• 21 Jul
    • 久々の更新! 頑張って!!!!

      こんばんは、神谷です。 明日は東北地区の1次試験。学習対策は万全でしょうか? ここまで来たら「開き直り」です。しっかりこれまでの学習成果を発揮してもらいたい、そのように願います。   さて、将棋の話が最近話題です。私が注目するのは「おやつ」です。 脳の活性化のためにはエネルギー補給が重要です。現代は精神論の時代ではないのです。   どのタイミングで何を補給するか。私はチョコレートかなと思っていたのですが、 ウチの塾の養護教諭担当の先生からは「全否定」です。なんでも、緊張しやすい人はチョコレートは、吐き気を催したりなど、逆効果のようです。先生曰く、おはぎなどの和菓子が良とのことでした。   皆さん、明日は、朝にコンビニで大福やまんじゅうを買いましょう。 それをベストなタイミングで食すのです!!!!! (なければウィダーインゼリーでもよいでしょう。糖質をタイミングよく接収ですね)   このようなこともおまじないになるはず。意外と、こうしたルーチンは強いです。 気持ちで負けないように頑張ってください。        

      2
      テーマ:
  • 31 Mar
    • 学習指導要領 告示

      告示されました。 文言が細かいところで「案」から修正されていますね。 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383995.htm   私がびっくりしたのは、「銃剣道」。 正直、私はじめてこれが武道ということを知りました。   中学校の武道指導に「少林寺拳法」「なぎなた」などとともに例示されました。 「少林寺拳法」は前からネタに使っていたのですが、(結構、香港が発祥と思っている人がいる)、銃剣道とは・・・。   だれが、どのような主張をした結果、盛り込まれることになったのでしょうか。 残念ながら文部科学省まで行かないと、パブコメの意見の閲覧はできないようです。   この「銃剣道」、ぜひ調べてみてください。 気になったことはすぐに調べて自分のストックにすることが大切です。   #教員採用試験 #学習指導要領 #銃剣同

      5
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 岡山STAY0328

      本日は、大移動。   秋田大学終了後、秋田空港へ。 リムジンバスが間に合わない!! 仕方ないので、「自腹タクシー」です。   行き先を告げたとたん、運転手がやたらと饒舌になりました。   あちこちでタクシーを使用している身としては、秋田のタクシーの異様な「高さ」はいかがなものかと思っていました。初乗り710円です。580円ってところも多いのに。秋田でですよ! そこからメーターが上がると、加算金額は100円ずつです。これもびっくり(ふつうは80円ですよね)、つまり、秋田でタクシーに乗ると、必ず、10円の端数が出るということ。   乗らないから高くするのか、高いから乗らないのか。難しい問題ですね。   ともあれ、そこから大阪へ移動です。   秋田→伊丹はボンバルディアのターボプロップ機です。 DHC-Q400という80人弱が定員の小型機です。 これは松山や高知へ行くときに、伊丹からよく乗るのですが、一抹の不安をいつも感じます。 私が、高知に行くようになって、その年に発生した高知空港での胴体着陸事故はかなりショッキング。その機体がDHC-Q400なのですね。   時刻表を見ると、この機体は大阪から秋田に来たあと、札幌へ行き、 戻ってきてから、秋田→大阪のようです。   最近気づいたことですが、機体の動きと乗務員の動きは連動していないようです。 機体は目いっぱい効率化、乗務員は勤務時間関係も考慮し、運用。 これは人工知能ではできない差配かもしれません。   定刻より早く伊丹に到着です。   大阪も素通りし、新幹線で岡山へ。 最近、岡山に泊まることが増えています。 交通の要衝です。四国・山陰・広島・大阪の結節点です。   便利なんですね。ここに泊まって翌日移動というパターンが。   岡山STAYは、駅前に泊まることが多いです。 となると、夕食はもちろんサイゼです!   本日の遅めの夕食をサイゼで。 第2の仕事場ですね、本当に。   明日は8:00過ぎに出発し、山口です。    

