お久しぶりです。今年初!更新。
遅ればせながら今年もよろしくお願いします。

さて、自分の誕生日祝いにクロスバイクを買おう!と思ったのはよかったんですが、肝心のSAXをどう運ぼうか悩みました。
まず、自転車乗るならSAX持つな!というご指摘はごもっともです。こけたら一発でリペア行き、へたしたら楽器死亡です。そ、う、なんですが、自転車の移動スピードは魅力的すぎます。
しかし今使っているSKBのケースには肩がけ用のストラップしかついていなく、クロスバイクに乗るのは重心が安定せず危険すぎます。

で、頼んでみたのがFusion 。イギリスのデザイナーが手がけたGig Bagという触れ込み。
いわゆる背負えるギターケースみたいなもんです。そのほか、ノートPCバッグや他バッグをくっつけることができるFuse-Onてのを売りにしてます。
まず背負えること。譜面やSAXスタンド、さらにはフルートまで入るよう、ポケットが充実。あと安い。これらが決め手になりました。色はメーカーHPによると4色あるようですが、残念ながら日本では黒のみしか見つけられませんでした。

でもソフトケース・・・
サックス吹いている人ってソフトケースを持っている人ほとんど見かけないです。
知ってる中では1人だけかな?
実際TwitterでもFusionどうかなとつぶやいたら、知り合いのSAX吹きさんはソフトケースは恐いとRetweet。
ハードケースの背負える物も出回っておりますが、サイドポケットの小ささ、価格がネックです。
まあぶつけなけりゃいいんでしょと。リスクヘッジって何?と強気にいくことにします。


楽天で購入。さくっと納品。便利です。そして安い。(ブログ書いてる間に最安値見つけてしまった・・・ ¥9800だと!?)
FUSION/テナーサックス用ケース F1-63 BW TS【フュージョン】
¥11,000
楽天



上記のショップで購入したのですが、購入できるショップはいくつもありました。ここは送料無料。
いろんなショップが扱ってる割には口コミとかほとんどなかったのでレビューすることにしました。

hevo@kami-本体ストラップ hevo@kami-本体

うわー、まぶしー!!
 ストロボいらんて(笑
前面、背面に反射板つきなので、夜道でも安心に違いない。
高さは77cmぐらい。背負う用のストラップとおなかでとめるタイプのストラップがついています。


hevo@kami-中身

肝心の中身。どちらに背面にしようか迷った挙句、負担をかけたくないサイドキー側を背面に。
で、SAXをおくとき下になる方が、自分の背中側。
思ったより狭いので、でかいベルのSAXは入らないそうです。
この楽器はSelmer SA80Ⅱ。楽器入れた状態だとベル側、その逆のジッパーもちょっとしまりにくいです。

中央にぐらつき防止用のストラップがついてます。ちょうどサイドキーのあたりなので、サイドキーを押さないように下目にとめてあります。

思ったより中の防護材(ウレタンかな?)が厚く、3cm程度あるみたいです。
ジッパーは2つついてます。



hevo@kami-背面 hevo@kami-譜面

こちらは背面のポケット類。3段あります。
写真左が一番下のポケット。小物類。
写真右は上と真ん中。一番上のポケットにマウスピースやリードが入る仕切りがついています。
中段ポケットはA4ファイルもらくらく入ります。フルートケースもいける。結構深いです。
スタンド・・・正直入れたらいっぱいいっぱいだった。使用スタンドはオオハシ。
ポケット類のジッパーは一つずつです。


hevo@kami-MP3 hevo@kami-背中

まぶしいっての!!
ストラップと背面。
ストラップにはMP3プレイヤー用ポケットがついていますが、iPhone、iPod Touchぐらいの大きさのものは入らないっす。
背中にあたる部分はメッシュになっており、楽器と背中が密着しない構造に。暑い時期とか汗がケースに直接つかない構造になっています。



hevo@kami-横置き

横置きしてみた。
取っ手がついており、横置きできます。
逆サイドには横置きしたとき用の足がついているので安心。ぐらつきには弱そうなんで注意します。


はい、レビューはここまで。

背負ったフィット感も悪くないですし、なにより譜面や小物などのバッグを持たなくていいのがうれしい。
テナーサイズだと大き目のファンネルしょってる感じ?
ということで、近場はFusionでGo!
ただし、くれぐれもこけたり、ぶつけたりは確実に楽器を痛める可能性大ですのでご注意ください!!!
 


肝心のクロスバイクは?

まだ買えてません。
AD