暗黒宇宙大皇帝 エンペラ星人
健啖宇宙人 ファントン星人 サイコキノ星人カコ 登場


オープニング無しですか。スーパー戦隊の最終回のようだ。


ウルトラマンヒカリとして甦ったリュウ。
しかし、ムチャクチャ攻撃はエンペラ星人には通用しない。
そんなリュウの姿にミライはメビウスに変身する。
もう変身する力なんてもう残ってないはずなのに。

二人の必殺光線が絡み合いエンペラ星人に放たれた!

しかし、エンペラ星人によって無力化。
さらにメビウスとヒカリはは星人の光線攻撃を浴びる。

メビウスはヒカリの眼前で四散。

そしてヒカリもエネルギーが尽きて姿を消した。

救助に向かうGUYSのクルーたち。
ミライを失って絶望するクルーたちに「4兄弟」の声が聞こえてきた。


「本当にそう思うか?」
「君たちになら聞こえるはずだ。
今は側にいなくとも勝利を信じて共に戦ってきた、仲間の声が。」

「目を逸らしてはいけない。地球の未来は君たちに託されているのだ。」

「君たち人間がいたから我々はどんな強敵とも戦ってこれた。
君たちならそのことを教えられる。」

「そして救ってくれ、弟。
君たちが培ってきたものがあれば、必ずや地球は守り抜ける。」


そして、サコミズには・・・。

4兄弟は焦げ付いた太陽を甦らせるべく必殺光線を放つ。

メタリウム光線!

ワイドショット!

スペシウム光線!!


そしてリュウの右腕にナイトブレスが!
ナイトブレスは伝説の超人ウルトラマンキングから授かったもの。
今、地球と太陽の危機に力を発揮するのだ。

「わかった!一緒に行くぜ。俺たちも。5人も!」

光の粒子となったミライとGUYSの5人が手を重ねる。

サコミズが叫ぶ!
GUYS SURRY ゴォォォォッ!

G.I.G.!メビウースッ!!

メビウスの最終形態フェニックスブレイブ!

GUYSの仲間たちと共に変身した奇跡の姿だ。

エンペラ星人の光線を弾き飛ばす。


「まだわからないのか!?エンペラ星人!

今の僕は・・・一人じゃない!」


その頃太陽ではレオ兄弟も駆けつけ、ダブルフラッシャー。

サコミズ隊長はファイナルメテオールを解禁。
それはスペシウムエネルギーを増幅する装置だった。

メテオールとはそもそも・・・

「我々人間がウルトラマンの心に応えるためのもの。
そう。この日のためにあったものだ!」

メビュームナイトシュートを放つメビウス。

増幅されたシュートがエンペラ星人に命中!


太陽にはタロウと80もやってきた。
ストリウム光線とサクシウム光線を太陽に放つ。


「エンペラ星人。地球を照らす太陽の光は消せはしない。」
「なぜだウルトラの父。
なぜのうのうと太陽に照らされている命を救おうとする。」
闇こそが永遠の世界なのだ!」
「光があるからこそ闇もある。
闇があればこそまた光もあるのだ。」


「サコミズ・・・サコミズ・・・、共に行こう。今こそ君の力が必要だ。」

サコミズ隊長が光の中に入っていくと・・・

ゾフィーに変身した!メビウスと共にM87光線を放つ!


「いくぜ、これが俺たちみんなの最後の戦いだ!」
「余は暗黒の皇帝、光の国の一族などに破れはせぬ。」

メビウスは巨大な炎と化し、エンペラ星人を貫いた!


「余はウルトラマンに負けたのではない!
そうか・・・人間のちっぽけな希望という光。
ウルトラマンと人間の絆に負けたのか・・・。
余が・・・余が・・・光に・・・なっていく・・・。」

光となって飛散するエンペラ星人。


太陽はウルトラ兄弟たちの手で元通りになっていた。


地球は俺たちで守っていけるというリュウ。
その言葉を聞いてゾフィーとヒカリは飛び去っていった。


そして、ミライと仲間たちとの別れ。

「最後の戦いが終わった今、ボクには新しい使命ができました。
この星の人たちと共に得た大切なモノを
光の国の新たなウルトラマンたちに伝えていきます。」

ジョージ「いい顔してるぜ、アミーゴ。」
マ リ ナ「しっかりやんなさいよ。」
テッペイ「君と出会えて本当に良かった。」
コ ノ ミ「ずっと・・・応援してるからね。」