      テーマ:
  • 14 Mar
    • 静岡県・市・浜松市の教採について

      静岡は温かいです。 さて、今日から静岡大です。   本日話した内容を要約して示しましょう。 これらの話はどこぞの有識者がする話と違って、エビデンス(根拠)が明確な話です。   まず、採用試験の実施方針を明示しているのは「静岡県」です。 それによると、以下の通りです。   静岡県 〇1次試験に基準点  ・教養50点中20点、専門100点中25点(小は国社算理いずれか0点も含む) ・面接DもしくはEが2名 〇1次合格者選出方法 ・採用予定者の1,5~2.0倍までを1次合格者Aとして、 専門試験の点数順に教養試験などの各試験の結果を加味して総合的に選考 ・採用予定者の0.5~1.0倍までを1次合格者Bとして、 免許・資格、スポーツ・芸術、面接高評価者などを総合的に選考   →つまり、筆記重視で選考する枠と、人物面を重視する枠を設定しているということですね。   静岡県の攻略法は、ただ一つ。 それは専門科目の得点率向上です。教養はほぼ「足切り試験」として設定されています。 教職でパーフェクトを狙えば、それでOkです。まあ、教養の得点が救ってくれることもあるので、ぎりぎりすぎると、それは心配です。   静岡市や浜松市はどうでしょうか。 人物試験等の基準がわかりました。   静岡市 〇1次の面接のポイント ・同僚として皆さんを「評価する」とのことです。上から目線ではなく、「横斜め目線」です。 ・点数化して評価 ・1人の面接が終了後、3分で評価(合議?) ・質問は3つで決まっています。面接官の役割分担も。ちなみに、昨年は「静岡市を志望する理由」「楽しい学校とは」「それを実現するための具体的な手立て」の3つです。   →同じ質問ということは、そこで回答内容に差が出るということ。それを踏まえてどのように対策するか。   〇2次試験 ・グループ活動では、とにかく「素の受験生」を見るようにと注記しています。 ・できる/できない。、やれる/やれないを評価するのではなく、できない・やれない現実に どのようにとらえ、それをどう克服するかを見ています! →さらに、そういう資質が教師として重要であると述べています。   ※ここに陥穽が。現役生は、失敗を恐れるあまり、知識で補おうとしがちです。でも試験を実施する側はそれを求めていないのですよね。できないことややれないことをどのように受け止め、それをどのように今後克服していこうとするかが、問われている。これは他県でも当てはまるのではないでしょうか。   浜松市 〇2次試験 面接の中で、課題解決能力として現場で起こりうる実践的な課題について問うことが示されています。そこで、現役生には完成形を求めないことを明示。課題に真摯に向き合うことが大切です。 実践課題については具体的に例示されていました。   どうですか。他県受験でもかなり参考になる情報です。   実はわたくしはこうした内容を分析するのが大好きなのです。 断片的な開示情報を組み合わせて全体を推察することです。   経験則と照らし合わせて、「やっぱりな」とニヤついています。   PS 今日も●●県についてはどうですか、と聞かれたのですが、 自治体によって、根拠が明確なものだけ、考察するようにしています。 残念ながら根拠と確信できるだけの材料がない自治体もあります。 申し訳ない・・・。                

      1
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 静岡STAY0313~新卒・臨採講師の問題意識

      本日より、静岡入りしました。 年に数回、静岡シリーズがあります。   静岡大は圧倒的に静岡県内志望者多く、次いで愛知や神奈川などの隣県です。 時期的に言っても、静岡県内志望者は事実上の一発勝負とならざるを得ず、新卒ブランドを生かしてどのように試験を突破するかが問われています。   各種資料を分析すると、「新卒者は伸びしろ期待」と明言されています!!!   模擬授業や実践的な問いについて新卒者には「完成形」を求めていないということ。 言い換えれば、「新卒ブランドがかなり通用する」ということです!   逆に既卒には厳しいようですね。はっきり、書いてあります。 「40代・50代については年齢にふさわしい実力があるか」と。   臨時講師の皆さん、大いなる勘違いをしてはいませんか? 「公平・平等な土俵でしっかりと人物評価をしてくれる」などと。   年齢制限を廃止するのは、救済措置ではありません。 実践力重視といっても実際には、「新卒者は伸びしろ」で評価されています。   まじめな話、年齢がいっている人は、どのようなことが「年齢相応の実力あり」と受け取られると思いますか?   私が考えるのは以下の内容です。   相対化された視点、開かれた視点を持つべきです。 それが武器になります。新聞を読み、批評的に物事を捉えましょう。 すると解決すべき課題が見えてきます。 年齢や経験を重ねているからこそ見える現実とそれについての問題意識、 私だったらそこを大切にします。   だって、授業の力量などは、あとから「なんとでもなる」ものだからです。 もっと言うと、授業が完成しているのならば、とっくの昔に「受かっているよね」ってことです。 厳しいことを言うようですが、その現実を理解する必要があります。   なぜ、面接で、「昨年ダメだったか、どのように考えていますか」と聞かれるか。   わかりますか?   あなた自身が「足るを知る人材」であるかどうかが問われているわけで、そこに技術論で返すほどミスマッチな回答はないでしょう。酷なことをいうようですが、「資質」に決定的な欠けるところがあって、評価が上がらない、ということはありませんか?   人の話を受け容れる柔軟性や、組織の中での自分の活かし方など、そのようなことは考えなくてよいのでしょうか。   もっと言うと、「恨み言」はありませんか?   それが合格を妨げています。あなたが合格できなかったのは、あなたよりも努力した人間がいたからです。その視点で総括しないと、「志望動機がうまく言えなかったから」「聞かれたことに戸惑って、回答がしどろもどろになってしまったから」などの方法論・技術論に終始してしまうになります。   臨時採用講師の「経験」そのものが評価されるのではありません。自分の「経験」をどのように位置づけ、どう評価しているのか、そこが問われているのではと思います。安易な自己分析、安易な資料読解に堕さないようにしてください。    

      テーマ:
  • 08 Mar
    • 広島STAY0308

      日曜の夜から広島STAYです。   明日まで4泊のSTAYです。   広島というところは魅力的です。 私はまだ初心者なので、いろいろと名所にはいっていませんが、かなりの確率で外国人がいます。私の定宿であるホテルも国際色豊かで、朝食会場は異国のようです。   ここではホテルマンは英語が必須ですね。   私には苦い思い出があります。   新婚旅行時にパリのホテルニッコーでの話。 隣の部屋が、アジア人でうるさかったのでフロントに電話、「俺が話つけたる」みたいな感じですね。   ところが、フロントは、「Japanese,OK?」という問いに対して「No!」。 仕方なく伝えようとしたのですが、単語が思い浮かばない・・・。   それでも片言で訴えると、「Noisy? Ok」みたいな流れになって、耳を澄ますと隣の部屋に電話がかかって、フロントから注意。事なきを得ました。   その前に、パリで予約していたレストランの場所がわからず、警官に尋ねると、英語 は「No」だったので、仕方なく筆談。   ヨーロッパの現実がわかりました。   でも意外と片言でも通じるのですね、 私は最初の海外旅行、ヨーロッパを勧めます。 こっちも英語わからないけど、向こうも英語話さない、そんな感じなので傷つきません・・・。              

