ザリガーナ 死人コウモリ

オニビセイウチ バショウガン 登場


プルトンロケットはライダーマンによって爆破された。

ザリガーナは戦闘員の煙幕に紛れて逃走。

志郎は藤兵衛に結城丈二の死を告げる。

志郎はアジトに戻るが破壊された後だった。

デストロンのマークからスピーカーを発見。

志郎は首領の電波を辿ることにした。

そのスピーカーから首領の声が聞こえる。

「D作戦」開始の命令が下されたのだ。

各地で破壊活動が開始された。

ライダー隊員も次々襲われた。

ライダー隊本部にもザリガーナとオニビセイウチ。


V5201

藤兵衛が倒れ、純子がさらわれた。

志郎は電波の発信源を突き止めた。

襲いかかるデストロンの戦闘員。

志郎は戦闘員を片づけてお堂の中へ入る。

待っていたのは再生怪人3体とヨロイ元帥。

V5202

志郎はライダーV3に変身。

V5203

怪人たちとの戦闘が開始された。

隠し扉を通り隠し部屋へ。

そこで落とし穴に落ちるV3。降り注ぐ特殊金属。

V5204

このままでは溶かされてしまう。


一方、純子たちも逆さ吊りにされて大ピンチ。

V5205

V3全エネルギー解放!

V5206

脱出したV3に駆けつけた藤兵衛。

海岸の処刑場へ向かう2人。

藤兵衛が人質を救出。

ヨロイ元帥の前に立ちはだかるV3。

「デストロンが滅びぬ限りV3は死なん!」

ヨロイ元帥と対峙するV3。

V5207

ヨロイ元帥はザリガーナの姿に変わる。

V5208

V3は甲羅の脚を次々へし折っていく。

ザリガーナは奥の手を出す。

「甲羅崩し!」

V5209

甲羅を砕いて投げつけてるだけですが・・・。

V5210

こんな子供だましがV3に通用するかい!


V3フル回転

V5211

キィーック!

V5212

V5213

ザリガーナはヨロイ元帥に戻り逃走。

V5214

「首領、私を見捨てないでくれ・・・。」

首領は役に立たなくなったヨロイ元帥を処刑。

V3は襲いかかる親衛隊を退ける。

そしてその先にはデストロンの首領が・・・。

カバーを外すV3が見た物はガイコツ。

V5215

心臓だけが動いていた。

V3に体を破壊され心臓は血を吹いた。

V5216

頭部をたたき割るとそこにはテープレコーダー。

自爆するデストロン首領。アジトも大爆発。

V5217

風見志郎は何処へともなく去っていった。

V5218

人類に危機が訪れるときあいつは必ずやってくる。

V5219



AD

ザリガーナ 登場


岩山が開きロケットが現れた。

中にはデストロンの戦闘員が搭乗。

島が一つ吹き飛んだ。

これがデストロンのプルトンロケットである。

「0アワー」を期して東京の中心部を攻撃する。

その様子を見た登山者を襲うザリガーナ。

V5101
目撃者のうち4人がザリガーナに殺された。

リーダーの西岡だけが助けられた。

調査に行っていた志郎が病院へ赴く。

しかし、これはデストロンの罠だった。

ニセ医師に殴られ昏倒する志郎。

そのスキに結城丈二が西岡を救出。

その前に現れるザリガーナと戦闘員。

一方、志郎はさっきのニセ医師に助けられた。

プルトンロケット計画を志郎に話す。

妻と子に伝えてほしいと願い出たのだ。


丈二はライダーマンに変身。

ザリガーナの攻撃にピンチに陥ったライダーマン。

V3が駆けつけハリケーンアタックではじき飛ばす。

志郎と丈二はサソリ谷へ向かう。

志郎を逃がした医師が殺され吊されていた。

その死体には爆弾が仕掛けられていた。

下ろそうとした志郎は爆発で吹き飛ばされる。

丈二は単身アジトへ潜入。

V5102

ヨロイ元帥は丈二を無視して準備開始。

あと1分で「0アワー」。

ヨロイ元帥はザリガーナの姿になった。

丈二はライダーマンに変身。

V5103

一方、志郎もアジトに潜入。

首領の親衛隊が現れ、志郎はV3に変身。

親衛隊をなぎ倒し奥へ進む。

ザリガーナはライダーマンを退け発射ボタンを押す。

ライダーマンはロケットの発射基地へ。

V3に再び襲い来る親衛隊。

ライダーマンは戦闘員に代わり搭乗する

V5104

「さらばだ、V3。」

V3はザリガーナの攻撃で足止めされる。

V5105

プルトンロケットは発射された。

ここで初めてかかる「ぼくのライダーマン」。


「ライダーマン結城丈二の最期を見ろ!」

V5106

爆発するプルトンロケット。

V5107

華麗にジャンプして一瞬離脱するV3。

V5108

「ライダーマン。よくやってくれた。

君は人類を守った。君は英雄だ。

オレは君に仮面ライダー4号の名を贈るぞ。

ライダーマン!」

V5109

結城丈二は雄々しく死んでいった。

残るはザリガーナと首領のみ!