リ ュ ウ「はぁ・・・、行けよ。」

ミ ラ イ「さようなら。今までありがとうございました。」
なにか、ものすごく月並みな言葉ですが・・・。
光に包まれるミライ。

メビウスの視線で画面が動いていく。
巨大化する過程ではこういう風に見えているんだねぇ。
ウルトラマンメビウスは飛び去っていった。
光の国へ向かって・・・。


リュウが叫ぶ「ミラーイッ!ありがとうーっ!!」
仲間たちも叫ぶ。内容はイマイチなので割愛します。


エンドロールはその後のクルーたちの活躍?シーンですか。
リュウだけがGUYSに残ってるってことですかね。
最後は最終回の定番、集合写真でおしまいです。


1年間激走したままゴールしちゃいましたね。
もっとネタはあったんじゃないかと思えますが。
ともあれ皆さんお疲れ様でした。

また、メビウスのエントリを見て頂いたみなさまに感謝申し上げます。
「今までありがとうございました。」(←月並みですが)


AD

恐獣 シャドラー シップドロー 登場


恐獣シップドローが出現。


Z1000

マイティライナーとスモーキーが出動。

スモーキービームも効果無し。


Z1001

ファイターはダブルファイト!

一方的に攻撃したあと、キックを見舞う。


Z1002

シップドローはこれで敢えなくダウン。

太陽を背にカッコつけるゾーンファイター。


Z1003

しかし、これがワナだった。ファイターの影が伸び。


Z1004

山の向こうまで到達すると・・・


Z1005

恐獣シャドラーとなった。


Z1006

シャドラーはファイターの影である。

どんどんエネルギーを使われてしまうのだ。


Z1007

攻撃なんかしなくてもファイターは苦しみ出した。

マーカーチェンジでもエネルギーをチャージできない。

シャドラーはシップドローと共に悠然と去っていく。


Z1008

ファイターはエネルギーが尽き、倒れた。


Z1009

エンゼル・ジュニアと共に父がガロガ基地に潜入。


Z1011

時限爆弾を仕掛ける。

原子炉の破壊を命令したところで爆弾が爆発。

この混乱に乗じて片っ端から基地を破壊する二人。


Z1012

装置を破壊されて姿を消すシャドラー。


Z1013

ガロガの海底基地は木っ端微塵に吹き飛んだ。


次週はテコ入れ第3弾。「ゴジラ対ガイガン」の再現です。



いや、「ゴジラ対メガロ」かな。







AD

恐獣 スパイダウロス ガロガゴリラ 登場


Z0901

ガロガゴリラは「キングコングの逆襲」コングの改造。

長かった手と頭部をすげ替えた物でしょう。


ファミリーに迫るガロガゴリラとガロガ星人。

一方、スパイダウロスはファイターを襲う。


Z0902

エンゼルとジュニア(とお父さん)が戦闘開始。


Z0903

顔面キーック!


Z0904

触角引っ張りーっ!

(このガキ!とか言われてますけど)


Z0905

お父さんも頑張ってます。


Z0906

しかし、多勢に無勢。しかもガロガゴリラが迫る。


「エンゼル!メザーショットよこせ!」


Z0907

さすがウルトラ警備隊キリヤマ隊長(違)


Z0908

メザーショットがガロガゴリラの目に命中!


Z0909

とどめはエンゼルとジュニアのプロトンビーム

とのトリプルショット!


Z0910

ガロガゴリラは木っ端微塵!


Z0911
すごすご引き上げるガロガ星人。チンピラだなまるで。


ゾーンファィターはダブルファイトで巨大化。

スパイダウロスに立ち向かう。

スパイダウロスの糸攻撃!


Z0912

全身を包まれ動けないファイター。


Z0913

エンゼルとジュニアに助けられました。

スパイダウロスにプロトンビーム。

糸まみれのファイターを助け出す。

そしてファイターにエネルギーをチャージ。


ファィターは流星風車という技を出す。

上空でグルグル円を描いて飛ぶ。

最後は遠心力を利用した強力パンチをぶち込む。

相手だけでなく自分も反動で飛ばされるほどだ。

そしてとどめは流星ミサイルマイト。


Z0914

エンゼル・ジュニアのプロトンビーム。


Z0915

スパイダウロスに集中砲火!


Z0916

木っ端微塵に吹き飛びました。


Z0917

ガロガゴリラって元は普通のゴリラでしょう?

