将棋第8回マスト子供将棋大会&子供将棋教室のご案内


日  時:8月20日(日) 子供将棋教室 10時30分~

              もしかしたらこの将棋教室で覚えたことが午後の大会で役に立つかもよ^^

              将棋大会にむけた秘策が・・・ある!?(o^-')b(爆)

             子供将棋大会 13時~ 詳しくはマスト1階サービスカウンターか

             マスト事務局(電話0193-42-8100)まで⇒ここをクリック 、もうひとつクリック


場  所:シーサイドタウンマストショッピングセンター2階特設会場


参加費:無料!!ヽ(゜▽、゜)ノ(`∀´)

        

AD

第2回文部科学大臣杯小中学生団体戦より

テーマ:

小山監督率いる岩手県チームは下記の通り予選リーグBに出場した。

岩手県5人の戦士たち           戦士の父兄の面々(小山監督が写ってないな~w)

下記は東北関係のみを掲載

【青   森】工藤俊介〔3〕中川慧梧〔2〕阿部光瑠(6)中川滉生(6)駒沢真己(5)
【岩   手】小山怜央〔1〕澤口諒允〔2〕佐々木眞一(6)小山田友希(6)高橋誠(4)
【宮   城】浅野翔平〔1〕渡辺翔太〔3〕佐藤悠広(5)渡辺健太郎(6)伊藤大智(6)
【秋   田】半田駿介〔2〕今川慧〔2〕柏谷怜明(6)田口裕矢(6)畠山舜(4)
【山 形 A】斎藤裕樹〔1〕堀井厚太郎〔3〕阿部美鈴(6)小嶋彬嵩(6)相田和輝(6)
【山 形 B】菅原俊〔3〕斎藤潤〔3〕小山周朗(6)鷲田悠人(6)本間瑞生(4)
【福   島】若松宏昌〔2〕阿部光平〔1〕真木野芳紀(6)丹治健太郎(5)宍戸将樹(5)


≪B組≫1回戦組合
愛  媛-三 重
神奈川A-山形B
岡山A -千葉A
東京D -岩 手


で2階戦は勝ったチーム同士、3回戦は2連勝チーム同士が戦いました


予選 B組
1回戦 岩手 4-1 東京D/原司〔1〕浅井広希〔3〕柴田康楽(4)山本博志(4)中井研壱(3)

2回戦 岩手 3-2 千葉A/鈴木尊明〔3〕石岡和貴〔3〕近藤誠也(4)熊谷俊紀(4)小高悠太郎(5)

3回戦 岩手 1-4 神奈川A/渡辺誠〔1〕小林太一〔2〕渡辺光(5)池田大一勢(4)松田浩輔(4)

大将のほうから写した風景           先鋒のほうから写した岩手の選手たち

予選で戦った相手チームはなんとレベルの高い首都圏チームばかりだったんですねぇ。

大したものです。

あと1回勝てば決勝T進出(ベスト8)だったんですが...
でもよくやりました。 ご苦労様でした!!
ちなみに澤口君は全勝だそうです。
                       (情報は小山監督より)

AD

アマ王将北東北予選 結果(inAOMORI)

テーマ:

土橋惇郎四段、準優勝

平成18年7月17日 於 中戸ビル(53名参加)

予選リーグ省略

0回戦 (左勝ち)       (情報は青森将棋界のおまけよりいただきました)
池田  将 - 工藤佳織
樋田栄正 - 佐々木暁
堤  征信 - 野呂明人
土橋惇郎 - 嘉瀬松雄
中川滉生 - 田内 遼

     

1回戦
池田  将 - 中川慧梧
岩泉  毅 - 旦代一男
竹ヶ原雅幸- 野里 聡
樋田栄正 - 松田正徳
西田明斗 - 工藤俊介
信沢英明 - 佐藤敏樹
野月純美 - 浪岡正直
奈良岡実 - 堤征 信
三浦仁志 - 茂原正幸
土橋惇郎 - 澤口諒允
工藤  元 - 工藤光一
山田茂樹 - 豊川直人
柳谷翔太 - 伊藤貞夫
野藤鳳優 - 類家方義
船橋隆一 - 阿部龍一
中川滉生 - 三浦栄吉

