落語・ミステリー(もしくは落語ミステリー)・映画・プロレス・野球・草バンド活動のよもやま話、やってます。好きな人だけ寄ってって。

鎌田善和です。売れてない分時間はありますので、遅まきながらブログ始めました。記事は落語やミステリーが中心ですが、映画・野球・プロレス・草バンド活動(野球でいう草野球の事)もリストアップしておきます。気になる、興味がある、と思う人にだけ伝われば。


テーマ:

 ということで、本当に久しぶりの更新です。

 ちょっと愚痴っぽいマクラになりますが、この歳になって急にタイトなスケジュールに追いまくられる日々を過ごしています。僕が雇われ席亭を任せて貰っている六本木のイタリアンレストラン『伊^菜』さんでの『六本木伊~菜亭』を除いては、例えば新宿2丁目の『道楽亭』さんに代表されるような小規模な寄席にも、家から近い定席の『新宿末廣亭』さんや『池袋演芸場』さんにも、そして、色々な方からお誘いいただくお芝居にも、ちっとも足を運べない日々が続いています。もちろん、全く時間がないかといえば嘘になるんですが、気持ちに余裕がない状態なのです。ですから、ブログを書くのはもちろん、楽しみにしているブログを拝見することも、飛び飛びにしか出来ません。卑近な例を挙げれば、9月の6日に或る会議で出された宿題を、11日の別の会議で検討して、その結果を29日に提出書類として仕上げねばならず、それが終わると別の書類を10月4日に仕上げねばならない、といった調子です。こんな状態に身を置いているという言い訳をした上で、やっと今日の本題に入ります。

 直前に書いた通りのスケジュールをこなしておりましたので、9月の20日過ぎからはブログを読むこともままならず、10月の5日からやっと束の間の休息(今週いっぱいまでは比較的に時間がとれます)が得られました。で、今日から、楽しみにしていた「読めなかった”お気に入り”のブログ」のチェックをしていました。するとどうでしょう、なんと9月25日に、あの春風亭ぴっかり☆さんが、「おしゃべりリストランテ」というオフィシャルブログで、僕の本を取り上げて下さっていたのです!!なんという間抜けな話なのですが、今日になってそんな大事なことに気が付いたのです。

 実は僕の本は、9月9日の毎日新聞の1面の下段中央に宣伝を掲載して戴きまして(もちろん、記念写真は撮ったのですが、それをブログに掲載する術を知りません)、7月の終わりの上梓なのに、その日以降にネットでのランキングが上がったりしておりましたが、1週間もしたらそれも落ち着いておりました。それが急に、9月の終わり頃からまたネットでのランキングが上がり、楽天さんの「ミステリー・サスペンス」ランキングでは『教場2』、『孤狼の血』に次いで第3位になったりしていました(どんなに忙しくても、コーヒーブレイクの時にそういうチェックは欠かしません。なんというか、”親バカ”だと思って大目に見て下さい)。その時に気付くべきだったんですね、こういうぴっかり☆さんの心遣いを。

 ですので、全くタイミングを逸した記事になりましたが、この場をお借りして、ぴっかり☆さんと、その記事をお読みいただいた皆様に厚く御礼を申し上げます。特にぴっかり☆さんには、読みようによっては「ぴっかり☆さんを”少し貶した”」ともとられかねない部分があるにも拘らず、僕の意を汲んで好意的な記事にして戴き、本当にありがとうございました。

 取り急ぎ(と言うにはあまりに間が抜けておりますが)、御礼まで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 おはようございます。久しぶりの更新です。

 前回までは声帯ポリープの手術について書きましたが、それが「中途半端に終わったな」という印象を持たれたかもしれませんね。僕のブログをお読みくださっている方、僕をご存じの方にはバレバレなのですが、僕はIT音痴です。そして、病気のことを書くブログというのは投稿が難しい(なかなか受け付けてもらえない)のです。もちろん、生半可な知識や個人的な見解で、誤った情報が垂れ流されたり、必要のない不安を煽ったり、今まさにその病気で苦しんでいる患者さんの尊厳を傷付けたりなどなど、様々な危険や問題があってそうなっているとは思うのですが・・・。で、実に不本意ながら、ITの知識に乏しい僕には、中途半端に終了させるしかありませんでした。それについてはここでお詫びします。

