こんなことしても出かけて後悔が無く、チケット取れるならいくらでも足を運びたい、それくらい大好きな演目です

 

それから・・・

あんまりがっつり目を向けていると、坊ちゃんに対しても私の性格がこれ以上悪くなるのもヨロシクないのでポチポチゲームも開始し始めました。

途中で止めていたものもそうですが、性懲りもなく新作もポチっ・・・とかしてみたり。

そのうち感想をうpすると思います。

 

まぁ、前野智昭LOVEは変わりませんので(笑)

発売しているCD諸々はキチンと抑えてGETしています。

 

運転中に見たCM(とうらぶね)で狂喜乱舞し、声で癒され・・(というか心音激しく一瞬めまいがした・・・!)、お友達がツイで教えてくれた「ひとりじめマイヒーロー」のEDを延々流してみたり・・・

(Bluetoothってことは通信料どうすんだwww)

予約してるのにこんなことしてるアホさは相変わらずです

えへへ(〃´∪`〃)ゞ

 

仕事が・・とか、忙しいから・・とか、そんな事は言わない。

今は、ちょっとウザイ大王様が邪魔な程私の時間を喰っているだけなんですが・・徐々に、本当に徐々にこんなしあわせな「ひとり空間」が戻ってきています。(睡眠時間って何でしょう??(笑))

 

まぁ、ぼちぼちです。

 

全て世の中、ケセラセラ、です!

 

 

 

 

 

 

姫と私、生まれ年はともかく誕生日が3週間しか離れておりません。

いつもならお互いの誕生日にプレゼントを交換しているのですが今年は都合もつかないしどうしようかな~・・と思っていたところ

 

①(私が)朗読劇が当たった

②(姫が)ファンクラブで意図的にお芝居のチケットを取った

 

大王様に申し開きができる体制になったので

初めてお芝居のハシゴ、というものをしてきました

 

 

 

朗読劇×オーケストラ「星の王子様」

 

とても人気な方々が出演されていらっしゃるし人気があるからこその再演だし・・いくらお目当ての方が出演されるから(もちろんまえぬね)といっても取れるとは思っていなかったんですよね、コレ。

 

星の王子様という演目も良いし、オーケストラ生演奏というのもすっごく気に入って「取れるといいな」で抽選かけたら取れまして。

星の王子様のキャラクターで一番好きなのが実はバラ。過去いろんなバラをみてきたけれど、この朗読劇でのバラがいちばん私のイメージにしっくりきた感じ。

 

たまに(オペラグラスで)バックのオーケストラの皆様やキャストの皆様の表情をみさせていただいたりしながら、時に笑って時に泣いて・・泣きたいわけじゃないんですけどね

こんなふうにお芝居をみて一つの空間の中で一緒に流れる時間のなかで涙する・・・あ~~サイコー!!

 

声のお芝居といいつつもいろいろな場で活躍していらっしゃるからなのでしょうね。朗読劇、「されど」という感じを受けてこういう朗読劇なら違った演目でもまた足を運びたいな、って思いました。

 

翌日、ぶらりとウィンドウショッピングをしながらプラネタリウムへ。

平日のプラネタリウム、サイコーだ!\(^_^)/

待ち時間なしですんなり入れる!!

今回足を運んだところはスカイツリー内の「天空」

 

 

 

あれほど、星とかプラネタリウムに関心がない姫から

「プラネタリウム行こう!」って言われたので(^▽^)

 

じゅんじゅんがナレーションでアロマな上映です。

ユリの香りが漂うんですよ、上映内で。

 

上映中ず~っとナレーションが流れて・・というものじゃなくて、本当に星空を静かに眺める、時間を少しだけ早めて天空を見る、そんな内容でした。

 

じゅんじゅんのナレーションも淡々と無機質で、ゆったりとしたもので。

 

プラネタリウムにいる人それぞれが空をじっくりと見つめて・・各々がふける、そんな感じ。

 

姫、泣いていました。

いろいろと大変な事が起きた時期だったこともあるけれど、いろいろと考えていろいろと思うことができたんだって。

沢山の人がいるのにプラネタリウムでひとりの「時間」が持てたのがとてもよかったらしいです。

 

「初めてプラネタリウムがいいって思った。また一人で来るわ~・・・」

 

私も上映をみながらいろいろと、本当にいろいろとまた思いにはふけっていましたね(ナイショですけど)

 

 

そしてこれ!

小西遼生サンが大好きな姫がチケットを取ってくれた

音楽劇「魔都夜曲」

目下、まだまだ上演中です(地方公演あります!!)

 

 

 

 

すっごい面白かった~~~!!!!

 

幕間休憩をはさんで、予定上演時間2時間45分!

実際はもう少し長いかな~?

でもそんなこと感じさせないくらいお話の内容もテンポも良くて時間があっという間でした。

藤木クンのおぼっちゃま感もよいし、小西サンのたどたどしい日本語もよいし、皆様の歌も良いし、これまた生演奏なんですよね

時代が時代での上海が舞台で流れる音楽もジャズだし・・もう言う事な~い

ワタクシ、橋本サンのあふれ出るフェロモンと歌にヤラれてしまい(笑)、女性陣のチャイナドレスからチラリと見える美しいおみ足も素敵で・・(あ、違う!そんな事じゃなくて)

脇もとても豪華だし村井國夫サンのお歌も素敵で・・・!!

松下クンがあんなにピアノがお上手なのも驚きでいい発見でした

演目上映前から楽しませてくれるステージがあったりするので

早めに席に着席していないとソンな感じです

 

 

このお芝居、ちょっとトラブルがあってお芝居観られないかも・・なことが起きたんですが(これ、姫のせい)

なんとか無事に観られて、終了後二人でボーっとしてしまいました。

 

その勢いで翌日のリピートチケット購入しちゃって、帰る前にまた一人で観たんですが・・・

翌日はアフタートーク付き。

 

リップサービス込みだとしてもすごく嬉しい言葉を橋本サンが仰ってくれて、こういう人って素敵だなぁ、と改めて思わせて戴きました

 

何度観ても新鮮で、とにかく楽しいお芝居です。

キューブサンの20周年記念の舞台で、所属俳優が一堂に会しているせいもあるのでしょうけれどチーム感が伝わるいいお芝居でした。

 

チケット取ってくれた姫に感謝♪

 

特になにもプレゼント交換のないバースディではあったけれど、すごく有意義な「素敵な時間」というプレゼントを貰った気がします

 

 

こういう時間を許してくれたみんなに感謝です!