中川君が優勝!釜石の小山君、ベスト8でした


準々決勝の結果Add Star

【男子】

○沖朋弘(広島・世羅高2年)-●木場幸一郎(東京・開成高1年)

○中川慧梧(岩手岩手高2年)-●入山稜平(愛知名古屋高1年)

○奥村雄太(兵庫・灘高2年)-●多々納守(東京・麻布高1年)

○浅野翔平(宮城仙台第一高1年)-●小山怜央(岩手釜石高1年)


準決勝の結果Add Star

【男子】

●沖朋弘-○中川慧梧

○奥村雄太-●浅野翔平


決勝の結果Add Star

【男子】

○中川慧梧-●奥村雄太

AD

2009朝日アマ北東北予選結果

テーマ:
第33回朝日アマチュア将棋名人戦(朝日新聞社主催)の北東北代表決定戦が20日、盛岡市でおこなわれ、岩手県代表の県立釜石高校1年の小山怜央5段(16)が全国大会初出場。

 代表決定戦は青森、岩手の両県を勝ち抜いた4人でトーナメントを争った。

結果は下記のとおり。

決勝は青森代表で小学6年生の山岸亮平4段(12)と小山さんが対戦。中盤は山岸君が押し気味だったが、終盤に山岸君の判断ミスもあって小山さんが逆転したとのこと。

北東北代表、おめでとう!



準決勝 ○小山怜央(岩手)-●工藤俊介(青森)
    ○山岸亮平(青森)-●堤征信(岩手)
決勝  ○小山怜央-●山岸亮平

AD

第8回全国小学生「倉敷王将戦」結果

テーマ:

今年も熱い将棋少年たちの真夏の祭典、倉敷王将戦の日がやってまいりました。

不定玉も今回で5回目の取材、観戦です。

今大会より若干参加人数も増えたところがあり全国から低学年・高学年を合わせて

128人が参加する超ビッグな大会となった。


釜石王将クラブ釜石王将クラブ
倉敷市長のごあいさつ             低学年全員で記念撮影

結果は次のとおり(敬称略)

≪高学年の部≫ 

優 勝:佐伯駿介(新潟)

準優勝:渡辺剛史(宮城)

第3位:山岸亮平(青森) 日高啓道(千葉)


≪低学年の部≫

優 勝:武智誠(愛媛)

準優勝:古賀悠聖(福岡)

第3位:森田富裕(千葉) 田中倫規(広島)


以下岩手県関係の成績


≪高学年の部≫

浅見公太(2勝3敗)

●○●○●


≪低学年の部≫

小林義朋3勝2敗)

○○●●○


釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
高学年成績 →         
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
                             低学年成績→
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ

釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
一回戦風景(低学年)               同左
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
真剣な表情の小林君               小林君のお父さんは階段から観戦
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
この対局はどうだったかな?          試合が終わって練習対局(学生選手権の仲間と)
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
不定玉がセッティング(埼玉県の鈴木君と)  会場出口で記念撮影

小林君のお父さんとは友遊クラブのはらやんさんとともに

いろいろ楽しく話をさせていただきました。そして対局がすべて終わってから

練習対局を岐阜県代表の村中君、埼玉代表の鈴木君とセッティング。

最後に不定玉が2枚で小林君と対局。ところどころ疑問手がありましたが

おおむね二枚落ちの定跡も覚えているようで来年は二枚落ちでは

不定玉の手に負えなくなってるかもしれません。アセアセ・・・(^^;)

また来年も高学年代表として来て下さいね

AD

2009東北6県大会結果

テーマ:

岩手県3位入賞!

副将・小山怜央5段は3-2で準優勝を飾る!


1回戦対秋田戦、大将●・副将○・先鋒○で2ー1勝ち

2回戦対宮城戦、大将○・副将●・先鋒●で1-2負け

3回戦対福島戦、大将○・副将●・先鋒●で1-2負け

4回戦対山形戦、大将○・副将○・先鋒○で3-0勝ち

5回戦対青森戦、大将●・副将○・先鋒●で1ー2負け


最終結果 

    大将戦(岩泉穀5段)3ー2で準優勝。優勝は秋田鈴木勝裕さん。

    副将戦(小山怜央5段)3ー2で準優勝、優勝は宮城浅野翔平さん。

    先鋒戦(盾石拓5段)2ー3で4位、優勝は福島竹内さん。

チームとして

    岩手は2ー3で三位入賞

    優勝は5ー0で、宮城でした、

    準優勝は3ー2で福島でした 

    選手、監督、応援の皆様お疲れさまでした


アマ竜王戦(全国大会結果)

テーマ:

6月27・28日の2日間、東京でアマ竜王戦が行われた。


岩手県からは釜石の小山怜央5段が県代表として参加。


結果は予選2連勝で通過、決勝T1回戦で序盤に痛いミスをしたようで


敗退してしまった。


結果は以下のとおり


予選Ⅰ回戦 小山怜央(岩手)○ー×大垣(滋賀)

予選2回戦 小山怜央(岩手)○ー×禰保(沖縄)


決勝T1回戦 小山怜央(岩手)×ー○井上(愛知)


全体のトップ争いは・・・


準決勝
竹内俊弘(福島)×ー○加来博洋(東京)

決勝
秋山太郎(東京)○ー×加来

三決
竹内○ー×早咲誠和(大分)

・・・・で秋山太郎さんが優勝されました。