ボサノバライブ

テーマ:
久しぶりのエントリです。
携帯のビールフォルダに画像だけがたまっていきます。


先日、都内の有名な香草専門店でライブをしてきました。
最近仲間に入れてもらったボサノババンドなのですが、なかなかよろしいかと。
"ボサノバ研究所"(仮?)という名称です。

BGM的演奏というお店の要望だったようですが、始まってみれば結構みんなマジモード。
初めてのライブにしてはかなり上々な出来だったかと思います。


そこでお勧めされたのが、こちらのトルコの地ビール"RED ALE"。
エール系大好きなボクとしてはかなり期待したのですが、結果はうーん。
エール独特の香りも弱いし、甘みは少な目、ライトな後味。
あとで調べてみたら"アメリカン・アンバー "という種類になるようです。
hevo@kami-RED ALE

2杯目はヱビスの琥珀生へ。


さてこのボサノバ研究所(仮?)次回は8月31日(月)に新橋のショットバー司に出演いたします。
月末月曜日という日程ですが、聞いて損はないはず。お時間のある方はぜひ!

AD

富良野にいってきましたよ

テーマ:
北海道旅行の二日目はレンタカーを借りて富良野まで。
天気も良くて絶好のドライブ日和!
富良野といえばやはりラベンダー畑。丘一面のラベンダー畑は一度は行ってみたいスポット。
それと"北の国から"もはずせません。純とホタルと五郎さんは泣けますよね。
石の家はあんがい小さかったです。拾ってきた家もよかった。

とはいいつつもやはりボクのお目当てはビールだったわけですがw

行った先はふらのびいる館。小高い丘から十勝岳ときれいな畑を見渡せるすばらしいテラスがあり、これだけでも楽しい食事ができそうです。レストランの中にはいると黄金色の醸造用タンクが見れます。
ここのビールはまず名前がいい。"㊤不らのビール"だって。㊤がいいですね。
種類はライト、エクストラライト、ブローン、ダークの4種類。ハンガリーのビール製法だそうです。
残念ながら車なので生では飲めなかった・・・ 時間もないし旭川方面では雷が光っていたので、ライトとブローンを買って札幌まで帰ってきました。

さてさてお味は、ホテルにかえってさっそくライトを飲んでみると、

あ、あまい・・・

のど越しはすこし重くずっしりとして好きなのですが、後味の甘さが気になります。炭酸も控えめでライトというよりもやや重な感じです。
ブローンはというと、同じように甘いのですがエール系なのであまり気になりません。カラメルの香りはいい感じですが、もう少しビターなほうが好きなので、ちょっと物足りない感。ダークも買ってくりゃ良かったと反省。

かえすがえすも生で飲めなかったのが残念。きっと食事と合わせてたらまた違った味だったかも。
AD

白富士

テーマ:
冷蔵庫が壊れてしまったので最近自炊が少なくなった。
今日も会議のため土風炉 へ。
土風炉はリハあとなどによく利用する居酒屋。個室も多いので話し合いがあるときはピッタリである。

ここでのお勧めは"白富士ビール"である。
いわゆる小麦を使った白ビール。
見た目は白ビールならではのすこしにごった黄色。
海外物の白ビールや日本の地ビールなどと比べると若干香りが弱いが、そのためか醤油ベースの料理にはよく合う。
のど越しはさわやかでくどくないので量を飲んでもあまり飽きがこないところがいい。
緋富士ビールというのもメニューに載っているのだが、いつも”扱っておりません”でお目にかかったことがない。扱っている店舗とそうでない店舗があるようだ。こちらもぜひ試してみたいビールである。
でも土風炉はホームページでもう少し宣伝したほうがいいお。

というわけで8杯ほど飲んだところでお開き。
会議もまぁうまくいったのでよしとしよう。

よなよな

テーマ:
yona

仕事帰りに近くのアイリッシュバーへ。
ここはギネス、キルケニーなどのアイリッシュビアを置いている雰囲気のいいお店だが、よなよなエール "生"がおいてあるところがうれしい隠れ家的なバーである。
店内のPC兼TVで流している映像もスカパーのサッカー番組。これもうれしい。
しかも今週はハロウィン週間とのことで、1日ごとに各ビアが割引になっていた。うれしすぎる。
ちなみに今日はギネス1Pint700円でした。

そのよなよなエール。品評会で金賞とるほどうまいビールである。
近頃ちまたを騒がせている楽天のページによると、

普通のビールでは物足りない!そんな貴方には、香りとコクの「よなよなエール」!
毎晩飲んでいただけるように「よなよなエール」と名付けました。

エールとは、伝統的な上面発酵製法で造られたビールです。
ご存じない方も多いかと思いますが、「よなよなエール」はビール通の間では知る人ぞ知る「超人気!」カリスマ・ビールなのです。
天下の楽天市場でビール売上ランキングの「1位」争いを毎週行っていることからもその【すごさ】が分かります。
今週のランキングはこちらしかも今年の10月7日~9日に大阪の梅田で行われた世界4大ビール品評会のひとつ「インターナショナル・ビア・コンペティション2005」の「アメリカンスタイル・ペールエール」部門で「よなよなエール」は 前人未到の6年連続金賞受賞!を達成しています。
4年以上連続で受賞したビールが今まで他に存在しないとなればそのすごさは一目瞭然です。


