── 亀丸は電話鑑定、対面鑑定の両方で活動しています!! ──

○電話占いヴェルニで電話鑑定を受け付けてます。

(主に平日の夜間帯21:00-03:30頃に待機しております)

ヴェルニ[電話鑑定] 全国
http://vernis.co.jp/


○千里眼・大阪アメリカ村店で対面鑑定しております。

(主に毎週日曜日+祝日15:00-22:00に待機しております。それ以外の待機日もあります)

千里眼[対面鑑定] 大阪・アメリカ村店
http://senrigan.info/person/030/

筮竹を用いた易占、4色の八面賽をあやつるダイス占を中心に、手相、亀甲占、曜日占い、東洋占星術などを扱います。とくに3か月以内の近い未来を具体的に占うことを得意とします。

<スケジュール等は、各ホームページを見てください>



─── 執筆活動も行っております!! ─── 


○亀丸の「曜日占い」本、発売中!

『なぜ水曜日生まれは傷つきやすいのに 土曜日生まれを愛してしまうのか──最高に当たる! 曜日占い』(実業之日本社 本体価格1200+税)

シンプルで、なじみやすいのに、ふしぎなくらいよく当たる、タイ式曜日占い。

$占い師・亀丸公式ブログ 亀丸の占い教室
↑クリックでamazonのサイトへ

─── 1万人突破!!携帯コンテンツ玄武占 ───
占いコンテンツ作成会社のメディア工房さんとのコラボにより、亀丸の占いが携帯コンテンツになりました!!

※NTT docomo、ソフトバンク、auの携帯電話(ガラケーでも、スマホでも)でご覧になれます。
※課金体系:月315円(税込)※一部都度課金メニューがございます。


「万世の継者◇玄武占」の詳細・登録方法は以下のURLを参照ください。
http://ameblo.jp/kamemaru555/entry-11764414579.html




★☆★☆亀丸公式HP★☆★☆
http://kamemaru.net/



────────────────────────────

<執筆依頼等>

亀丸への原稿の執筆依頼、取材、コンテンツ等の仕事依頼をメールにて受付しております。

kamemaru555@gmail.com

※現在、一般の方からのメール鑑定(占い)は受け付けておりません。

対面占いご希望の方は、千里眼・大阪アメリカ村店、
電話占いご希望の方は、電話占いヴェルニにて鑑定を承ります。

────────────────────────────


テーマ:
亀丸です。

東京に1泊2日で行ってきました。

たまたま予定の場所が銀座だったので、そのついでに「出世街道」という道を歩いてきました。
この道を歩くだけで、道が開け、運が開け、出世してゆくという縁起の良い道だそうです。一種のパワースポットですね。





この写真の中央にある細い路地。
これが「出世街道」です。

えっ、こんな細い路地が?
なぜそんないわれが?とふしぎに思いますよね。



でも、ちゃんと「出世街道」と呼ばれているようなのです。




場所は以下の地図のあたりです。
銀座グランドホテルの近くです。高級すし店の銀座久兵衛などの近隣です。






この細い路地を南東から北西方向に進んでいくんです。
(注:出世祈願のために歩くのであれば、反対方向に進んではいけません)