次回、いよいよ最終回です。




AD

吸血カメレオン 登場


カメレオンの強化手術が終了。

吸血カメレオンとなり子供たちを襲う。

V5001
襲われた子供たちは吸血鬼となってしまった。

目撃したケンイチは先生に話すが信じてもらえない。

クラスの子供たちもケンイチをいじめる。

父と母を亡くしたケンイチはハーモニカを吹く。

「羽生の宿」である。

口笛とともにやってきたのは志郎。

志郎にとっても思い出の曲だった。

雪子ちゃんが回想シーンで登場。志郎七三分け。

V5002

新怪人を造るために子供の血が必要。

デストロンの今度の計画である。

ケンイチのもとに現れたデストロン。

志郎は戦闘員を蹴散らしケンイチを追う。

そこに現れる吸血カメレオン。

人質を取られ戦えない志郎。

そこにやってきた結城丈二が子供を取り戻す。

志郎はV3に変身。

V5003

V3を幻惑して姿を消す吸血カメレオン。

まだまだ血が足りないようだ。

みどり学園の子供たちを使う計画だ。

みどり学園に現れた吸血カメレオン。

志郎はライダー隊のペンダントをケンイチに渡す。

子供たちはすべて吸血鬼にされてしまった。

木村先生を襲う吸血カメレオン。

V5004

先生からの電話で学園に向かう志郎。

スポーツ店に現れた子供たち。

襲われる藤兵衛と純子。

駆けつけたライダーマンにも襲いかかる。

そこへケンイチからの連絡が入る。

ネットアームで子供たちを捕らえる。


みどり学園の志郎に襲いかかる子供たち。

子供たちに囲まれて攻撃できない。

ライダーマンも駆けつける。

風見志郎は海へ落ちたがV3に変身。

吸血カメレオンと対決するライダーV3。

舌に巻かれたV3だが、その舌を引き裂く!

V5005

「いでぇぇぇぇぇぇ!」

痛いでしょうなあ・・・。


「舌を抜いてやる!」

V5006

舌を抜かれた吸血カメレオンはへろへろ。

V5007

V3フル回転キィーック!

V5008

吸血カメレオンの右肩にヒット。

V5009

口から泡を吹き出す吸血カメレオン。

V5010

そのまま溶けてしまいました。

V5011

学園で物を盗んでいたのは犬のシロー。

ケンイチの疑いも晴れて仲良くなりました。


子供の血を集められなかったデストロン。

新たに怪人を造ることができなくなりました。


・・・というわけで怪人もこれで終わり。

次回はヨロイ元帥の正体怪人です。

AD

カメレオン 登場


風見志郎が丈二を庇って銃撃された!


V4901

狙撃したのは怪人カメレオン。

V4902

一方こちら家出してきた少女・ジュン(演:北原和美)

V4903

北原和美さんといえばゾーンエンゼルですな。


一方、志郎は体の異変を感じていた。

ドアノブがぶち壊れた。服が破れた。

志郎が受けた銃弾はバタル弾。

力のコントロールができなくなってしまったのだ。


ジュンを利用して警察に捕らえさせるデストロン。

城南警察署の警官も戦闘員だった。

怪人カメレオンが現れ、変身する志郎。

バタル弾は全エネルギーを放出させる。

エネルギーを失い、倒れるライダーV3。

V4904

戦闘員姿のジュンが志郎の前に現れる。

V4905

デストロンで働いているというジュン。

志郎はデストロンに騙されていると説得。

拒否するジュン。

志郎をライダーマンが助けに来た。

助け出された志郎はギターを手にする。

ギターをつま弾く志郎。一瞬、安堵の表情。

しかし、弦は無情に切れてしまった・・・。


藤兵衛が志郎の前に現れた。

どうして良いかわからず頭を抱える志郎。

丈二はデストロンのアジトでしか治せないという。

アジトへ潜入する志郎と丈二。

しかし、居合わせたジュンもろとも罠にはまってしまう。

丈二はライダーマンに変身。

志郎は丈二の制止を振り切って変身。

なんとか罠を脱する。

再びエネルギーを放出し変身を解かれる志郎。

ドアを守ったまま、立ったまま手術を請う志郎。

ライダーマンとジュンは手術を開始。

V4906

手術は成功し、脱出する3人。

カメレオンは銃撃で志郎の変身を阻止する。

V4907

なんとか逃れてV3に変身する志郎。

V4908

V3きりもみ

V4909

キィーック!

