• 13 Jul
    • Nothing.

      新しいミニアルバムの3曲目。出だしの5秒目で泣けた。代々木のフリーライブもインストも行かなかったけれど来週のファイナル、幕張メッセのチケットが届いた!観たい人が皆リリースやアルバムラッシュで色々迷ったしとにかく休みがしばらくないので悩んだがこれだけはどうしてもその場に立会いたかった。何度このグループに励まされたり背中を押してもらったか。昔の自分のブログを見ていると「強くなりたい」とやたら書いていたのだが今はあまりそうは思わない。どんな自分も認めて、嫌だなと思う部分があるなら変えていけばいい。人と関わる以上ありえない事や耳を疑う事も多々起きるが相手を攻撃した所で生まれる物など何も無いと思うし。だったらそのエネルギーを自分にぶつけていきたい。理不尽な出来事、納得のいかないこと、許せないこと。もう本当に意味不明な事もあるけれどそれらを許す事によって次のステップに行けるんじゃないのかなと思う。もちろん時間のかかる行為だけど、どうにもならないものは正論を言おうが何を伝えようがびくともしないのだろうし、何より自分の心と身体に良くない。辛かったり気持ちが傷ついた日々を遠くに感じたら、その時は自分がそこから少しだけ前に進めたのかなと思うよ。本当に毎日いろんな事が笑えるくらい起こるが何とかやっていけそうだ。正直ネガティブ思考でマイナスな事の方を考える方が楽だと思うし気持ちや考えをプラスに運ぶなんて事ができるのならそんないい話はない。ただ、そんな最低な自分を認めてやるしかないんだよね。自分を苦しめているのは自分の手なんだと。自分を許す行為が出来た時、周りの人や景色、音楽が何の濁りもなく真っ直ぐに伝わってくる。根本的な部分は変わらなくても広げる事は出来ると思う。時間の流れを年々早く感じてしまうから、後悔しないように

      7
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 矩形の月

      先週土曜日は仕事の後久しぶりにアローンへ。阿佐ヶ谷に行こうか悩んだが話もあったので。。最近の好きな音楽のライブとリリースラッシュが被りすぎて全然ついていけない。しかも土曜日からレコーディングの為の音作り?が始まるから買った新譜とかも全然聴けてないしレディオヘッドのOKコンピューター20周年記念アルバムもまだ手を付けていない。店長のワンマンは一年ぶりに観たのだが進化してるな。。なんだろう、以前なら重く感じた言葉やテーマが今は自然に入ってくるのは自分もそれなりに必死に生きてきた証拠なのかもしれない。しかしなんと言っても3年ぶりに浅井永久さんに会えたのは本当にびっくりしてほぼ半泣きになってしまった。 相変わらずで、嬉しかったよ。マジでキングオブ厨二病、普段は良いお父さん。シガーロスとかは浅井さんから教わったからな。浅井さんのコラムが載ってるあたふたを頂いた。いつも持ちあるてんのかな、かわいいな。知花カップルとも会えたし、そこには笑顔しかなかった。その場所に向かうまでに色々な問題ややる事をこなしてやっと辿り着くんだよね。その場所に辿り着くのは簡単な事ではない。でもそんなに難しい事でもない。笑顔が溢れる場所を見つけるのも辿り着くのも全部自分の意思なのかな。その逆もあるけど、閉鎖的でギスギスした社会なんて昔から大して変わらない。だからこの感受性にもっと色々な経験と景色を、他人と言われる人達からの愛情をかんじたい。その為にはまず自分の心のドアを開けないと始まらない。初夏は一番好きな季節。去年は限りなく最低な夏だったから今年は良くしたいな。

      4
      2
      テーマ:
  • 27 Jun
    • iconostasis

      気圧の急激な変化で偏頭痛と腰がどうにもならない程痛いのだが。。どうにもならないよな。あまり脳のキャパシティが大きくはないので色々な事が立て続けに起きると困ってしまうが流石に昔みたいに感情に任せてしまう事も無く、出来るだけ冷静に対処する様に心掛けているが、まあ信じられないくらい失礼な人間も中には居る。何故か大体中年~に限られる。もうそんな奴とまともに接しても無限に終わらないしそんなのにこちらのエネルギーを使うのは本当に無駄。マイナスな気に呑まれて過ごす事は何よりも重苦しい。今までだったらブログなりTwitterなりに感情を載せていたがそれはもう、かなり前から止めた。でも聖人ではないのでやはりたまには言いたい事もあるが、忘れてしまう。根に持ったり負の感情抱くと疲れるし表情も悪くなるからね。自分の周りには素敵な人がたくさんいる。画面の向こうでも、CDの中でも、リアルでも文字の中でも、記憶の中でも。それを思い出して切り替えるしかない。何かが変わる瞬間はいつも色々な事が起こる様に、それを超えて振り返った時強くなったのかなと思う。天使の引き寄せ、ヒーリング音楽みたいなやつを聴いてリラックスするけど10分くらいあるのに5分でやめちゃうんだよね。あまりスピリチュアルみたいな事書くとカウンセリングマンからDM来るから止めておこう。あのテンプレのメッセージたまには変えた方が良いと思う。気圧だけには逆らえないから、自然に身を任せて、自分が求めた暮らしを手に入れる為にひとつづつ片付けて行くしかない。その景色に辿り着く事は決して無理ではない。自分を正当化せず、全て受け入れて。また新しい曲が出来た。 これはどうしても入れたいから入る曲はほぼ書き下ろしだ。エレアコではなく生ギターで録ろうと思う。梅雨の時期、心まで腐らない様に

      2
      4
      テーマ:
  • 15 Jun
    • melt is daze melt is love

      市役所で正式に手続きを済ませ、中野にさよならを告げる。次にあの辺に住む時は親が死んだ後だろうな。  まあでも自分が選択した道だから後悔は全く無い。 独りよがりのちっぽけな幻想の一瞬の幸せより現実を一歩一歩歩んだ方が遥かに生きた心地がする。気持ちはずっと高円寺産まれだ。2008年9月に生まれたのは紛れもない事実。暮らしの中で見える景色が変わって行くのは当たり前だ、人も街も歳を重ねる。厄祓いをしても神に祈っても色々な事が起きる時は起きるのだから、その時自分の座標を見失わずに強く居られたらと思う。今までより格段にギターを弾くようになって、どんどん好きになって、いろんな発見がある。7月からレコーディングが出来るように、ようやく日程の予約が出来た。一応4曲だけどどうなるだろう、昔やっていて今全然演奏していない曲もリメイクする予定だ。無料配布と言えどジャケットも今までの世界観よりもっと..意外性を持っていたい。万が一曲が増えたら販売しようか迷うが今の時代少しでも広める努力をしないと耳に入らないからね。ただYouTube垂れ流すだけじゃいみないし視覚やセンスや色をガンガン発信して行かないと。分かる奴にだけ分かればいいなんて思わないし。確かにそう言うポリシーは大事だけど変なプライドは。。あまりカッコいいと思わないな。その基準を常に提示し続けてくれているのはやはりZIGGYの森重樹一だ。今が一番カッコいい、今年はBUCK-TICKと同じ30周年だけど今回は少しでもZIGGYを観たいな。あとBiSH。BiSHはメンバーが作詞した曲が本当に良くて、他の曲も凄く自分にフィットする。今年はちょくちょく高円寺に足を運ぶだろうな。陽が延びた夏空の下、阿波踊りの準備で賑わう街を眺めていたいZIGGY&ZOE styleコラボTシャツ届いた

      6
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 20170605

      本番前に中野区役所に寄り歩いて高円寺まで。この線路沿いを何百回、何人と歩いただろう。まだ全てが若すぎた自分、元気だった人、数え切れないけどこの景色だけは変わらない。今日は熱い夜だった。 自分なりにチャレンジした事は無駄じゃなかった。小林君と豪さんの熱量はやはり凄かった。でも自分なりに出来る限り放つ事は出来たし新曲の感触も良かった。自分が素直に生きようと思えば思う程騙されたり裏切られる事は増えるけどその分素敵な人や音楽がスッと現れてくれる。不思議だよね。ジャンルなんか関係ない。むしろジャンルに縛られたり大して知らないくせに知った様な事を言う奴は信用出来ない。だが別にその人全てを否定してる訳では無い。 まあでも何歳になっても良い物はいいって言えるのは素敵だ。 そんな風にありたい。アローンでめでたい話もきけた、凄く嬉しかった。 新しい命、無事を願う。死にたいと思えば思う程生きようと反応する、生きたいと思う程理不尽な事が起きるのかも知れないけれど、考えても答えはどうにも解らない。ただ、ひとつだけ願うのは、俺の好きな人達が笑顔で暮らして行けたらそれだけで何も要らない。  地位も名声もいらない。 だからもう少し自分の身体を大事にしようと思う。煙草も止めたしお酒も前程は。それでも楽しい事はたくさんあるって事が今は解ったから。  とりあえず次は音源だな。夏には。6月5日  高円寺ALONE1  ストリングス、虹色の孤2  トラウマ、ダミー。詰む、カルマ3  写シ身4  汚れた約束5  灰色の讃歌6  白い百合、離脱と抑圧の季節写真撮り忘れたから代わりに縁起物のいなり

