2016年05月30日

2016年6月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2016年6月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

6/1
デッドプール ①


6/4
サウスポー ②
FAKE ③
雨女 ○
王の運命-歴史を変えた八日間- △
その女諜報員 アレックス △
団地 △


6/11
ノック・ノック ④
エクス・マキナ ○
アウトバーン ○
教授のおかしな妄想殺人 ○
シチズンフォー スノーデンの暴露 ○
ラザロ・エフェクト △
シークレット・アイズ △
マネーモンスター △
さとにきたらええやん △
二ツ星の料理人 △
知らない町 △


6/18
貞子vs伽椰子 ⑤
クリーピー 偽りの隣人 ⑥
10 クローバーフィールド・レーン ⑦
レジェンド 狂気の美学 ⑧
シリア・モナムール ○
帰ってきたヒトラー ○ 
ホース・マネー ○
トリプル9 裏切りのコード ○
葛城事件 ○
THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション △
好きにならずにいられない △
ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン △


6/25
日本で一番悪い奴ら ⑨
鬼はさまよう ○
極秘捜査 ○
名もなき復讐 ○
ダーク・プレイス ○
エクストラクション △




仕事が忙しい上に精神的余裕がないということで、まだ4月公開の観たい映画すら鑑賞できていない状況下で6月の話をするというのも微妙な気がするんですけれども! まぁ、毎月の恒例としてダラダラ書くと、6月は良さそうな映画が大量にありまして。その中でも厳選するのなら、一番期待しているのは、「貞子vs伽椰子」でございます (´∀`) ウフフ なるべく事前情報を入れないで観たいため、予告編すらチェックしていないんですが、あの白石晃士監督作ということで、絶対面白いんじゃないかと。僕の妄想では、俊雄の存在がカギだと思っていて。貞子と伽椰子が俊雄を奪い合う展開となり、その腕を両側から引っ張っている時、俊雄が「痛い!(´Д`;)」と言った瞬間に手を離した伽椰子の愛が勝つのではないかーーという、O-O-O-KA-SA-BA-KI!m9`Д´) ビシッ すみません、僕は今、すごく疲れているのです…。


今月買ってある前売り券はこの3枚。ムダにしないように気をつけなきゃ。
6月公開作の前売り券

「貞子vs伽椰子」の予告編↓ まだ観ていないのです。




つーか、今月は僕好みの邦画が目白押しな印象。森達也監督が佐村河内守さんに密着したドキュメンタリー「FAKE」は絶賛の声しかしないし、予告編を観たら超怖いムードがムンムンの黒沢清監督作「クリーピー 偽りの隣人」もかなり面白そう。「凶悪」の白石和彌監督が「稲葉事件」をモチーフに作ったという「日本で一番悪い奴ら」も見逃せないし…。あと、清水崇監督による4DX限定公開映画「雨女」も気になるんだけど、時間が作れるかしらん (´・ω・`) ウーン


「FAKE」の予告編↓ 早く観たいですな~。




もちろん洋画も観たい作品はいろいろあって、もう「デッドプール」に関しては「どうせ面白いんでしょ?┐(´ー`)┌ ヤレヤレ」感が強くて、ちょっと後回し(観ますけどね)。「ボクシング&娘&負け犬たちのワンスアゲインと僕が好きな要素まみれの「サウスポー」はなるべく早く観たいなぁと。その他、前売り券を購入済みのキアヌ・リーブス主演×イーライ・ロス監督作「ノック・ノック」はもちろんのこと、「クローバーフィールド」の続編「10 クローバーフィールド・レーン」も絶対足を運ぶ予定というね。


「ノック・ノック」の予告編↓ こんな目に遭いたくないよぅ… ('A`) イヤーン




最後に名画座系を書いておくと、早稲田松竹で6/04(土)~6/10(金)の「ストレイト・アウタ・コンプトン」「クリード/チャンプを継ぐ男」、6/11(土)~6/13(月)の「天使の涙」「恋する惑星」新文芸坐で6/18(土)の《「映画なしでは生きられない」〈真魚八重子・著/洋泉社・刊〉 出版記念オールナイト》と6/25(土)の《東宝人喰い巨人、新文芸坐に現わる 東宝特撮 人喰い巨人たちの饗宴》ぐらいが気になりますかね。まぁ、高確率で観に行けないんですがー。以上、2016年6月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。







いいね!した人  |  リブログ(0)

カミヤマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります