上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

共感PR 予算ほぼゼロで3億円の効果を生み出す方法





NEW !
テーマ:

今日は久々、投資の話。

 

いくつかのロックオン銘柄で、
昨年からの抵抗線(サポートライン)を、割ってきている。

 

跳ね返されれば、抵抗中。
割れれば、それは。。。

つまり、株価が、
抵抗力をじょじょに失い始めているということだ。

 

一度抜かれれば、戦局と同じ。

局地戦は一歩後退、
銘柄という陣営は、次の抵抗線を後方陣地で敷くことになる。

おお! こう見ると、株価も戦っているようで面白い。

 

まあ、短期の予想は、プロの相場師でも「絶対」当たらない。
そういう予想が増えれば、ぎゃくに跳ね上がるから、
また面白い。

 

株価とはジグザグ。
あるいは、呼吸のリズム。
大きく上がれば大きく下がるし、小さく上がれば小さく下がる。

 

先日、宝島社さんのムック本で、
経営的なPDCAを回すだけで5年で株で1億稼いだ
私の投資法を取材してもらえました。

 

運がよければ、4pにわたって紹介されるそう。
7月発刊だそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「集中した時間の量しか、人は真に成長しない。」

 

1年集中して仕事をした人間と、3年ただ仕事とした人間では、前者のほうが遥かに優れる。

29歳手前で、急激に成長が止まる若者が多い。
本人は気づいていないが、それは、その法則に気付けないからが大きい。

 

部下に仕事を任せて、責任も負わなくなり、態度も保守的になり、言い訳で簡単に煙にまけるようになると、成長はぴたりと止まる。

すごくもったいないのだが、ここでは、助言も耳に入りにくい。

集中していないから、どんな言葉も入らない。

自らブレイクスルーしないと、次のステージに行けない、ここが厳しい分岐点。

 

大病、大敗、死別など、第二のブレイクには必要というが、あながち間違いではないだろう。

 

これまでの価値を変えるではまだ足りない。消滅させる何かが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は名言から。ピーター・ドラッカー:
 

「すぐれたビジネスマンに見られる最も共通的な特徴は、日々の自己点検を怠らない、ということである。」

 

むむ。
PDCAの本を読んで、その気になってはいけない。
本を読んで、どれだけ自分に変化が備わったかを点検してこそ、PDCAだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月の「共感PRコラム」は、タレント好感度ランキング。

 

イメージ戦略において、

知っておいた方がいいのが、タレント好感度。

 

企業イベントや記者会見に、タレントを起用することって、ありますよね。

でも、実は、記者会見をする前から、テレビを呼び込めるタレントって、決まっているんです。

 

私たちは、このタレントさんならおそらくテレビが来ます、このタレントさんは旬ですが、テレビが来る可能性はかなり低いです、とあらかじめ判別します。

「旬のタレントさんだから、テレビが来る」というわけではないのですね。

http://frontier-pr.jp/blog3-94/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は、「日刊スゴイ人!」に取材を受けました。
 

放送作家から転身して、PR会社を立ち上げるまでにした、

 

これまで誰にも語ったことのない、

創業期から12年間の、
数々の苦労話がメインです。(笑)

http://sugoihito.or.jp/2017/04/15439/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、「MBAって役に立つの?」を哲学的に考えた。

 

人は、大人になっても、なぜ学ぶのか。
これって、言葉にするより、ずっと奥が深い。

 

えらい教授だから、えらい経営者だから、
明確な答えが用意できるわけではないね。

 

考えるに、結局、同じ境遇の人が、
同じ目線で語る言葉のほうが、
聞く側の心に響くものだろう。

 

ああ。だから、ヤンキー先生は、
生徒たちの心をガシガシつかんだのだ。

自分も、今、社会人ビジネススクールの多摩大学院で、
MBAコースに通っている。

 

なかには、毎回、仕事終わりに
新幹線や飛行で通っている人もいる。

ベトナム、中国、台湾など、多くの海外学生たちが、
不慣れな日本で、夜、働きながら学んでいる。

 

そういう意味では、経営者をしながら学ぶ自分は、
恵まれすぎてこわいぐらいだ。

 

で、結論。
「MBAは役に立つのか」というと、
自分の「生きる」をリア充するには、大きく役に立つ。

 

究極の生き方って、
持論だが、マズローの五大欲求を超えたところにあると思う。

 

こないだ、ビジネス実践知という授業で、
面白い意見が、学生たちから出た。

宗教とは、「なぜ死ぬのか」、
という恐怖から生まれたのではなく、
「なんのために生まれてきたのか」という疑問から生まれた、と。

 

この哲学って、
MBAって役に立つの? への解ぐらい奥が深い(笑)

 

結局、学びとは、
「自分はなぜ学ぶのか」の追求では答えがわからない。

 

「なんのために生まれてきたのか」、
そして、「では、生きているうちに何をするのか」を、
自分へのリア充を通じて見つける過程なのだから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、久々、「株式投資」について。

 

1か月前に下がると言ったら、下がりましたね。
(読んでいただいた方なら、おおっ!と思っていただいたかも)

 

ただ、どんな株式投資の上級者でも、
プロの相場師でも、
短期で相場の行方を当てることは不可能です。

 

