釜石支部宴会後の恒例のリレー将棋大会風景、この日は夜12時近くまで2局指しました。

2局目の組分けは

Aチームは菊池孝、杉本、小関文義、小関義勝、森川、佐野の6人

Bチームは川畑、大橋、小山田、岩崎、下田、小西、土橋の7人

一人3手ずつで交代していきました。

Bが一人多いので一巡すると相手が代わるという変則リレー

(棋譜はこれ⇒ http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0065.html  どなたでもコメントが盤面上で入れられます

リレー将棋観戦の小山田三段、佐野さん、小西三段、満足げな小西三段と岩崎初段

交代する小山田三段と森川三段        Vサインの小関義勝三段と菊池三段

子供将棋について歓談する          アップ許して! 釜石将棋道場で最後の笑?

    小山さん小山田さん土橋さん

AD

送別会前の子供教室風景小関対怜央    怜央君の将棋を見守る怜央君のお母さんと下田三段

この日は大人もこんなに集まっていました  森川先生、一足先に失礼しま~す!(真央と怜央)


さあ~、ここから釜石支部恒例のリレー将棋の風景です。組み分けは抽選で、ほとんどの方が

酒焼けしてますね(爆)あ~、たのしかった~

恒例のリレー将棋(下田三段と藤原三段・右)対局は大橋三段、見守る川畑二段、土橋四段(左)

リレー将棋(小西三段と杉本初段・右)     リレー将棋・考え込む佐野さん(Sパ)

リレー将棋(菊池孝三段と森川三段・右)   リレー将棋(川畑二段と小関文三段・右)
AD

你好(^^)送別会って・・・だれの~? 

                         決まってんジャン、 (。ω・)ドテッ†・゚:*:

え~私こと、森川は4年と3ヶ月前、山形の鶴岡から越して来て釜石に身を寄せていましたが、6月17日夕方、とうとう次の彼の地(岐阜は飛騨高山市)へ行くべし!とお上からお達しが・・・。


早速 土橋吉孝幹事長と佐野賢治(浜っ子クラブペンネーム=Sパ)さんがかぎつけ昨日の支部道場での送別会開催の運びとなりました。土橋幹事長から当日宴会は19時30分からということで聞いていたが、そのあとすぐその日の子供教室は6時30分からやるのでそれまでに道場へきてくださいとのことだった。これまで教えてきた怜央くん、真央くんとも最後だからという僕にとっては粋な計らいであった。


少し早めの17時30分ごろに道場に着くともう下田隆衛副支部長、小関文義さん、小西功支部長、大橋九一顧問、そして久しぶりの菊池荘一郎さん、菊池孝さんが将棋に没頭していた。こんな時間からもうみんなスタンバイしてくれてるんだと思うと正直驚いた。


少しするとSパさんがやってきた。これから宴会の買出しに行ってくれるということらしい。(宴会幹事はやはりなんといってもSパさんでこの人を置いては語れない)前から聞いていたのだが、送別会ではタラバ蟹を用意するからと言ってくださっていました。うれしかったです~((*^^)


先日、北上市で行われた倉敷王将戦岩手県大会に同行した僕がその時の結果と怜央くんと真央くんの事実上の決勝棋譜を持ち込んで下田、菊池(荘)、小西、森川の4人で検討していたところへ当人たちが登場、続いて小山さん夫妻まで駆けつけていただきました。(結局この2局の検討が今日の子供将棋教室の題材となってしまった)

   先日の倉敷王将戦岩手県大会の危なかった譜をみんなで検討中の様子


 左から森川、小関、菊池荘、怜央、下田   真央君との稽古(2年前より随分強くなりました)


18時ごろ、土橋さんから電話が入り今盛岡を出発したところで20時ごろになるという。どうやら東北6県大会前の盛岡での例会(銀河将棋研究会)があって今回その監督に指名されたこともあって各選手の調子を見ておきたいとのようだ。そして銀河将棋研究会の管理者(小山田政利さん)も盛岡から特別参加してくださるとのこと。小山田さんにはHPや子供の将棋大会で色々お世話になっていました。わざわざ僕の送別会のためにはるばるきてくださると聞いてまたうれしかった。


定刻の19時30分ごろにはこのほかに岩崎隆副幹事長、と川畑裕也幹事がお酒の差し入れを持参して参加、杉本泉さん、小関義勝さん、藤原洋一さんが続々登場、宴会は結局20時にずれ込み(21時からの友遊クラブ順位戦の対局が控えていたため)小山兄弟が小山ママに連れられて先にかえってしまったが延べ18人がこの日のために集まってくださいました。

子供たち菊池荘さんらが帰ってしまったのとカメラマンをかってでた小山さん、佐野さんが

写ってないのがちょっと残念ですね (右の写真のトロフィは大した意味ないんです。,決して大相撲

の優勝力士を真似たものでもありません。ちょっと酔っ払ってアクセントをつけただけなのだ~ 爆)


当初10人位とうかがっていたので正直びっくりしました。僕のようなもののためにこれほど多くのみんなが貴重な時間をさいてくださるなんてほんとにほんとにありがたいと思いました。


宴会が始まるとみんなから今日のメインディッシュをみてw('o')w オオー!

