第8回マスト子供将棋大会の結果

テーマ:

第8回マスト子供将棋大会の結果(2006・8.20 シーサイドタウンマストにて

小山田友希さんが初優勝!

名人戦のほうは昨年までのメンバーから世代交代?となり超強豪の小中学生が居なくなった。だがしかし良く見ると今年の小学生県代表の子供たちで1~3位は占められているではないか・・・。

新人王戦のほうは一関のほうから遠征してくれた銀くんが優勝。地元組では啓人くんが頑張ってくれた。

総じて参加者がこれまでよりちょっと少なかったようなのが残念。地元のこども達へ、

次の冬休みにはいっぱいいっぱい参加してください。


(結果は以下の通り)

名人戦の部 

        1位 小山田 友希さん(盛岡市/6年)

         2位 小山  真央くん(釜石市/3年)

         3位 高橋  誠 くん(釜石市/4年)

     名人戦の対局風景1                 名人戦の対局風景2

                      名人戦上位入賞者
新人王戦の部

        1位 横田   銀 くん(一関市/2年)

        2位 穴戸   翔 くん(釜石市/3年)    

        3位 寺田  啓人くん(釜石市/4年)

新人王戦対局風景                新人王戦上位入賞者


大会に先立っておこなわれたこども将棋教室と指導対局

※写真は銀河研究会大会結果より使用させていただきました。小山田さん、すみません^^;

AD

第5回小学生倉敷王将戦の結果

テーマ:

第5回小学生倉敷王将戦の結果

日時:2006年8月5日(土)

場所:岡山県倉敷市 倉敷芸文館

参加者数:100人

ゲストに有吉道夫九段、清水市代倉敷藤花が出席、3回負けたこどもから優先的にプロによる指導対局が受けられることになっている。

一方、四連勝者による決勝Tがおこなわれ最後の決勝戦は会場で壇上対決となる。さながらJT杯の公開対局をみるような感じだ。

ゲストの有吉・清水プロ             対局前に全員でチ~~~ズ!


小山真央くん(低学年の部=鵜住居小3) 2勝3敗

 

1回戦 ●VS山中晋吾(大阪)

2回戦 ●VS与那嶺明(沖縄)

3回戦 ●VS荒木優太郎(富山)

4回戦 ○VS石松大明(福岡)

5回戦 ○VS山本渚生(長野)


優勝:徳田拳士(山口3年)5-0

2位:増田康宏(東京3年)5-0

3位:山口孝貴(宮崎3年)4-1

   本田 奎(神奈川3年)4-1

2階から見た低学年の対局風景        階段から見下ろす付き添いの父兄

5回戦大局前の真央くん

  低学年成績表  


佐々木眞一くん(高学年の部=土淵小6) 2勝3敗


1回戦 ●VS長谷部浩平(栃木)⇒本大会準優勝

2回戦 ○VS大槻優士(長野)

3回戦 ○VS川本哲也(島根)

4回戦 ●VS佐々木大地(長崎)

5回戦 ●VS山本哲郎(香川)


優勝:阿部光瑠(青森6年)5-0

2位:長谷部浩平(栃木6年)5-0

3位:石川優太(三重6年)4-1

:成田弥穂(宮城6年)4-1

5位:高橋海渡(新潟6年)4-1

6位:目黒  丈(福島5年)4-1

7位:渡辺和史(東京6年)4-1

8位:島田健太(広島6年)4-1

   奥田崇文(富山6年)4-1

   後藤伊織(福岡5年)4-1

1回戦を戦う眞一くん、相手は優勝候補・・・?!

高学年成績表

(観戦雑感)

倉敷王将戦はこの夏で連続3回応援観戦に行っている。今年の岩手県代表の真央くん、眞一くんはいずれも本大会2回目の出場だ。固くなることも無いだろう。力いっぱいの奮戦がきたいされるところだと思っていた。


真央くんは1回戦はハイレベルな戦いを勝ち抜いてきた大阪の山本くんとあたり、敢無く星を落としてしまった。だがここで踏みとどまって欲しかった。あと4つ勝てば上位入賞できるからだ。1回戦を負けたことによって2回戦・3回戦はどうも淡白な将棋になってしまったようだ。指し手も異様に速い。相手の子も速いがそれ以上に指し手の速さを競っているようにさえ見て取れた。

こういう大会では辛抱した方が好成績を残すもの。折角の全国大会なんだからもっと丁寧に指すべきだったね。


3回戦が終わった時にゆっくり指すように小山パパと一緒に注意、ようやく真央くんにも勝利の女神がほほえむようになった。

4~5回戦の相手はいずれも全敗の子だった。2~3回戦を戦っていた真央くんと同じ気持ちで指していたに違いない。5回戦の対局を見ていると真央くんが本当は負けていた。でも相手も気がついていない・・・県代表なんだからじっくり落ち着いてさすべきじゃないかな^^まだ来年もある!がんばろうね。