      5
      テーマ:
  • 26 May
    • ストリングス、虹色の孤

      掃きだめの中に埋もれた この心、夜の真ん中で 空には眩い 無限の青  あの日と同じ匂いがした 乾いた感情の隙間 酷く暑い季節の話 激しい雨音 叩きつける  確かに今を生きていた   あの景色に囚われた心を いつか深く慈しむ様になれるようになるまで   夢を見た あの場所に咲いていた花の色も 思い出せず 次の路地を曲がればもうさよなら 鮮やかに 色付いた濁り無きその強さが 行き急げと急かす風に 包んで吐き出した   この景色は 自分には奇麗すぎて  今の先に光る予感だけを信じた   悲しみの裏側に宿る星 見える気持ち 雨はやがて虹を掛ける  前置きの長い物語 垂れ流す水色の 感情が止まぬ内に 千の夜を越え 瞬く間に 痛みを 忘れて 夢を見た あの場所に咲いていた花の色も 思い出せず 次の路地を曲がればまたはじまる 鮮やかに 色付いた濁り無きその強さが 行き急げと急かす風に 包んで吐き出した   1カポc-em-am-f-g

      6
      テーマ:
  • 19 May
    • サラバかな

      bishを聴いていると子供の頃感じた音楽の魔法、ロックやポップスに感じた言葉に出来ない気持ちを物凄く感じる。 懐かしい様な、新しい様な。右手を何度も突き上げるステージはとても熱くてジャンルなんかどうでもよくなる。過去に捉われる事に疲れたら少しずつ変えて行こう。何でもいい、なりたい自分に。死ぬ事以外はかすり傷、そう思えるのは前を向いている証。過去の傷に捉われているならその時期の自分を慈しむ様に。何が正しいとか間違いかなんて事は解らないのだから。嫌いだった過去の自分、認めたくない物と向き合う勇気。bishを聴いているとそんな気持ちになる。凄い。7月のファイナルに参戦したい。8月には自分のCD出来るかな。出来れば夏には完成させたい。夏の曲があるから。。それが出来たらまた始まりだ。 きっと、ずっと始まりなのだろう

      5
      2
      テーマ:
  • 17 May
  • 08 May
    • 肉体の門

      昨日は親元から帰宅した後練習、練習中にずっとみずきの顔が浮かんでいた。バイきんぐ西村瑞樹。 俺は下の名前で言う。全然伝わらないけど構わない。小峠じゃない方。小峠はめちゃくちゃ売れているがみずきも最近じわじわブレイクの兆しが見えているが本人曰く「まだ俺が売れる番じゃない」とうそぶく感じがたまらない。予感では数年しないうちにドラマか映画に出ると思う。根拠はないがそんな気がする。それとバナナマンバンコク旅、肉体の門1988年版を借りた。肉体の門良かった。名取裕子とかたせ梨乃かっこいい。松居一代はヒステリックお掃除おばさんのイメージしかなかったが昔は綺麗だったんだな。。紫の着物が似合う。出てくる人皆素敵だったが個人的には彫り師の名脇役、脇役と言って良いのか解らないが芦田紳助さんと言う方が一番来たな。何だろう、声や話し方と言うか只者じゃない感が凄かった。名取裕子もボスキャラ感半端なかったな。全部戦争のせい。それ以外に無い。映画と言うより舞台を観てる感じに近かったかな、大振りなアクションや音がそんな感じにさせた。役者さんには全然詳しくないけれど凄い人はたくさん居る。どのジャンルでも自分の知らない凄い人達はたくさん居るけど、シンプルに自分が良いと思った物を良いと言える感性が重要。偏見ほどくだらないものはないと思う。世の中には面白い物が山のようにあるから、どんどん自分に取り込んで行っていきたいよ。CDアルバムの3曲目をずっと飛ばしていたけど今ではその3曲目ばかり聴いてるみたいな発見は、嬉しくなるね。しろたん寿司と言うアプリをやっている。しろたんに手を出したら終わりだと思っていたが構わないよ。マザーガーデンに乗り込む日も近いだろう。 おしゅし展第二弾も夏に始まるし無配のレコーディング、高円寺以外でのライブ始め、実家で起きるバタバタも全部受け入れて、良い夏にしたい。今年こそは。Bishのスパークを聴いていると早く夏にならないかなと思う。Bishは前々から少し聴いていたけど最近思い切り、ダントツで曲の良さにやられた。多分Bish以上にツボな曲のグループは現れないと思う。歌詞と曲進行がツボ過ぎる。Bishを聴き始めてから色々な事を前向きに考える様になれた。どうなるか分からないけどとりあえずやってみようと言う気持ちになる。エネルギーが凄い。今年は高円寺の阿波踊り観たいな。って言うか夏祭りライブに出たい(`・ω・´)  あとはZIGGY30周年、春のツアーは行けなかったので次のツアーは必ず。

