吹雪のつぶやき

MMORPGなどの仮想世界で暮らす「吹雪」が、思わず口にしてしまった「つぶやき」を綴った日記帳です。


テーマ:

梅雨です・・・かね?オイラの住まう北陸地方では、梅雨入りしたはずなんですが、あんまり雨が降っていません。というか、梅雨入りした後の方が晴天の日が多いような気が!www そんな北陸地方ですが、去年は大雪だったので飲み水には困りません。立山連峰や白山連峰という世界屈指のミネラルウォーターの貯蔵庫がありますけん!なもんで、雨が降らなくて給水制限や断水になったことは記憶にないですね。本当に、住み良い所ですよ。(田舎暮らしはいいもんですよ)


そんな田舎と言えば、必ずあるのがこわ~い話ですね。そろそろ夏も間近ですので、恒例(?)の怪談話なんかどうでしょう?正直、オイラは怖がりなので、怪談話とかお化け屋敷とかはキライですが、他人を驚かせるのは好きですw


さて、今回は障りですので、怖いというかちょっと不思議なお話です。しかし、実際にあったお話ですので、皆さんも読んでみて、色々考えてみてください。


オイラの知人に娘さんが居るのですが、この娘さんを仮に「あやちゃん」と呼びます。小学校4年生ですね。この娘さんは小さい頃から知っているのですが、小さい頃から少し変わった所がありました。どう変わっているかと言いますと、ぼーっと空中を眺めて見ているかと思うと、突然ニコッと笑ったり、何でもない地下道で急に怖がったり、少し他の子達と挙動が違うのです。


そして、最近になって、色々変わったことを母親に話すようになったそうです。そう、この娘さんは霊感が強いらしく、見えないものが見える子なんだそうです。


普通だったら、あー子供の頃は壁の模様とか、天井の模様が人間に顔に見えたりして、「お化けを見た!」って良く言ってたよ、なんて言う方も居ると思いますが、この娘さんの場合、どうも本当に見えるみたいなんです。


話は、一か月前に遡ります。ある土曜日の朝に、あやちゃんがポツリと母親にこう言いました。

(あや)「ママ、おじいちゃん大丈夫かな?」

(母親)「えっ!どうして?」

(あや)「昨日の夜、おじいちゃんがママの足元に座っていたの。身体は真っ白で眼鏡をかけていて、

     あれはおじいちゃんだった。」

     「そして、私がびっくりして声を上げたら、私の方を見てバイバイしたの」

     「その後はおじいちゃんは居なくなってしまったの」


母親は「まさか」と思って聞いていたそうですが、少し心配になって実家に電話してみたら、全然つながらない。不審に思って実母の携帯に電話してみたら、昨日の夜に実父が階段を踏み外して落下し、頭を強打して意識不明の重体だったそうです。朝になったら電話しようと思っていたそうで、実母は泣きながら「もう助からんかもしれん。」と言ったそうです。そして、その日の午後にあやちゃんのおじいちゃんは亡くなってしまいました。


その後、あやちゃんと会う機会があって、中学生になる話をしていたのですが、ボソッとこういいました。

(あや) 「○○ちゃんはいいなー。地下道を通らず中学校に行けるから・・・。」

(オイラ)「えっ!どうして?地下道に不審者とか出るの?」

(あや) 「ううん。不審者じゃないの」

(オイラ)「えっ!じゃーちょっと暗いから怖いのかな?」

(あや) 「何人か居るの。事故にあった人かな?頭から血がでてる・・・。」

(オイラ)「・・・・・・。」


その後、その地下道にオイラも行ってみましたが、何も見えませんでした。あやちゃんは本当に見えていたのでしょうか?それとも嘘なんでしょうか?皆さんはどう思います?

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

吹雪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。