一方の眞一くん、しばらく見ない間に随分と背が伸びたものだ。将棋のほうも二段だとか・・・丁度、棋力も伸び盛りなんだね~

ところが1回戦で当たった相手がつよすぎた。優勝候補の一角、長谷部くんだ。中盤まで良く健闘していたが最後は鮮やかに決められてしまった・・・残念。

こちらも1回戦で調子を崩されるかと思いきや、2~3回戦を長手数で勝ちきるところは勝負強い。なんとか4~5回戦も勝ち、上位入賞を果たしてもらいたかったが、結果は残念ながら2-3と負け越してしまった。

倉敷王将戦は眞一くんにとって最後の大会であったが1回戦で準優勝の長谷部くんのような強豪と指せた事は大きな財産になっただろう。


いずれにしても二人揃って2勝を挙げることができたのはよかった。それにしても倉敷はなんと暑いことか・・・将棋の盤上もだが・・・^^;


Vのサインは岩手代表の真央くんと眞一くん    おまけ(応援隊の二人)


AD

中学生選抜将棋選手権大会の結果

テーマ:

小山怜央くん(釜石東中1年)が全国大会で堂々の3位入賞!!


日時:2006年8月3日~4日

場所:山形県天童市


予選リーグ2勝1敗で通過


決勝トーナメント

1回戦 小山 怜央 ○-永利 竜一(佐 賀 )●

2回戦       ○-中沢 亮太(宮城)● 東北同士の対戦は小山君勝ち。(応援の加部さん残念)

3回戦 ○-石川 泰(兵庫)●

準決勝 ●-中川 慧梧(青森)○


3位決定戦
   小山 怜央○-沖田 幸輝(広島)●

男子の結果                 女子の結果

優勝:児玉 星湖(京都)          優勝:香川 愛生 (東京)
2位:中川 慧梧(青森)           2位:小野 ゆかり(東京)
3位:小山 怜央(岩手)          3位:工藤 佳織 (青森)
4位:沖田 幸輝(広島)          4位:峰野 くるみ(長崎)


男子決勝T結果はここをクリック してね 女子決勝T結果はここをクリック してね


                準決勝風景(怜央君対中川君(青森)

3位決定戦風景          表彰式風景

(画像は山形県HPより)

■[森川]
[中学選抜途中速報]
ビッグニュース!
怜央くんが1年生ながら天童でおこなわれている中学選抜でベスト4入りしました。おめでとう!やったね!^^
決勝まではあと一歩のようでしたが明日3位決定戦に出場。(⇒その後3位決定)中学名人戦も楽しみですね

準決勝では青森の中川兄(2年)に惜しくも敗れた模様です。
私は明日岡山に行って真央くんの応援をしてきます^^;
Pc 2006/08/03(木)22:55(浜っ子クラブ掲示板より)


■[土橋]
[真央も頑張って!]
大会前の3日間、藤原洋一君、小関(弟)さん、僕と3人で軽いトレーニングでしたが、少し調整できたのかな?怜央は順当ならベスト8と見ていましたが、上出来です。来年は優勝候補です。中学生名人戦も楽しんで指してきてください。いい夏休みになりますね。真央も頑張ってくれると嬉しいな。よく考えて指すんだよ。ではでは~。
Pc 2006/08/04(金)10:22(浜っ子クラブ掲示版より)

■[菊池]
[怜央君、おめでとう!]
中学生選抜全国大会3位入賞、おめでとう。
次の目標はいわずもがなですね。
中学生になってから、いい顔つきになってきました。甘えを捨てて、将棋の世界を堪能して下さい。学校の勉強も忘れずにね。

さて、次は真央君の出番。がんばれよっ(浜っ子クラブ掲示板より)

■[小山 怜央]
[ありがとうございます]
先生方へ
ありがとうございます。
全国大会で初めて入賞することが出来ました。
今は、真央の応援で倉敷にいます。
真央は2勝3敗でした。
これからもよろしくお願いします。(浜っ子クラブ掲示板より)
Pc 2006/08/05(土)22:43

■[友希パパ]
小山君は3位ですか...どんどん強くなってる...(銀河研掲示板より)


■[Yさん]

中学校選抜は、準決勝 中川君VS小山君
中川君が勝って明日決勝、、、あと一つ頑張ってほしい。負けた岩手の小山君も
かなりの強豪を破ってのベスト4は立派でした。(青森県HP掲示板より)


AD