釜石親子将棋教室(2010/1/16)

テーマ:

1月16日(土)いつものように釜石市のシープラザでこども将棋教室が日将連釜石支部主催で開催された。


今日はいつもと違って特別な日でした。素晴らしいゲストを迎え、ビッグイベントを行いました。


なんと日本将棋連盟からプロ棋士の島朗九段と女流プロ棋士の斎田晴子四段、鈴木環那初段といった人気棋士を迎えて将棋教室を実施しました。

オープニングにプロ棋士・島朗九段が司会進行を務めていただき、女流プロの斎田晴子四段、鈴木環那初段の3人による「礼儀作法と頭の良くなる将棋の話」や

3人のプロ棋士がそれぞれ将棋を覚えた頃の話などを面白く紹介してくれて、こどもも大人も退屈しないで30分間聞くことができて、そのあとこども達と女流プロとのリレー将棋で楽しんだ。
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
当日の親子将棋教室の風景

プロ棋士による将棋講座はナマでは見ることがなかなかできませんが今日は実際に目のあたりにすることができ、参加したこどもたちはもちろん、親御さんもかなり感動されたのではないでしょうか!


このあと場所をシープラザのメインステージに移して野田釜石市長VS鈴木環那女流初段との二枚落ちお好み対局を実施。解説・島九段、聞き手・斎田女流四段のやり取りに、通り掛かりの人たちが足を止めて聞き入り、大きな人だかりが出来た。

40年振りに駒を持つという野田市長が難しい局面で作戦タイムを2度取りながら鮮やかに寄せ切り、大勢の観戦者から万来の拍手。

鈴木環那初段から実力三段とお墨付きの言葉を頂き「緊張しました」と野田市長が笑顔を見せた。模範対局に相応しい見応えのある将棋だった。
釜石王将クラブ 釜石王将クラブ
(ステージでのお好み対局釜石市長VS鈴木女流初段戦風景)

最後にミニ大会を開催し、子供達は釜石市の教育長から最多賞(斎田賞?)として女流お二人の直筆扇子などを頂きました。子供たちに果たしてその価値が分かるのかな?
本当にこどもたちにとっても親御さんにとっても思い出に残るイベントになりました。


釜石王将クラブ
ミニ将棋大会も盛会でした~

AD

高橋くん、弐段に!

テーマ:

11月3日、青森県の第9回二戸場所(於、ホテル金田一)に高橋誠初段が参加し、20人の中でみごとに「優勝」を勝ち取りました。

そして弐段位を獲得されました!!おめでとう!大会で段位を獲得するのは価値がありますね!

これからもますます精進して上を狙いましょう

大会の結果は以下のとおり

高段者戦
優勝 飯田巧五段(むつ市)
二位 中川滉生四段(八戸市)
三位 田村純也五段(八戸市)
三位 山岸亮平四段(八戸市)

二段位獲得戦
優勝 高橋誠初段(釜石市) =二段位獲得
二位 浅田守穂初段(八戸市)
三位 三上徹朗初段(青森市)
三位 川村勇二初段(三沢市)

ジュニアの部
優勝 小林義朋2級(盛岡市小3)
二位 赤坂直哉2級(八戸市小3)
三位 阿部奈緒3級(八戸市小4)

AD

島先生をお迎えして・・・
釜石王将クラブ


7月11日、毎週行っている釜石こども将棋教室を開催した。じつはこの日は特別な日で初代竜王だった島9段を迎えてのこども将棋教室を企画した。



島先生は来釜当日、ぎっくり腰で腰を痛めたにもかかわらず、大盤で将棋解説をしてくださったり、多面指し4Rで10数人のこどもたちに指導してくれました。


本当に腰の低い先生でみんなファンになったのではないでしょうか。


普段はにぎやかな子どもたちもこの日ばかりはピーンとはった空気を読んでか、真剣に取り組んでいました。


釜石王将クラブ

釜石王将クラブ

釜石王将クラブ

AD

このたび釜石将棋教室があらたに伝統文化・釜石将棋教室として

再スタートした!

開催場所は釜石駅前のシープラザ3階会議室

開催日時は毎週土曜日3時30分~5時30分まで

(ただし7月4日は2時~4時まで)

詳細は将棋連盟釜石支部の支部長・土橋さんまで

会費等は今のところ無料でやっています


特徴としては、アットホームな教室ではありますが、将棋を通して子供

たちに考える力、集中力を身につけさせ、また礼儀作法も重視しています。

ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

男の子だけでなく女の子も、初心者の子も大歓迎。

今は幼稚園児~中学生までおよそ10人程度の子どもさんが参加されています。

みなさん、親子づれでぜひ一度来てみて下さい!


釜石王将クラブ 釜石王将クラブ

釜石王将クラブ 釜石王将クラブ

第13回マスト子供将棋大会の結果

テーマ:

1月12日(祝)の第13回マスト子供将棋大会開催された。今回は中学生の参加がなく

小学生だけの大会になりました。大会始まって以来のことです。



名人戦の部(6人参加)

優勝 小山真央(鵜住居小5年)
2位 高橋誠(双葉小6年)
3位 山口大成君(花輪小6年)

新人王戦の部(15人参加)

優勝 小田島蒼太(双葉小3年)
2位 桜庭幹太(甲子小6年)
3位 新田洸太郎(大槌小6年)


名人の部に参加した小林義朋君(盛岡岩大付属小)は小学2年生です。

平均年齢が少しずつ下がってきているような気がします。

月日が過ぎるのは早いもので幼稚園の生徒だった山口大成君(花輪小6年)

や小山真央君(鵜住居小5年)は第1回大会から参加していて、それがもう

最上級生クラスになってしまいました。

名人の部は全敗者がなくレベルの高い熱戦が多くみられました。