V4910

カメレオンの左肩に命中。

カメレオンは夕陽の中へ消えていった。


ジュンは故郷へ帰っていった。

しかし、志郎には帰るべき故郷はないのである。



オニヒトデ 登場


日本に上陸したデストロン首領。

代々木のアジトに潜入したV3とライダーマン。


V4801

ライダーマンはヨロイ元帥と対峙する。

V4802

姿を消す首領。

V3は首領を目の前にして落とし穴に落ちる。

次いでライダーマンも落とされてしまう。

落とし穴は次第に真空状態になっていく。


その頃、東京各地でヒトデが暴れ出していた。

東都中央病院にヒトデの大群が迫る。


ドリルアームで脱出を試みるライダーマン。

しかし5000ボルトの電流が必要だ。

藤兵衛が外から探るが2500ボルトしかない。

とりあえず試してみることにした。

なんとかドリルアームで外気と繋がった。

V3パンチとパワーアームで脱出成功。

東都中央病院へ向かうV3とライダーマン。


分裂していたヒトデは怪人オニヒトデに合体。

V4803

間一髪駆けつけたV3が病院の外へ叩き出す。

ライダーマンも助っ人に現れオニヒトデは逃げ出す。

V4804

なぜ病院にデストロンが現れたのか?

「特別室」が怪しいとみた2人は部屋に殴り込む。

そこで志郎はデストロンの首領を見る。

V4805

襲いかかるデストロン親衛隊。

志郎はV3に変身。

V4806

丈二はライダーマンに変身。

V3必殺キックから首領をかばうライダーマン。

首領を追うV3の前に現れるオニヒトデ。

オニヒトデのぶちゅう~攻撃。

V4807

オニヒトデに苦戦するV3。

ライダーマンはネットアームで援護。

分裂できないオニヒトデにV3がトドメの一撃!

トオーッ!

V4808

V3ーッ

V4809

3段・・・

V4810

キィーック!

V4811

デストロン首領を助けてしまった丈二。

志郎は「恩人」を思わず助けた丈二を赦す。

デストロン打倒のためにガッチリ握手する2人。

V4812

あれは本当にデストロンの首領だったのか?

謎を残したまま風見志郎の戦いは続く。

シーラカンスキッド

デストロンライダーマン 登場


デストロンライダーマンが完成した。


V4701
「東京都全滅作戦」の開始だ。

結城丈二へヨロイ元帥から年賀状が届く。

横浜市中区山下町235番地と差出人住所付き。


志郎と丈二はその住所へ向かった。

そこにヨロイ元帥を乗せた車が入っていった。

様子を伺っていた志郎にヨロイ元帥の声。

「デストロンの正月パーテーに参加するか?」

志郎は中へ入っていった。

ヨロイ元帥に挑発されてライダーマンも中へ。

志郎への「お年玉」はシーラカンスキッドだった。

V4702

志郎はV3に変身。

シーラカンスキッドを追って表へ出る。

屋敷の中に入ったライダーマンは捕らえられる。

V4703

シーラカンスキッドは屋敷の中へ逃走。

そこには倒れている「ライダーマン」。

V3は偽物を連れて行ってしまった。

ニセ丈二は志郎を崖から投げ落とす。

ヨロイ元帥と仲直りを促すデストロン首領。

立会人にまでなるという。

V4704

今日、首領は日本へ行くと話す。

場所は代々木オリンピック体育館。


ニセ結城丈二はライダー隊本部へ。

ガスで眠らせ、時限爆弾を仕掛ける。

やってきた志郎は時限爆弾を投げ捨てる。

ニセ丈二は逃走。作戦はBに変更した。


ライダーマンを解放するヨロイ元帥。

つまりライダーマンをV3に倒させる作戦だ。

しかし、V3にその場を見られるマヌケぶり。

ニセ結城丈二の正体はシーラカンスキッド。

V3とライダーマンは協力して立ち向かう。

V4705

必殺きりもみ!

V4706

キィーック!