すると、目の前の視界が急に開けて、片側二車線の広めの道路につながります。





路地をぬけたら、それで終わりではありません。
そのまままっすぐ進みます。
JRの高架下をくぐり、ひたすらまっすぐに歩いていきます。





すると、大きなビルが立ち並ぶエリアに入ってきます。
巨大なみずほ銀行の本部ビルなども並んでいます。
さらに進んでいきます。








右手にみえる茶色の建物が日比谷公会堂。
このあたりから道路の幅が一段と広くなり、片側四車線の道路になります。






それをさらに進むと、霞が関の官公庁街に入ってきます。
経済産業省や外務省の建物があります。





さらにまっすぐ進んでいくと──



目の前に国会議事堂がみえてきます。



そうです。
あの狭い路地から一直線で国会議事堂まで道路がつながっているのです。
しかも、進むにつれて、道路の幅がどんどん広がってゆく。

まさに道が開けていく感覚。

歩いていて、すごく気持ちのいい道でした。
本当に出世できそうな気がしています。

それにしても、銀座の人たちは風流ですよね。
あの路地を「出世街道」と呼ぼうと思いついた人は洒落ているなと思います。



蛇足ですが、最近、亀丸HP の検索ワードに「出世」というのが増えているんですよね。
「出世」に関するようなことを最近何か書いたっけと思っていたら、ああ、そうか、孔子について書いている記事で「孔子は出世したかったけど、出世できなかった」みたいなことを書いているので、「出世」が検索ワードに引っかかるようになったんですね。

そっか。
みんな出世したいんだなあ。

とりあえず東京近辺にお住いの方で、運を開きたい方は、騙されたと思って、「出世街道」歩いてみてはどうでしょうかね。
歩けば開くって信じることができれば、運ってけっこう開くと思ってます。




クリックをお願いします。





亀丸HPでも、
随時記事を更新しています。
http://kamemaru.net/




大阪・心斎橋の
千里眼・アメリカ村店で
対面鑑定やってます。

電話占いヴェルニにて、
電話鑑定をやっています。


詳細は鑑定ページ をご覧ください。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
亀丸です。

亀丸は易占いを教える、出張プライベートレッスン(個人レッスン)も承っております。
今月は、プライベートレッスンの受講をしていただける方が多く、元からのレギュラーの生徒さんを含めて、合計で6名(6組)の方に受講いただけました。
今週末には、特別に東京までプライベートレッスンに伺う予定にしております。

易占いのプライベートレッスンについての詳細・お問い合わせは、亀丸HPの「易占い 個人レッスン(出張プライベートレッスン)のご案内」 の記事をご確認ください。
(※2016年8月現在、月、火、木、金、土曜日の、午後の時間帯で、お互いに都合の良い場所と日にちを選び、1回2時間12000円、または5回前払いで50000円という形で受けつけております)

以下のURLをご覧ください。
http://kamemaru.net/privatelesson.html










さて、個人レッスンをやっていて最近感じているのが、自分では当たり前だと思っていることが案外と生徒さんにウケる話だったりするんだな、ということです。

亀丸は基本的に他人が言った意見をそのまま鵜呑みにしたくない人です。なにか文章を書くなら少しでも独自の意見を入れたいと思っています。どんどん知識を仕入れて、独自の理論を構築していくのが好きな人なんですが、そこに突き進みすぎると、マニアックになるというか、あまりついてきてもらえない。
むしろ自分としては「普通の解釈」「そんなのみんな前から知ってる話」みたいに思っていたお話が、予想以上に生徒さんに喜んでもらえることが多いなと近ごろ感じています。

たとえば「人間万事塞翁が馬」(にんげんばんじさいおうがうま)という言葉があります。




わりと知られている言葉だと思いますが、案外とご存じない方も多く、お話をすると「それは面白い話ですね!」と喜んでいただけます。
あらためて個人的にもとてもいい話だなと思っています。

「人間万事塞翁が馬」という言葉は易経の言葉ではありません。
中国の古典『淮南子』(えなんじ)という書物の言葉なのですが、易卦の「天雷無妄」がよく「人間万事塞翁が馬」の卦であると解説されます。

亀丸HPで、この言葉についての解説を書きました。
スーパーわかりやすいように、亀丸作成の漫画までつけてみました。
もし言葉についてご存じないならそれはとてももったいない。
ぜひご一読ください。
http://kamemaru.net/banjisaiohgauma.html






亀丸はこれまで、自分の面白いと思うことを追求してきましたが、きっと「普通だ」と切り捨ててきたことのなかに、多くの人にウケるものがあるんだろうなと思っています。
そのままの話ってのは案外と強い。
もう一度自分のなかを整理して、面白さのちょうどいいところを探していこうと思っています。