      テーマ:
  • 01 Mar
    • 私の最近の関心事「人工知能」

      人工知能(AI)が話題になっています。 そういえば私の好きなバイオマンの世界でも話題でした。 人工知能はおろか、感情さえも持った「メカ人間」をつくってしまうドクターマン様。 まさに、20世紀最高の科学者です。   バイオマンのテーマは、メカ人間VS人間(バイオ星の科学×人間の志)であると思います。   この話の面白いところは、これまでの敵性とは異なる、人間VS人間の戦いとなる点です。 正義の側は、人間といってもバイオ星の影響下にあるのですが。   この話は、バイオマンを見たことがない人は全然わからないと思いますので、大胆に省略します。   ここからがポイントです。   私の最近の関心事は「人工知能」です。   人工知能関連の記事はまずチェックします。 まとめると以下の通りです。   ・2011年に小学校に入学した人が社会に出るころには65%の人間が「今、ない職業」についているだろう。 ・2030年、社会構造も変化し、これからは変化の読めない、単一の正解が存在しない時代になっていく。その中で、この時代を生きていく児童生徒の「生きる力」が問われている。 ・2045年 いよいよコンピュータが人類を超える(シンギュラリティ)との予測もある。 ・目的のために手段を選ばないAIのシナリオとして「クリップマキシマイザー」というのがある。これは、「クリップを生産する」という目標を与えられたAIが、その生産効率を追求するがゆえに、世界中の工場をすべてクリップ工場に替えていくという仮想のシナリオである。人工知能の特性が良く表れている。   このような状況から、皆さんはまず何を考えますか?   皆さんが指導する彼や彼女がこうした世の中を生きていかなければなりません。   まずは、今後を見据えた皆さんの「思い」や「願い」を書き出してもらえるとありがたいですね。   また、このような時代を迎え、どのようなことが求められるのでしょうか。   このことはいずれまた深めたいと思いますが、今日は問題提起のみにとどめますね。      

      3
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 学習指導要領改訂! いよいよパブコメ実施

      2月14日 何の日でしょうか。   バレンタインデー? 違いますよ。 2月14日は「ふんどしの日」です。 2ん104の語呂合わせだそうで。   教育業界関係者にとっては、新学習指導要領案を公開の日ですね。 パブコメを経て、3月末に告示されるのでしょう。 (ちなみに某所では広告等でさんざん「告知」という言葉を使っていますが、「告示」だよね。病気を告知するのでしょうか???)   あれだけ言われていたアクティブラーニングという言葉の、指導要領への掲載は見送られ、「主体的・協働的で深い学び」と示されています。なんでも意味が定着していない言葉は、法令と同等の位置づけを持つ指導要領には不適切とのこと。   余計にわからなくなりそうな感じです。どのような学びが求められているのか、時間が足りない中でそのようなことを行えるのか。本当にできるのか。   現場での捉え方にも温度差がありそうな・・・。   全面実施後早々に、「一部改正版」が出るかもしれませんね。   難しいです。   このブログでも、引き続きALを解説していきたいと思います。      

      2
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 筆記試験対策4 ツールを決めよう

      こんばんは、神谷です。   筆記試験対策では重要なのはツール選びです。 出版社ごとに編集方針があるようで、そのテキストや参考書を用いればよいのか、今回は選び方を指南したいと思います。   私が推奨する学習は、「急がば回れ」的で、この時期(3月まで)は(特に教職は)参考書・基本書を使って、体系を整理することをお勧めしています。講座を受講している方の場合は講座のテキストで十分です。独学の場合は、何を基準にするか。   それはずばり、使いやすさです。   説明基調のもの、要点整理を中心としたもの、いろいろとありますが、最後はその人にとって使いやすいか否かです。私個人は文章で書いてある方が脈絡がつかめるので、そういう方が良いのですが、要点のみ解説して欲しい、出るところだけ解説してほしい、というニーズもちろん理解できます。   説明がメインの参考書は要点が絞られていないので、取捨選択を自分で行う必要があります。例えば、かの出版社は大手予備校の教材の出版社ですが、よくも悪しくも「全部入り」なので、注意が必要です。要するに取捨選択は「自分で行え」ってことです。   そういう方針なのか、基準が理解できていない実力不足なのかわかりませんが、受験先に応じて取捨選択して取り扱うことが必要ですね。   別の出版社の教材は、大胆すぎる内容カットが潔さを感じさせます。 対策のボトムラインを考えると、「無駄なことはやらない」というスタンスは理解できますが、断片的な知識事項の提示のため、中間項を補う学習対策が必要に必要になります。   市販教材は、上記のように「帯に短したすきに長し」なのです。   受験先の出題分析からの、内容の取捨選択能力が問われています。   まずは過去問をしっかり分析しましょう!!!   、

      テーマ:
  • 02 Feb
    • 最近の楽しみは?