もちろん、長く相場をやっていると、
相場を見る「眼」は磨かれます。

ただ、それは圧倒的なバランス感覚、
いわば「変動感覚」が鋭くなったに近く、

未来を予測する力が備わったわけではないのです。

 

これを、自分の才能の力を過信すると、
相場で財産を失います。

過去、日本でもアメリカでも、
そうして、数十億を稼いだ多くの機関投資家や相場師が、
破産して、つらい晩年を過ごしました。

 

とくに、欲が先にあると、
変動感覚は乏しくなります。

なぜなら、欲が思考を自分の良い方向へと導くから。

 

では、欲をなくして無心になればいいのか、
というと、そういうことではない。
瞑想しても、株では勝てない。
相場をやる以上、そんなことは不可能。

 

では、どうするか? 4つしかない。

 

・株式市場の未来を、短期で予測しないこと
・買うタイミングを3つに分割すること
・低いところで買って、高いところで売ること
・不測の事態に備えておくこと
・市場にはゲームマスターがいることを意識すること
・基本となる戦略と戦術を持つこと
・投資家=経営者 と思うこと
・失敗から入り、成功を積み上げること

 

書いていたら、4つ以上出てきた。

 

この先の株価の行方、それも、誰にもわからない。
 

ただ、下がったなら、上がる確率が少しずつ上昇し、
上がったら、下がる確率が少しずつ上昇する。

 

とくに大切なのは、
・低いところで買って、高いところで売ること

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、仙台へ出張。
東北パッションリーダーズに参加してきた。

 

復興後、地域産業を一番底から盛り上げるのは、中小企業のビジネス。

 

皆さん、本当に心地よい笑顔の方ばかりで、
最近ではめずらしく4次会まで参加。

 

東証一部上場企業ダイヤモンドダイニングの松村社長のスピーチも、心に響きました。

 

「情報のシャワーを浴び続けろ!」。

一部の業種をのぞいて、ビジネスで成功を収めるなら、
情報化社会を憂う前に必要なこと。

 

「情報などいらない」という本もあるが、

わざわざ情報を遮断するという決断そのものが、
情報に感化された結果の行為なのだから、

目指すものに対して必要なら、必要な間だけ、利用すればいい。

 

若い方には、
特に、そういったタイトルのまやかしに惑わされないでほしい。

 

素敵なお話、松村社長、ありがとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日は、天狼院書店さんで1dayセミナー。満員御礼でした。 
さらに5月、6月には、200名規模の講壇が3回ある。

 

そんなわけで、今日は、
「若いリーダーが、セミナー講師になるメリット」について考えた。

 

アウトプットをすると、インプットが高まる。
よく本に書かれていますよね。何故でしょうか?

 

大きなイベントになると失敗できない。
そこに向けて、集中力が高まる。
とうぜん、準備のためのリサーチをおこいます。

さらにセミナーでは体系的に文脈を組み立てて、
スライドを使って、わかりやすい言葉で話さないと
意味が伝わらない。
ので、それだけ自分の思考が論理的、演繹的、双方的になる。

また、質疑応答では、
第三者の客観的な視点をシェアできる。
自分の弱点なども再確認できる。

 

このようなメリットから、
セミナーで話したこと、用意したことは、
今後、営業やプレゼンの場で、
すらすらと出てくるようになる。

 

セミナーまでしなくても、社内研修や勉強会で、
積極的に講師役を担っても、同じ効果は得られる。

 

だから、若いリーダーには、
積極的に社内で教壇に立つ経験を積んでほしい。
結果、一番成長するのは、間違いなく教壇者だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このたび、マスコミでも有名な未来型書店「天狼院書店」さんで

1dayセミナーを開催することになりました!

 

まず、前半で共感PRの戦略性について学び、

さらに後半のワークショップを交えて、

ブームやヒット、企画やアイデアを作る「8×3のメソッド」を

戦略シートを使って皆さんに作成していただき、

そのノウハウや戦略を持ち帰っていただくという企画です。

 

【内容はざっとこんな感じです】

★マーケティングを超える仕掛け「共感PR」とは?

 

★思わず人に話したくなる情報の作り方を学ぶ

 

★ヒットを生み出すアイデアのキホンとは?

<ジャポニカ学習帳をはじめ、かき氷ブームやローストビーフ丼ブームはどういう狙いで、どう生み出されたのか>

 

★社会性を生み出すストーリーの考え方

<広告費ゼロでも3億円の効果を生む具体的な方法をワークショップを交えて>

 

★SNSで活用してクチコミを広める具体的な方法とは?

<弊社の成功事例と失敗事例から>

 

★ブームを起こす8×3の方程式を戦略シートごとご提供

<戦略シートはそのまま自社でも使えます>

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が放送作家時代やPR会社社長時代も含め、

20年かけて構築してきたノウハウを、すべて出し切ります。

 

企画担当や広報担当はもちろんのこと、

マーケッター、経営者、個人店舗オーナー、起業家、コンサルタントの方にとって、一生モノの武器になるはずです!

 

領収証も、もちろんでるそうです^^

ぜひ、一度内容をご確認頂けましたら幸いです。

http://tenro-in.com/event/34663

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)