クリックをお願いします。





亀丸HPでも、
随時記事を更新しています。
http://kamemaru.net/




大阪・心斎橋の
千里眼・アメリカ村店で
対面鑑定やってます。

電話占いヴェルニにて、
電話鑑定をやっています。

結婚占い
運命の人を具体的なイメージで出します
天職診断
お仕事・転職のご相談

などを得意にしております。

詳細は鑑定ページ をご覧ください。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
亀丸です。

ニュースなんか見なきゃいいのに、と思うことが多いんですよね。

とくに心の繊細な人、優しい人ほど見ないほうがいいと思います。

ニュースって、世界中から陰惨な事件を集めて、毎日毎日ぶつけてくるものなのですから、まともな神経の人なら耐えられるはずがありません。
あんなもの毎日みていたら心が擦り減ってしまいます。

ニュースを毎日みていたら、不必要に不安がブーストされます。
悲惨な事件が日本のあちこちで起きているように思えたり、明日にでも大地震がやってくるように心配になったり、ヤフーニュースのコメント欄のような非寛容で邪悪な思考の人たちがいっぱい周囲にいるように感じたりします。


ニュースなんか見なきゃいいのに、と思うんですよね。
ずっと楽になれる。
私はなるべく見ないようにしてます。









人生には、ニュースを一切みなくたって、悲しいことが自分のまわりで必ず起こります。
家族や周囲の大切な人たちが事故にあったり、病気になったり、亡くなったり、悲しい思いをすることが必ず起こります。

その悲しさを受け入れることだけで、人間は本来、十分だと思うんですよね。
200年以上昔の時代の人なら、自分の周囲に起きたことだけを感じて生きていました。
時には遠い国の噂話を聞くこともあったでしょうが、基本的には自分の目の前の世界だけを感じて生きていました。








現代は、新聞は読まないように、ニュース番組はなるべく避けるように、暮らしていても、どうしてもニュースが目に入ってきます。
ネットを開けばニュースが目につくように、印象的なタイトルで引っ張るように、メディアが仕向けてきます。
アメブロでこの記事を書いているときだって、横にニュースが並んでいます。ブログを読むときだって、最初にニュースのタイトルがずらずらと並べられている。
衝撃的な事件、陰惨な事件は、釣れるのです。
5年ぐらい前と比較してみても、メディアはますます衝撃的な事件を利用することによって、人々をどうにか自分のところに釘付けにしようと戦略を立ててきています。

だからニュースはなるべく避ける、という態度をとっていたって、話題のニュースは勝手に目に入ってきます。それで十分です。不自由ない。



優しい人ほど、ニュースをみていないと罪悪感みたいなのをおぼえるのでしょう。
大震災があったのに、陰惨な大事件があったのに、それに気づかないでいるのは、なんだか自分が苦しんでいる人を見殺しにしたような罪悪感をおぼえる。それで律儀にニュースを見ていたりする。

そんな罪悪感は持たなくていいんじゃないかな。
神様はそこまで人間に苦しさを与えるはずがないと思います。







クリックをお願いします。





亀丸HPでも、
随時記事を更新しています。
http://kamemaru.net/




大阪・心斎橋の
千里眼・アメリカ村店で
対面鑑定やってます。

電話占いヴェルニにて、
電話鑑定をやっています。

結婚占い
運命の人を具体的なイメージで出します
天職診断
お仕事・転職のご相談

などを得意にしております。

詳細は鑑定ページ をご覧ください。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
亀丸です。

テレビ番組『マツコの知らない世界』で、タレントのローラさんのファッションや美へのこだわりを1時間特集されていました。「一日たりとも同じコーディネートの服は着ない」というほど服にこだわっているそうです。

