ニュージーランド永住11年目

ニュージーランドの田舎での暮しを綴ります。
2014年にオークランドから約1時間の田舎へ引っ越しました。


テーマ:
きっつきつで最悪のフライトを終えて無事に成田に着陸。
成田に降り立ったのが予定よりも少しだけ早い午後4時頃、
向かったのは確か104番スポット。







飛行機は我々を乗せたまま成田をドライブしはじめた。。。







最初は「う~ん、日本だ~久々の日本だ~!!」と興奮しながら窓の外を見ていた。











が、行けども行けどもスポットには到着しないむっ












まだ進むか?
まだか?
おいおい。。。。









結局20分近くかかったような(もっと長かったかも?)
途中、滑走路横に空港反対派民家なのかポツンと一軒だけフェンスに囲まれてどう見ても出入りできない家が建っていたのを見てからもグングン進んでいった。








スポットに到着した頃には疲れがどっと出たわ。。。
しかしバスでの入国手続き場所までの移動があった(*_*)
成田って大きいのね~(^ー^;)







簡単に入国審査を済ませた後、


お肉を持っていたので
「検疫を通ろう」という主人。





主人は嘘をつきたくない性格なのだ。
ちなみに私は見つかったら見つかった時という性格ですけどね。得意げ








で、通った検疫でコーンビーフが引っかかって見事に没収&廃棄処分~ショック!


NZは食肉などの検疫には安全な国と指定されているけれど、それを証明するステッカーが必要だとか。。。
スーパーで買った食肉を持ってわざわざMAF(検疫機関)に行けってか?







それからまだ悲劇は続いて(汗)







今回はスーツケースではなくキャスターバッグを預け入れした私。
それが移動の際に投げられたのか、持ち手の部分がスムーズに伸縮できなくなっていた。
検疫を通った後にJALのカウンターへ行くと、入国手続きが終わって外に出てすぐのところにあるカウンターへ行って欲しいと腰の低ーーーーい方が案内してくれた。
ここで日本のサービスの凄さを思い知ったのですけどね。

NZの空港だったら「バッグに問題があった?だったらあそこに行ったら?」って案内されそうだもの(^▽^;)



そこからカウンターへ行くと同じように預け入れた荷物に問題があった人が数人いた。
私は被害状況を伝えて協議して決めた結果、修理に3週間かかるけど今後の予定で成田へ受取りに来れる見込みは無く、帰国に間に合わないし、なにより旅行中バッグが無いと困る為JALが用意した同じタイプの


しかし値段は私のよりもかなり低いダウンと見られるキャスターバッグと交換する事に。


とってもお気に入りだったキャスターバッグとのお別れを惜しみつつ、泣く泣く荷物を入れ替えて書類の手続きも済ませて、ようやく東京へ向かおうと下の階に移動。

Jalのキャリーバッグ
交換後のキャスターバッグ緑色だったのがターンテーブルで見つけ難い黒に。。。(_ _;)



ジャパンレールウェイパス(海外に住んでいる人に海外でしか購入する事ができないJRのパス)の交換をし終わったのが19時頃。
19時過ぎの特急に乗り込んで約1時間で東京駅へ。


東京駅に到着寸前の電車の中で大きな荷物を持って先に出口に向かった主人。
その後を追う私が見つけた物は小さなホィールだった。

沢山の荷物を持ちつつ、気になったので拾い上げてみたらまだ真新しい。。。
嫌~~~~な予感、、、(;゜0゜)


主人に見せると、主人は


「えっ!!!( ̄Д ̄;) だからか、大きなスーツケースを引きずる感じがしたのは」





確認すると、ギャ~~~~~~~今回の旅行直前に主人が修理した4つのホィールの内の2つが取れてるしーーーーーっっ!!( ̄Д ̄;)






当初からの計画であった東京駅のコインロッカーに大きなスーツケースを預け入れるという簡単だったはずのミッションがホィールが取れた事によって一大事になってしまった。
主人は35キロ以上あるスーツケースを持って東京駅をあちこちへ移動、私はその先回りをしてインフォメーションで情報を集めてはチェックしに行ったり、無印良品でキャスターを買ったり。
そうこうしているうちに時刻は20時半を回り、やっと見つけたコインロッカーに入れて一段落。




そこから主人と別行動。

主人は中央線で新宿までいって同年代のオフ会へ。
私は翌日の新幹線の座席指定券をとってから京葉線で宿泊先の新浦安の友人のマンションへ移動。



結局新浦安に到着できたのは22時。
前の会社の人達との約束を当初20時にしようと思っていたけれど、やめておいてよかった~(^^;)



友人のマンションのゲストルームに入って、その綺麗さと広さにビックリ!

到着初日ゲストルーム


翌朝に出かけなくてはならないので12時間も居られないのに、もったいな~い(>_<)

そうこうしているうちに前の会社の人が1人、婚約者と一緒に差し入れを持って来てくれました。
この時に食べたお漬け物の美味しかった事!!

超美味しいお手製お漬け物

話をきくと、お年寄りのお手製なのだとか。
塩加減、漬かり具合も最高で『白いごはんと一緒にたべた~い』って感じでした(笑)

23時半頃まで話は弾み、2人は帰って行きました。
その後、いつ主人が来るかわからない為(2人は携帯を持っていないし、ゲストルームに外線電話はないので連絡は一切とれない状態でした)お風呂にも入れないし眠れないしでただ待つのみ。

しかし0時過ぎにはチャイムが鳴って主人が無事到着。
それから入浴してテレビを見つつ話をして午前1時半頃眠りについた2人でした。
翌朝はちょっとゆっくり出ようと決めたので、目覚ましを7時半にセット。








爆睡~ぐぅぐぅ







ふと目が覚めるとまだ辺りは真っ暗。
う~~~ん、まだ暗いし目覚ましも鳴ってないから起きる時間じゃないし、疲れてるからもうちょっと寝なくちゃ。
と思いつつベッドの中でグダグダしていると主人も寝返りをうちはじめ、



「目覚めた?」


「うん」


「眠れない」



「まだ5時だよ」



「でも眠れないしお腹空いた~」




これはいわゆる時差ボケってやつですね(^^;)
2人で起きだして昨夜の差し入れの残りとコンビニで買って来たおにぎり弁当を食べました♪
美味しかった~ニコニコ







私は朝起きた時点でかなり喉が痛かったので、二度寝をしてギリギリに起きて宿を後にしました。

連休の初日というゲストルームの確保が難しい時に苦労して宿をとってくれたSさん、ありがとう!!





これが泊まったマンション。
マンション前にて

以前ドラマの撮影にも使われたキレイで高級、立地もかなりいいマンションです。




新浦安、久しぶりだった~(^ー^)
久々の新浦安
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

midoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。