2回戦

池田  将 - 岩泉 毅
樋田栄正 - 竹ヶ原雅幸
信沢英明 - 西田明斗
奈良岡実 - 野月純美
土橋惇郎 - 三浦仁志
工藤 元 - 山田茂樹
柳谷翔太 - 野藤鳳優
中川滉生 - 船橋隆一

準々決勝

樋田栄正 - 池田 将
信沢英明 - 奈良岡実
土橋惇郎 - 工藤 元
柳谷翔太 - 中川滉生


準決勝

樋田栄正 - 信沢英明
土橋惇郎 - 柳谷翔太

決勝

樋田栄正 - 土橋惇郎

樋田栄正さん優勝です。

一応?報告・・です。 投稿者:土橋 (惇) 投稿日: 7月18日(火)  

柳谷大先生に託された勝負に負けてしまいました。三間飛車VS急戦の6六角を打つやつですが、4四歩!?4四角じゃないんだとか思いながら指し、振り飛車が良かったハズですが、飛車先の歩をきられる手を軽視していて不利に・・。最後の最後にドラマが!?起こせるのに起こさず(弱いため)負け。4四歩はよくさされているらしいです・・(東京で)
その後帰れる訳がないので会場に泊まることになり、池田さんに2時半頃までいろいろ教わり昔話を聞いたりと、有意義に過ごすことができました。本当にありがとうございました。
今度、柳谷さんに締められそうです(苦笑)はぁ~@
  




AD

久慈場所結果(2006/7/16)

テーマ:

小山真央くん、惜しくも初段位を逸す・・・

平成18年7月16日 於 久慈市アンバーホール(48名参加)


◇高段者戦
優勝 中川慧梧五段(八戸市)
二位 佐藤敏樹四段(十和田市)
三位 荒川要吉四段(八戸市)
三位 山内秀一四段(宮古市)


◇三段位獲得戦
優勝 藤谷明弘1級(盛岡市・盛岡三高3年)=三段に昇段
二位 下館厚志初段(久慈市)
三位 小笠原尚也二段(三沢市)
三位 村田秀男初段(久慈市)


◇初段位獲得戦(10名)
優勝 中村可成1級(一戸町)=初段に昇段
二位 小山真央1級(釜石市・鵜住居小3年)=惜しくも2位
三位 池田政雄1級(八戸市)
三位 中川原達哉1級(久慈市)


小山真央くんが久慈場所に遠征、あと一歩というところで

残念ながら待望の初段位獲得を逃した。

だが、相手は歴戦の大人、よくここまで頑張ったと賞賛したい。

真央くんはまだ小学3年なのだからこれからまだまだチャンスはある。

今後のがんばりに期待したい。

平成18年度三陸沿岸地区将棋大会結果

テーマ:

下田三段が優勝を飾る!


           そして小山怜央三段 惜しくも準優勝・・・

( 写真は小山怜央三段VS下田三段(但し今回の大会のものではありません)

平成18年度三陸沿岸地区将棋大会(東海新聞社杯、宮古支部主管=支部持ち回り)が7月2日宮古市で開催され前日の銀河研の例会から調子をあげてきた下田三段(釜石支部)が優勝を飾った。


(以下土橋談)

銀河研の例会(盛岡市)でブラッシュアップして宮古入りした下田さん(釜石支部)が優勝をさらって行きました。僕も決勝トーナメントの1回戦で下田さんに2転3転ののち敗れてしまいました。準決勝の下田ー花坂康太郎(宮古支部)戦は途中で見落としに気づいて「ありゃりゃ」という声もろともにひっくり返った花坂さんが後ろにあったテーブルに後頭部をしたたかに打ち、それからは駄目だったようです。決勝は小山怜央くんと下田さん。下田さんが最近得意にしている角換わり振り飛車に怜央が厚い指し回しで勝勢までもっていったのですが、1つ見落としがあり、終盤で下田さんの執拗な粘りの前に屈してしまいました。老獪な指し回しが光った下田さんは岩手王座戦のときのようないい表情してました。
帰りの車の中で怜央に、端攻めが決め手になるチャンスがあったんだけど、どうして端歩突かなかったの?と聞いたら、「王座戦のとき対山内戦で端歩を突いた手が指し過ぎになり、あとで反撃されて負けたので端歩突きは考えませんでした」と。敗戦を糧にしているんだろうけどねぇ。

うーん。でも怜央くんもAクラスで準優勝、力を付けてきてます。