      と、聞かれたら、昔懐かしの「特撮モノ」の視聴でしょうか。   私の携帯電話のサービスにビデオパスというのがあって、そこで、「特撮ヒーローもの」の配信が充実しています。   以前に、「ひかりTV」などで、戦隊ヒーローものは「デンジマン」などはおさらいしたのですが、私が中学校3年生時代に放送していた「超電子 バイオマン」が配信されているのを発見しました。   私は、「デンジマン」も好きですが、「バイオマン」はもう一度見たいと思っていたコンテンツで、5年越しでその願いが成就しました!   しょこたんの影響もあって、ネット上では人気のバイオマンですが、久しぶりに全話を見返してみると、大人が見ても楽しめる要素が満載です。   まず、音楽が良い。次いでキャラ設定が良い。そして、女子2名体制の始まりなど新要素が満載です。特にゴレンジャー以来、コメディリリーフ的な「黄色」が女子の色となったのは目新しいですね。まあ、リーダーカラーは「レッド」で揺るぎはありませんが。   バイオマンの魅力も今後私なりの解釈で発信していきますね。 余計な情報かもしれませんが、、、。   まさに、いま、アメトークで「スクールウォーズ」がテーマです。 期待大ですが。このことも、いずれコメントしますね。   それではまた。次回は教採対策でお会いしましょう!!!!    

      1
      テーマ:
    • ニンテンドークラッシックミニ

      ご無沙汰です。 1月29日(日)kei塾通学コースも無事開講。 2月1日から新オフィス(まだ工事中ですが)稼働しています。   まあ、この話はいずれ。   前回更新から今までの出来事について書きたいと思います。 教採対策は1回お休みです。しばしお付き合いください。   1月24日。ニンテンドークラッシックミニをゲットしました。 銀行の帰りに、その銀行の入っているビルの1Fのゲオをなんとなくのぞいてみると、いわゆる「ファミコンミニ」が10台くらい店頭に並んでいるではありませんか! ネットの情報通りゲオがねらい目ですね。   即買いです。ファミコン世代としては、入っているソフトのラインナップが懐かしすぎて、、。   早速プレイしたのは、ドンキーコングです。 私が中1の時、クリスマスプレゼントとして、予約してもらったファミコンです。 その時、初めて買ったソフトがドンキーコング3とマッピーだったことを思い出します。   一足先に、ファミコンをゲットしていた友達の家に入りびたり、順番にプレイしたものです。 コントローラーを握ると、意外に体が覚えています。   ドンキーコングはゲーセンも思い出します。 これから少しずつプレイしていきますが、とりあえず「ゼルダの伝説」を頑張りたいですね。   1月30日・31日は事務局の引っ越しでした。 距離的には20メートルくらいですが、結構細かいものが多くて大変です。 新事務所は現在よりも1.5倍以上広くなります。   新教室は、金子先生のお力も借りながら、整備が進められています。 極めつけは「教壇」です。購入すると15万くらいですが、金子先生のDIYの力を借りて、なんと自作することになりました!! いずれレポしますね。   2月1日からは松山です。   2月からは教育新聞とのコラボによるアクティブラーニングコンテンツも本格的に始まります。 乞うご期待!!!   PS ニンテンドークラシックミニ以上に現在手に入らないのが、「リトルライブペット」です。 クリスマスから下の子供がねだっているのですが、入手の見込みが立ちませんでした。 しかし、輸入元の会社のウェブから無事予約。4月1日生まれの娘の誕生日プレゼントに間に合いそうです。  

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 教採攻略法5 コミュ力

      唐突ですが、皆さんが考える「コミュニケーション能力」とはどのような力ですか? 私(神谷)が考える「コミュ力」とは、以下のような力です。①相手の状況を踏まえて、相手の言わんとすることを正確に理解する②相手の状況を踏まえて、相手に伝えたいことを適切に伝える こうしたコミュニケーションの一番重要な場面はどのような場面でしょうか。 私はそれは「外交」だと思います。「外交」における同意や署名は、ぎりぎりの妥協点を探って生み出されたものです。どのようなニュアンスの言葉を用いるか、どの言葉を先に示すかなど、あらゆる要素を勘案したうえで、用いられる「単語」であり「表現」です。 そこを間違うと、「自分の思惑とは異なるメッセージ」を相手に送ってしまうことにもなりかねません。外交上の合意文書などは官僚たちのシビアな調整の産物です。 そう捉えると、つい最近の我が国の、かの国に対する、かような措置に秘められたメッセージと、その有効性について理解を深めることができるのではないでしょうか。問題は、ボールを投げられた形になっている、かの国の対応です。そこで、今後の方向性が決まるのではないでしょうか。見どころです。 日常でもそういうことはよくあることです。私たちの一挙手一投足が、保護者や同僚、児童生徒にとってどのような意味を持つのか、を考慮しながら行動しないと様々な問題を引き寄せることになります。 いわゆるモンペの問題は、どこにあるのか。 全部とは言わないまでも、モンペを生み出す原因は教育現場にあるのではないでしょうか。「コップの水理論」です。キレられたきっかけは些末な話でも、キレた保護者には、積もり積もった思いがあるのでしょう。些末な事象の積み重ねが、あたかもコップの水があるれるかの如く、小さなことでもキレられ、大ごとになっていますというアレです。 私ならば、そこは、そうなる前にうまく対処しますね。 冒頭に示した問題意識に戻ります。 コミュニケーションは「相手優位」です。現実的にもそうですし、うまく立ち回ろうと考えたら「相手に合わせること」が一番です。賛否はあるかもしれませんが、私にとってコミュ力のある人材とは、「場の流れや雰囲気をつかみ、適時適切な共感と意味のある質問を行うことができる人」ということになるでしょうか。ともかく、コミュニケーションは「相手に合わせた」方が絶対に楽です!! 以上の話を、面接試験に置き換えると・・・・。大切なのは、「面接官の優位性を理解し、面接官の質問について前向きで建設的で実効性のある内容を答えること」ですね、、、、、。面接は面接官が「生殺与奪」の権を握っているので。 ------------------------------------------------------------------------kei塾ではこうしたコミュニケーションの問題も考えていきたいと思います。現場でのコミュニケーションの在り方もしっかり指南します。マジックフレーズもあります!!] 我々の理念を具現化するkei塾の通学講座(仙台)もいよいよ今月より開講です。しっかりとした方法論を提示し、皆様の教採対策に役立ててもらいたいと思います。 http://www.kei-juku.jp/    