 さて今日は、そういうこととは関係なく、実に極私的なことを書かせて戴きます。

 さきほど触れた記事の中にも書きましたが、僕の久しぶりの本(『Kの連鎖 - 落語界案内SFミステリー - 安楽寄席探偵の事件簿 5』が8月1日に上梓されました。FBで僕と繋がっている方々には既にご案内ですので、繰り返しとなって申し訳ありませんが、やっぱり「読書好きの方々にどれだけ関心を持って戴けているかな」というのはとても気になります。僕は実生活では子供に恵まれませんでした(だって誰も子供の作り方を教えてくれないんですもん。作らない方法は教えてもらえましたが・・・)ので、自分が生み出した作品が”我が子”みたいなものです。その我が子が皆さんにどう感じてもらえるのかが気になるのは仕方ないでしょ?

 もちろん、お読み戴いてから評価を戴くのも嬉しいのですが、発売初日にそれは期待できませんからね。となると初日に調べられるのは「売れ行き」しかありません。で、捜しちゃうんですね、ネットで。すると、オムニ7-セブンネットショッピングさんとLOHACOさんにその手のランキングがありました。

 8月2日の午前中にそれらにアクセスしたところ、ありがたいことに、LOHACOさんの「ミステリ・サスペンス」の商品一覧(対象商品894件)の人気順では3番目に、オムニ7さんの「ミステリ小説ランキング一覧」の24時間売上順では11位に、それぞれ掲載して戴けておりました。僕のような無名の書き手(おこがましくて”作家”などとは言えません)の本としては望外の成果です。きっと友人・知人がこの日を待って買って下さったからそういう順位が戴けたので、この先のランキングは下降するばかりだろうと思い、「今この時を逃してはいけない」とばかりに、あまりこういう宣伝臭いことは苦手なのですが、思い切ってFBに書いてしまいました。嬉しいのと同時に、そうして下さった皆さんに感謝の気持ちをお伝えもしたかったからです。

 そういう流れでしたので、きっと翌日(つまり昨日)は”圏外”に落ちているだろうなと思い、ちょうど外出する都合もありましたので、外出から戻った夕方に同じランキングを覗きました。まずLOHACOさんですが、これは掲載順が1つ下がってはいたものの、まだ4番目に置いて戴いていました。「へ~、ありがたいな」と思って、その後にオムニ7さんのランキングを覗くと(なにせ全国的組織のセブンイレブンさんですからね、変動が激しいと思っていました)、な、なんと、4位にランクアップしているではありませんか。そんなにたくさん友達がいたっけなぁ、とぼんやり色々な顔を思い浮かべながら、実は集計が間違っているのではとも思いました。だって、24時間の売り上げですからね。昨日見た時点では、その前日の24時間以前に買って戴いた方の数は減らされている(?)んでしょうから、僕の正直な気持ちは、「これ、間違いじゃない?!」でした。で、間違いでも何でも、今ベスト5に入っているのは事実ですから、それが正される前に皆さんにお伝えしなければ、と思って(だって、間違いでもなければそんなランクに居させて戴けている筈がないと思っておりましたから)どうせ明日からは圏外でしょうから、恥も外聞もなくまたまたFBに載せてしまいました。このへんが”親バカ”でしょ?