だそうです。

心地よいホップの香りが鼻腔をくすぐり、口に含むと程よい甘みがここちよい。
のど越しは思ったよりさっぱり。
ずいぶんうまくできたビールだなと思う。
ただ1Pint950円。毎日は飲めないなぁ。

クニノチョウ

テーマ:
最近すっかりサカネタとご無沙汰しているkamiです。
先月引っ越したんですけど、まだスカパーアンテナ取り付けてないんですよね。
ていうかベランダ側の家によりアンテナ受信が不可能なのでどうしようかと…
中田ヒデもプレミア行ったし、平山も活躍しているので早く見たいのですが。

------

さて、大阪駅で購入した"大阪國乃長ビール "。

國乃長

作っているのは、

500年の伝統を持つ日本最古の銘醸地、摂津富田郷にて伝承された大阪の地酒「國乃長(クニノチョー)」

とのこと。日本酒を造っている蔵元でビールを作ることも珍しくなくなってきたようです。"地酒 地ビール "検索結果。
購入した種類は"ケルシュ"、"アルト"。同じく駅で購入したガス天を肴に試してみました。

"ケルシュ"はすっきりしたした味わいでのど越しはいいですね。ただ残念ながら、後味が舌にベタっと残ってしまう気がします。
"アルト"については香りは好きなんですが、パンチが足りない感じです。もっとどしっとかまえててほしいなぁ。というのが感想でした。
両方とも共通するのがツンとしたアルコールのにおい。アルコール分は5%なんだけど。
なんだろう、酵母が生きてるからもちっと熟成させたほうがおいしいのかしらん?

だけどガス天まじウマッ!!
賞味期限今日までということで200円だったんだけど、いーいつまみです。

旅の思ひ出 その肆

テーマ:
やっと帰ってきたーと思ったら、東京も結構涼しいですね。
東京湾の花火の音が聞こえましたね。(13日の話です。)


もうそろそろ、”旅の思ひ出ってビールばっかじゃないかー!"とお叱りを受けそうなんですが、もうとまりません!

さて、八食で買ったのはそれだけではありませんでした。
あ、写真撮り忘れたけど、シャトーカミヤのデュンケル
使っている”がんじゃの水”とは蟹沢の水のことです。ちょうどうちのおかんからうまい水の話を聞いたとこだった。
以下引用。

蟹沢(がんじゃ)の水は、八戸市・蟹沢で湧き出る銘水です。蟹沢(がんじゃ)の水は、ビールづくりや発泡酒づくりに最適な硬度なので、すばらしいコクが生まれ、ここでしか味わえない風味が醸し出されます

デュンケルとはローストした小麦の香りを持つラガータイプ(下面発酵)のビールだとのことです。
ここのデュンケルは結構好きで帰省のたんびに買ってくるんですが、まず香り!ベリーを含んだようなコクのある甘みというような香りがします。それでいてのみ口もすっきり、しつこくない。
香りは好き好きだと思うのですが、一度飲むとボクのようにはまるかもしれません。


えと、まだあります(汗。
うわー、新幹線まで時間がないよぅといいながら駆け込みで買った"奥入瀬ビール "。(奥入瀬ビールラインナップの写真をクリックしてください)

奥入瀬

購入したのはピルスナーとヴァイツェン。
奥入瀬ビールはGWの時にも飲んだのですが、まとまりがありよくできたビールだと思います。
今回紹介した地ビールの中でもトップクラス!値段も相応なのですが、ヴァイツェンには特に飲む価値ありだと思います!
特有のフルーティーな香りはもちろん、後味もよくすっきり飲めますね。
若干、アルミ缶の味するかなーですが、許容範囲。(ていうかいつも缶ビールだろ、文句言うな。)←心の声ね

最高なのは、道の駅"奥入瀬"で醸造所をみながら飲む生ビールなんですがねー。
そのほかにもいろいろ面白いビールがあるようなので、詳しくは上のリンクをクリック。

んで旅の思ひ出終わり。買ってきたビールも全部飲んじゃった。プハー。

旅の思ひ出 その参

テーマ:
実家に帰ると朝飯がうまい!
海産物と新鮮な野菜でご飯2杯はペロリですな。

さて、最終日は朝から露天風呂につかりに行く。
露天風呂で気持ちいいーはずだったのですが、気がつくと二の腕にアブがとまってました。
そのままみてたら口の先を腕に刺しました。ちくーって。
そのあと針を腕から抜きました。
のんきそうに首をかしげて手をすり合わせてるし。なんだお前?あぶか?やっぱあぶだな。
また刺そうとするので追っ払ったのですが、刺されたところがいまじゃ直径3cmほどのあざになってます。
痛し痒し。ここでつかう言葉じゃないか。
"のんきなひとだねー(呆"とは、はに談。

------

八戸最大のショッピングセンター(?)八食センター でお土産を買う。
乾物、鮮魚、珍味など八戸の味がそろう八食センターですが、子供のころは八つの食品が売ってるんだと思ってました。野菜でしょ、魚でしょ、ご飯でしょ、パンでしょ、and so onみたいな。
あ、正式には八戸食品センターだと思いますんで。

その八食ではなんと地酒フェア開催中でした。グッジョブ!八食!