      テーマ:
    • 筆記試験対策3 とらぬ狸の皮算用

      こんばんは。神谷です。本日もkei塾開講前のイベント2連チャンでした。悪天候の中、多数のご参加ありがとうございます。 今日の話は小学校全科の人たちを対象とした「点数の取り方」ガイダンスでした。おりしもセンター試験。高校時代に「英語は○○点、国語は・・・」などと皮算用した人も多いのではないでしょうか。 試験においては、これが大切です。合格に必要なラインを正しく把握して、そのために何の科目でどれだけ得点するか、その計画を立ててから取り組むようにしましょう。 実現不可能な計画ではいけません。小学校の場合は出題範囲が広いので、その中で何を得点源にするかを考えることが大切です。また、費用対効果を考えることも必要です。時間は限られています。限られた時間を、有効に活用しましょう。 このようなことをもとに、得点計画を立てます。 マークシートならば、専門試験は7割以上を狙いましょう。狙いは7割でも実際は6割、大いに結構です。「目標は高く」です。(ただし、自己の能力を考慮しない目標設定は単なる「夢」「あこがれ」です) 自己の現在の力を把握し、それに基づきどうしていくのか、そのために何をいつまでにどのように行うのか、などを考えてみましょう。それから対策を始めても遅くありませんよ!!!! 我々の理念を具現化するkei塾の通学講座(仙台)もいよいよ今月より開講です。しっかりとした方法論を提示し、皆様の教採対策に役立ててもらいたいと思います。 http://www.kei-juku.jp/    

      テーマ:
  • 14 Jan
    • 引っ越し

      私のオフィスが移転します。 同じビル内で、拡張移転です。 2月に完全移転のため、現在、もと講座生の優秀なバイト君たちの力を借りながら、モノの移動を行っています。 引っ越しは心が騒ぐようで、うちのスタッフ連中もかなり積極的にアイデアを出してくれています。 引っ越し後は、女子のセンスがしっかり反映された、素敵なオフィスになるのではと期待しています。 私の秘書のKさん曰く、「断捨離」と。 いつかは使うだろうと思っているものでも、この10年間一度も使っていないものもあります。いつかは懐かしいと感じるだろうと思っている「思い出」も日々の忙しさに埋もれてしまうこともあります。 こうしたモノやコトを振り捨てて、人は前に進んでいくのだね。過去にとらわれず未来志向の生き方を追求してきた我が身ですが、「モノ」は捨てられないのです・・・。 「断捨離」もよいのですが、行きつくところは「無」なのか「空」なのか。もとから「なかった」ことと、引き算の結果「なくなったこと」は違うよね・・・。 このような哲学的な問いが生じる今日この頃です。 移転先の窓からの眺めは、素晴らしいです。今後、写真をアップしますね!      

      テーマ:
    • 筆記試験対策2 教職でとれるだけとりなさい!

