仮面ライダーディケイド劇場版

「オールライダー対大ショッカー」

今日、娘(9歳)と観に行きました。
ネタバレになってたらごめんなさい。

「昭和派」の私としては昭和ライダーに注目。
戦闘シーンでも昭和怪人たちを探す始末。
ガニコウモルとシオマネキングは確認できました。
勿論、地獄大使と死神博士の正体怪人も。

このお二人、シリアスなんだかギャグなんだか。

しかし、「イカでビ~ル」はちょっと・・・。
天本英世さんなら厳しい台詞ですな。

ジャーク将軍はちょっとあっさりやられ過ぎかな。

でも声がオリジナル(加藤精三氏)でプチ感動。
ジャークミドラにもなってほしかった。
シャドームーンは「我が名は・・・」って言えよな。

前半のライダーバトルも意味があったようで。
士君の「悪」っぷりもなかなか面白かったですな。

結城丈二のGACKTさんはおいしすぎる。
台詞も行動も「昭和」テイストで良かったッス。

通りすがりの仮面ライダーWも顔見せ。
シャドームーン相手に能力の一端を見せました。

Wにぶっ飛ばされたシャドームーン。

オールライダー連合キックでアジトごと昇天。

キングダークはJのために出てきたんかい?

しかもJは見せ場無くボコられる始末。

ディケイド変形の巨大ディケイドライバーを装着。

巨大コンプリートフォームでキングダーク一蹴。



ラストの賀集君と倉田てつを氏は一言のみ。
モモタロスも含めてオリジナルはいいですなあ。

観賞後、娘が「シン」について質問してきました。
やはり違和感バリバリでしたからねぇ。

劇場版はW&ディケイドの「冬の陣」へと続きます。

AD