レッドスパイダーで恐獣にされただけで。

木っ端微塵にする以外に方法なかったのかね。





AD

恐獣 ゲルデラー 登場


ガロガバラン星人の顔をは虫類にしたような顔。

触角があるからそう見えるのかも。

水中でわかりにくいですがキンキラで派手な配色。


Z0801

水中のゲルデラーをマイティライナーで追い出す。

しかし、ゲルデラーの攻撃で被弾。

ファイターは途中省略でダブルファイト!

パースホテルホテルをぶち壊しつつも戦いは続く。

山の中にあるたった一つの建造物を壊すなって。


ファイターはゲルデラーの弱点の首を狙う。

流星ミサイルマイト!


Z0802

ちゃんと狙いましょう。あ、一応首に当たってるか。


Z0803

続いて名も無き技。

ゾーンメーターからエネルギーをチャージ。


Z0804

胸の前でクロスして、


Z0805

真っ赤なスライサーを水平発射!


Z0806

ミラーマンの技にスライサーHというのがあった。

それに似た動きです。

あ、スーツアクターもミラーマン(後期)と同じ久須美さんだった。

光線の名前をご存知の方は教えて下さい。


ゲルデラーの首に命中!

Z0807

ポロッと落ちる首。


Z0808

ドドーンと倒れる胴体。


Z0809

やがて胴体は大爆発!


Z0810

ファイターは無言で両手を上げた。

これって勝利のポーズなのだが・・・。

う~ん。なんだかなあ。とスタッフもそう思ったのか。

後にはエースの「テーッ!」という声をアテるようになります。


恐獣 ドラゴンキング ギルマラス 登場


ダムに迫らんとするドラゴンキング。


Z0701

ゾーンファイターは地中から出現。

すかさず流星プロトンビーム


Z0702

しかも後から(位置的にはしょうがないか)。


Z0703

ダムの至近距離で格闘したあと投げ飛ばす。

谷間のような地形に挟まったドラゴンキング。

そして流星ミサイルマイト。


Z0704

挟まったまま、爆発。


Z0705

夜になった。恐獣ギルマラスが出現。


Z0706

古代の魚というか、ノコギリ鮫がモチーフ?

ファイターは市街地からセットのない場所へ。

ゆっくり走りながら誘導。


Z0707

振り向き様、居合い抜きのようにチョップ。

ギルマラスは鼻のトゲを自分で外して火炎攻撃。


Z0708

また角を丁寧に元に戻したりしてます。

格闘の末、流星ミサイルマイト。


Z0709

うつぶせでミサイルに晒された恐獣。


Z0710

爆風で山の向こうまで飛んでいき大爆発でした。


2体の恐獣が出た割には協力してません。

二面作戦のような感じ。

ドラゴンキングの顔が丸いのがちょっと・・・。

宇宙超恐獣 キングギドラ 登場


前回に引き続いてキングギドラが登場。

「昭和ギドラ」はこれで見納めです。


キングギドラを金星に誘い出したゾーンファイター。


Z0601

ここでナレーション。


金星の質量は非常に大きい。

従ってゾーンファイターの戦いは困難を極めることを

地球の皆さんにお伝えしなければならない。


い、言い訳ですか・・・。


かつて金星を滅ぼしたキングギドラ。

因縁の惑星に降り立ちました。


Z0602

対峙するゾーンファイターとキングギドラ。


Z0603

反重力光線でファイターが近づけない。


Z0604

そこで流星反射バリア!


Z0605

キングギドラの光線をはじき返した。


Z0606

Z0607

Z0608

さらに流星ダッシュ!要するに体当たり。


Z0609

ドドーンと仰向けに倒れるキングギドラ。

マウントポジションを取ったファィターの猛攻が・・・


Z0610

・・・というか酷い仕打ちが始まります。

首を踏みつける!


Z0611

首を膝で折り曲げる!!


Z0612

いくらこれが最後とはいえスター怪獣ですよ。

そんな乱暴に扱わなくても・・・。


さらに畳み掛ける流星ミサイルマイト!!!


Z0613

爆発の中で藻掻くキングギドラ。なんだか気の毒・・・。


Z0614

ゴールドガロガの戻れという命令。

そりゃそうでしょう。もうボコボコですわ。

つまりこれでTKOですな。

逃げ出したキングギドラを追うゾーンファイター。


Z0615

ももええやろっ!