はい、今日のビールは"平庭高原ビール "。
平庭

びっくりしたのは、なんと一升瓶でビールが売られていたこと。(写真は330ml)
見た瞬間、二人で"一升ビーン!?"と叫び、売り場のお兄さんに"いいリアクションだねー"と突っ込まれました(笑

買ってきたのはアンバーエールとヴァイツェンタイプの"べっぴん麦酒"。
さて、お味のほうなんですが、アンバーエールは非常にいい香り!飲む前から生唾です。
ごくっといくと、適度な甘さと苦さが心地いいです。結構好きなビールですね。
うわ、一本じゃ足んない。
べっぴん麦酒はこれまたヴァイツェンのいい香りが漂います。
女性がきれいになる(若返る)といわれるビール酵母を含んだビールのため、この命名になったよう。
んー、でも飲むとちょっと重く感じちゃうかな?
ともあれ女性はもっとビールを飲むべきです!←持論

HPをみてみると、女性醸造士が作っているらしい。べっぴんのほうは通販なしみたいです。

旅の思ひ出 その弐

テーマ:
うわ!? 更新した記事が消えてる… やり直しかよorz

気を取り直してと。

旅の二日目は、三陸リアス式海岸を望みながら北山崎までのドライブ。
せっかくの気持ちいいドライブのはずが、道中霧が多くて海が見れず、ちょっと残念。
JTBが海岸の部最高ランクをつけたという北山崎の絶景も霧でよく見れない、ショボーン。

そこから龍泉洞 へと向かう。
龍泉洞といえば、日本3大鍾乳洞のひとつ。後の2つは秋芳洞(山口県)と 龍ヶ洞(高知県)。
秋芳台は野焼きのあとに行ったけど、まるで別世界。面白いところです。
さて、肝心の龍泉洞探検。中の気温は約10度と夏の格好じゃちと寒い。
透明度の高い地底湖とミケランジェロにたとえていた(?)自然の彫刻を堪能してまいりました。
ひとつ疑問。
何で水を見るとコインを投げ込む人がいるんだろう?
"コインを投げ込んだら不幸になります!って書いとけばいいのに" とは、はに談。

ま、ここで終わらないのがボクのブログ。
こんなん買ってきましたー。

龍泉洞

龍泉洞の水で作られた、その名も"龍泉洞ビール "。
龍泉洞ビール研究会というところが作ってるらしい。
さっそくいただいたのだが・・・
ピルスナータイプで飲み口はいい、が、後味がけっこう重い。
うまい水を感じてすっきり飲んで欲しいのか(清涼感)、どっしりしたコクのあるうまみを目指すのか(旨み感)?
どちらも感じられない地ビールでした。
龍泉洞の水で作った缶コーヒーが他の缶コーヒーと比べるとかなりうまかったので、ちょっと残念。

旅の帰りは"べっぴんの湯"。なかなかいい温泉でした。ぷはー。

旅の思ひ出 壱

テーマ:
うわ、久々更新・・・

恒例の帰省の時期がやってきました。
盆と正月はまめに帰ってるボクなのですが、今回は、はにと一緒に帰省。
旅は道連れがいたほうが楽しいですよね。

新幹線"はやて"は全席指定なのですが、チケットが取れず。
"やまびこ"で盛岡まで行くことにします。狙いは盛岡冷麺!

ちょうどお昼時に盛岡到着。日差しは強いが、それほど厚くないですね。
北上川が近いからか、風がだいぶ涼しく感じました。

さてさて、冷麺を食べに入ったのが盛岡駅前の"ぴょんぴょん舎 "。この店有名なの?って感じでしたが、
その日の夜、そこのオーナーが"どっちの料理ショー"に出ててびっくり!
ま、旅の思ひ出ですから、とりあえず前沢牛と地ビール"ベアレン "を。

ベアレン

ピルスとクラシックの2種類でしたが、水がいいのか非常に口当たりが軽い!
特にピルスはすっきりしてて、暑い時期に飲むのはぴったりでしょう。
北上川沿いの木陰で昼間っからぐびっと行きたいですね。
でも、肉にあわせるならすこし重みのあるラガータイプのクラシックか。
ボクはクラシックのほうが好みでした。
前沢牛も堪能!一切れ\500。味わっていただきました。

え、肝心の冷麺は?
・・・おいしかったかな?

(弐につづく)