V4707

シーラカンスキッドは吹き飛んで爆発。

V4708


ライダーマンの情報で代々木へ向かう2人。

V4709

ヨロイ元帥も代々木に到着。

待ち伏せするV3とライダーマン。

今度はこっちが利用する番だというライダーマン。

デストロンライダーマンのフリをして近づく。

戦闘員を倒し、アジトに潜入する2人。

デストロンの首領が日本に上陸した。

V4710

果たしてデストロン首領の正体は!?

V3・ライダーマンとの対決は?


次回に続きます!







サイタンク 登場


V3はブルドーザーに押しつぶされてしまった。

逆ダブルタイフーンで脱出したV3。

結城丈二はサイタンクに騙され捕らえられた。

ヨロイ元帥が現れる、丈二に迫る巨大な針。

ライダーV3は訓練場に突入。

ヨロイ元帥とサイタンクは訓練場へ向かう。

そのスキにV3は丈二を救出する。


「なぜオレを助ける?」

「君は仲間だからだ。」

「仲間・・・?」

「子供たちは私が逃がした。」

「V3!」


ヒロシの家族のもとに黒いサンタクロースが。

2人はデストロンに連れて行かれてしまった。

ヒロシを連れた志郎の前にサイタンク。

ライダーマンがネットアームで戦闘員を捕らえる。

サイタンクと戦う志郎にライダーマンが助っ人に。

志郎はV3に変身。


V4601

怪力サイタンクの前に灯籠の下敷きに。

V4602

丈二の世界は音を立てて崩れていった。

デストロンは実に憎むべき組織であった。

傷の治療をする志郎。

スポーツ店へ丈二から電話がかかる。

引き続きアジトの捜索をするという。


ヒロシの祖父が志郎に手紙を持ってきた。

負傷した志郎にとどめを刺すためだ。

現場へ向かう途中、志郎の前に丈二が現れた。

償いにさせてくれという丈二。

志郎は申し出を退け現場(お化けマンション)へ。


アジトで捕らえられた志郎にメスが迫る。

しかし、この科学者は結城丈二だった。

志郎を救出するライダーマン。

志郎もV3に変身し戦闘開始。

V3キック!

V4603

サイタンクの巨大な角がへし折れた。

ライダーマンのロープアーム。

サイタンクの動きを止めた。

「V3今だ!」

V4604

V3きりもみ

V4605

キィーック!

V4606

サイタンクに命中!

V4607

吹き飛ばされ大爆発するサイタンク。

V4608

ヒロシの家にも平和な年末が戻ってきた。

来年もデストロンとの戦いは続く。





サイタンク 登場


街中に現れたサンタクロース。

貧しい子供たちを「幸運の家」へ招待する。

プレゼントの果物を食べさせようとする。

デストロン幹部にするために誘拐したのだ。

ライダー隊員から通報を受け志郎は急行。

しかし、もぬけの殻だった。

現れる黒いサンタクロース。

デストロンの戦闘員が襲いかかる。

続いて現れる怪人サイタンク。


V4501

志郎はライダーV3に変身。

V4502

しかし、V3パンチもV3フルキックも通用しない。

V4503

圧倒的なパワーの前にV3も大ピンチ。

ジャンアントスイングでぶっ飛ばされる。


一方、丈二も幸運の家への招待状を見る。

そこに現れたデストロンのマーク。

丈二もヒロシの行方を捜すことに。

そこに現れたサンタクロース。

ヒロシを帰してほしいと頼む丈二。

V3を倒すために協力すれば子供たちを返すという。


翌日、訓練場に現れた丈二。

サイタンクは丈二にV3を消せと迫る。

V4504

丈二は立花スポーツ店に現れた。

子供たちのことで話があると志郎を呼び出す。

志郎は丈二の狙いを見抜いていた。

勝負を挑む丈二。

V4505

「子供たちを救うにはこれしかないのだ。」

志郎の話にも耳を貸さない丈二。

「デストロンの悪口を言うなーっ!」


丈二はライダーマンに変身。

やむなく志郎もV3に変身。

ライダーマンとV3の戦いが続く。

V4506

そこに山肌を爆破してサイタンクが登場。

V3マッハキックも受け止められてしまう。

ハリケーンダッシュもダメだった。

ライダーマンがロープアームでV3を捕らえる。

そこへブルドーザーをサイタンクが押し込む。

ブルドーザーに押しつぶされるV3。

V4507

果たしてV3の運命は?

らわれた子供たちはどうなる?