ガロガ要塞に近づきすぎたため父の指示で引き返す。

母は「キングギドラは立ち直れないわ」と言ってます。

ファィターとスモーキーは地球に帰還していきました。

あまりにも悲しい結末。

あのキングギドラがボコられてすごすご退却ですから。

立ち直れないのはファンの方だったりして。


宇宙超恐獣 キングギドラ 登場


Z0501

このキングギドラは「怪獣総進撃」まで酷使された着ぐるみです。

飛び人形と共に「ゴジラ対ガイガン」でも使用されました。


Z0502

痛みが激しく、この第5話と第6話が最後のお勤めです。


ブルーグリーン装置を廻る地球の危機。

太陽を覆う雲によってエネルギーを失うファィター。

エンゼルとジュニアも同様でチャージができない。

キングギドラと対峙するファィターだが、いきなりピンチ。


Z0503

羽ばたきで吹き飛ばされそうになり、反重力光線攻撃。


Z0504

そのとき、スモーキーからの光線がギドラに炸裂。


Z0505

太陽を覆い尽くしていた雲が晴れてエネルギーは満タン。

ファィターはギドラを打撃技で圧倒。

堪らず空に逃げるキングギドラ。

ファィターの手にはプロトンパワーが。

それを装着し飛び上がったファィター。

キングギドラを宇宙まで誘い出そうとしているのだ。


Z0506

宇宙空間に到達したファイターの眼前にガロガ宇宙要塞。

深追いは危険とUターンするファィター。

キングギドラと戦う時が来た!


と言うわけで次回に続く。


スター怪獣キングギドラの扱いが酷いですよ。

いくらこれで終わりだからって・・・。

次回さらに酷い仕打ちが・・・。


暗黒宇宙大皇帝 エンペラ星人 無双鉄神 インペライザー
宇宙剣豪 ザムシャー 健啖宇宙人 ファントン星人
サイコキノ星人カコ 登場

M4901

インペライザーの猛攻に吹っ飛ばされたメビウス。
しかし、地球人たちの声援でバーニングブレイブに!
再びメビュームダイナマイト。

M4903

インペライザーに炸裂。吹き飛ぶインペライザー!大歓声の人々。

傷ついたミライに駆け寄る少年が「ありがとう」。

高エネルギー体が太陽を浸食し始めた。
このままではいずれ太陽が・・・。
そして空間転移で世界中のインペライザーが迫る。
メビュームダイナマイトを使ったミライは戦闘不能。
フェニックスネストに迫るインペライザー。
シルバーシャークGが発射され、インペライザーを倒した。
しかし、直前に発射されたドリルミサイルでシルバーシャークGも被弾。
一機が破壊されてしまった。
すぐさま空間転移してくるインペライザー。

フライトモードに移行しようとするフェニックスネスト。
しかし、インペライザーの攻撃で被弾。
施設は次々と破壊されていった。
地下の粒子加速器も破壊されてしまう。
消えるレムエレキング。マケット怪獣ももう使えない。
基地に迫るインペライザーが真っ二つになった。
宇宙剣豪ザムシャーが助太刀にやって来た。


M4907
そしてインペライザーが遥か上空に舞い上がり潰された。
作戦室に現れ倒れ込むミライを支えるカコ。
さらに現れるファントン星人。
「キレテ・コシ・キレキレテ」

M4909
「あたしはミライの妹だもん。」

M4910
かつてミライ達が関わった宇宙人たちがやってきたのだ。
「見ているかエンペラ星人。これが我々が紡いできた絆だ。」
サコミズ隊長は心の中でそう叫んだ。

空から真っ赤な球体が落下。街は火の海となった。
その中に姿を現すエンペラ星人。
「余は暗黒の支配者、エンペラ星人。
ウルトラの父よ、光の者達よ。
ついに3万年前の決着を着ける時が来た。」

3万年前のウルトラの父との一騎打ち。

M4912
相打ちに見えますが。より深手を負ったのはエンペラ星人だった。
燃え尽きんとする太陽。暗雲に包まれる空。
このまま地球の未来は失われてしまうのだろうか。
ザムシャーがエンペラ星人に立ち向かうが吹き飛ばされる。
超能力を使おうとしてカコは弾き飛ばされ壁に激突。
ミライは変身しようとするがメビウスブレスは粉々に。
現れたハンターナイトツルギも吹き飛ばされる。
リュウはかつてセリザワと乗った機体で出撃。
スペシウム弾頭弾を撃ち込む。
ザムシャーとツルギが斬り込むが片手で止められてしまう。
そしてついにフェニックスネストが被弾。
トドメの一撃が発射された瞬間ザムシャーが盾となった。