      皆さんこんばんは。 本日、kei塾セミナーが開催されました。多数のご参加ありがとうございます。 今日の無料セミナーは、「教養試験対策」をどのように行うかということでした。宮城・仙台は今夏の試験より「一般教養」が復活することもあり、受験生の関心も高いようです。 まず、「教養」として「一般教養」が出題される場合は、「一般教養」で確実に点数を計算することは難しい、という事実を理解してください。数学や理科が出題されるので、受験生はそれに不安感を感じますが、全体の配点からすると微々たるものです。 では、基本的な立ち位置はどこか。以下に示すのが、私の考えです。 ○費用対効果を検討(時間的コストと貫徹した場合に計算できる得点、いわゆる「コスパ」)・得意分野と不得意分野をしっかり自己分析し、得意分野を伸ばすのか、不得意分野を補うのか基本戦略を立てる・かけられるコスト(この場合は時間)と得られる効果を天秤にかける・課題達成の難易度や、そこに拘束される時間と効果の兼ね合いを測定 など ○点数獲得の難易度を考慮した資本投下(点数を稼ぎやすいところに重点化して資本=時間を投下する)・これまでの学習歴を考慮して、「モノになるのかならないのか」を検討・捨てたほうが良いのか、時間と資源を投下する価値があるのかの見極め など ○「時間を買う」発想を持つ(金銭で効率化できるところは、最大限に活用する)・例)通勤時間短縮のため、勤務先の近くにアパートを借りる・例)事務処理能力向上のために、最新のPCを導入する・例)通知表のコメントの効率化のために、音声入力ソフトを導入する・例)細かいところを代行してくれるサービスを探す(食事等も含む) など 以上をもとに戦略的に考えると「やって効果が最も上がりそうな分野に集中的に資本投下せよ」というストラテジーが見えてきます。(最後の「時間を買う」という発想は、受験対策にプロの知識を借りるということにもつながります。世の中にはそれ専門で飯を食っている人がいるのです。そうした人の知見を借りるのも効率化の知恵です) さて、ここで、一般教養における「やって効果が最も上がりそうな分野」は人それぞれです。100人いれば、100通りの対策方法があります。ここで求められるのは「自己分析」です。自己の得意不得意や、性格特性に応じて学習内容の取捨選択することや、どの方法が自分にとって効率が良いのかを分析することなどです。 半面、教職教養の場合は、「やって効果が最も上がりそうな分野」は全てです。教職教養科目は、出題範囲も狭く暗記中心の科目構成のため、しっかり備えることで得られる効果(得点)が大きくなります。これはぜひとも、優先順位を高く対策を行わなければなりません。教職教養に力を入れるのは、「受験者全員必須であるから」ではなく、「得点が計算できるから」です。 やみくもに対策を始めるのではなく、そういうことを考えてから計画を立てましょう。 私たちkei塾では、現在の勤務状況も踏まえ、受講生の皆さんと一緒に打開策を考えていきたいと思います。一人一人の戦術(どうやるか)は、一人一人によって異なります。回り道のようでも「自己分析」。大切です。 ①試験で必要な要素をつかみ、②現状分析をもとに、どのように対処するかを考え、③そのプランの達成に向けて具体的なツールを考え、④計画を立てて実行する、⑤中途で評価を行い改善する、こうしたサイクルを作り上げることが大切です。 一緒に頑張りましょう!!!!!  我々の理念を具現化するkei塾の通学講座(仙台)もいよいよ今月より開講です。しっかりとした方法論を提示し、皆様の教採対策に役立ててもらいたいと思います。 http://www.kei-juku.jp/   

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 筆記試験対策1 教職教養は「わからなくても先に進め」

      教職教養の対策が遅々として進まない、という方。あなたは、もしかして「一つずつを解決しないと先に進めない人」「納得してからでないと次のステップに進めない人」ですか?? 教職教養の対策について、最強のアドバイスです。「教職教養はわからないことはわかったことにして先に進め」です。 とりわけ、教育法規はこうした対策方針が威力を発揮します。法律の基本とか、捉え方の基本とかは、原則的事項なので、学習が進むにつれて同じテーマでも別角度から説明されることにより合点がいくことが多々あります。 教職教養科目自体がそもそも人為的に区分されたものです(つまり、便宜上科目わけがされている)。なので、原理なのか、心理なのかあいまいな話もたくさんありますし、分類できない話題もあります。 例えば、特別支援教育は、多くの参考書では「教育原理」とされていますが、制度的な規定は「教育法規」の領域です。「特別支援教育の理念」は「教育時事」の内容とも関連します。さらに、発達障害の障害の特性理解は、「教育心理」の領域です。 原理の学習で「ピンと来ていない」人も、法規の学習や時事の学習で別角度から説明されるとつながりが見えてきて理解が促進されるということです。」 もう一度言います。「教職教養はわからないことはわかったことにして先に進め」です。 先に進んでもわからなかったらどうするか。そのテーマやトピックは、残念ながら独立性の高い内容のようなので、単独にまとめるなどの作業が必要になるでしょう。逆に言えば、「つながり」で理解できる内容は、それを生かせということです。 教職教養はすべて暗記物で、広く浅く対策することが求められます。暗記物が出題の中心を占めるので、備えが効きます。出そうな分野、優先順位が高い分野をそれぞれ見極めながら、最適なプランを検討してください。 本試験では、教職のみ出題であれば「目指せ9割」、一般教養とセットで出題ならば、「教職は限りなくパーフェクトに近い点数」を目指し、一般教養と併せて6割~7割くらいのラインを目指すとよいでしょう。 我々の理念を具現化するkei塾の通学講座(仙台)もいよいよ今月より開講です。しっかりとした方法論を提示し、皆様の教採対策に役立ててもらいたいと思います。 http://www.kei-juku.jp/  

