トータル美容コンサルタント 神之門政隆(かみのとまさたか)のブログ

トータル美容コンサルタントとはあなたに似合うファッションのアドバイス、 似合うパーソナルカラーやモテるヘアデザインの提案、 そして素肌美と素髪の作り方をコンサルします

NEW !
テーマ:
{CB832FBF-6391-43EE-BE72-5AF26E398A46}
【お前たち、みんな辞めていいよ!】


それは13年前の出来事でした。

100坪のお店に入社した新人は9人

33坪のお店から100坪のお店に移って早3ヶ月!

8月の暑い1日だった。

その日は月に一度の新人だけの研修の日だった!

お店も混み始め、「そろそろ新人9人研修から帰ってくるからよろしく~~って」

インカム上で掛け声が流れた。

新人の1人が帰って来た。
「あれっ?一人?」

「はい」

「みんなは?」

「私先に来たので、後から来ると思います。」

「そうなんだ・・・!」

俺は思った
もしかしてこの子孤立してるかも
「今日は何の研修だった?」

「今日はですね~~・・・。」
明るく話はじめた。


そして、10分位してゾロゾロと残り8人が一緒にあらわれた



「おはようございます」
「おはようございます。研修ありがとうございました。」

孤立が気になっていたので、研修から帰って来た一年生にさりげなくきいてみることにした

「今日の研修どうだった?」

「・・・・・。」(無言)

「えっ?今日の研修なにやったの?」

「・・・・・。」

「?」
あっ一瞬で行ってないことがわかった!

「おまえ行ってないな?」

「はい」

「うそでしょ?お店営業してるよ?この時間までなにやってたの?」


「?」
こういう時って妙に勘が働く


「新人全員集めて!」


奥のスタッフルームで9人をよんだ!

「今日、会社の大切な研修が午前中あったけど、行った人?」

最初に帰って来た子が手を上げた

「じゃぁ~君は仕事に、もどってくれる」

正直!怒り浸透しすぎてクラクラしそうだった。
1人づつその場で理由を聞いた!


一人を除いて8人全員が行く気がなく、口裏を合わせて駅で時間合わせをしてきたらしい!

とんでもないことが発覚した
しかも前回もさぼったらしく常習犯だった




「お前たちみんな辞めていいよ」

「社会人になって?
もっとも大切なことは思いやりだよ。
尊敬と敬いがなかったら、商売は続かない!
お前たちが早く社会に馴染んで成長をするために今日の研修があるんだよ!それがわかっているから先輩たちは朝の掃除もお前たちの分もやるし、午前中忙しくても文句を言わずやってたよ。
お前たちの今日やったことは損得だよ。物事の判断基準が損か得で決めてるから、敬いや思いやりには絶対につながらない。しかも、おかげさまも感謝すらない人間とは一緒に働けない。今ここからいなくなってもていいよ」

言いたいことは全て言った。

ドアをでて腹をくくった。
自分の損得しか考えない人間からはチームワークは生まれないし、お客様にも気付かれる。


いまのうちに伝えてよかった。でも8人いなくなるのはキツイ・・・でも、ズルしてサボるような子はまたやるともう!いいタイミングでガツンといって辞める子は仕方ない、残る子にかけよう。


先輩たちはみんなわかってくれるよきっと!


その日

みんな残っていた


一年生全員泣きながら謝りに来た。


俺も嬉しかった
言うのつらかったけど、間違ったこと叱れないトップにはなりたくなかった。

1つ1つの過ちや失敗は恥ずかしいことではなく、お店の歴史であり、教訓になり後輩たちの道標になるなぁ~って感じた時でした

多謝


AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{DADDD3E1-66EC-42C5-964C-D8918BE6004D}

すごい!
またランキングがあがった!