M4917
「これが・・・守るということなのだな・・・・・・メビウス。」
「ザムシャー!!!」
ザムシャーは静かに倒れ光の粒子となった。

その粒子のひとつを握りしめるミライ。
「よくもザムシャーを!」ナイトシュートを放つツル
しかしエンペラ星人に簡単に弾かれる。

さらにエンペラ星人の攻撃を受けてアーブギアが消滅。
ウルトラマンヒカリの姿になってしまう。
それでも立ち向かうヒカリ。
「惑星アーブよ・・・感謝する!」
ヒカリは星斬丸を拾い上げエンペラ星人に斬りかかった。


M4921

ヒカリはウルトラの父と逆の所に刀傷を付けた。

しかし、力尽きガックリ膝を突く。
「リュウ、メビウスをGUYSを頼んだぞ。」
そう言い残して消えていくヒカリ(となぜか一緒に星斬丸)。


M4922

その直後機体ごとエンペラ星人に突っ込むリュウ。
しかし、エンペラ星人の攻撃で機体は木っ端微塵!


「リュウさーん!!!」

でも突っ込む直前にリュウが青白い光に包まれる描写があった。
こりゃ、死んでないな。

太陽はついに真っ黒に燃え尽きてしまった。
次回いよいよ最終回。
おおっ!ゾフィの変身シークエンスが!誰が変身!?


M4925


初代と新マンのダブルスペシウム光線!

エースとセブンのメタリウム光線とワイドショット!

おっ!待ってたぜアストラ!レオとウルトラダブルフラッシャー!

ヒカリも出てくるみたいだけどタロウは?

ワルギルガー スパイラー 登場


今回ゴジラが登場!早くもテコ入れか!?

いえいえ、シナリオ段階では第1話に登場予定だったんです。

ゴジラの着ぐるみは「ゴジラ対メガロ」に使用されたもの。

ゴジラのスーツアクターもオリジナルの河合徹氏。

まさに銀幕のヒーローがテレビにやってきたのだ。

なんて贅沢。


今回は螢の優しさにつけ込んだガロガ。

正体がわかりエンゼルはまた1対1の戦いへ。

Z0401
エンゼルも奮闘しますが、空中でキックを浴びてうずくまる。

Z0402
さらに首を絞められ大ピンチ!

Z0403

このときすでにファイターはワルギルガーと戦闘中。

今日は助けが来ない?

いえいえ、今日はジュニアが助けに来ます。
Z0404
なんだかよくわからないうちにやられたガロガ星人。
Z0405
スパイラーに変身してファイターに迫ります。

Z0406
ファイターの窮地に現れたゴジラはゆっくり歩みを進める。

Z0407

その間も2体の恐獣にボコられるファイター。
Z0408
ゴジラはスパイラーの背中のトゲをもぎ取る。
Z0409
返す刀でワルギルガーに正拳突き。

ゴジラの介入で復活したファイターはスパイラーに立ち向かう。
Z0410
ワルギルガーはゴジラの放射能火炎で爆発。
Z0411
スパイラーにはファイターの流星ミサイルマイト。
Z0412
さらに放り投げてからの流星プロトンビーム。
Z0413
スパイラーも大爆発!
Z0414

今回からファィターが納谷悟朗さんがアテたエースの声を発してます。

(「ウーンッ!」とか「テェーッ!!」とかね)

次回はテコ入れ(?)第2弾キングギドラの登場です。



四次元恐獣 ドロラ 登場


今回はエンゼルが単身、ガロガ星人の地底基地に潜入。

いつもと衣裳も違います。



Z0301

ガロガと1対1で戦います。



Z0302

蹴りますっ!



Z0303

蹴られますっ!



Z0304

やや劣勢になったところでファイターが助けに来ます。



Z0305

ファイターにボコられたガロガは救援要請。

四次元恐獣ドロラが送り込まれます。



Z0306

ドロラは赤いガスでファィターを苦しめます。



Z0307

しかし、マーカーチェンジしてからは一方的。

流星スライスチョップで腕を切断。



Z0308

四次元ネットを張って反撃するドロラ。

それも流星プロトンカットで無効にします。



Z0309

とどめはお馴染み流星ミサイルマイト。



Z0310

ドロラは倒れ、ガロガの地底基地も破壊されました。



Z0311

地底と言いながら施設の一部が地上にありますが。


ゾーンエンゼルは設定が16歳。

戦闘力は18歳のファイターほどではないにしても、

シナリオ段階では巨大化できたりミサイルマイトを撃てる設定。

決して弱々しいヒロインではないのだ。

次回も単独でガロガと戦うシーンがあります。


前後に顔がある奇妙な造型の恐獣です。

狙いは面白いが、あんまり怖そうに見えません。