2012年03月25日(日)

僕の使っていたインスリン注射器

テーマ:糖尿病
僕が発症してから使っていた注射器はどんなんやったかな~
と思って、検索してみました。
まず発症した15歳の時

高校生の時はこれでした。
インスリンはもうブタやウシのインスリンではなくてヒトインスリンでした。
大学に入り「ノボペン」に変わりました。これは自分の中では大きな変化でした!

これは上のボタンを一回押すと2単位入る仕組みになっています。
16単位打つ時にはボタンを8回押すのです。

これはあんまり印象がない…「ノボペンII」
たぶん21歳ごろに使い始めたと思うけど、使いにくかった。


24歳ごろ仕事を始める前に「ノボペンIII」に変わりました。
単位数は単位合わせを回してセットするんです。
ノボペンIIより一気に使いやすくなりました。


「ノボペン300」です。28歳ごろから。
インスリンは万年筆型で、薬液がなくなったら入れ替えをするんですが、
薬液であるペンフィルが今まで150単位だったのが300単位になったのです。

インスリンのアナログが初めて出ました!ヒューマログです。
これを使いだしたのが31歳です。この時からインスリン製剤が使い捨て型
つまりインスリンがなくなったら本体ごと捨てるものに変わりました。
なんかもったいないなと思っていましたけどね。
ノボペン300はノボリンNやRも使うので継続して使っていました。

悪名高きランタスの注射器「オプチペン」です。(写真の白いペンです)
34歳から使い始めましたが、トラブルが多くすぐに回収になりました。
そのあと、写真上の「オプチクリック」に変更されましたが、
これもものすごく使いにくかった…

ランタス自体はすごくいいインスリンだったので
他社のペンにランタスを入れて使っていましたよ。「ヒューマペンラグジュラ」です。
このペンは重いけど、結構使いやすかった。グッドデザイン賞も取ったんですよ。
そして、37歳からインスリンポンプに変更です。

注射針も、変わってきています。

最初のペンのノボペンに使っていたのは、注射針は12.7mmの長さでした。
針を半分だけ皮膚にいれて注射していました。
注射針もこうやって見るとどんどん進化していますね。


AD

コメント

[コメントをする]

1 ■すごいです!!

注射器・・・ すごい進化してたんですね。
驚きです!!!

最初のシリンジは、同じようなのが今でもありますね。

でも、なにがすごいって・・・ペンです!!!
すごい進化ですね♪

ランタスとヒューマログを、娘は使用していますが、こんな歴史があったとは・・・ 驚きです。

入院中に万年筆タイプのを、同じ病室の患者さんに見せてもらった事があります。

かっちょよかったですwww

針も今では全部刺して使用できるようになってて
扱いやすいですよね。

きっと、うちの子には半分刺して薬を注入なんて
器用なことは出来なかったことと思います。

もっともっと医学が進歩して、早く人口膵臓って
なってくれればいいのにね・・・

2 ■Re:すごいです!!

>ぴょんちゃんさん
早速のコメントありがとうございます。
僕が発症する前には注射器と針を煮沸消毒して、何回も使っていたこともあったそうですよ。僕は経験していないですけどね。
たぶんどんどん進化していくと思いますけど、とりあえずは今の機器でうまくコントロールしていくというのが大事ですよね。

3 ■無題

色々と変遷があるんですね。昔に比べれば、最近は楽で、仰々しくなくなったのでしょうか?!

4 ■Re:無題

>zenzenさん
当時は大変とは思っていなかったですね。そんなもんだったんですよ。でも今思うと前の注射器には戻れないですね。
携帯電話がない時代にはもう戻れないのと同じような感じですね。

5 ■無題

懐かしいですね~。
一番上の注射器とバイアル・・・これ、けっこう長かったような気がします。
インスリンはウシやブタでした。
1日に2~3回でしたが、1回に30単位・・・打っていましたよ。
このあとだったか前だったか・・・注射器は100単位用のと60か80単位用のがありました。
オレンジ色と赤とで色分けされていて、ハッキリ何単位用の注射器なのかがわかりました。

便利になりましたねえ~♪

6 ■Re:無題

>ゆゆんさん
ウシやブタを使っていたんですね。
注射器は1mlあたり100単位のものと40単位のものがあったんです。間違えるとえらいことになるので100単位に統一されたんですね。

7 ■無題

こんなに医療の進化を感じれるのは
DMと言う病気ならではでしょうかね~(^^;

愛着?と言う感じでもないけど
何となく昔の注射器や測定器も捨てずらですね。。
その当時を思い出しますね。

8 ■Re:無題

>たかおさん
そうでしょうね。
あっ、僕はほとんど捨てて残ってないのですよ(笑)。記憶だけが頼りです。
こんな記憶でも、懐かしいと思ってしまうんですね。

9 ■無題

テルモのCMで注射針を見ますけど、本当に変わってきているんですね。
注射器も凄い変貌です!
紹介くださりありがとうございます。

10 ■なつかしい・・・

ノボペンIII~ノボペン300
そうそう!このグレーのケースが何ともださくて嫌やったんです (笑)
30歳ぐらいの時は赤色のペン型を使ってましたけど旅先のトイレに忘れて来てショックだったのを覚えてます

blackbirdさん同様、もう何があってもペンに戻るなんて考えられませんね~♪

11 ■Re:無題

>H!LO ^ ^さん
4-5年おきには変わっている印象ですね。こうして並べて見ると自分でも驚きな感じですね。

元気そうなコメントいただけて嬉しいです!

12 ■Re:なつかしい・・・

>tokkoさん
グレーのケースでしたね~。あまりおしゃれでもなんでもない無機質なケースでしたね(笑)
やっぱり、ポンプ派ですか?実を言うと、僕はポンプとペンは6:4ぐらいなんですよ。変えるのが面倒なので変えないですけど、ポンプの欠点も結構目についてしまうんですよ。

13 ■無題

まだインスリン歴短いですが、なんだか懐かしいですねo(^▽^)o
カートリッジ交換してたのも懐かしいですね。私もオプチクリックにはとっても困りました。
針、昔はずいぶん太かったんですね(^^;;

14 ■無題

>ちびえつさん
ありがとうございます!オプチクリック、本当に使いにくかったです。ランタス自体はいいインスリンやったのにね。これからもどんどん進化していくでしょう。今の製剤が懐かしいと思うようになるんでしょうね!

コメント投稿

[PR]気になるキーワード