      5
      テーマ:
  • 01 May
    • beautifulさ

      いま使っているスマホが瀕死状態なので新規でUQモバイルを購入した。メールもほとんど迷惑メールだし電話も親と仕事先しか使わないからこの際替えようと。今はほとんどLINEかショートメールだもんね、Gmailのアドレスでお知らせが行くと思うのでよろしくお願いします( ˘•ω•˘ )速い、超速い。てか前の機種が買った時からSIMカードの不具合があったからよく持ってくれた、ありがとう。ゴールデンウィークは休みがほとんどないので今日のうちに次回のライブでやる新曲を手直し、四年前にやっていた曲をリメイクして次回やろうと決めた。次回のライブは 6月5日㈪高円寺アローンKou、小林秀明、変身忍者”佐藤豪”です。2月に豪さんに同じ日にやれたらとお願いをして6月に、小林君はよく会うけど俺のステージは観たことないんだよね。初めて会った日にカラオケ行ったんだよな確か、懐かしい(´−ω−`)色々想いの詰まった日になると思う。新曲も何曲かあるがようやくセットリストが決まった。今日のうちに観たい映画を観た。「メリエスの月世界旅行」「ペーパームーン」「ジョニーサンダースdead or live」  メリエスは本編短いけどまあ凄かった。1900年代にあの技術は凄いのだろうな。、ジョニーサンダースは先日命日だったのでと言う訳では無いが映画では無いので酒飲みながらまた観たい。ペーパームーンは何年も前から観よう観よう思っていたのだけれど。。感動した。女の子の役が最高だった。なんだろう、DVD買おう。多分何回でも観れる。テンポ良かったな。明日は一日だけアイコンを変える日だ。やっぱり晴れだな。ショットガンさんもドラムとやるみたいだし、俺も夏から少しづつ活動の場を広げて行きたい。その前にまた北浦和エアーズでもう一度やりたい。一度と言わず、許す限り。以前一緒に活動してた人が居て、色々あってこの世で唯一嫌いだと思っていた奴がいたのだけどそいつに子供が出来たらしくて今は全然音楽から足を洗ったらしい。俺は素直に嬉しかった。そして幸せになって欲しい。本当にそう思えたよ。  今の時代、子供が生き辛い日本で家族の為に闘うのかと思うと本当に凄いと思う。いつか匿名で祝福するよ。その分俺は今周りにある物を守りつつ殻を破り続ける破壊を続けなければ。自分の可能性、行動が守りに入ったら即死だよ。その個性とやらはその場で終了だ。生きるも、輝くも廃れるも全て自分次第。人は関係ない。Bishのbeautifulさを聴いていると色々思いが溢れてくる。地道に、地道に歩いて行こう。

      7
      4
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 強迫観念 obsession

      森重さんの新しいブログでツアーの終わりに自作のmy obsessionを聴いていると書いてあった。強迫観念。 ずっと自分の中にある、どれだけぼやけても生きている限り消えることのないであろう。この前のライブを観て、何故か無性に森重さんを聴きたくなり、切ない感情に覆われていた季節に聴いていた曲を少しだけ客観的に取れる様になったのでmy obsessionを解禁した。牢獄に囚われた自分、それに鞭を打つ監修。 当時のインタビューでは自分の中にあるインナーチャイルドを表したと言う。どんなに環境が変わっても、もうあんな思いする事は絶対にない場所に居ても、まともな暮らしが穏やかに続いても、見る夢のシチュエーションは決まっている。目が覚めて、夢だったのか、良かったと。でも、生きていく事を選んだ以上否定していてはその時の自分が可哀想だなとも思う。あの時の自分も自分。 認めて、連れていってあげるのもいいんじゃないかって思う。悔しい思いや変な裏切りなんてものは隙間を狙って不意にやって来るけれど、その分いい人も自然に寄って来る。あれは不思議だ。でも何かを感じてくれたのだろうからそれは物凄く光栄だ。自分の存在を見つけてくれて、自分の知らない自分を教えてくれるなんてそんな素晴らしい事は凄いとしか言いようがない。もう、あの日のお前よ消えてくれと願うのではなくおお、お前も来るか?先は長いぞとあの日の記憶に言ってやれるようになれるまで

      4
      2
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 大森靖子 xxxxxゆるめるモ! アナログシンコペーション ~ガイア編~ 軽くネタバレΣd(ゝ

