Powerd by fun9.net
2007年07月22日(日)

『ロックマンゼクス アドベント』クリア後レビュー

テーマ:ゲームレビュー

ということで、クリアしたのでレビューする。


どーぞどーぞ。


まず、このゲームははじめに難易度をビギナーとエキスパートから選べる。その後、主人公をグレイ(男)とアッシュ(女)から選ぶこととなる。


何を選んだの?


エキスパートモードのグレイで始めた。


さすがくろけも。

アクションゲームのエキスパートだからね。


・・・少しゲームを進めたらゲームオーバーになった。

ボス戦でどうしてもやられてしまう・・・。


・・・。

くろけも涙目・・・。


で、難易度をビギナーに変えてプレイしたら最後まで無事にクリアできた。難易度が極端過ぎだな。


でも、ロックマンシリーズは難しいのが普通だよね。

ボスの攻撃パターンをやられながら覚えて、

弱点の武器を使って倒すってイメージがあるけど。


うむ。しかしビギナーモードはプレイヤーキャラの攻撃力と防御力両方に補正があるらしくゴリ押し可能なんだよな。

逆にエキスパートは与えるダメージが少なく、受けるダメージが大きい。


中間くらいの難易度があると良かったのにね。


ロックマン"ゼクス"シリーズは初めてだったわけだが、

ステージ選択型じゃないんだな。

ワープポイントであちこちに移動して進めていくんだ。


へー。


ボス戦には敵ロックマンとの戦いもあり、

倒すとデータをコピーできトランスオン(変身)できる。

武器や特殊能力の他に大きさもそのまま変身するんだ。


初代ロックマンは色が変わるだけだったのに。


難易度によって出てくる敵の数は変わってくるが、

ステージ毎にいろいろ仕掛けがある。

その仕掛けを解くには特定のボスに変身しないといけないのだよ。


ボスに変身して進むのは仕掛けを解くときがほとんどだった。

ボス戦では攻撃パターンを覚えれば変身しなくても勝てたしな。

ま、これはビギナーモードだったからかもしれないが。


せっかく変身できる姿が全15種類+1もあるのに

一部の場所のみでしか使わないものばかりだったのが残念だったな。

逆に、変身の縛りプレイして楽しむことも可能なのだが。


エッチなのはいけないと思います!


縛りプレイの意味を勘違いするんじゃない!


このゲームのグラフィックはドット絵の2Dで綺麗だぞ。

しかも、敵をセイバー系の攻撃で倒すと真っ二つになる。

ボスキャラまで真っ二つになったのには驚いた。


フルボイスというわけじゃないが、イベント時は声付きだしな。

クリア時間は約5時間だったがクエストがまだまだ残ってる状態だ。

あと、クリア後にロックマンa(アンティーク)というミニゲームが出たぞ。


今回クリアしたのはグレイ編でアッシュ編が残ってるよね?


まだまだ遊べそうだな。

今度はエキスパートモードでアッシュ編をプレイしてみるか。



カプコン

ロックマンゼクス アドベント


次回のゲームレビューはこのソフト。

クリア後じゃなくて途中でのレビューになるかも。




アークシステムワークス
探偵 神宮寺三郎DS いにしえの記憶
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■合いも変わらず、、

ロックマンシリーズはむずいんで、ボクはなかなか手が出せないシリーズです。
おもしろいんだけどねぇ。。。
しかし、『ロックマン』で『縛り』技がホンにあったら、まほろさんもびっくり!ですよね。
(チョイ想像しちゃったぁ。。)

コメント投稿

[PR]気になるキーワード