先日、定期健診をやっていた時のこと...

歯茎の状態を調べていて、なんだか歯の表面がザラザラする箇所を発見

歯石を取るときに念入りにやってみると...



綿の上になんだか黒い粒があるのが見えますか?

※画像は少し色を加工しています



拡大してみましょう



これ、歯石なんですよ

それもわずか2mmのポケットの中にあったものです。

色は緑かかっていて黒っぽい色です。

これがあることによって歯茎が炎症し、出血し歯石に沈着したのでしょう


こんなわずかな歯石も取らないより取ったほうがいいと思っています。


それははじめに気付いたときのザラツキです。

ツルツルとした場所とザラザラした場所

どちらが汚れが付きやすいか想像できますね?


もしも、このままこの歯石が発見されずに付きっぱなしだとしたら...

だから、ポケット2mmでも見つけ次第しっかり歯石を取る必要があるんですね

※歯茎の炎症が強い場合には歯石を取るときに痛みが出やすかったりしますので、今回のように取らずに様子を見ることもあります
AD

コメント(2)