      余韻が半端ない。恵比寿から八潮まで1時間もかからないという事にまず感動した。  こんな素晴らしいツーマンを見逃す理由は全くないのだがまあやられた。女神だった。熱量とオーラが半端ない。可愛さとかっこよさが本当に凄い。 ゆるめるモ!がバンド編成で来るとは思わなかった。知らない曲がほとんどだったけど素敵だったな。あのちゃんのパートになるとファンが磁石の砂鉄の様に集まるのはちょっと笑ってしまった。  皆凄かった。内藤さんみたいな人達がまあ跳ねる跳ねる。大森靖子のバンドメンバー最高だったな、生ピエール中野。ドラム半端ない。バイブス。大森靖子の衣装ツイから拝借こんなにピンクの照明と衣装が似合う人はなかなか居ない。出だしから裏切られる。予想の遥か斜め上から来る。この時点で涙が垂れ落ちていた。出だしからの一曲目がまさかのアナログシンコペーションで、大好きなアーティストを初めて観る事が出来た日に一番好きな曲が一曲目に来て、二曲目がこれまたその次に俺の中で大事なマジックミラーと来たらもう。この人を好きになって良かったと心から思えた。絶対彼女の掛け合いで「女の子~!\ウオー!/おっさ~ん!\ウオー!/ハゲ~!\ウオー!/」ってあれ毎回やってるのかな?最高だった。音楽を捨て、はやはり神がかっていた。この時代にメジャーであの歌を唄うのは相当な覚悟が要るであろう。大森靖子の良さはぐしゃぐしゃでボロボロになった自分達を全部包み込んで大丈夫だよと身をもって歌で伝えてくれる。だからと言って宗教的ではなく、本当に音楽だけで繋がっているから変な集まりが無い。ゆるめるモしかり暴れる、ちゃんと聴くが成立してるのはアーティストの力だろう。そもそも大森靖子自身気持ち悪い集いを嫌っている様な気がする。お客さんに皆輝いてるねって言ってくれるけど本当に男女皆輝いて見えた。今日観た光景は、本当に美しかったよ。好きなものを先入観なく自らの手や目で確かめる。その行為が面倒くさくなってしまったら余計な情報やどうでもいい想像で、そこで途絶えてしまう。自分が好きだと思う物が最高に恰好いい、その気持ちだけは常に堂々としていたい。自分は6月のライブ後無料配布の音源を作るからそれが出来たら何ヶ所か自分がやりたい場所でやれるように進めて。CDアルバムを作るには時間が掛かりすぎるし正直今自分が出したいと思える曲が新しく出来てるから、アルバムは練り直しで。今の自分を出さなきゃ、やってる意味がないからね。日々の課題は無くなるどころか増えているけど、地道にやれば絶対何かしら見えてくると思うから、その日を信じて、まだ死ねないんだよ。後全然関係ないのだ伊藤潤二のホラー漫画買ったけど全然読めない。気持ち悪くて。グロいのとか全然大丈夫なのだけどなんかあの人のは独特な何かがあるね。。今子育てで芝居をお休みしてる女優に観て欲しい短編があって買ったのだけど。。早く渡さないとな。バンもんのフライヤーも入ってた

      3
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 乃木坂は苦手

      念願の草間繭生展に行ってきた。水玉だけでなくシリアスな作品もたくさん観れてエネルギーをたくさん貰えた。写真OKのゾーンにあるオブジェ、葉っぱらしいけどどうみてもカメにしか見えないんだよな。ミュシャ展も行こうと思ったが今日は気温が高くて。。とりあえず野外に逃げたかったので浅草をブラブラして安い居酒屋へ。浅草の近くに居た時は全然来なかったけど少し離れるとやっぱりいい場所だなと思う。横の席で知らない人と普通に会話出来る感じの隔てのない距離感。心が優しくなる気がする。おしゅしin浅草で何枚か撮ったが寺の雰囲気にあうね。さすが。良い笑顔。

