左遷された「昭和天皇の忠臣」

テーマ:

チャンネル桜の【今週の御皇室】で高清水さんが文藝春秋を引用して、平成の御世代わりの時「伝統無視」から洋装で即位の礼をする案があったことを紹介されていました。

 

 

そこで、その文藝春秋2012年2月号を私も読んでみました。

 

特集記事は4本、高清水さんが紹介されたのは『左遷された「昭和天皇の忠臣」』ですが、その他の記事も興味深いものでした。

 

今の宮内庁も外務省からの出向者が多く、伝統がないがしろにされているのではないかと思われるのですが、30年前の昭和時代からすでに皇室についての知識もなく伝統を無視し、GHQの作った憲法の政教分離を硬直的に振りかざす人たちに占領されていたことが驚きです。

 

これは50年程前の昭和40年代から戦前の宮内庁の職員と入れ替わりに他の省庁のキャリア組が集まるようになったためだそうです。

 

高清水さんが紹介された以外にも驚くようなことが書いてあります。

 

この『左遷された「昭和天皇の忠臣」』は11ページにも渡るものですが、書き起こしをする時間が取れないので、画像でupします。

 

画像はクリックすると拡大します。

 

110

 

112

 

114

 

116

 

118

 

120

AD

こんなにもいる男系男子

テーマ:

今上陛下の「譲位したい」との意向表明から、なぜか「女性宮家を認めるべき」という意見がまた出てきています。

 

「女性宮家を認めなければ皇統が絶える」と騒ぐ人達は、皇統に連なる男系男子を絶滅危惧種のように言っていますが、実は旧宮家を含めかなりの人数がいらっしゃいます。

 

そして、恥ずかしながら私も最近知ったのですが、旧宮家以外にも皇別摂家といわれる男系男子の方々がいらっしゃいます。

 

しかも、こちらは旧宮家よりも現皇族の方たちと血筋的(男系で)には近いとか。

 

拾いものですが、その方々の系図を見つけたのでご紹介します。

 

皇族外も含めた皇位継承順位(男系相続・長子優先)

 

系図の上側は皇別摂家の方々ですが、下側に旧皇族の方々の系図とそのしたに皇別摂家と旧皇族の継承順位の表もあります。

 

AD

焦ってはダメ

テーマ:

昨日から怒ったり、がっかりして意気消沈した方も多いのではないでしょうか。

昨日の外相会談による『慰安婦日韓合意』についてです。


一年くらい前から安倍さんには不信感が募っていて、私は怒りよりも、やっぱりと落胆しています。

そして韓国は元々嫌いだけど、最も嫌いになった。

安倍さん何してる!!


といっても安倍総理よりましな総理大臣候補者などとても思いつかない。


こういう時に自暴自棄になって、日本の尊厳を取り戻すなど無理だと諦めるのはダメです。

敵の思う壺です。

何しろ、反日工作というか、日本貶め工作が始まったのは大正時代くらいからです。


コミンテルンのスパイが暗躍し、社会主義がもてはやされ、軍隊はカッコ悪いとバカにされ、軍人さんは私服に着替えないと電車にも乗れない始末。

朝鮮人の密航が増え、空き地に突如として現れる朝鮮人の掘っ立て小屋。

当時皇太子だった昭和天皇の暗殺計画を恐れた政府、は関東大震災の朝鮮人暴動を無かったこととして隠蔽工作。


大東亜戦争後の朝鮮進駐軍なども含め100年近い歴史があります。


それに対して、日本国民の覚醒はいつから?

未だお花畑のひともいるけど、5年?10年?

私はせいぜい15年位。


ね、まだまだ日本回復の歴史は浅いんです。

だから焦って諦めてはダメです。

サヨクや中韓のしつこさを見習いましょう。

日本の名誉回復は私たちの世代で終わるものではなく、二世代、三世代かけてのものとなるでしょう。


というわけで、今回の外相会談の結果について、「国民は大いに怒ってる。韓国と仲良くなんかしたくない! 岸田外相は責任を取って辞任しろ!」というメッセージはしっかり政府に送るべきと思ってます。

アメリカからの圧力があった(アメリカ高官から次々に好意的な談話が)、と言う話ですが、日本国民からは不評であるということになれば、今後のアメリカからの圧力にも申し開きができます。

とにかく諦めないでできることをやりましょう。




ほぼ冬眠状態のブログですが、来年もボチボチと更新出来る時はしていこうと思ってます。

皆さま、良いお年を。

AD