そこで手のひらがはっきり映るカットがあったので、手相をキャッチしました。レアポケモンに出会えたぐらいの嬉しさです。




 
2015年6月に「ローラさんの手相──感情線の形をみる」という記事を書きました。
http://ameblo.jp/kamemaru555/entry-12035306810.html

この一年ちょっとの間にローラさんのタレントイメージはだいぶ変わったように思います。
美やファッションに対するマニアックすぎるこだわり、さらに料理にもこだわりが強く、「今夜くらべてみました」というテレビ番組ではグルテンフリー(小麦粉無し)で見た目も味も完成度の高いものを徹底的につくりこむ姿が紹介されていました。

実はかなりのこだわり型でマニアックな人なんでしょうね。


以前の記事で書いた、

非常に女性的な性質の人で、「美意識」「ビジュアル意識」がとても強い人でしょう。

責任感が強いので仕事を任せたらとことんまでやり抜きます。
白黒をはっきりさせたいタイプなので、他人からみたら「厳しい」「怒りっぽい」人にみえるかもしれません。

テレビで見るローラさんは、テキトーな感じの天然キャラクターですが、手相はそういうイメージとは違います。


なんかはかなり当たっていたと思います。


今回の新しい手相の写真でわかるのは、ローラさんは親指がものすごく反っているということ。
こだわりが強く、マニアックで、好き嫌いがかなりある(自己主張がちゃんとある)タイプなのはこのあたりのほうがわかるかもしれません。



最近、3代目JSoulBrothersの登坂広臣さんとの交際が報じられました。
一年前はなぜか芸人のくりぃむしちゅーの有田さんと噂されていて、ネットのガセ報道で「結婚間近」などと言われていました。



以前書いた記事で。

このタイプの手相の人が、恋愛相手に求めるのは「釣り合い」であることが多い傾向です。
自分と相手が並んだとき客観的に見て「お似合い」かどうかを意識します。
どちらかというと仕事に集中したい人が多いので、恋愛で余計なストレスを生みたくないという意識があるからじゃないかと分析しています。

以上の点で、ローラさんの「運命の人」を勝手に推測すると、
おそらく同業者のモデル、同じハーフの人で、容貌のとても美しい男性なんじゃないかなと思います。

カップルで二人並んで写真を撮ったときに「絵になる」男性。
彼女はそういうのを意識して相手を選ぶんじゃないかしら。

有田哲平さんみたいなんじゃないと思います。


ハーフでも、本業モデルでもないけど、容貌のとても美しい男性で、「絵になる」男性なのは当たっていました。
やっぱどう考えても、有田なんかじゃないよなあ。うん、ほっとしました。


コロンブスの卵みたいなもので、「そんなの、ローラを見ていたら手相みなくてもわかるじゃん」と言われるかもしれません。
確かによく見てりゃわかるんですけど、それだと簡単なので、あえて手相とか、誕生日とかだけで当てたいのが占い師なのです。






クリックをお願いします。





亀丸HPでも、
随時記事を更新しています。
http://kamemaru.net/




大阪・心斎橋の
千里眼・アメリカ村店で
対面鑑定やってます。

電話占いヴェルニにて、
電話鑑定をやっています。

結婚占い
運命の人を具体的なイメージで出します
天職診断
お仕事・転職のご相談

などを得意にしております。

詳細は鑑定ページ をご覧ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
亀丸です。

私が20代のとき、ある40代男性から「最近、孔子とか、中国古典の良さがわかってきたんだよね」と言われたことがあります。
当時は年齢を重ねると年寄りじみた趣味になるのかなぐらいに思っていましたが、自分が40代になって『論語』を読むと、孔子先生のお言葉が胸に突き刺さります。ようやく気持ちがわかってきました。



亀丸.netで「腑に落ちる!孔子と易占」というシリーズを、今段階で5回目まで書きました。とりあえず10回目ぐらいでいったんまとめたいのですが、かなり時間をとられてしまっています。
最初「儒教と易占」というタイトルだったのですが、儒教じゃなくて孔子先生がいいんですよね。なので、タイトルを変えました。