      3
      4
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 無題

      夜家に着いて久しぶりに親友から頼りがあったので一時間くらい電話をした。森重樹一フォロワーの貴重な存在、また遠くないうちに会いたいな。次回からのライブを期に新しい曲を連れて行くのだけど、歌詞の中に離脱、解離、トラウマなどダイレクトな言葉が多々あってそれは想像や、たらればでは絶対に使えない言葉であって。だけどもっと深い部分を歌えるなら、歌いたいと言う思いが強くなって、その言葉達に責任を持てるようになったから世に出そうと決めた。アローンの店長がいつも言っていた「言葉や歌には責任がある、今日その歌を聴いて死ぬのを止める人もしれないし、この世を去ろうと決意するかもしれない人もいる。だから自分が吐いた言葉や歌にはそれだけの責任を持たないといけないんだよ」って言われていた。だから自分が実際に経験した言葉だけを使いたかった。自分が歌うことによって人を救いたいなんておこがましい事は全く思ってないし、そんな事を気軽に言う奴はほぼ嘘。ビジネスか下心が大半。だけど自分が放つもので、物凄くマイノリティでもそれを聴いた人が一瞬でもいい気分になれるなら、俺はそれをやってきた甲斐があると思う。俺の周りには生きづらい人生を歩んでる人が何人かいる。会ったことない人でもブログやYouTubeを聴いたり見たりしてくれる人もいる。その人達に共通しているのは、物凄く純粋だと。泥まみれになったダイヤモンドみたいなイメージ。俺は誰かの自殺を止めたり深く病んでいく事を止める事は出来ない。それは自分自身にしか出来ない事。自分を止める事が出来るのは自分しかないのだから。だけど何かのきっかけではないけれどその歯止めのひとかけらになれたら、その人が思い出してくれたのなら凄く嬉しい。だからもうこれからはさらけだして行くしかない。日常をさらけ出すのではなくてもっとディープな部分、いままで言えなかった事ちゃんと言わなきゃもうやってる意味ないなって思って。今までは体調悪いからとか心の病がうんたらかんたらって言いながらなんとかやってきたけど実際に心の病が薄れ体調も悪くなくなった時にもう「体調悪いので」と言う札は使えなくなる。体調の悪くなくなった時期の自分。本題はそこからなのだろう。言い訳はもう出来なくなった。過ぎ去った過去の弱かった自分、最低でも愛しく感じた。だけどいつまでもそこに執着していたら未来は今までと変わらない。だからもう「過去を全て捨てて新しい自分になろう」みたいな奴は必要ない。捨てられる訳ないのだから。弱さも、強さも抱えて行くしかない俺にとって今一番の癒しはおしゅしだ。かわゆ

      5
      テーマ:
  • 10 Apr
    • トラウマ。dummy-詰ム、カルマ スコアメモ

      迫り来る恍惚の群青が   今と今迄を繋げて行く今夜 星一つない空の下  生温い風だけが横切った愛の形だと言われる  メノウの首飾りをひとつこの痛みが想いと言う感情なら  もう少しだけ 強く響いておくれ 闇に寄り添い   白日に酔い無言を好み   孤独を嫌った迫り来る黒い影に 一縷の光さえ纏わず罪を重ね 罰も刻んだ  だけどこの血はまだ流れていたああ  全ては 終わった  この夜が明ければ 全てがああ  優しい 歌声   空と心揺らす 鼓動の様闇に包まれ  月に揺られて少年の衝動   透明な衝動赤裸々に綴った想いを  閉じ込めた 叙事詩燃やして愛された記憶を頼りに 口ずさむ懐かしい歌  迫り来る黒い影に 一縷の光さえ纏わず罪を重ね 罰も刻んだ  だけどこの血はまだ流れていた   1カポ  em-am-d-g

