かめのラスカル~アニメ・鉄道・カーレース趣味の感想 アメブロ館

こちらは「かめのラスカル~アニメ・鉄道・カーレース趣味の感想 http://kamerascal.cocolog-nifty.com/blog/」のサブブログです。
 子どもの頃から大好きだった、アニメやマンガに関する個人的感想や出来事・趣味をおっさん視点で書いてます。


テーマ:
ミクZ4を応援し初めて4年。

ポールトゥウイン!!





やっと!やっと優勝しました!!

めっちゃうれしいですね。


(写真は先日の富士で撮った自分のです)
富士の様子は →金元寿子さんも来た痛車だらけのSUPERGT  にて


かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

ドライバーの一人、番場選手には先日の富士でサインをいただきました。
(写真右)
http://as-web.jp/photonews/info.php?c_id=2&no=20523
「色紙1枚まるごと、僕でいいの?」
って恐縮されました。
「もちろんです!!」
といってサインいただきました。
家宝ですよ。

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言



インタビューでは、追い詰められた理由を
「応援してくれたスポンサーの皆様を映すために、ごにょごにょごにょ・・・」
となり、
「おまえ何言ってんだ!」
と谷口選手につっこまれていましたが、番場選手の言いたいことはすごくわかります(笑)。

本当に・・・うれしい。


そして、

イカ娘も3位。(写真は同様富士です)

かめラスカルのアニメ&鉄道&趣味の戯言

SUPER GT新時代の幕開けです。

愛知・大阪・東京在住の方は
毎週日曜日 23:30~ GT+ という番組で放送されます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sgt/

いや~~うれしいです。


------------------------------
SGTセパンはウイダー完勝! GT300はミクZ4が悲願達成
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=34366

スーパーGT第3戦セパンは19日、46周の決勝レースが行われ、GT500クラスはウイダーHSV-010が今季初優勝。GT300クラスはチェッカーまで息詰まるバトルが展開される中、初音ミク グッドスマイル BMWが悲願の初優勝を達成した。

 心配された雨の気配はなく、ドライのまま迎えたスーパーGT第3戦セパンの決勝レース。気温34度、路面温度43度とかなり蒸し暑いコンディ ションの中、46周のレースがスタートした。迎えたスタートでは、ポールシッターのウイダーHSV-010がスタートを決め、トップで1コーナーへ。一 方、後方では4番手スタートのカルソニックIMPUL GT-RとDENSO SARD SC430が接触。2台はコースオフし、ポジションを落としてしまう。

 序盤GT500勢は間隔が広がるが、8周目にGT300のラップダウンが出たところで、トップのウイダーと2番手S Road MOLA GT-Rの間隔が急接近。トップ争いが俄然盛り上がり始める。一方、5番手ADVAN KONDO GT-Rは後方からRAYBRIG HSV-010がアタックしていたが、最終コーナーで伊沢拓也が強引にインを突きスピン。RAYBRIG HSV-010はポジションを最後尾に落としてしまった。

 トップ2台が逃げる展開になる中、熾烈を極めたのはADVAN KONDO GT-Rを先頭とした5番手争い。ビヨン・ビルドハイムが巧みな展開をみせ、後続8台が膠着状態に。このバトルはADVAN KONDO GT-Rがピットに入る18周目まで続き、これに全車が入っていたSC430勢は大きく間隔が開くこととなってしまった。

 GT500クラスは、17周終了時あたりから27周目あたりにかけて各車ピットイン実施。22周目にピットに向かったトップのウイダーHSV- 010は27秒で作業を終え、2番手S Road MOLA GT-Rは31秒を要し、ピットアウト後も順位は変わらず。レースは終盤戦に向け膠着状態となった。

 レースは終盤に向け、トップのウイダー、2番手S Road、そしてKEIHIN HSV-010が続く展開。一方、最後までピットストップを引っ張ったのはランキング首位のMOTUL AUTECH GT-R。しかもこのセパンでタイヤ無交換作戦を敢行し、ポジションを6番手まで上げてみせたが、その後やはり厳しいのかズルズルと後退。

 トップのウイダーは、後半ジリジリとS Roadとのギャップを広げ、完璧なリードを広げ今季初優勝! 2位はS Road MOLA GT-RでチームはGT500で初めての表彰台を獲得した。3位はKEIHIN HSV-010が入り、またもセパンで表彰台をゲットしてみせた。

 GT300クラスは、ポールからスタートした初音ミク グッドスマイル BMWが序盤から大きくリードを広げ始める。2番手にはPACIFIC NAC イカ娘 フェラーリが続き、JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458が3番手。2番手スタートの#88 JLOCランボルギーニRG-3は4番手で前を追う。一方、最後尾スタートのEVANGELION RT TEST-01 IM・JIHAN Shidenは後方から一気に順位を上げてくる。

 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458が序盤にルーティンの作業を済ませる一方、ペースを戻した#88 JLOCランボルギーニRG-3は一気にPACIFIC NAC イカ娘 フェラーリとのギャップを詰め、18周目に逆転。しかし、その後ピットインで時間がかかりすぎてしまい、ポジションを落としてしまった。

 トップ争いは盤石のリードを築いていた初音ミク グッドスマイル BMWに続いて、2番手にはエヴァ紫電のピットインの間にJIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458が浮上。しかし、このJIMGAINERのペースがかなり速く、みるみる間にトップの初音ミクとのギャップを縮め始める。

 終盤、一気にミクZ4とのギャップを削りとったJIMGAINER 458は一気に後ろにつくが、ミクZ4はストレートが速く、なかなか抜くには至らず。残り5周、サーキット中が注目するバトルが展開されるが、ミクZ4を 駆る番場がなんとかJIMGAINERを防ぎきり、悲願の初優勝! 『初音ミク』をマシンに描くグッドスマイルレーシングにとって、そして番場にとっては 嬉しい初優勝となった。

 GT300クラスの2位はJIMGAINER、3位にはエヴァ紫電がつけていたが、ドアが開いてしまうトラブルが発生。PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリが勝ち取り、イカ娘も初の表彰台を得た。

セッション結果表はこちらへ
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=34367


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かめラスカルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。