特大のタラバ蟹 (身がプリプリしてて美味かったね~)ではないか・・・とドヨメキが・・・

特大のタラバを目の前にして・・・スゴっ!  どんどんすすむアルコール(左は土橋さん)

左から盛岡から駆けつけてくれた小山田さん私も大分酔いがまわってきたかな

土橋さん、森川,子供将棋論議に花が咲きました  下田さんも名調子になってきたかな

                       

                             

小西支部長の発声でかんぱ~い!予定より30分も遅く始まったのでみんなのどが渇いていたのかビールも酒もガンガンすすむ。僕はみなさんと歓談させていただいたが菊池(荘)さんの姿が宴会の時にはなかった。最後なのに・・・とちょっと残念だった。また遅く始まったため小山兄弟、小山ママが退席してしまったのは残念、せっかくのタラバを食べていってほしかったよ。

ともあれ夜は更け、恒例のリレー将棋へとすすんだ(棋譜と組み分けは後ほどアップする予定です)


釜石には4年3ヶ月いましたが実質支部活動に携わったのは3年余でした。その間、釜石・大槌将棋団体戦3回を数えまたマスト子供将棋大会もこの7月24日で6回目を迎えるなどいろいろ関与させていただいたことは今後のぼくの宝にもなることでしょう。でもこういったことは一人でできることではありません。支部のみんな、地元の皆さんとの協力があってこそできたものなのだと思っています。子供教室やら子供の将棋大会付き添いやらでも大いに楽しませていただきました。釜石支部のホームページ(浜っ子クラブ)では菊池(荘)さんの後を受け、また最近では漸く本ブログ(釜石王将クラブ)を発足させることができました。これも皆様のご教示の賜だったかと振り返っております。どうか支部役員のみなさん、土橋幹事長はじめ協力しあって益々のご発展をお祈りしたいと思います。僕もこれからもHP上で覗かせていただくと思いますので宜しくお願いします。ではみなさんお元気で・・・                           ( ´∀` )(  ´∀`)


画像は小山敏明さんから頂いたものも採用させていただきました(^_^)

AD

お待たせいたしました。やっと1つ目の棋譜をアップしました^^


まずは好局、「事実上の決勝戦の譜」から・・・(^O^)


小山怜央三段(6年)佐々木眞一初段(5年) この二人の県代表決定戦は冬の小学生名人戦以来でした。私の見ている中では怜央君が対戦成績をかなりリードしてきていますが最近の眞一君の伸びもすばらしく前回の小学生名人戦では眞一君が粘る怜央君を振り切って優勝してました。今回も好局が期待されましたが、さてどんな将棋だったか、・・・見られた方は棋譜にコメントを残してやってください。棋譜のなかに書き込みできますので・・・タイムリーなコメントが残せます。


 http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0063.html


小山真央君(2年)横田銀君(1年)(低学年の部)はこちらも対局前から事実上の決勝戦と見てました。・・・というのも真央君の力は八戸東奥ホール大会とか各棋戦にでて安定した成績をおさめているし教室で教えていても終盤が強くなってきているのを肌で感じるところだ。一方の横田君は一関で行われた岩手日報子供大会やパルの春休み子供大会の成績をみて(当時は保育園児)小学生を相手に勝ち越し、上位入賞を果たしていることから僕としても戦前からマークしていた。どうもおじいちゃんが毎回付き添ってきており熱心に教えているようだ。戦形は振り飛車が得意だったはずで真央君にはそのことは伝えてある秘策を伝授していた。^^


⇒ http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0064.html


佐々木眞一初段(5年)小山田友希さん(5年)(高学年の部)は2~3位決定戦となりました。見ていて大変面白い将棋でしたので掲載させていただきました。友希さん、強豪の眞一(初段)くんを相手に互角のすばらしい戦いを展開、必見です!

http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0067.html


佐藤祥樹(二子小6年)森川陽平(釜石小5年)倉敷王将戦岩手県大会1回戦より

⇒ http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0068.html

斉藤史織(二子小5年)森川陽平(釜石小5年)倉敷王将戦岩手県大会4回戦より

 http://oakclub.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kifuplayer/kifs/0069.html


開会 受付で1回戦の抽選

開会式風景(みんな真剣な表情だ)      受付で一回戦の相手を抽選中

低学年の対局風景 低学年の部で優勝した小山真央君

低学年の対局風景                低学年の部を制した小山真央君

高学年の対局風景 高学年の部で紅一点の友希ちゃん

高学年の対局風景                高学年の部で紅一点の友希ちゃん、3位!

愚息の対局風景 事実上の決勝戦?右が怜央君/背中が眞一君

愚息の対局風景(おまけ)           事実上の決勝戦(右が優勝した小山怜央君

                            背中は準優勝の佐々木眞一君

県大会で優勝した小山兄弟 第1回公文杯団体代表になった3人

倉敷の切符を手にした小山怜央君と真央君 文部科学大臣杯団体戦小学生代表となった3人