      3
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 感情のステージへ続く道無き道

      志茂田景樹のLINEブログを登録していると1日に1~3件くらい短いブログが届くのだが先日好奇心の話を書いた物が届いて、最後に度胸なんてない好奇心があっただけなんだ好奇心はその人の頭に知識蔵を作るぞと言う言葉に今まで詰まっていた物が解決した。まあこの話は志茂田景樹が小さい頃ひ弱と言われていた時代に皆で洞窟に入って皆怖くて奥に行けないのに自身は先が見たい好奇心で行って、後から皆に凄いと言われたみたいな流れなのだが。。今よりまだ若かった時代、この瞬間だけは絶対に負けないと言う自負があった。その気持ちは日々の中ですり減って行き、いわゆるモチベーションポテンシャルはどんどん小さくなって行くのは自分の中で感じていた。あの頃に戻りたいとか野暮な甘い事は言わないが今の自分は何がしたいのか、だけどもう今はただ無闇に突っ走るだけじゃ意味はない。  その時好奇心と言う言葉を運んでくれた。初めて歌う場所、初めて会う人、恐怖より好奇心が勝っていたから色々な扉を開ける事が出来たはず。12、1月のライブを経て実はそれからまだ余り体調的には良くなかったのだが何故か大丈夫な気がしていた。 この雲は絶対に消えて無くなる。だから大丈夫だと。その間色々考え今の自分が出せる物、自分にしか出来ない事は何だろうって考えるとやはり自分が作った作品を少しでも多くの人に聴いてもらうしかないと。もちろん家の事も、やはり皆歳を重ねる中で自分がサポート出来る事をやるのが自分の使命だ。一年以内に車の免許を取ることになった。原付しかなかったからな。親も年齢が上がって行くから少しでも楽になって欲しいし、また色々行動範囲も広がるだろう。自分がイメージする世界を実際には全然表現出来なくて悔しかったり情けない思いをしたけれど、やっと出来る。この時を待っていた。 最低な時期が少し長く感じていたが、今となってはその時期があったからまた向き合っていける。 とにかく今までと同じ感じでは駄目だと思ったのでそこはちゃんと考えがある。何だろう、例えるなら杉山英二がスギちゃんになったみたいな感じだと思う。  自分のライブに来てくれる人はブログやTwitterをやってる人が少ないのだがここは見てくれているのでやはり表示していかないと何も伝わらない。歩みは遅いが着実に。。両親と三人で三郷の大きいイトーヨーカドーへ行った。自分が小学生の頃からあるポッポと言うチープなフードコートでコーヒを飲んだ。うちも色々あり過ぎたけれどその時間は、雨の午後の穏やかな空間は何よりもかけがえの無い大切な時間なのかもしれない。  その大切な時間が増えるように生きて行きたいよ。本当の答え、人生に答えなど無いのだろう。ただシンプルに、邪念を捨てて進むしかない。毎日は決断の連続なのだから、自分を否定してしまってはいい結果なんか出る訳ないしまずそんな奴の歌なんか聴きたくないだろう。自分と向き合って、やるしかない。やらないとモヤモヤの影にやられてしまう。また衝動に駆られ、モチベーションを上げる事が出来た。最低な時期を過ごして乗り越えたんだ。少しは強くなったのだろう。大森靖子の新しいアルバムにアナログシンコペーションと言う超良い曲があって、そのタイトルが付いたライブが再来週あり、チケット買えたから行って来るのだけど。。泣くね。今日だけで2回泣いた。取れた時に1回、初めて、念願のアーティストを生で観れると想像して1回。本番中全然関係ない感動しない様な部分で鼻水流しながら泣いてたらそれはきっと俺だよ。しかもゆるめるモ!とツーマンとか吐きそうなのだが。良い意味で。前々からゆるめるモだけは好きにならないと思っていたが先日 サマーボカンと言う曲のPV観たら曲と映像が良くて感動した。あのちゃんを実際に観れるのか。。自分なりに、実際はまだまだだけど色々な体験をして解ったのはどんな形でも発信していてばいつか自分の感性や価値観に沿った物や人、作品が自然に現れるのだなと。ただ待つだけじゃもちろん現れる訳はないし本やネットで得た知識をいくら知って現実で使いこなせなきゃ意味がない。自分が手に取ったり耳にした作品から感じる情熱を、受け止めたり感動出来る自分の感性を信じれば良い。長々と書いてしまった。6月からkou第2シーズンとしてまた始めよう。第2シーズンとか有野のゲームセンターCXみたい。

      3
      テーマ:
  • 28 Mar
    • うつヌケ と今後

      twitterでピエール中野さんがおすすめしてた「うつヌケ」と言う漫画を購入した。オーケンやAV監督、コミケ管理者、OLや教師等色々な職業の方が作者と実際に起きた経験を引き出す形式でとても読みやすい。鬱病に始まり双極性障害、多重人格等をかなりわかり易く書いている。読み終えて思ったのは。。役に立ったし、楽にしていいんだなと。鬱病にまつわる書籍は山ほどあるし自分もたくさん読んできたがこの本はわかり易くも読者に繊細な気配りをしているのが解る。決して「これをしなさい」や「それはちがう」等のおきまり文句がない。環境によって色々なパターンの症状があるのだから自分で見つけてくださいと遠まわしに言っている気がする。そして自分を好きになってくださいと。自分の知識も、医者の言う事さえも人によって180度違うのだからそりゃそうだよなとあまりにシンプルな事に気付かされた。自分ももう半年くらいは薬を服用していないけれど別に否定する訳ではなくその人に合ってるならもちろん投薬した方がいいだろうし、色々なやり方があると思う。この本で出てくるトンネル、患った方なら誰しもがトンネルを心に持っているだろう。トンネルを抜けたら晴れて、また入って。最終的に自分を守るのは自分なのだろうけどそんな自分を理解してくれる人の力も必要なのだろう。何でもいいんじゃないかな、SNSだろうが近所の酒屋だろうが、弱いと思ってる部分をまんま出せる人がいれば全然変わるのかな。自分の場合は人の力は絶大だったが一人になるとやはりきつい時があった。その時は音楽に頼った。 ゴスペル、アンビエント、初音ミク、ハードコア、ポップス、アイドル、ビジュアル、ロックンロール、自分がその時聴きたいものを聴いたり手に入れた。   最近目にする「大森靖子はそこに居るのに居ないことにされている人を探し出して歌う」と言うのを観てなるほどと思ってしまった。  だから細かい描写の背景も感情も激しい動作も全てが自然で、聴く人の悲しみやモヤモヤを食べて生きているのだろう。自分は6月からまたライブ活動を再開します。去年の12月と今年1月にやったライブは自分の中である試みをしていて、視覚と言葉、音でどれだけその手のサウンドにあまり興味が無い人の耳に入れられるかってのをやってみて、ある程度これから自分が思い描いていた感触を掴めたので少しづつ、夏以降は高円寺以外のハコで。←これが本当の目標だね。曲とビジュアルをより深く変化、変化ではなくてこれが本当にやりたかった事だと思う。焦らず、少しづつ、トンネルの中では大人しく。 真っ黒い不安と付き合っていければ。いつも、楽しい時もきつい時もエネルギーを貰えるSAのサマーホリデースカイ。10年前より今がかっこいい、日本一のパンクバンドだと思ってるhttp://www.youtube.com/watch?v=E3zlniZ-1Sc&feature=youtube_gdata_player

