40歳からの女性の為の和漢方薬・加味逍遥堂の薬剤師ブログ(株式会社ナンブ、南部薬品)

40歳からの女性の婦人病、便秘、美肌、保湿、ダイエット、うつ、風邪などを、身体に優しい和漢方薬での対処法を、専門の薬剤師がわかりやすくお伝えして参ります。

NEW !
テーマ:

「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」は、肥満症の治療薬として注目されています。

 

「防風通聖散」には、余分な熱を取るような生薬が多数配合されています、

 

また、「防風通聖散」には脂肪細胞を活性化して、消費エネルギーを高める作用があることもわかっています。

 

さらに、耐糖能異常(軽度の糖代謝異常)をともなう肥満症の女性を対象にした臨床試験では、食事療法や運動療法に加えて、「防風通聖散」を服用した群では偽薬を飲んだ群よりも体重と体脂肪なかでも内臓脂肪が減り、糖代謝(インシュリン抵抗性)が改善したという報告もあります。

 

 

「防風通聖散」は、特にお腹に脂肪が多く、便秘がちな人に向いている漢方薬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この時期、受験を控えたお子様をお持ちの方も多いと思います。

 

 

 周りがやきもきしても始まりません。

 

 

本人次第です。

 

 

 とはいえ、受験生はとかく不安に押しつぶされそうになります。 悪夢にうなされます。

 

心配で、夜ぐっすり眠れなくなります。

 

 

 まさに、そういう状態に。 古くから使われてきた漢方薬があります。

 

 

 「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」です。

 

 「桂枝加竜骨牡蛎湯は、

 

 

不安な気持ちを和らげ、

 

 悪夢を取り除き、

 

 夜ぐっすり眠れるようにする はたらきがあります。

 

 

 まさに、受験生にぴったりです。

 

 

実は、受験は古代にもありました。

 

 古代中国の科挙(かきょ)はとくに有名ですが、 日本にも似たような制度はありました。

 

 

別名「合格湯」とも呼ばれている「桂枝加竜骨牡蛎湯」は、古来より受験生の味方の漢 方薬です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、

血行をよくして、冷えた体を温め、

冷えによる痛みを取る漢方薬です。


「当帰(とうき)」は、「血(けつ)」の不足を補い、巡りをよくする生薬で、

古来より、婦人病の妙薬とされ、多くの婦人科系疾患の処方で使われています。


「四逆」の「四」とは四肢のことで、手足の先など身体の末端から冷えが上っていくこ
と(逆冷)を意味します。


「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」がよく使われるのは、冷え症の改善で、

体力がなく、手や足の先の冷えがひどくて、しもやけができやすい方です。


「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」に含まれる「当帰」の作用により、

冷え症の女性の月経異常や更年期障害の改善にも役立ちます。


また、「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」には、冷えによる痛みを取る働きもあり、

風邪をひいたときや、生理前の頭痛にも効果があります。

さらに、手足の冷えにともなって悪化するような下腹部痛、腰痛、下肢痛、神経痛など
にも効果的です。


「当帰四逆加誤差冬生姜湯」のこうした働きから、頭痛やめまい、冷えなどの不定愁訴
のある自律神経失調症にも使われます。

 

 

 

 

 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)