赤旗名人戦(岩手県大会)結果

テーマ:

赤旗名人戦(岩手県大会)盛岡・教育会館10/12


小山怜央三段が名人戦で準優勝!

小島五段(遠野)が意地の優勝!

決勝トーナメント以上の結果は以下のとおり

A級
決勝T1回戦
○笹久保幸男 - ●平賀 雅昭
○盾石 拓 - ●佐藤 治樹
○佐藤 将志 - ●三浦 信二
土橋 吉孝 - ●高橋 英聖


決勝T2回戦
○小島 常明 - ●笹久保幸男
○川村 文隆 - ●盾石 拓
小山 怜央 - ●佐藤 将志 順調に勝ちあがり、今日も絶好調か・・・
○及川 直孝 - ●土橋 吉孝 師匠は無念の敗退


準決勝
○小島 常明 - ●川村 文隆
小山 怜央 - ●及川 直孝 及川さんにも勝ち、もしや・・・県代表かと思われましたが


決勝
○小島 常明 - ●小山 怜央 古豪・小島さんに決勝でやぶれ県代表を逸す


3位決定戦
○川村 文隆 - ●及川 直孝

AD


釜石支部が優勝!

(国道107号沿線支部団体対抗戦)

平成20年10月4日(土)5日(日)
「第14回国道107号沿線支部交流将棋大会」結果

優勝した釜石支部の皆さんと鈴木環那女流プロ
左から(先鋒)小関さん、(二将)土橋さん、鈴木環那プロ、
(三将)下田さん(副将、)小山さん、(大将)藤原さん

第1位 釜石支部
第2位 秋田中央支部
第3位 北上支部A
第4位 遠野支部
第5位 こまち支部
第6位 湯沢雄勝支部
第7位 横手支部
第8位 本荘市部
第9位 奥州支部
第10位 紫波支部
第11位 大船渡支部
第12位 一の関ごきげん支部
第13位 花巻支部B
第14位 平鹿町支部
第15位 花巻支部A
第16位 北上支部B

予選(16チーム参加) 予選1位が決勝トーナメントへ
Aブロック
1:秋田中央(3-0、勝ち点10)
2:こまち (2-1、同11)
3:紫波 (1-2、同7)
4:北上B (0-3、同2)
Bブロック
1:釜石 (3-0、勝ち点10)
2:本荘 (2-1、同9)
3:一の関ごきげん(1-2、同6)
4:花巻A (0-3、同6)
Cブロック
1:遠野 (3-0、勝ち点9)
2:横手 (2-1、同9)
3:大船渡 (1-2、同8)
4:花巻B (0-3、同4)
Dブロック
1:北上A (2-1、勝ち点11)
2:湯沢雄勝(2-1、同9)
3:奥州 (2-1、同9)
4:平鹿町 (0-3、同1)

決勝トーナメント
・準決勝 釜石3-2遠野
秋田中央3-2北上A
・3位決定戦 北上A4-1遠野

・決勝 釜石3-2秋田中央


大会風景 手前は遠野支部vs北上Aの3位決定戦
決勝戦は秋田中央支部さんと・・・ 怜央君の相手はカンナ女流プロではないか!

真央くんが記録係を・・・がんばってるね^^
表彰をうける釜石支部

秋田県HPから転載させていただきました

※写真は小山さんから頂きました

■[土橋]
[第14回国道107号沿線将棋大会]
去年返した優勝旗をまた頂いてきました。
決勝の相手秋田中央支部は今年の東北6県大会のメンバー2人(堀井さんと佐藤さん)に、秋田ナンバー1鈴木勝裕さん、3年前の6県大会代表和田英治さん、大会審判長鈴木環那ちゃんを加えた超強豪チーム。こちらは大将藤原洋一、副将小山怜央、中堅下田隆衛、次鋒土橋吉孝、先鋒小関文義のメンバー。毎年平均年齢が1つずつアップしてきてます。
予選リーグ1回戦は花巻支部に3-2、2回戦本荘支部に4-1、3回戦一関ごきげん支部に3-2。決勝トーナメント1回戦遠野支部に3-2、決勝戦は小山怜央が審判長の環那ちゃんに勝ち(ここは最初から釜石○。でも真剣に対局してました)、先鋒小関さんが和田さんを投了に追い込み(詰んでいないのに投了させるという小関マジック?)、最後に残った僕がことしの6県大会秋田県の副将佐藤弘康さん相手に終盤ハラハラさせながら逃げ切り3-2で2年振りに優勝。幸運に恵まれたといえます。チーム内では怜央だけが全勝。これは実力。

■[小山父]
[おめでとうございます!]
107号団体戦選手の皆さんおめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
↑の土橋先生の内容を見ると、秋田中央のメンバーは本当に凄いですね。(会場では気が付きませんでした)
以上はまっこクラブ掲示板より

AD