カマクビガメ 登場


デストロンの科学者・結城丈二。

彼はヨロイ元帥の策略で死刑を宣告される。

仲間たちと脱走し、失った右手を改造手術。

「復讐の鬼」ライダーマンとして甦った。

ヨロイ元帥のアジトに突入するライダーマン。

しかし、カマクビガメのデストロンガスを浴びる。

一方、片桐からアジトの場所を知ったV3。

ハリケーンを飛ばし、アジトへ向かう。


間一髪!V3がライダーマンを救出。

しかし、ライダーマンは非協力的。

カマクビガメの首がライダーマンを捉える。


V4401

V3はカマクビガメの首を踏みつける。

V4402

その隙に2人は別々の方向へ去った。

ライダーマンが邪魔をした。

首領はこれを利用しようと企む。

青葉団地を全滅させたカマクビガメ。

現場へ向かった志郎を追う結城丈二。

団地の中から赤ん坊の泣き声。

その赤ん坊を背負うとものすごい重さ。

カマクビガメが化けていたのだ。

結城丈二はライダーマンに変身。

志郎はV3に変身し駆けつける。

またしても邪魔をするライダーマン。

V4403

これではV3も100%の力が出せない。

カマクビガメと共に2人も落下。

とりあえずその場を離れた。


片桐の墓の前で丈二と志郎。

アタッチメントを外し志郎に見せつける丈二。

V4404

志郎はV3に変身してみせる。

丈二の前に全身を改造された男の姿があった。


「たった一つ残っているのは、

もとの姿で残っているのは頭脳だけだ。

結城君。改造人間として、この苦しみ。

悩みは君にもわかるはずだ。

個人の復讐は忘れるんだ!」


「わからない・・・僕には・・・わからないっ!」

V4405

アタッチメントを叩きつける丈二。


シゲルたちがデストロンに捕まった。

あとを追う志郎。丈二はまたしても邪魔を。

相変わらず非協力的な丈二。

「少し頭を冷やせ!」

志郎は丈二をぶっ飛ばして変身。


デストロンのガス室に突入するV3。

カマクビガメと戦闘開始するV3。

ライダーマンも幸恵を救出する連係プレイ。

いつの間に共闘したんでしょうか。

カマクビガメの首が伸びV3の足に噛みつく。

そのままライダーV3を呑み込んでしまった。

V4406

かなり無理のあるシーンですが。

このままでは溶かされてしまうらしい。

というわけでV3脱出パーンチ!

V4407

カマクビガメは真っ二つになり爆発。

V4408


戦いを終えて握手を求めるV3。

しかし、ライダーマンは握手を拒否。

無言で立ち去った。

V4409

まだ、蟠りが無くなったわけではないようだ。

ライダーマンの葛藤は続く。






カマクビガメ 登場


オープニング映像が変わりました。


V4208
エンディング曲は「走れハリケーン」に。

デストロンの裁判が開かれていた。

結城丈二の死刑が決定した。

最高幹部会議の決定は首領の決定。

ヨロイ元帥は結城丈二を連行した。

硫酸のプールに吊される結城丈二。

V4301

ヨロイ元帥は保身のため罠にかけたのだ。

右手が溶かされた瞬間、仲間が助けに来た。

脱走したグループに腕の手術を依頼する結城。

開発していたアタッチメントの手術だ。

人造アームを取り付ける科学陣。

そのひとり片桐は看護婦の妹に連絡。

待ち合わせ場所に現れたデストロン。

カマクビガメが片桐を投げ落とす。

妹を助けた風見志郎。戦闘員を捕らえる。

そこへ現れたカマクビガメは戦闘員を口封じ。

V4302

地下へ移動したカマクビガメ。

その前に現れた男。

彼は「復讐の鬼」と名乗った。

V4303

パワーアームで出口の檻を破壊。

V4304

ロープアームで脱出。

現れたカマクビガメ。V3が2人を逃がす。

V4305

藤兵衛に助けられた片桐。

しかし、志郎にアジトの場所を教えて絶命。

一方、結城はライダーマンに変身しアジトへ。

「ライダーマンが結城丈二に代わって復讐に来た!」

V4306

あっさり正体を見破られ「死刑執行」される羽目に。

現れるカマクビガメ。


「カマクビガメはキサマの敵ではないわ!」


この言い回しおかしいですね。

「AはBの敵ではない」の意味は「AよりBが強い」です。

正しくは「キサマはカマクビガメの敵ではない」です。


ともあれ、カマクビガメにはとてもかなわない。

右腕だけの改造人間が怪人に勝てるわけもない。

ヨロイ元帥はパンチを食わせて姿を消した。

V4307

カマクビガメの子亀がデストロンガスを噴射。

大ピンチのライダーマン。

アジトへ急行するV3は間に合うか!?

V4308