      テーマ:
  • 11 Jan
    • 傘がない

      遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 採用試験受験者にとって、ここからは「光速」の展開ですよ。「あっ」という間に出願を迎え、あっという間に本試験です。 しっかりと対策をしましょう。2・3月が勝負です。 さて、私のお正月は喪中だったこともあり、寝正月です。糖質爆弾の「お餅」は食べていないものの、控えていた日本酒解禁により、体重がやばいことに、、、。 正月明けは「糖質制限」実施中です。 ところで、先日は愛媛大でOB交流会がありました。昔懐かしのメンバーが、遠く広島や高知から集結です。この「義理堅さ」はどこから来るのか。ともあれ、2次会はこうした会合の次の店としてすっかり定着した昭和のにおいがするスナック「○○○○」です。 店の感じもママの感じも「昭和」なので、当然歌う歌も「昭和」です。 常務のMさんと担当のHさんとは8年来の仲で、もう何度もご一緒させていただいているのですが、楽しい飲み会にいつも時間を忘れていしまいます。 本日も生協職員、講座OBや4回生を含めた総勢8名で出撃です。 昭和の楽曲では、私の中では陽水と中島みゆきがポイントです。 大学時代の教官の影響もあり、最後の「抒情歌」は陽水・みゆきであるという「知識」がインプットされています。 その私が特にすきなのが「傘がない」です。 歌詞が良い。 「♪都会では 自殺する 若者が 増えている~」のに、「♪だけども、問題は 今日の雨 傘がない~」なのです。 →「傘がない」の歌詞の全部はこちら このギャップが良い。社会的な話題や、自分と同世代の社会的な問題よりも、個人的な問題が最優先です。彼女に会いに行くのに、今日の雨をしのぐ「傘がない」のです。青春真っ盛りの俺にとって、政治問題や社会問題よりも何よりも、喫緊の問題は究極的な個人の(欲望に直結する)問題です。そこが良くありませんか? この対比が。なんか、本気な感じがしませんか。 さしずめ、今なら「充電がない」「WIFIがない」ということでしょうか。そのくらい当時の昭和の人にとって大問題だったということなのでしょう。「コンビニに行くか行かないか」の問題ではないのです(※)。 こうした曲を耳にするために私が思うのは、「70年代に青春を迎えたかった」ということです。現実は70年代に生を受けていますので、「20年くらい生まれる時代を間違ったな」という感覚なのです。 若い皆さんには、「傘がない」の世界の内容は理解できないかもしれません。 中島みゆきの楽曲にも「抒情」を感じます。先日の愛媛大の2次会では、現4回生のHさんが、「ファイト」を歌ってくれました。「ファイト」も深い意味があるのですが、私の一押しは、アルバム「あ・り・が・と・う」に入っている「店の名はライフ」ですね。 文学談議に耽る無生産な若者、喫茶から「純喫茶」、「塗りこめてしまった階段」、そて「運命論の吹き溜まり」・・・・なんとも抒情的です・・・(すべての歌詞はこちら)。 こうした「昭和的」なものが、最近好きです。 昨今の報道によると平成も30年で終わりそうです。元号ってこだわらない人も多くいますが、何か、こうした場面でくくれますよね。西暦にはどうもなじめないのですが、昭和の年代は皆、仲間です。 昭和生まれ。ただそれだけで。 ※以前、某コンビニのCMソングに採用された 次回からは採用試験対策として有益情報をアップしますよ~!乞うご期待!!!   、  

      テーマ:
  • 22 Dec
    • 教採攻略法4 意見表明のロジック

      こんばんは。神谷です。 本日は、最近お気に入りの広島スティです。 さて、先日の続きについてお話したいと思います。前回は、話す内容よりも伝え方が大切という話をしました。自分の意見を的確に伝えるためには何か、コツはないのでしょうか。 面接や就活のES、採用試験の事前提出書類など、いわゆる「一行テーマもの」に共通して使える意見陳述のメソッドがあります。 それが、PREP法です。そうです、一部の大学では説明した例のあの方法です。 P::POINT・・・結論R:RESON・・・理由E:EXAMPLE・・・例P:POINT・・・結論 この順序を踏まえた意見陳述です。この図式に当てはめると驚くほど伝わりやすい話になります。「結論選考」、小池百合子風に言えば「結論ファースト」です。 面接が苦手な人は、とにかくこの論法をマスターしましょう。日常の友達との会話も、まず結論めいた話を先に言うとjころから始めてみてはいかがでしょうか。 結論っぽいことをまず述べて、それに補足していく形ですね。実際の面接の場では、面接官の顔色をうかがいながら、話を広げたり、逆に話を途中で打ち切ったり畳んだりすることも可能です。しかし、伝えたいことははっきり伝えているので、相手は気になるわけです。そこから、「対話」へとつながっていきますよね、当然。 慣れてくると、「R」の部分に、補足説明を加えたり、「E」の部分にこれから取り組みたいことやこれまでの自己の体験談などを織り込んで話すことができるようになります。 こうした形式をぜひ、意識してください。話し方も伝え方も「型」から始まるものと心得ましょう。 次回以降もテクニックをしっかり指南していきますよ!!! 乞うご期待!!! 12月23日 kei塾仙台の無料セミナー好評受付中。宮城・仙台の試験変更について、プロ講師としてしっかり考察します!(そのために12月22日の夜は寝台特急で帰ることに! いずれそれもレポします) http://www.kei-juku.jp/  