文章が長いし、面白さが伝わりにくいかもしれませんが、ご関心がある方はぜひご一読ください。

<亀丸.net>
http://kamemaru.net/







5回目で、ようやく長い前フリが終わったように思っています。

『論語』について亀丸の独自解釈の感想文を書こうと思ってはじめたのですが、その前に孔子の基本説明をしておかないと伝わらないので、長々と書いてます。事前説明だけで疲れました。

でも、論語、いいんですよね。
冒頭の言葉から私の胸にグサリと突き刺さります。


「学びて時に之(これ)を習う。また説(よろこ)ばしからずや。

遠方より朋(とも)来ること有り、また楽しからずや。

人知らずして慍(うら)みず、また君子ならずや」



これが冒頭の言葉。
この一文目の「学びて時に之(これ)を習う。また説(よろこ)ばしからずや」が私の胸に刺さるんですよね。

「学びて」は普通に「学ぶ」、「習う」は「復習する」の意味です。
「学習」という日本語はこの言葉からきます。「学んで、復習する」ということです。

「説(よろこ)ぶ」は「喜ぶ」の意味です。ごんべんに兌(快楽)ですから、言葉の力で嬉しくなることです。

まとめて、「学んで、時には復習する。それが喜ばしくないことなどあろうか」と現代語訳されます。



私、この一文目がすごく深いと思うんです。グサリときます。
しかし、さまざまな解説書や他のブログを読んでいると、どうもこの文章の解釈が違っているんですよね。


例として、ひどいものを一つあげてみると。
某有名な大学の先生(教育学)が小学生向けに論語の解説書を書いていて、こんな風に説明されています。


「スポーツでも音楽でも算数でも、自分が毎日がんばってできるようになったときは、とてもうれしいですね。
学んで上達することは、恋愛したり、お金をもうけたり、美味しいものを食べたり、そんなことよりいちばんうれしいことだと、孔子先生は言っています。
そして自分がやったことを復習して、できなかったことができるようになるのも、とても楽しい、と孔子先生は言います。だって、それは上達していくことでしょう?」



いや。ちげーよ。
孔子はそんな親切な学校の先生みたいなことをいわないと思うんです。
小学生相手だといえ、この説明だとあまりに孔子先生の思いを削ぎ落としています。これは孔子の言葉じゃなくて、単なるどこかの学校の先生の言葉です。


この本だけの話じゃありません。
他の解説をみていても、日々学び、復習、練習していくことの大切さを説いているとか、学習(勉強)自体の楽しさを説いているとか、そういうことを書いているものが多い。

いや。微妙に違う。
それだと浅い。そんなお節介インストラクターみたいなことを孔子先生は言わないです。

これらの解説は、あまりに文字面しか読んでません。
確かに文字ではそう書いてあります。
でも、人間の言葉にはその裏に「感情」があります。その言葉を吐くに至ったその人の「感情」を感じ取らなかったら意味がありません。



じゃあ、この言葉を亀丸はどう解釈するのか?

それを「腑に落ちる!孔子と易占06」以降に書いていこうと思います。それが書きたかったんです。
できれば今週中にまとめたいなと思っています。

<亀丸.net>
http://kamemaru.net/




論語を解釈するのも、「占い」をやっているのも、私のなかではわりと似た作業をしている感があります。
わずかな言葉から相手の性格を推測して、その言葉の裏にある感情を感じ取る──そういうのがとっても好きなんです。



クリックをお願いします。





※文中で取り上げた小学生向けの論語の本。
オファーがあったから書いた本なのでしょうが、著者のS先生は昔は原文の持つ「言葉の力」を大事にしようとする志があったような気がするんですけどね。
まあ、わかったうえであえて書いてらっしゃるのは、ところどころわかるんですが。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。