トータル美容コンサルタント 神之門政隆(かみのとまさたか)のブログ

トータル美容コンサルタントとはあなたに似合うファッションのアドバイス、 似合うパーソナルカラーやモテるヘアデザインの提案、 そして素肌美と素髪の作り方をコンサルします


テーマ:
61『人生とは「時間」と「空間」をどう生きるかだ』




{B9D5AC77-FFFC-45F7-AC22-6B6BB7610DC8}





先哲はいろいろなことを教えてくれる

『人生とは「時間」と「空間」をどう生きるかだ』


人生は生まれてきて、肉体が滅びるまでがタイムリミット!


どんな人生が最もかっこいいか?

美しいか?

尊いか?



豊臣秀吉が小田原城を落とした時に
事実上の天下とりを果たした



小田原城を落とした後

秀吉は真っ先に向かった場所が
鎌倉八幡宮だ

鎌倉八幡宮には志なかばで天下を取れなかった


源頼朝が祭られている


当時の武将たちのカリスマだ



秀吉は

鎌倉八幡宮で源頼朝に天下とりの報告をしに行ったのだ


「頼朝公わたしはずっとあなたを目指し生きてきた!そして、あなたが果たせなかった天下統一をやったことを真っ先にに報告に参った」

目指すべき人がいて、それが心の支えになり、時代と運が味方した時期の話です



この後


秀吉は暗君になり、大参謀の千利休までも処刑してしまいます。


秀吉亡き後は



目も当てられない状態になった。


最後は暗君になっちゃった




創業時は謙虚と敬いで使命と志で生きていたいつしか暴君と暗君が友達になり、なんでもできる俺は神とばかりの風貌に言葉も荒々しくなってしまう武将



創業と守政はどっちが難しいか?
お前どう思う?


と師匠に言われた



創業はお店でゆうとオープン時
守政はお店の利益が安定的に継続し続けること


オープン時は一致団結して勢いで乗り越えるサロンや会社は多い


大変だけどみんな協力的だ
(俺は創業でこけたけど・・・)


問題は守政の方だ


売上をあげ続けること
利益を出し続けるはイコールでない


時代の流れ
人の雇用
社内教育
お客様の動向
志の高いスタッフの確保、育成
トップの心構え
ライバル店の参入
デフレによる価格競争
価値を見いだせない産みの苦しみ
顧客とお店スタッフのジェネレーションギャップ


繁栄と衰退


自分の会社は今

繁栄期なのか?

衰退期なのか?


踊り場?




打つ手は無限!



楽観と悲観のバランス!


どっちにしろ


面白い時代に突入した



多謝















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
60【一難去ってまた一難!】

{6093CF00-D635-4BBE-9C31-4A752E36B5F7}



一難去ってまた一難

人生には難が続くものなのか?

赤字も克服して、順調に売上が伸びてるかと思うと、昨日降った大雨で山が流れ崩れるみたいに次々と問題が起こった


伸び盛りのスタッフの退職、お客様からのクレーム、7年付き合っていた彼女との終焉・・・。


いくら成功本を読みあさっていても、なんの意味もねがねぇ〜〜って再び負のスパイラル


人生は負のスパイラルとの戦いか?



そんな時

保険のおばちゃんに『ハインリッヒの法則』の話を聞いた



この法則はちゃんとした統計学で保険のセールスはこの法則から出来たとも言われるくらい信憑性がある法則



人が死に至るまでの法則です




人間が死に至るまでに


まず300回の冷ってすることが身の回りで起きるそうです。


そして、300回のひやっの後に大きな事件や事故などのでかいの一個



そのでかいの28回くると


死に至らしめる割合が高まるらしい



よく寿命が縮まったよって


冗談でいってしまうこともあるけど



当たってるかもだ


自分が会社を持つということは、責任の連続で、冷ってすることの多さにビックリする



世の中の社長さまの寿命で世の中は成り立っていると思った



しかし


このハインリッヒがあっているなら、今回の3つの事件は偶然でなく、自分にとってのある種のサインだと思った


俺は3つよくないサインなら、3つ自分の習慣を変えようと思った



その1つがタバコ


突然決めた!
ポケットに買ったばかりのタバコを
後輩にあげるって渡したのを昨日ように覚えている

2つ目が漫画コミック
当時は週刊コミックが電車の中で読みあさってたけど、同じ時間を使うなら先哲の書物、活字を読んで人生の糧にしようと思った


3つ目がギャンブル
当時はパチンコ、パチスロは病気じゃないのってゆうくらい行っていた。お金が貯まるわけがない。ちゃんとお金の管理と人生に無駄な時間がないようにしようと思った



3つの誓いは時間という報酬を俺に注いでくれた



蓄えた時間でたくさんの後輩と関わる時間が獲得できた



そして、おかげさまで創業26年目で
9店舗目スタッフ数90人の仲間にめぐり逢えた


出逢いに感謝


習慣に感謝です



多謝

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
59【過去に会社を倒産しかけた時がある】

{C9A4B682-3FA9-48EE-92AD-4C6FEE02327B}



過去に会社を倒産しかけた時がある

あれはしかけたというより、倒産してた

あの時!人の助けがなかったら

俺なんかを信じてくれる人がいなかったら

今の自分は、敗北者でした!





なので敗北者の気持ちがわかります



基本的に誰も助けてはくれないと思った方がいい

小さい負債ならまだしも、負債がでかすぎたら、尚のこと無理です



なぜ会社を倒産しかけたのか?


単純に損益分岐点を売上が越えられず、毎月給与と支払いが滞った






会社を作ると2つのことをど真剣に考えないといけないと思った

1つ目は売上をあげること

人に関わり稼ぐ人を育て続けること

そして、

2つ目は利益を残すこと

経費とど真剣に向き合い無駄をなくすこと


俺にはこの2つとも欠けてました。


どうしようもない人間でした。


25歳という若さと勢いだけでなんとかなると思ってました。



それが1年目でおこったのです


サロンはビルの二階にありました。


自分の給与も遅れ遅れで毎日借金と滞っているお金のことを思い、天を見上げられず、足元ばかり見てた気がします


毎朝


サロンに入る階段が一段づつが重りをつけたみたいに重かったです。



無知は罪という言葉が当時の俺にはぴったりでした


毎日、負の思いと負の言葉が心を支配しました。


そして、負の現実



「なんで俺ばっかりこんな思いをしなきゃいけないんだ!」

「たまたま貧乏くじ引いちゃったんだ」

「あいつ!ついてねいなぁ〜〜」って思われてるはずと負の蓄積でした



売上が伸びる訳がありません



それでも続けられて今があるのはなんでだろうっと思います



あの時


辞めようって思っても良かったはずです


苦しかったです


やめなかったのは周りに支えてくれる人がいたからです。



自分を信じてくれる


こんなカスみたいな俺を信じてくれる


しかも、そのカスを支えてくれる人のために頑張ろうって思いました。



こんなカスみたいな俺を信じてくれる


親も信じていない

俺を信じてくれる


支えてくれる人を大切にしたいと思いました



そして、会社を設立して25年がたちました



今度は俺が支える番だと思ってました



でも、支えられてのは俺の方だと最近かんじます



みんながいるから自分の存在が活かされる


そんなみんなの成長に貢献したいです



多謝







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。