 で、今朝こそ、”夢オチ”の結果が出ているだろうと思ってランキングを覗くと、なんと、オムニ7さんのランキングでは2位になっております。

いったいどんな状況なのだろうと思って今朝のランキングの20位までを調べてみると、昨日1位だった『病弱探偵』さんが19位に、同じく昨日2位だった『少女は夜を綴らない』さんは20位には入っておりませんで、昨日3位だった『T島事件』さんは17位になっています。となると、これ、集計の方法のマジックとか間違いとかではなく、本当にそうなんですね。もっとも、昨日の上位の方々の動きを見ると、僕もそうそうこの位置にいられるとは思えません。ということは多分ここが頂点(もちろん頂点に着いちゃうと、あとは下るだけです)だろうと思い、だったらこれを記念して、ブログに書いちゃおうと思った次第です。あっ、LOHACOさんでも、思いもよらず4番目を死守しているんです。

 本当に手前味噌で申し訳ありませんが、本当に不思議な気持ちなんです。こんな風にしていただいた(お買い上げ下さるだけでなく、皆さんに応援したり宣伝したりしていただいた賜物だと思っております)感謝をここにお伝えします。本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 おはようございます。鎌田です。実は昨日、全く同じ表題でブログを書いたのですが、更新しようとしたら消えてしまいました。ブログの下に『Amebaでまもるべきこと』という表示があり、それをきちんと読んで遵守したつもりだったのですが、記述の仕方の問題があったのでしょうか?僕は自分が体験した声帯P(病名を表記するのがいけなかったのかもしれませんでしたので、あえてこう表記してみました)の除去について、これから受けるかもしれない方やそのご家族の方々に、なにがしかの参考になればと思って書いておりますので、また書こうと思います。もしまた送れずに消えちゃったらどうしたらいいのかよく分かっていませんので、それは運を天に任せるしかありません。

 さて昨日、除去したPが悪性のものであったかどうかの検査結果も含めての術後初の検診がありました。結果としてはお蔭様でPは悪性ではなく、幹部も順調に快復しているというお墨付きが戴けまして、やっと無罪放免になりました。心のどこかには「ひょっとしたら」という思いがありましたので、これでようやく安心できました。ということで、僕がこれから書くのは良い事例になりましたので、先述した皆さんにはそう思って戴けたら幸いです。

 一昨日、入院日(つまり手術の前日)が結構忙しいということを書きました。そこで書き漏らした事がありましたので、まずはそれから。

 昼食が終わった頃、担当の先生が僕のベッドまで来てくれまして、なんと、簡易型のマウスピースを作ってくれました(もっとも、最終的には自分で口の中に手を突っ込んで仕上げをしましたが)。僕は以前このブログに、内視鏡を使って切除するみたいなことを書きました。実際そう思っていたんですが、そこで初めて、口を開けて切除することを知りました。なるほど、だから全身麻酔なんですね。前回の手術の時に、内視鏡で採ってもらったとばかり思い込んでいましたが、それが間違いだったんですね。ただ、手術がどういう方法で行われようが、実は本人にはそれほど影響はありません。というのも、麻酔がかかって何もわからなくなった次の瞬間には「鎌田さ~ん、起きて下さ~い」という声がかかるのですから。”刹那”という言葉の意味をこれほど実感する経験もそうはありません。

 おっと、ちょっと先走りましたね。前日の過ごし方をもう少し丁寧に書かないといけません。

 僕が入院した病院は、”ご飯の時間”がそれほど早くありません。入院した友人を見舞っていて、「おお、もう夕飯なんだ・・・」と驚いた経験は一度や二度ではありませんが、ここでは夕飯が18時半から19時の間に運ばれてきました。そしてその日は21時の消灯までは何を食べても良かったんです。ただ、前回の手術後に小用を足したくなって困った経験がありましたからね、支給された夕飯以外に飲み食いする気にはなれませんでした。そして消灯時にスポーツドリンクのような小さな紙パックの飲み物を2本飲みます。これを飲んだ後は、食べ物を食べるのはダメですが、飲み物なら摂っても良いとのことでした。でもそれも、先述した理由で、しませんでした。そして翌朝、起床してから6時半までに同じ紙パックを2本飲み切ると、その後は一切の飲み食いは厳禁です。そして、手術によってエコノミー症候群が引き起こされないようにとの理由で用意された(これも前日、看護師さんによってふくらはぎの太さなどが採寸されます)弾性ストッキングというのを履いて、これでスタンバイは終わりです。いよいよこれから手術室に行くことになりますが、この続きはまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。