      5
      2
      テーマ:
    • 絶望に満ちた朝焼けと瑠璃色の背徳は傷

      空を切る 歌声は 遠い記憶の中で沈んでは 浮かび上がる セラフの羽が舞う様に唇 塞いだ 蜥蜴の眼は三日月放蕩に翻弄され 無言の夜は続く夢から目覚めた 朝靄の中  奇妙な果実の味を知ったこの手から 生み落した 罪の色と過ちの日痛みは  解けていくこの目には  眩し過ぎた  受け入れる事の意味を少しづつ  繋げていくああ 夜が星を逃がす 感傷に酔いしれて影踏み 道化師は眠るこの手から生み落した   事実だけと寄り添えば明日を笑えるこの目には  眩し過ぎた  朝焼けが傷を照らす そんな日も  愛してカポ1C-G-Em-A-F-G

      4
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 大森靖子 kitixxxgaia ガイア盤

      なんて言うか、最高としか言えないアルバムだな。大手のレコード会社からよくこの歌詞が通ったなと思う。テレビだとfuckは言えないんだね。  アルバムタイトルも余儀なくされたみたいだけど全然問題ない。本当に、ギリギリのラインを普通に超えてるスタンスが物凄くかっこいい。IDOL SONGは苦笑いと言うか…物凄くいいメロディだけど歌詞が…(・ω・`ヒャダインの編曲も最高でしばらくリピート。冬に個人的にキツい事があって、その時何気なくオリオン座を聴いたら涙が止まらなくなって、なんと言うか、今までに感じた事のない温かみを感じた。夢幻クライマックス~オリオン座の流れで納得。コミニュケイションバリア、君に届くな、洗脳時を思い出させるメンバーのアナログシンコーぺション。M。これから何十年と聴き続けるアルバムになるだろうが一貫して思う事は全ての曲に命があって美しくドロドロしたむき出しの、人の人生と同じ様な曲が詰まっている。 前回のアルバムはなかなか入ってこなかったけれど今回は物凄くストレートに。最後の曲、Mの終わり方があまりにも生々しくて泣いた。武道館やってくれないかな。絶対似合うと思う。音楽がこんなに素晴らしいものなのかと改めて思い知らされた。これからの事を色々頑張れる。そう思える気持ちを叩きつけられた気がする。ツアーに期待。「強く強く生きるのは   どうしようもなく恥ずかしい      若くて  ダサくて  不器用で傷だらけだから 美しい」ドクマ・マグマ  PVhttp://www.youtube.com/watch?v=IOqYBwBmX-0&feature=youtube_gdata_player

      3
      2
      テーマ:
  • 04 Mar
    • エピローグからのプロローグ

      ここ何年か漂流の如く住居を移っていたがついに終着駅に着いた感じだ。結局、埼玉の家に近いマンションに三月頭から移った。都内~埼玉を往復する回数が年々増え自分自身疲れもあったりしたが蔑ろにする事も出来ず、自分が近くに居ることで家庭が少しでもうまく回るなら全然構わないし、自分だけ自由にって訳にはいかないからね。しかし知らない街ではないので、近所にスタジオがあったり生活するには下手な都内より全然良かったりする。将来的には自分が親の面倒をみるんだなと思うから、まあせめてそれくらいはしないとと言う気持ちはあるからこの流れも自然だと思う。ここ何年のモヤモヤがようやく取れた気がした。 この経験も曲に生かせる日が来ればいいと思う。 今まで音楽を非現実的なものの一部として捉えていたが本当の狂気や快感は全て現実の中にあると言う事も少し理解できた。とりあえず契約期間の2年間はここにいなくてはいけないがとにかく広い。台所がデカい。 部屋でギターも弾けるしカメ太も遊ばせられる。ドラクエ4で言えばようやく第5章が始まった感じだな。今更心機一転って気持ちはあまりないけどこれからの生きる意味、おかしな家族かもしれないけど最期まで責任を持って支えて行きたいし、支えられている部分もたくさんあるから損得なんか考えていない。落ち着いたらまたライブ出来る様に、アルバム制作も。レベル1から始まる最終章、かわのよろい、どうのつるぎ、やくそうを握りしめて。

      4
      2
      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

お笑い
355 位
V系
388 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。