このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

音譜 オフィシャルファンクラブ 音譜


http://kaminagakeisuke.tokyo/fanclub


※最新情報はオフィシャルファンクラブサイトをご覧ください!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-22 21:37:28

「ぼくらが非情の大河をくだる時~新宿薔薇戦争~」

テーマ:ブログ
全公演終了しました。
初の中屋敷さん、初の本多劇場。
とても幸せな経験をさせていただきました。

初めて台本を見たときに、これはなんなんだろうか?マネージャーの冗談だろうか?とクエスチョンマークが死ぬほど頭に飛び込んできました。笑

大和くんも言っていましたが、僕も同じく考えることをやめて稽古に入りました。


面白かったのは、4人の役者が実際に声を出して読んでいくうちに解読していけたり、腑に落ちる部分が山ほど出てきたりしたこと。
じゃあおまえが理解した部分はどういう意味なんだ?と聞かれたら答えられません。ですが演じている瞬間に詩人という人間の生きた時間と、崩れながらも生まれていく感情が降ってくるような気がしました。


短い稽古期間を終え、本多に立ったときに初めての体験をしました。
降ってきた感情をそのまま出せるのがすごく気持ちよかった。
その場でしか生まれないものをお客さんや同じ出演者、そして屋敷さんをはじめとするスタッフの方にお魅せできることが最高に心地よかった。
不思議な時間。

それをしづらいのが原作モノ。キャラクターを守るために狭い範囲で芝居しなきゃいけないから。
だからリーディングとはいえ限りなくストレートに近い今回の芝居がめちゃくちゃに楽しかったです。




Aチーム。

熱くて揺るがない自分を持っている大和くん。
今回初めましてでしたが、この兄がいなかったら僕の詩人も間違いなく生まれなかった。
しっかり計算しつつも、その瞬間に湧き出たモノを外に発散するよくわかんない特殊能力を持った素敵な役者さんでした。
打ち上げで色々話しましたが、芝居論やそれ以外の色々なものの考えが面白い人なのでまた数年後に同じ板の上に立ちたいな。


「トンマッコルへようこそ」以来2度目の共演の敬三さん。
この人は芝居がすごくお上手なのです。それはトンマッコルのときに死ぬほど感じました。
だから今回の共演がめちゃくちゃ嬉しかった。
パーーン!と劇場に響き渡る声。
そこから出てくる酷、疲、狂、諦の父親が見せるわずかな感情を鮮やかに出していてやっぱすげぇなと思いました。
さすがでした敬三チャレンジ。


そして先月振りの里恩。
まだ解禁してない作品でご一緒からの今回。
まだ19歳ですよ!?明るい未来しか待ってないですこの男には。
初めての朗読でト書きという役。
難しかったはずです。ど頭とケツを1人で語るし、誰とも会話しない。
唯一会話をするとしたらお客さんの心との会話。そんな大変なポジションにいながらAチームの空気を作ってくれました。
本番前も不安な顔しながら練習する姿勢がずっと上を見るような素晴らしいものでした。
見習わなきゃ。




Bチーム詩人、たわちゃん。
僕とは全然違う詩人を演じていてとても面白かった。
初めてテニスウェアを着て出会ったときから4年以上経ちますが、こうして同じ役を演じることができた幸せMAXでした。
次は一緒に芝居できたらいいな!


あさ兄。
稽古が始まる前にあさ兄の番組に呼んでもらったのがかなり前に感じます。
MCのときめちゃくちゃ噛んでたのに(笑)、本番では素敵な声で、ハッキリとこの作品の言葉を伝えようという芝居が印象に残りました。
僕が詩人であさ兄が兄だったらどんな感じになってたのかな?とか色々思ったのでいつか兄弟役とかやってみたいな。



穂先さん。
今回初めましてであまりお話する時間はなかったのですが、Aチームの千秋楽が終わった後、僕らと一緒にラーメン食べに行ってくれたり打ち上げでアホのようなお話を一緒にしてくれたりとてもいい人でした。
穂先さんの、なにか歌い上げるようなト書きがとても新鮮で1番驚かされました。
一つ引き出しを開けてもらった感覚でした。


唐橋さん。
僕はいつか共演してみたかったんです。
仮面ライダー大好き人間として、ライダーを見ていて唯一!たった1人ですよ!芝居がすげぇ好きで好きになった役者さん、それが唐橋さんでした。
チームこそ違いましたが、同じ作品に出演したという事実が幸せでした。
打ち上げでたくさんお話をしていただいて、今度こそ板の上で絡みたい!と思いました。




そして演出の中屋敷さん。
僕の仲良しな役者さんは屋敷さんと一緒にやってる人が多くて、その度に屋敷さんのいい評判を聞きまくっていたのでいつかご一緒したいなと思っていたらまさかのすぐに実現。笑
役者の芝居を全く否定せずに、その人に合わせて新しい扉をどんどん開いていく。自分も演出しながら演者と一緒に演じているようなすごく変な人でした。そうです、屋敷さん変な人なんです。でも僕は大好きなんです。
稽古から数えて10日間も一緒にやってないけど、それでも寂しさを感じてしまうような、人を惹きつける方だなと思いました。
この作品に出会わせてくれて本当に感謝です。
またドロドロした作品をやる時にはぜひ呼んでほしいな~!笑

たくさんの支えてくださったスタッフさんにも本当に感謝です。
この作品に参加させていただき、ずっと近いところから見ていただけて楽しかったな!
みなさん素敵な方でした。



とまあつらつら書いていきましたが、長くなりましたね。まだ終わらないけどな!笑





小松準弥と堀内萌さんが来てくれました。
写真ないけど、チームデビミュの香さん、けいこさん、チームウェルカムのアキさんも来てくれました。
その他にもたくさんの関係者が来てくださいました!
詩人みたいな役あんまりやらないから見てもらえてよかった^_^



次の舞台は「男水!」
まったく真逆の原田ダニエル役。
久々に演じられる喜び。楽しみだ。

あ、千秋楽で破り捨てた台本。



ちゃんと修理しました。笑
もちろん台本は捨てられませんからね。笑
屋敷さんの演出で朗読中に台本を閉じて死んだと見せる演出がありました。
僕は、台本を破り捨てたら絶命!って感じてもらえるかなー?なんて思ってましたが、さすがに台本は1冊しかないのでできず…。
そんな楽日の朝、楽屋で僕のボロボロの台本を見た屋敷さんが、「最後破っちゃえば?」と言ってくれたのです。
これは千秋楽に、しかも最後のシーンにしかできないこと。しっかりやらせていただきました。笑
朗読で台本を破る人なんか見たことないからね、自分の中ではそれができてめちゃ嬉しかった。そんな朗読あったっていいよね。



最後のアフタートークの去り際で口の中に入れた薔薇。
また本多に戻ってくるという意味を込めて一枚だけ持っていきました。
また立ちたいな。

長くなってすみません。
それではまた。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み