アメブロ
美容師部門           全国22位
美容情報部門       全国191位



うれしい~~♬
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{79FE70AA-C059-4392-9F73-D4053EFE08C2}

【運命の人】

同グループのフランチャイズオーナーの先輩が2店舗を出店して、なかなか売上が上がらないんだよね~~って相談を受けた。

「お前んとこ調子いいから、なんかアドバイスしてやってよ!」


「俺っすか?いやいやとんでもないですよ!調子いいのは、たまたまっすよ!スタッフに助けられてるだけですよ」


「まぁまぁそう言わず、お店みてかんじたことゆうだけでいいからさぁ~~」



そのお店は小田急沿線の駅のロータリーに面した一階のサロンだった。


お店に入ると一発でお客様が遠のくのがわかった?


そのお店の入り口にはポスターと店販商品がズラ~~て並んでいた。



しかし、ポスターは色あせ、店販商品の箱が全部干からびていた。


原因は西日だ
西日はもの腐らせる作用があって、人間だと集中力が欠如する力をもっているって師匠に教わったことを思い出した。

早速そのことを伝えた。

そのお店の店長はコンクールに優勝するくらいの凄腕で、みんなをまとめる能力が成長中なんだと思った。


時がすぎ、久しぶりにその店に行ってみた


小雨が降っていて、風も冬のものになっており、肌寒い日だったのを覚えている。

傘をさしながら、表から店内をのぞき込んだ。
やってるやってる!

色あせポスターは排除され、新しいポスターと商品もきれいに飾られいた。


レセプションにいたスタッフが俺に気づきドアを開けてくれた。

「足元悪い中ご来店いただきありがとうございます。傘預かります」

そして、タオルで濡れたバックを拭いてくれた!

え~~こんな子いた~~

①ドアを開ける
②傘をあずかる
③濡れたカバンをタオルでふく

最高~~身のこなし、かける言葉、タイミング・・・初めてあったのにもう3つも面倒見てもらった!


なんだ心配することないやん!多分一年生の指導がいいんだ!


そこに店長があらわれた。

「お前!いいじゃん!あの子‼︎
かんぺき~どうやってあそこまで教育したの!」

「え?どの子ですか?」

「どの子って!レセプションのあの子!」

「あ~~あの子ですか!あの子バイトです。」

「えっ?バイト・・・・?
バイトってことはまだ美容学校生」

「そうです。」

「・・・・。」(無言)

「なんかありましたか?」

「なんかって?
お前んとこバイトが1番感じいいじゃん」

「まじですか?」


「まじだよ~~でもよかったじゃん!あの子はかなり伸びると思うよ」



「はい!がんばります」

俺は先輩のサロンだけど、いい子はいるなぁ~~って、羨ましがっていた。あんな子が新人で入社したら、さいこう~~って思った。


そして、お店を後にして数ヶ月がたった。




年も明けて入社式です。

当時グループは40店舗くらいだったと思います。俺の店は1店舗だけど100坪と大きいので8人くらい新人が入社します。サロン指定が4人とあとは4人は本部で決められます。どんな子が来るのかワクワク、ドキドキでした。


ひとりづつ名前が呼ばれお店に配属が告げられました。

新人たちがぞくぞくと近づいてきました



その中に見覚えのある女の子がいました。

「あれっ?君はあの雨の日の?」

「あっ!そうです。その節はありがとうございました。そして、よろしくお願いします。」


「あれ?先輩のとこのサロン志望じゃなかったの?」


「はい!湘南地区で大きいサロンを選びました。」

「そうなんだ!」

俺は運がいいと思った。

そして、現在13年という月日が経って、その子は抜群のスキルでお客様のハートゲットしまくり、毎日予約表がうまるまでに店一番の売上をあげるくらいまでお客様をつけたのです。


出逢う人出逢う人を味方につけるスキルは俺もマネさせてもらってます。


運命の人というのは、生まれて出逢う人すべてだと思います。自分がやってもらいたいことを、まず自分が相手にやるということを俺は彼女に学びましたm(__)m

感謝




AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。