      テーマ:
  • 21 Dec
    • 教採攻略法3 どうやって印象を高めるか

      こんばんは。神谷です。  人物試験対策において、インストラクターや講師がしばしば紹介する理論に「メラビアンの法則」というのがあります。  これは、視覚情報・聴覚情報・言語情報の伝わり方を示したもので、実に「視覚・聴覚」で8割以上を占め、言語情報については伝わる量は7%に過ぎないということです。  このことは、視覚聴覚といった、話の中身に直接かかわらない「印象」の評価が、かなり高いことを意味していると解釈されています。もっとも、メラビアンの法則自体の理論化の過程については疑問を感じる余地も多々ありますが・・・。しかしながら、この話は、経験則に照らしても説得力があるため、私もその流れに乗っかりたいと思います。  前回私が強調した「話し方」「伝え方」とは、内容よりも印象ということです。  私自身、これまで面接等で人から評価される機会がありましたが、そこでは「意に反して」笑顔を褒められました。「緊張する場面で笑えるのは良いこと」と評価をいただいたこともあります。  実は私は「笑顔」には自信がありませんでした。また、緊張場面で笑うのは「照れ隠し」、気まずい場面では「ごまかし笑い」というのが自己評価でした。しかし、それが逆に評価されるということを考えると、「案外、悪い印象を与えていないんだな」とも思います。  私の場合は「意に反して」評価されたことから、人に好印象を与えるためにはどのようなことが必要なのだろうと、本気で考え始めるようになりました。私は「文学青年」だったこともあり、社会人としても若干青臭いところがあり、(今の私が上司であれば、確実に当時の私は「説教部屋行き」ですが)、真っ直ぐな直情的な人間でした。そんな私が、コミュニケーションについて戦略的に考え始めたのが、上記の経験でした。  それからは自分の表情の研究です。口角の上げ方、目じりの下げ方、どのような表情が相手に好印象なのかを考えて、意図的戦略的にそのような表情を出せるようにすることができるようになったら、最強ではありませんか? そう考えて本気で鏡に向かい合ったあのころ・・・。  だからこそ、皆さんにも勧めたいのです。自分の「どや顔」を、一番の表情を見つけることを。これはどんな人にも必ずあります。面接が極度に苦手な人にも、素敵な表情が必ずあります。一瞬ですが、良い表情をすることがあるのです。それに気づかないことは不幸です。  私は、受講生相談や面接指導の際に、そのことを大切にしています。「引き出し型の面接指導」それがベストな指導だと思います。そのためには、信頼関係が必要です。  kei塾を立ち上げて10年、信頼関係を築くことに力を注いできました。信頼関係の中でこそ、実りあるアドバイスができます。講師陣は皆同じ思いです。  巷には技術論や精神論で面接を乗り切ろうとする考え方もあります。それは否定しません。しかし、それだけでは乗りこえることができない壁もあります。  2次試験に何度も落ちている人へ送ります。自己解放しませんか? 自分をよく見せようとか、そのような考え方から離れませんか? 変なプライドにこだわっていはいませんか? もう少し、純粋に。正確に言えば、「気持ちはピュアに」、行動は「打算的に」ということです。  今回、何か、私の思いの吐露みたいな形になってしまいましたね。 技術論や方法論は今後しっかりと発信してきますよ~。  わたしの自己評価 「バランス感覚」ですから。  ではまた。 kei塾は2017年、いよいよ全国区に。webuで提供する「最強の採用試験対策講座」、特設サイトオープンしました。今後続々情報を追加していきます!!!! http://www.jkei-juku.jp/  

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 教採攻略法2 人物試験対策の神髄とは?

      こんばんは、神谷です。 最近、昨年の1次合格者で2次試験を受験して残念だった人にヒアリングをしてします。 私のお膝元の宮城では、「受容共感型面接」が主流だったようです。 今回、受験してダメだった人で、「手ごたえがあったにもかかわらず、評価が最低だった」という実感を抱いている人が結構多くいるのではないでしょうか。 「受容共感型面接」はある意味怖いです。基本は、受験生の話をうなづきながら聞いてくれます。受験生は、自分の思った通りに話せたという実感を得やすいため、「うまくいった」「手ごたえあり」と誤解しがちです。しかし、そもそも、面接は自分のペースで進むことはあり得ません。「受容共感型面接」は面接をする側のテクニックの一つだと考えてください。 面接は、採用側が圧倒的なイニシアチブを握っています。なんのための試験か、その本質を考えてみてください。臨時採用講師の救済ではなく、今後の自治体の教育の目標達成のための優秀な人材の確保ということです。 面接では、変な手ごたえがない方がむしろより結果につながるような気がします。私が宮城県の高校で合格をいただいた時(今から10年以上前ですが)も、2次試験では、後悔の嵐でした。それ以来、私は、この10年間一貫して「何を話すか」よりも「どう話すか」に重点を置いた指導を心がけています。 はっきり言って、面接官は受験者が言ったことをほとんど聞いていないのではとも思うこともあります。それは真理かもしれません。話を聞きたいか否かは、提示の仕方にかかっています。 うちの秘書いわく「玄関が汚い家の中身は見たいとも思わない」ということです。まさにその通り。その意味で第一印象や、面接の回答での第一声が重要です。そこで底が割れてはいけませんので、面接する側がもっと聞いてみたいと関心を持つようなことをしっかり示せるかということが大切です。 それには、第一印象も大きく作用します。 面接は、中味であるというのは誤解です。教育現場では、児童生徒に対して、外見などの見た目の要素よりも中身が大切! と言われていますが、「採用試験」においては、そのようなことを真に受けてはいけません。 断言します。採用試験の最初の印象で8割がたの評価は決まります。 ではその印象をどのように高めていけばよいのでしょうか。 次回、そのことについて考えてみたいと思います。    

      テーマ:

プロフィール

kamiya-masataka

性別:
男性
お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
講師:神谷正孝(kamiya@kei-juku.jp) 大学院修了後,大手資格試験予備校の専任講師...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

旧ランキング

大学生
648 位
先生・保育士
1262 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。